FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

5月5日のウィンクちゃん

今日も日曜日恒例のベランダパーティーを開催したのですが、5月5日シリーズがあったのをすっかり忘れていたので、先にそちらから。
人間の方が体調不良でちょっとずつなんですが・・・


200505 DSC_0292 (2)

いつもより、なんとなくおしとやかに見えるウィンクちゃん。



200505 DSC_0305 (2)

レンゲがもぅ残り少ないので、イタリアンライグラスと半々で入れてあります。



200505 DSC_0315 (2)

美味しいところを探して食べています。


200505 DSC_0318 (2)

やっぱり、レンゲがいいみたい。



200505 DSC_0324 (2)

いつもの威勢のいいジャンプが出なかったのは、本当におしとやかになったってことなんでしょうかね?



200505 DSC_0332 (2)

だって、おんなのこですもの



200505 DSC_0328 (2)

じゃあ、夜中の大運動会もおしまいかな?



200505 DSC_0353 (2)

そうそう、イタリアンライグラスも美味しいんだから、たくさん食べていってね。

PageTop

あかりちゃん経過

骨折療養中のあかりちゃん。
飼い主の発熱騒動があって4月の健診をすっ飛ばしてしまい。
5月9日は久々の病院でした。


200509 DSC_1052 (2)

今回、初めての組み合わせ。
むう先輩と一緒です。
この2人、普段は仲が悪いので大丈夫かな~って、ちょっと心配しましたが、どうもありませんでした。
あかりちゃんも、ちっとは大人になりましたか。


で、診察の結果は予想通りといいますか、あまりいい状況ではありませんでした。
骨折した箇所を触診して、
「ちょっと緩いな~」 と。

やっぱり、偽関節ができてしまったようで。
一時期、いい感じかな~?
って思えた時期もあったのですが、その後、また変な座り方をするようになり…。

どうやら、ラビットホッピング復帰は無理そうです。
思いっきりのいい跳びっぷりで、将来有望だっただけになんとも残念です。
でも、元気印のあかりちゃんですから、足が1本効かなくったって、普通に暮らしていくことはできるでしょうし。
ちょっとハンデがあるくらいでちょうどいいのかもしれませんし。

あかりちゃんがシェルターケージを破壊したことも先生にはお話ししたのですが、
そのせいかどうかは分かりませんが、少し小さめのケージにお引越ししていいって。
少しずつへやんぽもさせて、慣れさせるようにって。

少しずつって言ったって、何せ足が折れてる時だって爆走娘でしたから。
あかりちゃんの辞書には、「少しずつ」とか「徐々に」なんて言葉はないのです。



200509 DSC_1073 (2)

というわけで、元のケージに戻って、大満足のあかりちゃん。
大はしゃぎで暴れまわっていましたが、ようやく落ち着いたところです・

はじめは全面、プラスノコを敷いていたのですが、折れているほうの足が滑るので、半分、わらざぶに変えました。
あかりちゃん的には自分はもうご自由に走り回れるんだって思っていたみたいなのですが、どうにも足がついてこない状況で。
脱走して逃亡を図ったものの、思うように走れなくて戸惑ったようなお顔をしておりました。

そのうち、慣れてくれば、うまく走れるようになるでしょうから、ま、焦らないで行きましょう。


そして、2日後。

200511 DSC_1075 (2)

わらざぶは、見るも無残な姿に・・・。
ケージの中を走り回るコツをつかんだようで、思いっきりドタバタやっておりまする。



200511 DSC_1078 (2)

ようやくあかりちゃんにも四角形のトイレが回ってきて。
気に入ってくれました。



200511 DSC_1094 (2)

もう少ししたら、ナッツと一緒に広いおうちに引っ越しをしますからね。
破壊活動はほどほどにね。


PageTop

ぽんちゃん&ウィンクちゃん経過良好

5月9日(土)は、ぽんちゃん&ウィンクちゃんの術後の健診日。

2005 9 DSC_1040 (2)

お外で待っている間も、ぽんちゃんはこの愛想の良さ (^∇^)ノ



200409 DSC_1044 (2)

ウィンクちゃん(手前側)は、病院に連れていかれると知ったそのときから、激怒、激怒
怒りんぼなところがまた可愛いのですけどね。



2004096 DSC_1067 (2)

中に入ってからは、うさぎ団地状態。
左下がぽんちゃん、右下がウィンクちゃんです。

体重は、ぽんちゃん 2.14kg、ウィンクちゃん 2.16kg。
術後、こんなに手のかからなかったのはこの子たちが初めてじゃないかな?
元気が良すぎて心配したってくらいですから。。。

これで2人とも無罪放免。
コロナが終息(?)するころには、また良いご縁があればいいな~って思います。


PageTop

むっちゃん、こける

あと3ヵ月ほどで10歳になるむっちゃん。
この頃、ボーっとしていることが多かったり、毛繕いをしててひっくり返ったり・・・
ということが多くなり。

ただ、状態にはかなり波があるようで、一時期少し悪化した後は、割と調子よく来ていました。
へやんぽのときも、テッテケ、テッテケ・・・とお馬さんのような調子のいい足音響かせて走り回っていることも多く。

それが、いつの間にかまた落ちていたようで。
事件があったのは4月30日(木)の朝。
飼い主がいつもより早い時間にトイレに起きまして。
用を足して、またもう少し寝ようかな~なんて思いながら寝室に戻ろうとしていたら・・・

ん?
ドタバタなんかうるさい。
まーた、ナッツがトイレがたがたやって遊んでいるんだべ・・・
と、どやしに行こうとしたところ。

その途中にいるむっちゃんがジタバタしていたのでありました。
左足をロフトに引っ掛けて、本兎焦っておりました

あわてて救出いたしましたが、足はどうやら折れてはいないみたい。
状態が悪ければ、病院連れて行かなきゃ・・・
と思いましたが、さんざ休んだ後で、しかもGWが控えているし、とても休める状況ではなく。

で、むっちゃん。
痛そうにはしていたのですが、救出したそばからまたロフト飛び乗ってるし。
とりあえず、病院行きは見送りました。


前々から危なっかしいな~
というのはあったのですが、このオトコ、どうにも高いところが好きで。
ロフトからハウスにつながる斜めのステップでお昼寝したり、一番高いところにあるメッシュトンネルから周囲を見渡したり・・・
というのが大好き。
むっちゃんから高いところ取り上げたら、意気消沈しちゃうんじゃないかっていうのもあって、なかなか決断できずにいました。

もうね、ムリだから。
って、可哀そうだけどロフトもハウスもトンネルも全部撤去して。
中途半端に残すと危ないし。


そしたら、むっちゃん、シュンとしちゃって。
メンタルまで落ちちゃったら悪循環だし・・・



200504 DSC_0268 (2)

というわけで、こうなりました。
今までよりも低い位置で、ハウスとステップで高台を作りました。
はじめは床にマットも敷いてみたのですが、不評によりわらざぶだけに。

高台の奥行きが少なくなったので感覚が狂うのか、これでも時々落ちるんですが



2日後の土曜日、病院に連れて行きました。
診察台のふちに片足ずつ付けて反応を見るいつものチェックをしていただいて。
そしたら、左足は全然反応がなく。
思ったより状況は悪いみたい。

レントゲンも撮っていただきましたが、あったのは9年前の事故による異常のみ。
古傷が痛むのでしょう!?
みたいな感じで。

とりあえず、痛み止めのメタカムを1週間続けてみましょう(0.3mLを1日2回)、ということに。



200509 DSC_1060 (2)

1週間後の9日(土)は定例の健診日。
むっちゃんも飛び入りで参加です。

到着したとき、待合室は混みこみで。
お~、密じゃ~って(笑)
それなりに距離をつりつつ皆さん座っておられるのですが、それでもね、、、

というわけで、お外で待たせていただくことに。
1週間前とは打って変わってゴキゲンなむっちゃん。
夕方になってちょっと冷えてきたので、途中で中に入ったのですが、そしたら近くにワンコがいるってダンダンしてずっと怒っていましたっけ。

で、診ていただいたら、ずっと良くなっていて。
足も少し反応が戻ってきていて、関節も柔らかくなっていると。
あと4日でメタカムはやめにして、なるべく運動させるようにとのご指示です。

ボーっとしているとか、トイレから落ちてひっくり返っているとか言いますと、てんかんじゃないかな~
ということですが、とりあえずは様子見ということで。

足腰が衰えるにはまだ早いかな~
って思うので、やっぱり、年齢とともに9年前のけがの後遺症が出てきたのかな?
という気がします。
むっちゃん、がんばれ!

PageTop

破壊王

その1 容疑者:あかり 

200509 DSC_0287 (2)

何を破壊したかって?

それは・・・
シェルターケージのフタ。
手前に置いてあるものです。

あかりちゃんが頭突きで吹っ飛ばしました

ある日の朝。
ゴハンだよ~
ってフードの入ったカップを待ってあかりちゃんちの前に立った瞬間、

わーい!!!

って全力で頭突きあそばしまして。
一気に吹っ飛んだという。

一瞬、何が起こったのか分からなくて。
あれ、ロックが甘かったのかな?
なんて思って、まじまじ見れば・・・
ロックはしっかりかかっていて、留めてあった方のフタが破壊されていたのでした。

おイタしようとしたのではなく、純粋に喜んでのアクシデントですから、怒るに怒れず。。。
あーあ、、、
でありました。

その後もドッタンバッタンやるもんで、今は本体の方も、もう1カ所破壊されています。
元々が強度的に難ありな品物ではありますが、だからって、フツーはうさぎさんがぶつかったくらいでは壊れないと思います。。。

もったいないので、100均の網を取り付けて応急処置としましたが、いつまでもちますか。




その2 容疑者:ナッツ

200505 ナッツ

あかりちゃんに触発されたのか・・・
はたまた、ウィンクちゃんにそそのかされたのか・・・
は定かではありませんが・・・。

テレビとビデオのケーブルを2本も切断してくれたのでありました

夜中にテレビの後ろに潜って遊んでいたのですが、翌朝、見事にテレビが映りませんでした。
とりあえず、ダイレクトにテレビをアンテナ端子につないで映るようにはなりましたが、録画はできません。。。
ケーブル買いに行くのが面倒で、まんま放置しておりまする・・・。

実は、ナッツの前にウィンクちゃんが封鎖を突破して、テレビ台の後ろで遊んでいたのですよね。
でも、その時はちゃんとテレビ映っていましたから。
ウィンクちゃんしまって、テレビを消してからナッツが出てきたので・・・。
犯人確定です


PageTop

4月19日のペコ、むう&ふく

4月19日シリーズ最終回です。

200419 DSC_0460_1 (2)

ふくちゃま、モテモテ



200419b DSC_0257_1 (2)

普段はお外では食べないむっちゃんも、今日は食べることにしたらしいです。



200419 DSC_0392_1 (2)

毎年、レンゲを黙々と食べるヒト。



200419 DSC_0389_1 (2)

急接近の2人



200419b DSC_0265_1 (2)

花より団子 (カノジョよりレンゲ)



200419b DSC_0267_1 (2)

いい食べっぷり^^



200419b DSC_0274_1 (2)

珍しい光景。
むっちゃんとクマさんが一緒に食べてる



200419b DSC_0303_1 (2)

爆食いです。



200419b DSC_0309_1 (2)

ほらほら、ふくちゃまもたくさん食べてね。



200419b DSC_0315_1 (2)

向こうの2人、いつの間にか和平協定でも結んだんでしょうかね



200419b DSC_0336_1 (2)

このごろ心配なことも多いむっちゃん、元気な様子を見せてくれてひと安心。



200419b DSC_0342_1 (2)

ふくちゃまとも仲良くね。



200419b DSC_0347_1 (2)

動きがのんびりなむっちゃんを横目に、ちゃこまか走り回るふくちゃま。



200419b DSC_0383_1 (2)

ふくちゃまのちょこまかに乱入してきたシロクマさん。



200419b DSC_0494_1 (2)

引っかき回しています。



200419b DSC_0507_1 (2)

もう絶好調です。
首の後ろの毛がちと寂しいのは、ふくちゃまにむしられたものと思われ・・・(Loveハゲ)



200419b DSC_0541_1 (2)

お片付け部隊パート3(笑)


200419b DSC_0554_1 (2)

こわいクマさん



200419b DSC_0563_1 (2)

もじゃもじゃ参戦!



200419b DSC_0590_1 (2)

白黒も負けていません。



200419b DSC_0610_1 (2)

楽しいレンゲパーティも。これにて終了となりました

PageTop

4月19日のナッツ

甘ちゃん登場です (^-^)/

200419 DSC_0920 (2)

およそ好き嫌いのないこのオトコ、



200419 DSC_0944 (2)

パリパリのレンゲに夢中です。



200419 DSC_0989 (2)

ちびうさちゃんにもご挨拶 (なんか嫌がられているっぽい・笑)



200419 DSC_0028 (2)

また食べて。



200419 DSC_0032 (2)

残念、あかりちゃんはもういませんよ。



200419 DSC_0033 (2)

いいもん、ボク、おはなたべるから



200419 DSC_0045 (2)

お片付け部隊、パート2(笑)



200419 DSC_0051 (2)

三角さんにもご挨拶^^



200419 DSC_0066 (2)

弾んでいます。



200419 DSC_0067 (2)

楽しいねぇ。



200419 DSC_0083 (2)

ハードルだけじゃなくって、トンネルくぐりも挑戦する?



200419 DSC_0101 (2)

うん、上手だよ。



200419 DSC_0113 (2)

土管とびとか、土管くぐりもいいかもよ。



200419 DSC_0128 (2)

すだれ倒しはないと思うけどね。



200419 DSC_0168 (2)

レンゲを食べる競技もありませんよ。



200419 DSC_0194_1 (2)

甘ちゃんだから、しょうがないか^^



200419 DSC_0208_1 (2)

ホッピングが再開できるようになったら、本気出してほしいんですけどね。



200419 DSC_0239_1 (2)

おふざけパフォーマンスも可愛いけどね



200419 DSC_0223_1 (2)

お出かけも何もみーんななくなっちゃってつまんないけど、元通りになるまで気長に待とうね。

PageTop

第6回JRHA公認ラビットホッピング大会の動画公開

遅ればせながら、今年2月1日に横浜産貿ホールにて開催されました、第6回JRHA公認ラビットホッピング大会 うさぎのしっぽ杯の動画が公開されておりますので、お知らせいたします。

   【第6回JRHA公認ラビットホッピング大会】


ナッツが上級クラス、トライアル、ハイジャンプに出場いたしました。
カッチンカッチンのダメダメでしたが、がんばって跳んでくれました。

かっとびあかりちゃんがいてくれたら、また違う展開になっていたのではなかろうか・・・
と思わないでもないですが、仕方ないですね。

いつもの大会とも、うさフェスタとも違う雰囲気の会場で緊張したのか、実力を発揮できない子も多かったのですが、みんなそれぞれがんばりました。
ぜひ、ご覧くださいね~。

PageTop

なにがなんだかな日々

自粛疲れなんて言われる今日この頃ですが・・・
自分的にはネガティブなイベント盛りだくさんで、そっちで疲れているような!?

かれこれ1ヵ月くらい前からでしたでしょうか。
お腹にずっと違和感があって。
とくにみぞおちの辺りが張っているというか、圧迫感があるというか・・・。

このところ、絶賛更年期中で体質が変わったせいもあるのか、かなりお太りになりまして。
太りすぎでそうなっているに違いないということで・・・
いや~、こりゃ本気でダイエットしなきゃな~
なんて思っていた矢先のことでした。


なんかときどきお腹も痛いんだよな~
なんて思っていたら、37.5℃の発熱まで (>_<)
で、4月15日は会社をお休みしたのですが。
前日の14日にはウィンクちゃん&ぽんちゃんの抜糸に病院にも行っていて。
そのときはもう腹痛があって、あいたたた・・・なんてやりながら、うさカート押して行ったのでした。

ときがときなんで、もしかして、軽くヤバい!?
なんて思ったのですが。
でも、お腹を壊して痛いのではなくて、明らかにどこかが炎症しているような感じの痛みだったので、いやいやこれはお腹から来た発熱だわ・・・
と思い直し。

そういえば、10年以上前にもそんなことがあって、そのときは憩室炎ではないかということで抗生剤を出していただいて、それで治ったということがありました。
そのときに比べれば、痛みはそこまでひどくはないし、場所も違うので違う病気だろうけど、ほっといて自力で治すのは無理そうな予感がしまして。
元々が我慢強いタチなので普通なら2、3日は風邪薬飲んでみて、それでも治らなければ病院に行くというのが行動パターンではあるのですが、これほっといちゃいけないヤツ・・・ということで、すぐに病院で診てもらおうと思ったのでありました。


こんなときなので、一応、病院に電話したのですが・・・
そしたら、熱があるって言った途端、熱のある人は診られないの一点張りで
そりゃコロナの人が普通に病院に行っちゃったらまずいでしょうが、明らかにコロナじゃない発熱だし、せめて最後の時間に診てくれるとか、そういうのないのかな~って。

ちなみに、嗅覚・味覚障害、喉の痛み、咳、鼻水、眼の痛みなど新型コロナを疑う症状は一切なし。
実は自分、今年1月に受けた健診で、胸部レントゲンで引っかかりまして、2月にCTをとりに行ったところ・・・
「肺炎が治った跡がたくさんあります」 って
「こういう人は繰り返しやすいので、少しでも咳が出たらすぐに病院に行ってください」

なんて言われた経緯があり。
一時期、うさうさずのお世話で無理して以来、免疫力もミニマムなので、どっかで風邪がはやると自分だけいつまでも発熱&咳が止まらず、ゴホゴホしているというのが定番になりつつあり・・・
新型コロナなんざに感染したら、とてもただで済むとは思っておりません・・・です。


で、病院の方がおっしゃるには、とにかく4日間そのまま様子を見て、保健所に相談してくれと。
保健所から紹介があれば診ると。
保健所からの指導でそうしているのでと。
そして、痛み止めを飲むのであればイブプロフェンのものは飲まないように、アセトアミノフェンの方を飲むようにって言われたんですけど、薬持ってたら病院に電話なんてしないっしょって。

とりあえず、そんなに重篤ではないからまあいいんですけど、でも4日間も様子見てたら、重症化して厄介なことになりやしないかと・・・
なんか、トホホでした。

4日間が明ける日は日曜日だから、最速で月曜日。
そこから電話してもねぇ・・・ってなもんで。
どうせ保健所なんて電話はつながらないし、しかも明らかにコロナじゃないって分かっていて電話するのも申し訳ないから、それってもしかして、14日間たってからもう1回、病院に相談するしかないってこと!?
なんて、ますますトホホ。


しょうがないから、とりあえず熱だけでも下げたくて、確かパブロンまだあったよね!?
(パブロンはアセトアミノフェン)
って探したら出てきたんですけど、よく見たら2年も前に期限切れてた(爆)

明らかにコロナじゃないんだからお買い物に行ってもまあいいんでしょうけど、さんざんコロナ扱いされたらそんな気にもならず。
まあいっか、って飲みましたけど。

でも、4日間様子を見ろとは言っても、外出するなとは病院の立場じゃ言えないわけで、そういった注意もなかったのです。
それじゃあ、やっぱ、具合の悪い人がお薬やら食料品やら買いにウロウロしちゃうよねぇ・・・。
かえってアブナイんじゃないかと思ってみたり。

ともあれ、パブロンはよく効いてくれまして、翌日には熱は下がったのでありました。
大事をとって、もう1日休むことにして・・・
と思ったら、会社からはまだ来ないでくれって
絶対にコロナじゃないからって言っても、とにかく月曜日まで休んでくれって。
大手を振って休めるんだからいいですけど、後が怖いってなもんで。

そんなわけで、5日間、絶賛引きこもり。
2日に1回、深夜に新聞取りにエントランスまで下りただけで、それ以外は1歩も外へ出ず。
熱が下がってもお腹はまだ痛いし、体調もイマイチだったので、これでもかってくらい寝ましたけど。

月曜日(4月20日)、ダメ元で再度病院に電話してみたら、幸いにも診てもらえるとのことで、病院指定の時間に行ってきたのでありました。
先生のお見立てでは、胆嚢炎じゃないかな~
とのことで、腹部エコーの検査をすることになり。

で、改めて25日に検査に行ってきたのですが、結果、胆石はなく胆嚢、膵臓とも異常なしでした。
ただし、血液の方で白血球高値、貧血、アミラーゼ高値があり。

胆嚢炎って言われてピンと来たのが、自分が高脂血症だということ。
もともとが高くて若いころは正常範囲の上限ぎりぎりだったのが、年齢とともにさらに上昇し・・・
健診で要精密検査とか要再検査とか、結果が返ってくるわけですけど、もともとが高いんだからしょうがないじゃんねぇ・・・
と放置すること10数年!?
あー、ついにバチが当たったかって感じで。

懺悔、懺悔で先生には健診結果を渡し、さらに追加検査。
というわけで、検査は続くよどこまでもって感じで、今度は首の血管の状態をエコーで検査するそうです。

5月2日にようやっとコレステロールを下げる薬を出してもらいましたが、普段ならもっとサクサクと行くんじゃないかと思うようなところで、やたら時間がかかっておりまする。

胆石あったら手術だよね?
日帰り手術やってもらえるかな?
もしかして、うさうさず&ピーちゃんずのお世話に、九州からネーチャン呼ばなきゃなんないかな?
とかとか心配しましたが、とりあえずお薬で何とかなるレベルでホッとしました。

身から出た錆と申しますか、日ごろの行いといいますか、どうしようもないですが、よりによってこんなややこしいときにならんでも・・・
とブツブツ。
突然倒れてサヨウナラとかなる前に発覚して、良かったのではありますが。

で、その後はもう、休んでいた分を取り返さなきゃで、日々残業。
晩御飯食べて一息ついたら、23時回っていたとか、そんなこともたびたびで。
こんなことしてっから、具合が悪くなるんだべ・・・
と思いつつ、どうしようもないのでした。
トホホ。

PageTop

4月19日のぽんちゃん その2

ぽんちゃん、第2弾です。

200419 DSC_0671 (2)

ウィンクちゃんが散らかした分も片付けてくれています^^



200419 DSC_0684 (2)

お遊びに忙しいぽんちゃん。



200419 DSC_0686 (2)

ゴキゲンです。



200419 DSC_0732 (2)

パリパリになったレンゲは、ぽんちゃんの大好物。



200419 DSC_0739 (2)

お腹チョキチョキからまだ2週間もたっていないのですが、



200419 DSC_0743 (2)

まあ、元気。



200419 DSC_0762 (2)

本当にいい性格です。



200419 DSC_0775 (2)

レンゲは期間限定ですから、たくさん食べてね。



200419 DSC_0801 (2)

それ、飛び越えてくれたら、ななぶーみたいで、まみ~は嬉しいな。



200419 DSC_0815 (2)

そこまでは、やっぱダメでしたけどね。



200419 DSC_0836 (2)

ま、今後に期待しましょう。



200419 DSC_0845 (2)

食べて、



200419 DSC_0877 (2)

遊んで、



200419 DSC_0894 (2)

幸せなぽんちゃんでありました。


PageTop

4月19日のぽんちゃん

世間はゴールデンウィークですが、、、
4月19日シリーズ、ぽんちゃん編です。

200419 DSC_0510 (2)

ぽんちゃんは、避妊手術翌日には真ん中のピン1本を自ら抜糸し・・・



200419 DSC_0506 (2)

毎日ヒヤヒヤでしたが、なんとか1週間、もちこたえてくれました。



200419 DSC_0520 (2)

で、体重はといえば。


200419 DSC_0525 (2)

あれれ、増えてる!



200419 DSC_0526 (2)

って、先生を驚かしていました



200419 DSC_0528 (2)

普通の子は術後しばらくしょんぼりしてしまうものですが、ぽんちゃんってば、ぜんぜんいつも通りで。



200419 DSC_0539 (2)

元気が取り柄のぽんちゃん。



200419 DSC_0543 (2)

なかなか図太い性格のようです。



200419 DSC_0547 (2)

手術の後、食欲がないだろうと思って、プチラビットを少し混ぜてやったんです。
そのときはそんなに嬉しそうな顔してなかったので、次の日からいつもの食事に戻したら。
可愛い顔して、じーっとこちらを見るんです。
「あの、ないんですけど」 って。



200419 DSC_0567 (2)

味にはこだわるぽんちゃんです。



200419 DSC_0583 (2)

お腹切られたって、いつもこんなんですから。
お腹ばっくりしちゃわないかって、冷や汗ものでした。



200419 DSC_0603 (2)

こちらのお嬢さんも、おしとやかになる気はぜーんぜんないらしいです。


PageTop

4月19日のウィンクちゃん

前回からの続きです。

200419 DSC_0325 (2)

やんちゃ姫もお花と一緒なら、ちょっとは可愛く見えます^^



200419 DSC_0337 (2)

アホ毛出てるから取ろうよ
って言ってもすっ飛んで逃げて行ってしまいます。



200419 DSC_0347 (2)

そしてまた、レンゲを荒らし・・・



200419 DSC_0348 (2)

してやったりのお顔。



200419 DSC_0358 (2)

散らかしたの、ちゃんと片付けてほしいんですけどね。



200419 DSC_0369 (2)

なかなか素直でよろしい。



200419 DSC_0384 (2)

片付けているんだか、さらに散らかしているんだかは謎。



200419 DSC_0396 (2)

お遊びも忙しいしね。



200419 DSC_0416 (2)

ライバルのあかりちゃんは療養中ですからね、相手はしてくれませんよ。



200419 DSC_0417 (2)

あーーーっ



200419 DSC_0421 (2)

だから、散らかさないって言ってるじゃん。



200419 DSC_0459 (2)

怒られるの分かっててやってんだよね!?



200419 DSC_0471 (2)

そんな可愛い顔してもダメですからね。



200419 DSC_0486 (2)

で、またやりに行くし



200419 DSC_0478 (2)

やんちゃが止まらない、ウィンクちゃんでありました。

PageTop