兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

旅行用ケージ

年末年始の帰省の際は、設置場所と積み下ろしの都合上、鳥たちには普段より小さいケージに入ってもらいました。
今回は、その感想をひとつ・・・。

仮住まい

サブレはマルワの「フリーバード手のりかご」、文鳥たちはHOEIの「ミレニアム手のりG」です。

フリーバード手のりかご

フリーバード手のりかごのサイズは、37.0×40.5×47.0cm、普段、文鳥たちが暮らしている「わかば」と床面積は同じですが高さが70cm低くなっています。
マルワのケージにしちゃ、ちょっと重いなと感じたのですが、どうやら金網が若干太いようです。
付属していた止まり木が径15cmでしたし、前面全部がガバーッと開いてしまうという作りからして、ずんぐり体型の中型インコさん仕様なのかもしれません。

メインの餌入れ(皮付き餌用)と水入れ、ズプリーム ナチュラル用のお皿(床置き)、ハリソン マッシュ用のおちょこは普段のものを、ラフィーバのペレットは札幌の獣医さんが開発したとかいう餌入れ“小”を使用しました。
お気に入りのセーフティパーチとおもちゃ(クレイジーデイジー)は必携。
ケージが変わったついでに、「文鳥屋」さんで買った「自然木止まり木」と、以前「CAP!」さんで買った「カーリー 木のはしご」を試しに付けてみました。
(なかなか、いい感じです)
サブレ君、怖がるそぶりも見せず、自然木止まり木にもハシゴにもちゃんととまってくれました。

「怖くないもん」

ただ、意外にもサブちゃんが喜ぶと思ったこの扉、なんかイヤだったみたいで、結局はこれを閉めた状態で餌入れ用の小窓をナスカンでとめて出入りしていました。
(がっかり)

ところで、何故か喜んでいる文鳥・・・?(↑写真)

ドロボーぶんちょ

そのココロは・・・ 空巣に入りやすい のでした!(爆)

小心者のサブレ君、なすすべもなく見てるだけ~


ミレニアム手のりG

一方、文鳥たちのミレニアム手のりGは・・・
こんなに小さいケージで大丈夫かと心配しましたが、仮住まいには十分だったようです。
サイズは、34.0cm×24.0cm×36.0cm、床面積は通院のときに使うウィングキャリーをひとまわり大きくした程度で、高さもそんなにありません。
しかし、狭いがゆえに安心感があったようで、ヤッピーもチェリーも文句一つ言わず、ずっとお利口にしていました。
(ずっとこれでも、いいんじゃないかと思うくらい)

このケージ、小さいけれど、いろいろな工夫があります。

出入り口

まずは、ケージ前面の約半分を占める大きな出入り口。
チェリーは怖がらずに開けた扉にピョンピョン乗っていましたが、ヤッピーは足場の止まり木がないのが怖かったようで、出るときは止まり木から直接飛び立ち、帰るときも止まり木めがけて飛んで入っていました。
この扉がもう少し小さかったら、きっと却下されてたんでしょうね・・・。

フック

底板は引き出しではなく、フックでとめます。
慣れないと、とめたり外したりが、しにくいです。
樹脂製のフックも心もとない感じですし・・・
小さなケージですので、十分といえば十分なのですが、改良の余地はありそうです。

うさかごフック

↑ ウサギケージにはこういうタイプのケージが結構ありますが、ジェックスのケージのフックは非常に扱いやすいし、頑丈です。
ウサギ用品には、小鳥にも使えそうなアイディアがたくさんあるので、取り入れてくれたらいいのになーと思うものが結構あります。

ロック

↑餌入れ用の小窓のロック。

ロック開

片手で簡単に開閉できます。
・・・けど、こんな小さなケージに自力で扉開けて脱走するような鳥入れるかしらん・・・!?

写真撮り忘れましたけど、出入り口の扉にも簡単なロックが付いているのですが、こちらはちょっとやりにくかったです。
これもウサギさんのケージを見習ってほしいなーと思うところ。

フンきり網&ロック

フンきり網は、ケージ本体の金網の側面の出っ張りに載せるようになってます。
(底板を外しても網は本体に付いていくので、脱走防止になります)
ヤッピーは足の関係で網は使わないのですが、側面の出っ張り部分に足を引っ掛けそうな気がしたので、網はつけたまま、その上に新聞紙を敷くことにしました。

お掃除しやすいし絶対水漏れしないので、フックを改良して普通サイズのケージにも取り入れてもらえれば、喜ぶ飼い主さんがたくさんいるんじゃないかしら・・・と思います。
ただ、底板がスケルトンなのはNGでしょうね・・・
散らかした餌のカスやらフンやら、汚いのがみんな見えちゃう。

あと、付属の餌入れと水入れはまるで使い物になりませんでした。
小さい上に底が深いし、中途半端な足場は踏み外しそうだし、一目見て、却下じゃぁ~!
オマケに手持ちの餌入れ使おうと思ったら、幅が合わなくて、針金式のじゃないと使えないし。
付属品はオプションになりませんかね~と、いつも思います。

でも、これで2,640円ですから、お値打ち品ですよ~。
放鳥タイムを十分にとれる子の1羽飼いなら、結構いいんじゃないでしょうか。
(って、回し者じゃございません)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

ちゅんきち様も、車で帰省されているのですね。
我家では移動の際、一番気を使うのが車へのケージの積み込みでした。
移動用のマルワのキャリー4個と、HOEIのハートフルハウスM3個、L1個。いつも使っているマルワの手乗り籠(雛が生まれていたので動かすことができません)計9個のケージを後部座席に積んでの帰省でした。
普段と違う環境に、鳥さんたちの反応は様々でした。
動じない仔、思いっきり萎縮した子も。
ちゅんきち様宅の皆様は、大丈夫でしたか?

だんつま | URL | 2008年01月07日(Mon)18:54 [EDIT]


ダンツマさま

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

後部座席にケージ9個(シナモンズぎっしり・・・!?)、壮観でしょうね~
どんなふうに収まるのか見てみたいです。
しかも、ヒナちゃんが一緒だったなんて・・・
本当におつかれさまでした。

ウチのは、もう、すっかり旅慣れてしまって、移動中も全然平気・・・(笑)
昨年の通院で、だいぶ図太くなったようです。
ヤッピーなんて、数年前は車中ではひたすら固まっていて餌も食べられないくらいだったのが、変われば変わるものです。
(文鳥って、ホントに面白いですね)

今年1年、ダンさま、ダンツマさまとシナモンズさんたちにとって、楽しい良い年になりますように!

ちゅんちき | URL | 2008年01月07日(Mon)22:43 [EDIT]


こんばんは

ちゅんちき様、大家族は移動が大変ですね。
御帰省は移動距離も長いし、お正月は寒いし!
ここ爺の移動は小さなプラスチック虫籠に入れて
ご飯を床にばら撒いて、虫籠の外側からホッカイロを貼って、
黒い布に包んで、リュックに入れます。
リュックは大事に抱かれて運ばれるので
傍から見れば「何を運んでる?」と思われている事、間違いなしです。
暗くしているのでここ爺はずっと大人しくしています。
大所帯、移動が大変だけど憧れますぅ!!!

さってぃん | URL | 2008年01月07日(Mon)22:50 [EDIT]


さってぃん さま

ここちゃんは、お利口にプラケースに入ってくれるんですね♪
ウチのはみんな、鳥かごの形をしていないと入ってくれないんですよ~。

そうそう、私も鳥連れで電車に乗るときなんかは、ぶんちょの入ったバッグ、大事に抱えています。
駅の狭い階段なんて、蹴られてなるものかと、高々と掲げて歩いています。
絶対、アヤシイ!(笑)

ちゅんちき | URL | 2008年01月08日(Tue)21:58 [EDIT]