兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ8羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

第3回ラビットホッピング大会、ななぶーのトライアル

ごんたの飼い主さまより、ななぶーのトライアルの動画をいただきました。
ごんたの飼い主さま、ありがとうございました。

本戦が5段で余裕のジャンプができたのに気を良くしたのか、随分と機嫌よく跳んでいる様子がうかがえます。

[広告] VPS


PageTop

第3回ラビットホッピング大会の結果

日本ラビットホッピング協会(JARHA)のFBに第3回ラビットホッピング大会の成績がアップされていましたので、転載しておきます。

フリー君チームを加え、全19チームが出場しました。

〈初級クラス〉
1位 クローバーちゃん  減点0 タイム10.38秒
2位 ごんたちゃん    減点0 タイム11.11秒
3位 ゆきみちゃん    減点0 タイム12.54秒

4位 ライナちゃん    減点0 タイム13.45秒
5位 マリーちゃん    減点0 タイム16.38秒
6位 ムートちゃん    減点1 タイム6.02秒
7位 フレアちゃん    減点1 タイム6.08秒
8位 もこちゃん     減点1 タイム1分17.96秒

〈中級クラス〉
1位 雷牙ちゃん     減点0 タイム7.80秒
2位 ヴァイスちゃん   減点0 タイム11.57秒
3位 のんちゃん     減点0 タイム14.05秒

4位 ロプちゃん     減点0 タイム14.13秒
5位 ホップちゃん    減点0 タイム15.82秒
6位 ポコちゃん     減点1 タイム32.75秒
7位 クレオちゃん    減点3 タイム9.37秒
8位 トランプちゃん   減点4 タイム41.72秒

〈上級クラス〉
1位 ななちゃん     減点0 タイム7.45秒
2位 フリーちゃん    減点1 タイム11.99秒
3位 ベイちゃん     減点2 タイム51.44秒



この他、
 ベストパートナー賞 : ホップちゃんチーム
 かわいかったで賞  : もこちゃんチーム
 ベストスマイル賞   : ロプちゃんチーム

でした


入賞した皆さま、おめでとうございます。
そして、参加者の皆さま、スタッフの皆さま、おつかれさまでした。

結果が良かったチームも、思うようにいかなかったチームも、皆それぞれに次の課題も見えてきたのではないでしょうか。。。
また、次回が楽しみです。
ななぶーがそれまで現役でいられるかなぁ・・・という一抹の不安もありますが。
次は、最高齢記録に挑戦、なのかも!?


ちなみに順位は、減点の少ない順で、減点数が同じ場合はタイム順になります。
まずは正確性、そして次に速さを競う、ということになります。
ゆっくりでも確実にハードルをクリアしていった子が入賞しています。

見てのとおり、初級、中級は大接戦でした。
どの子もがんばって、結果発表まで、どのチームが優勝したのかまったく分からない状態で。
参加者も増えて、いい競技ができたのではないかと思います。

そして・・・ 
こうして見ると、ななぶー、全クラス通して1等賞じゃないですか、ムフフ・・・。
親バカ自慢、失礼いたしました m(__)m


PageTop

悲願の初優勝!

昨日、5月13日は第3回ラビットホッピング大会。

このところ、要介護の老うさ3人かかえて、すっかりお疲れモードで。
なんにも考える余裕もなく、あたふたと参加したのでありましたが・・・


なんと!

ななぶー、超がんばりまして、上級クラス優勝をみごと勝ち取りました

といっても、上級クラスは3人のウサギさんしかエントリーしなかったので、出れば自動的に入賞という状況ではありましたが。



DSC_0707 (2000x1502)

テキトーな写真でスミマセン。
せめて、ななぶーが顔出したところを撮ればよかったです


うさフェスタ春2016のラビットホッピングでデビューして、2年。
我が家のホッピング選手たちの中で唯一、無冠のななぶーでしたが、ようやく栄冠を手にしました。

上級クラス初代チャンピオン。
ななぶー、おめでとう。


上級クラスは、ハードル5段。
ななぶーは、往路、復路ともノーミスで余裕の走りを見せてくれました。

実は内心、もっと速く走れ~って、まみ~は思っていたのですけどね。
あくまでもマイペースな、ななぶーでした。


今回も最後にトライアルが行われまして、ななぶーは8段に挑戦。
1走目はダメダメでしたが、2走目は見事に修正して、まさかのノーミス。
初めて公の場で、すべてのハードルをクリアしてくれました。

本戦、トライアルとも、文句なしの出来栄えだったことが、何より、嬉しいまみ~でした。
これも2年間、こつこつ頑張った成果かな?
って思います。

ホッピングを始めて、すぐに芽が出ないからって諦めてしまう方も多いのですが、継続は力なりです。

ホッピングをしていく中で嬉しいことや楽しいこともいっぱいあって。
そして、ぶっちやおびやんとの悲しい別れもありました。
その一つ一つがななぶーの力になりました。

今回の優勝は、ぶっちとおびやんと一緒に手にした栄冠です。



大会の様子はぼちぼち更新して行こうと思いますが、今回、ラビットホッピング大会では初めて西村さまがビデオ取材に来てくださいましたので、いずれまた、8bit news とユーチューブに記事がアップされることと思います。
皆さま、お楽しみに!



DSC_1034 (2000x1499)

ななぶーがあんなに頑張ったのに、ななぶーの写真を1枚も撮ってなかった!
って焦ったのですが、1枚だけありました。

会場に到着してすぐ、いきなりちゃぶ台返しのななぶーです(笑)

なにせ、さかりがついてますもんで。
まみ~は、朝からいきなり頭から盛大にシッコかけられるし。
今日は跳ぶぞ~って予感はありました。


いったい、この子はいつまでやんちゃしてくれるのでしょうね?
もう5歳半だというのに。
ま、ありがたいことです。


PageTop

レンゲパーティ その3

お次は、このお二方。

DSC_2212 (2000x1501)

むう&ふくちゃま。



DSC_2206 (2000x1333)

同居こそしていませんが、この2人もとってもなかよし



DSC_2216 (2000x1501)

そういえば、むっちゃん、生ものは苦手だっけ、、、
と思いだして、干してあるのを取り込んで出してみれば。

あらら、ふくちゃまが食べに来ました。
ふくちゃまは生の方が好きなんじゃないの?



DSC_2220 (2000x1499)

うん、そっか。
むっちゃんが好きなものを一緒に食べたいのか。



DSC_2228 (2000x1502)

あら、これいけるわよ、とばかりにほおばるふくちゃま。



DSC_2248 (2000x1501)

こうなりました



DSC_2254 (2000x1502)

シアワセだねー^^



DSC_2274 (2000x1498)

カノジョの前では、からきしダメなむっちゃん。



DSC_2297 (2000x1499)

まったくね、どっちが年上なんだか。



DSC_2311 (2000x1499)

お互いにマイペースな2人。



DSC_2326 (2000x1502)

2人ともこれで幸せなんだから、いいんですけど。



DSC_2363 (2000x1500)

ホントは、ふくちゃまの方がむっちゃんにぞっこんなのですよね。



DSC_2381 (2000x1499)

こんな態度してますけど、むっちゃんが1人で遊びに行っちゃうと、ものすごく寂しそうな顔するんです。



DSC_2384 (2000x1502)

そうそう、いつまでも2人なかよくね。




DSC_2398 (2000x1499)

最後に・・・
お誕生日なのに悲惨なヒト。

レンさま、あろうことかダニダニにやられまして、絶賛ハゲハゲ中なのです。
ユキぴょんの診察のときに先生に相談したら、とにかく確定していなくても疑わしい時はダニの治療をした方がいいということで、先行してお薬は始めたのですが。
で、4月の定期検診に連れて行ったら、ビンゴ。

カビもあるかもしれないとのことで培養もしていただきました。
結果はまだですが、うん、ダニだけじゃない気がするぞ。



DSC_2419 (2000x1501)

なにはともあれ、13歳、おめでとう。

まみ~の手が全然回らなくて可哀想なことをしましたが、めげずに頑張って生きてくれい!
ってことで。


PageTop

レンゲパーティ その2

次は、ななぶー。


DSC_2002 (2000x1502)

我が家のうさたちの中で、一番おいしそうに食べてくれるヒト^^



DSC_2008 (2000x1501)

レンゲもお外も嬉しくて、



DSC_2010 (2000x1499)

ひゃっほーしてます。



DSC_2028 (2000x1502)

ふくちゃまと並んで、我が家で一番の若手。

・・・ ですが、もう5歳半なんですよね。

そういえば、さっき書き忘れたんですけど、レン&ゴブがめでたく13歳のお誕生日を迎えました。
14歳はないだろうな、と思いつつ、何はともあれ長寿に感謝! です。



DSC_2051 (2000x1502)

ウサギを飼い始めた頃は、5歳って年寄りのイメージだったんですけど、いやいや、まだまだ一花咲かせてもらわねば。
ななぶーだって13歳まで生きると思えば、まだ折り返し地点にも来てないもんね。
おびやんやぶっちゃんの分まで生きて、活躍してもらわねば。



DSC_2054 (2000x1499)

ななぶーは、まだまだ、やんちゃしてまして。
というか、さかりがつきまして!?

今までこんなことなかったんですけど、やたら興奮して人の足の周りをグルグルしたり、他のウサギ(たいがいは逃げられないご老体)を襲いに行ってカクカクしたり (--;

へやんぽしてても大興奮でクマさんにケンカ売ってるし、どこで汚してくるんだか、身体から顔からまっ黄色にして帰って来るし。
写真ではうまい具合に色が飛んでますが、きちゃないななぶーなのです。



DSC_2058 (2000x1499)

いい年こいて、と言いたくなりますが、ななぶーにしてみれば、今が青春真っ盛りなのかなぁ・・・。
若い頃は、ずっとお客さんで、ろくすっぽ相手もしてもらえませんでしたからねぇ。



DSC_2070 (2000x1500)

ななぶーの嬉しいなダンス。
ホッピングセット置いておけば、楽しいジャンプ見せてくれたかな?



DSC_2078 (2000x1499)

ホッピングもいつまでできるか分からないけれど、行けるとこまで行きましょうかねぇ。



DSC_2081 (2000x1500)

空中浮揚!?
ななぶー、教祖様になれそうだ(笑)



DSC_2126 (2000x1501)

黙々と食べていて、急にシャキーンとしたのは、お外でスズメさんが大騒ぎしてたから。



DSC_2130 (2000x1502)

なーんだ、なんでもないや、って食べ始めたけど、お耳は警戒モード。

野生が残ってるんだか、いないんだか。
鳥さんが騒いでいるときは、悪いヤツが潜んでいることがありますからね、気を付けなくっちゃね。



DSC_2147 (2000x1501)

ベランダにあるアトラクション(?)はすべて制覇して。



DSC_2169 (2000x1498)

残るは台の上。
おっと、ユキリキちゃんに気が付いちゃいました。



DSC_2172 (2000x1499)

瞬間、こうですからね。
リキちゃまは、激怒しています。



DSC_2175 (2000x1501)

引きずりおろされても、ユキリキちゃんを襲いに行きたい、ななぶー。



DSC_2179 (2000x1501)

で、ながーーーい、ななぎ(笑)

ここで暴行未遂罪で逮捕となりました。


PageTop

レンゲパーティ その1

今年もどら猫さまからレンゲをどっさりいただきました。
どら猫さま、いつもありがとうございます m(__)m

今年はもう、みんな年とっちゃってお外に出るのもなんだかな~
な感じなので、どうしようかと迷ったのですが。

せっかく気候も良くなったことだし(花粉も落ち着いたし)、たまにはお外の風に当たるのもいいかな?
ということで。



DSC_1848 (2000x1500)

まずはユキリキちゃん。
せっかくのレンゲがあまり写っていなくて、ゴメンナサイ。

この子たちはケースに入れて置かないと、どこまでものたくって行ってしまうので箱入り娘になっています。
ケージ住まいに変更してから、リキちゃまの不自由度が一気にアップしてしまって。
骨折しているユキの方が身軽に方向転換したり、動き回ったりできます。
この感じだと、リキちゃまの方が先かもね・・・と。

思うように動けない苛立たしさみたいなものもありそうなお2人さんですが、久しぶりのレンゲにゴキゲンです。



DSC_1850 (2000x1501)

引っ張り合いっこして、黙々と食べていました^^



DSC_1867 (2000x1501)

人畜無害のゴブちんも一緒に出ています。



DSC_1872 (2000x1500)

ゴブちんはお外では食べない主義になったらしいので、一応、記念撮影だけということで。

口の中のできものの正体はいまだ不明で、食欲はあったりなかったり。
全然食べないときは強制給餌していますが、このときはわりと食べていました。
この後、お家でたくさんいただきました。



DSC_1876 (2000x1499)

ユキリキちゃんが気になりますが、ご挨拶に行くと、ブーブーフガフガ、リキちゃまに怒られちゃうんですよね。



DSC_1880 (2000x1499)

怒られちまったぜい!
のゴブちん。




DSC_1887 (2000x1502)

ゴブちんが帰った後は、クマさん(ペコ)。

クマさんはリキちゃまから徹底的に嫌われているので、ユキリキちゃんは台の上に避難しています。



DSC_1892 (2000x1502)

せっかくのご馳走なのに、何でそんな顔!?
ひたすら食べ続けるクマさん。



DSC_1893 (2000x1500)

食べてるうちに、だんだん普通のお顔になってきましたけど。



DSC_1912 (2000x1500)

ひとしきり食べたら、遊びに行きます。

まみ~が洗濯物を干しに出てるときなんかに、たまに一緒に出てくることはあるのですが、ベランダはずっと荒れていて。
久しぶりにウサギさん仕様に戻ったのが嬉しいらしいです。



DSC_1915 (2000x1499)

トンネルくぐりまで



DSC_1916 (2000x1503)

やっちゃいました。



DSC_1927 (2000x1502)

戻ってきて、また食べて。



DSC_1937 (2000x1498)

おいしい顔になりました。



DSC_1981 (2000x1499)

嬉しいブルブル。



DSC_1982 (2000x1499)

嬉しいなジャンプを跳ばなかったのは、もうこのヒトも年なんでしょうかねぇ・・・と。


PageTop

ユキのこと(つづき)

4月16日(月)は、半休とって夕方、病院へ。

とび出してきたピンは、その後はそこで止まってくれたようで、これならセーフか?
と思ったのですが。
本兎も食欲旺盛、いたって元気。

術後は食欲も落ちるだろうからと、うさぎのお団子をお出ししていたのですが、すっかりそれが気に入ってしまって。
まあ、食べる、食べる。
それはお高いから、そんなにたくさん食べられても困るのだよ、
と言っても、本兎、知ったこっちゃない。

そんなわけで、そんなには心配してなかったのでした。



診察室に入って、まず、
「ピンがねぇ、抜けてきちゃったんですよ・・・」
と言ったらば、

先生、真顔で、それはまずいと。
骨を接いでいる部分まで抜けてしまった場合、もう再手術は無理なので、そのときはそのまま筋肉がつくのを待つそうです。
先端が 1.5cm だか 2cm だか出ているとアウトだそうで。
見たところ、微妙な長さ!?

しかも、ピンが飛び出てきたところから感染が起きると、骨髄だかどこだかまで菌が回って、そうなったら助からないと。

「でも、この子、すごい食欲あるし、元気だし・・・」
って言ったら、

「いや、それが最後の最後まで食欲も元気もあるんですよ・・・」 と。


口の中に何やらこさえてしまったゴブちんもユキと一緒に通院しているのですが、ゴブちんを先に診ていただきながらそんな話をしていて、ユキぴょんの番になるまでずっと、
「ヤバイ・・・、 あーヤバイ・・・」
とブツブツつぶやいていて。


ユキの番になって、道具が上にあるのでそちらで処置してくるとのことで、ユキぴょん連れ去られ。

まあね、なるようにしかならないのだから、しゃーない。
骨がくっついたとしても、また歩けるようになるという訳でもなし、ダメならダメでいいんじゃないかとか。
なんて思いつつ、待ったのでありました。
なんかね、ことごとくタイミングが悪いのですよね、ユキぴょんは。

幸いにも、骨を接いでいる部分はギリギリセーフで、傷口を洗浄してピンを打ち込んでくださったそうです。
術部のホチキスの針も取り除いていただいて、随分、スッキリしました。

ピンはかなり打ち込んでくださったらしく、もしかしたら、今度は逆のひざ側から出てきてしまうかもしれないとのこと。



DSC_1844 (2000x1403)
 4月16日のユキリキ

手術跡の傷が生々しいですが・・・。
オシッコや●でどうしてもオチリが汚れてしまうのですが、傷が完全につくまでは洗ってやることもできず。
飼い主もかなりくたばっていて、いつもバタンキューで、なかなかお世話が行き届かないのが悩みの種でした。



DSC_0993 (2000x1501)
 4月23日、病院にて

その後、4月23日、28日と診ていただいて。

どうやらピンも抜けて来ないし、感染もなかったみたいね、、、
なんて安心していましたら。

28日の診察のとき、ひざ側に小さな穴が開いているのを見つけられ。
ピン自体は出ていなかったのですが、動いた拍子に瞬間的に皮膚を突き破ってしまったってことかなぁ・・・と。

今度はピンの先端部分をカットしていただいて。

ユキぴょん、おとなしくしていればいいのに、痛みがなくなってきたのか、縦横無尽に動き回るのですよね。


もう、これで終わりにしてほしいところです。
次回の診察は、5月12日(土)
いっぱいのところ、ムリムリ入れていただいたので、だいぶ遅い時間になりそうとのこと。

飼い主の方もだいぶボロボロだったのですが、この連休で立て直したいところです。

PageTop

ユキのこと

イベント続きですっかりどこかへ行っておりましたが、術後のユキぴょんのことを。

4月2日(月)に手術をして、その後しばらくは元のサークルに入れていたのですが。
動きまわっちゃって、どうにも安静にしてくれず
こりゃ、ケージに変えた方がいいかも・・・
と思いつつ、踏ん切りがつかず、様子見をしていたのでした。

そしたらば。
金曜の夜に事件勃発。
お掃除のときユキをキャリーに避難させようと抱き上げたら、その下に血の塊が
すっかり動転して、ほら、安静にしてないから傷口が開いちゃったじゃん(涙) って。
飼い主ヘタレで、怖くてその傷口は確認できず。
翌日は病院に見せに行く日でしたので、あと1日のことだからと、ユキぴょんだけそのままキャリー住まいにさせたのでした。

次の日(4月7日)、病院に行く前にキャリーのマットを変えたのですが、その時にもべったりと血がついていて。

先生には、 「大変なことになった!」 と状況を説明したのですが。
診ていただいたら、不思議なことに傷口はどうもなってないと。

???

骨折したところは髄液やら何やらがいっぱいたまっていたので、それが出てきたのではないかと。
えー、どっから出るの? って感じですが。
狐につままれたようでしたが、とりあえず、ユキぴょん、術後の回復は順調なようなので、ひと安心したのでした。

すっかり汚れてしまったガーゼを巻き直していただいて終了。
抗生剤(バイトリル)も追加でいただきました。



DSC_0401 (2000x1374)
 4月10日のユキリキ

リキちゃまには悪いけど、ユキの回復が最優先なので、あまり動きまわれないようにケージ住まいに変更しました。
これでお世話は格段に楽になったのでありました。

巻き直していただいたガーゼも次の日には脱いじゃって。
完全に脱げないようにって、肌色のテープを上から追加で巻いてみましたが、あんまりイミなかったみたい。


そして、またもや、13日の金曜日に事件勃発。
中に埋め込んであるピンが上の方から少し顔を出していたのでした。

ピンが出てきたら中に押し込むって先生、言ってたわよね?
って思ったけど、おそるおそる押してみたけど、ビクともしないし。
夜中のこととて病院にも相談できず。

次の日はうさフェスのラビットホッピング。
ななぶーが出ないという選択肢はないので、どうかこのままあと3日もってくれと祈るような気持ちで。
16日の月曜の夕方に再診の予定でしたので、それまで待つことにしたのでした。

次回に続きます。


PageTop

うさフェスタ春 2018 ラビットホッピング エキシビション(後編)

5 雷牙ちゃんチーム (3段)

DSC_0791 (2000x1500)

雷牙くんは、うさフェスタ秋2016 に出場して以来、今回が2回目。
がんばれ!



DSC_0799 (2000x1502)

ちょっとまだ、腰が引けておりまする。



DSC_0812 (2000x1500)

復路は調子よく、リズミカルにジャンプを決めてくれました。



DSC_0813 (2000x1499)

雷牙君は本当は4段、5段、いけちゃう実力の持ち主です。
練習会にも参加して場数を踏んでいけば、雷牙くん本来のダイナミックなジャンプを披露してくれるはず。
雷牙くんは大柄なだけに、迫力満点なんですよ。




6 ベイちゃんチーム (6段)

DSC_0823 (2000x1212)

最初はなかなかハードルを跳んでくれなくて周りをハラハラさせましたが、跳び始めたらもう、いつものべーたんです。



DSC_0832 (2000x1321)

復路は順調。
落としたのは、このバー1本だけ。



DSC_0835 (2000x1386)

勢いに乗って、べーたんらしい、いいジャンプでした。



DSC_0837 (2000x1468)

もひとつオマケ。



DSC_0843 (2000x1500)

べーたん、おつかれ。

クレオちゃんとべーたんで、不調だった子たちの分も取り戻した感もあり。
やっぱ、賞はみんなにあげてほしいなぁ・・・。
みんな、それぞれに頑張っているんですもの。



7 ななちゃんチーム (8段)   ナイスチーム賞

2018314 210 (1602x1198)

ななぶーの写真はAYAさまからいただきました。
AYAさま、いつもありがとうございます m(__)m

7番のななちゃん、とかコールされて、なんだかダジャレみたいになっておりました。
これは・・・やっぱ、段数も7でそろえるべきであったかと、一瞬、思っちゃいました。

ななぶーは自分で歩いてスタート地点まで行きます。
去年の桜祭のときはカチンコチンでなかなか歩き出せなかったのですが、今回は、コールされるまで椅子の下を探索したり、わりとリラックスしていました。



2018314 221 (1944x1458)

行きは一つずつ止まりながらではありますが、わりと確実に。



2018314 222 (1944x1457)

途中のハードルのバーが1本ないのは、輸送中にバーを引っ掛けるフックが一つどこかに行ってしまったんだそうな。
練習中、「ななちゃん、何段跳びますか」 って、しきりに聞いて来るもんで何かと思ったら、そういうことでした。
初めは、真ん中のハードルだけ7段でという話だったのが、うまく間を抜いてくれたようです。



2018314 233 (1944x1457)

ななぶー、帰りはどうも、いつも雑になるんでありますが、豪快にバーを落としながらぶっ飛んでくれました。
最後のハードルは得意のロングジャンプ風に。

いつも思うのですが、高いハードルのときはハードルの間隔をもっと広くとらないと、ウサギさん的には跳びにくいんじゃないかなぁ・・・と。
連続ジャンプしようとすると、着地してすぐ次を跳ばなきゃいけないんで、結構、ハードな気がします。

ともあれ、ななぶー、ウォーミングアップすらアヤシイ状態の中で、まあまあ頑張って跳んでくれたのではないでしょうか。
冒頭の脱走といい、最後に見せてくれたジャンプといい、観客の皆さまを楽しませてくれたのではないでしょうか。
ななぶー、ありがとう。




番外 フリー君チーム (6段)

DSC_0848 (2000x1500)

最後にフリー君登場。
スタッフさんは皆忙しくて、ハンドラーがいないということでしたが、昨秋、息の合ったところを見せたSさんが、どうやら都合をつけてくれたようです。

が、、、 この緊張の面持ち。
残念ながら、またしても不発のフリー君だったのでありました。



DSC_0864 (2000x1499)

途中でAさんにハンドラー交代して。
ここで、やや、やる気の色のみえたフリー君でしたが・・・
このパフォーマンス



DSC_0873 (2000x839)

フリー君の華麗なジャンプを撮りたいカメラマンs、這いつくばるの図。

人間たちの期待をよそに、
ボク、もうとばないもーん!
のフリー君でした。

ヒマラヤンってば、やんちゃでホッピング向きなウサギさんではあるのですが、神経質なのが玉にきず。
こういう子をどうやって、この会場で跳ばすか、それもハンドラーの腕の見せ所なのかもしれません。



というわけで、うさフェスタ春2018桜祭のラビットホッピングエキシビション、今回もとても楽しいひと時を過ごしたのでした。
スタッフの皆さま、参加者の皆さま、そして、応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。

次は、再来週のラビットホッピング大会です。
うさフェス前の練習会のときお願いしたのが効いたのか、上級クラス (5段) を設けていただきました (びっくり)
ななぶーは正確性には欠けるので、順位は期待せず、まあ一緒に楽しんでこようかなと。

エントリーがお済みでない方は、お早めにどうぞ!


PageTop

うさフェスタ春2018 ラビットホッピング エキシビション(前篇)

動画の公開に遅れを取りましたが、うさフェスタ春2018桜祭、ラビットホッピングエキシビションの様子です。


DSC_0644 (2000x1499)

コース全景。

開場のときは、今年はお客さん少ないな~ という印象でしたが、練習も終盤になった頃からたくさんの方が集まってくださいました。
いつものように、スタッフさんと出場チームの紹介の後、競技開始です。

事前練習では皆さん、調子がイマイチでしたが、去年の桜祭のときもそうだったけど、新人の子もみんなちゃんと跳べたもんね~
なんて、タカをくくっておりましたが・・・。



1 クローバーちゃんチーム (2段)

DSC_0663 (2000x1500)

トップバッターのクローバーくんは昨秋に続いて2回目の出場。
今回は1段あがって、2段に挑戦です。

軽快にスタートを切り、最初のハードルは難なくクリア。
その後、ちょっと止まってしまいましたが、最後は可愛く鼻ツンで決めました。



DSC_0688 (2000x1501)

復路は、さっきのゴール前の鼻ツンが受けたのに気を良くしたのか・・・



DSC_0693 (2000x1499)

全滅 (^^;;

でもね、動画を見ていただけば分かると思うんですが、クローバーちゃん、もういっぱいいっぱいだったんです。
それでも、おかあさんと一緒に最後まで頑張りぬきました。



DSC_0695 (2000x1499)

賞は逃しましたが、クローバーちゃんにも、がんばったで賞をあげたかったなぁ。




2 クレオちゃんチーム (3段)

DSC_0699 (2000x1500)

今回、一番調子が良かったのがクレオくん。
行きは軽く流して、



DSC_0705 (2000x1500)

帰りは一気に走りぬいて、場内からは歓声が上がっていました。



DSC_0706 (2000x1501)

クレオちゃんも頑張りました。



DSC_0710 (2000x1500)

この、ドヤ顔です^^




3 ポコちゃんチーム (3段)    がんばったで賞

DSC_0720 (2000x1500)

本番になっても、やっぱりカッチンカッチンのポコちゃん^^



DSC_0724 (2000x1500)

このイヤそうな顔(笑)

大勢のお客さんに、どうしていいか分からない状態だったらしく。
左足をなめ、右足もなめ。
身体もなめつつ、何とかゴール!



DSC_0733 (2000x1501)

うってかわって、復路。



DSC_0736 (2000x1499)

最初はイヤイヤモードでしたけど、いきなりスイッチオンしまして、見事なジャンプを披露してくれました。



DSC_0738 (2000x1501)

ポコちゃんも場数を踏めば、きっと素晴らしい選手になることでしょう。



DSC_0747 (2000x1499)

ポコちゃんも、ドヤ顔^^
初出場、おつかれさま。




4 ごんたちゃんチーム (3段)   アピール賞

DSC_0751 (2000x1500)

ごんたくんも昨秋に続き2回目の出場です。
前回より1段アップして、3段に挑戦です。



DSC_0756 (2000x1244)

練習では全然跳べていなかったけど、本番になればまた変わるから。
と思ったんですが。
ごんたちゃん、てこでも跳ばないと決めていたらしく
全部のハードルをくぐり抜けるという暴挙 (^^;;



DSC_0780 (2000x1160)

帰りはみんな調子がいいし、ごんたくんもやる気っぽいし。
と、誰もが期待したところでありましたが・・・
やる気満々でみごとにパーフェクト賞。



DSC_0783 (2000x1502)

なんですかね、このしてやったりのお顔は。



DSC_0786 (2000x1500)

ええ、ええ、文句なしのアピール賞でありました ☆



DSC_0788 (2000x1503)

ある意味、これはすごい記録。
あっぱれ、ごんたくん。

でも、次はかっこいいジャンプを見せてくださいね。


後編へ続きます。






PageTop

うさフェスタ春2018ラビットホッピングの動画

お待ちかね、うさフェスタ春2018ラビットホッピングエキシビションの動画が公開されています。
ぜひ、ご覧くださいね。

    【ショート版】
    【フル版】

ななぶーの脱走シーンは、フル版の方でご覧いただけます

西村晴子さま、ありがとうございました!

PageTop

うさフェスタ春2018 ラビットホッピング事前練習

おまたせいたしました。
うさフェスタのラビットホッピングの様子です。


DSC_0398 (2000x1501)

出場者は開場前に中に入れてもらって、9時から練習開始。
今回は、普段は講習会をやっている場所です。

出走順に席について、スタッフさんたちがあたふた走り回っている中、練習が始まりました。
段数の低い子から順に、一往復ごとに交代になります。



DSC_0403 (2000x1500)

トップバッターは、クローバーくん。



DSC_0414 (2000x1499)

去年の秋のうさフェスでデビューしたクローバーくん。
今回は2回目ですが、場所が変わって苦戦されている様子。



DSC_0430 (2000x1500)

ごほうびに気を良くして頑張ってほしいところです。



DSC_0438 (2000x1500)

次は、クレオくん。
クレオくんくらいにベテランになると、どこでもちゃんと跳べちゃいます。



DSC_0448 (2000x1499)

今回デビューのポコくん。



DSC_0453 (2000x1501)

ポコちゃん、キャリーの中に入っている時からもうカッチンカッチンで。
大丈夫か、おい。状態(笑)



DSC_0471 (2000x1499)

ごんたくんも昨秋デビューして、今回は2回目ですが・・・



DSC_0475 (2000x1498)

同じく、大苦戦。
バーを跳ばずに、みんなくぐり抜けちゃいます。

あたふたしていてアドバイスもして差し上げられなかったのですが、
場馴れしてないウサギさんにとっては、うさフェス会場というだけで一気にハードルが上がるんですね。
最初はその分のバーを差し引いてあげればよかったんだよなって、後から思ったことでした。
普段、3段、4段跳べている子でも、1段くらいから始めて調子をつかんでもらうという。
とにかく時間がなくてハンドラーさんも気がせいてしまうのですが、急がば回れなのです。




DSC_0483 (2000x1501)

雷牙くんも最初はおっかなびっくり(笑)



DSC_0498 (2000x1500)

でしたが、跳んでいるうちに、少しずつ調子が出てきましたよ。



DSC_0509 (2000x1503)

一巡して、再びクローバーくん。
本番では2段を跳びたいクローバーくん、真ん中のハードルだけ2段にして挑戦です。



DSC_0521 (2000x1499)

なかなか人間の思うようにはいきませんが、ウサギさんたちも超がんばってるんです。



DSC_0526 (2000x1499)

クレオ君は、2回目にしてもう仕上がってる感が^^



DSC_0544 (2000x1499)

ごんたくんは、相変わらず苦戦中・・・。
がんばれ、がんばれ!



DSC_0563 (2000x1500)

練習3回目のクローバーくん。



DSC_0565 (2000x1500)

だんだんやる気が出てきたっぽい!?



DSC_0571 (2000x1499)

ポコちゃんも、相変わらずカッチンカッチンながら、多少は解凍されてきまして、復路はいい感じでジャンプできるように。



DSC_0580 (2000x1499)

終盤、べーたんの登場を予測してか、皆さんばらまき作戦に走りまして(爆)



DSC_0590 (2000x1499)

満を持してのベイくん登場。
到着が遅れて、おかーさん焦りまくりで、べーたんも
「ごめんだぜ!」 って感じ(笑)



DSC_0591 (2000x1499)

逆走寸前ですが、なぜかカメラ目線のべーたん^^



DSC_0594 (2000x1499)

なんとかなだめすかして。



DSC_0623 (2000x1499)

やっぱり、ホッピングはべーたんが来ないと盛り上がりません。



DSC_0633 (2000x1499)

心配しましたが、なんとか、べーたんも調整が間に合いました。



ここで、時間終了となりまして、後半組は2回しか練習ができなかったのでありました。
ななぶーは6段から始めて。
これも相当無茶なんですが、8段跳ぼうと思ったらこの辺から始めないと間に合わない。
次に7段跳んでみて終了。

コースのにおい確認から始まって、ぜんぜん集中できてない感じでしたけど、動きは悪くないなと。
最後のトライアルがあるんだったら本ちゃんは7段で行こうと思ったのですが、ないっていうし。
8段跳べるななぶーを見に来てくださっているお客さまもあるわけで。
せっかくのお祭りなんだから、ここは強気で攻めるしかないよねってことで。

ななぶーには、8段練習できなかったけど、跳べるよね?
って何度も確認して。


ハンドラーさんたちは、段数を申告して、いよいよ本番になります。
ラビットホッピングエキシビションの様子はまた次回。
カメの更新で申し訳ございませんが、お楽しみに!


PageTop