兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

無事終了

皆さまには多大なるご心配をおかけしてしまいましたが、昨日、ユキの手術は無事に終わり元気にしています。
たくさんのコメントやメールをいただき、ありがとうございました。
すっかり放置してしまい失礼いたしましたが、お返事はもうしばらくお待ちいただければと思います。


またお注射されたの

鎮静剤を打たれました。


病院についたのが10時半くらい。
幸い、午前中は患者さんも少なく、手術開始のお昼過ぎまで、ゆっくりと先生とお話しすることもできました。
ちゅんちきがすっかり意気消沈しておりましたので、当たり障りなく雑談程度ではありましたが・・・。
ユキの首振りについて最初に相談したのが松岡先生だったのですが、その後も気にかけて励ましの言葉をいただいていたりもして、本当にありがたい事でした。

先生はもう少しひどい状況を想像していたとのことで、ユキを見て、
「この程度なら、大丈夫だと思います。日帰りでできると思います。」
と、ホッとしたご様子。
入院になれば、また次の日に迎えに来なくてはならないちゅんちきの体調を気遣ってくださっていたのと、連れて来てすぐにひどい下痢をした子たちでしたので、環境が変わるとまたそんな事もあるかもしれないと心配してくださっていたようです。


検査結果

問題のある子ですし、念のため事前に血液検査もしていただきました。
  結果は、特に問題なし。


まだ夢の中

手術終了直後。爆睡中です。


ハクたんの手術のときにも来てくださった先生が麻酔の補助にいらして、予定通りお昼過ぎに手術開始。
先生は 「これなら大丈夫」 と太鼓判を押してくださったけれど、やっぱり待っている間は心配です。
万一の場合、ユキとこれでお別れになっちゃうってのもつらいけど、そうなったら、ものすごく先生に迷惑かけちゃうな~って。
きち先生に受けていただけなかったことを無理にお願いして、悪かったな~っとも。
不可抗力であったにせよ、うまくいかなかったらイメージ悪いですから。
専門は鳥さんですが、ウサギさんもたくさん来院されている病院です。
ウサギさんを連れていくたびに、先生の手つきも良くなって、いろいろとお道具も揃えていってくださっているので、嬉しいな~と思います。


意識朦朧中・・・

起きそうで起きないユキ。


さほど時間もかからず、先生が顔を出して
「終わりましたよ~
と爆睡中のユキと対面させてくださいました。

ああ、良かった。やっぱり、この子には運がある。
思いっきり白目をむいて横たわっていましたが、呼吸はしっかりしています。

「妊娠していましたか?」
「はっきりとは分からないけど・・・」
と、摘出した子宮と卵巣を見せてくださいました。
「う~ん、妊娠していなかったかもしれませんけど・・・
でも、卵巣はいつでも妊娠できる状態になっています。
いずれはやらなきゃいけない事だから、今やって良かったんですよ。」


仕事でもウサギの生殖試験というのはよくあって、帝王切開なんかも見たりするのですが、妊娠7日目の子宮の状態というのは見たことがない。
不妊のウサギさんよりは、気持ち大きいかもね・・・という気はしましたが、定かではない。
妊娠していなかったとすれば、まい君が種なしだったか (何しろ、タマが小さい) 、まい君に乗りかかられる前に秘密の通路を通って自分の部屋に逃げ込んでいたかのどちらかだろうと思います。
リキにマウンティングされているときは、いつもシッポを上げて 「OKよ」 のサインを出していたので、妊娠していると思って間違いないと考えていました。

先生は、卵巣と子宮を手に、また聞いてくださいます。
「これ、いりますか?」
「いえ、結構です。」
「じゃあ、これは病院の方でで供養しておきますね。」
あー、どうしてそこまで言ってくださるのかしら・・・
と、ほろりとしてしまいました。


聞こえてるわよ

ひとまず、手術が無事成功したとなれば、次に心配なのは術後管理。
吸収糸を使用しているので、抜糸は不要とのことです。
カラーも 「必要ないでしょう・・・」 というか 「付けられないでしょう」 と先生はおっしゃったのですが、
「ラボのウサギさん、よくカラーしてますよ。」
と答えつつも、一度自由の味をしめた子ですから、そりゃ嫌がるだろうな・・・
というのはありました。
付けないで済むなら、それに越したことはない。

一番怖いのは、傷口がふさがらないうちに自分で抜糸してしまってお腹ぱっくりという事態。
いたずらしないように、絆創膏を貼って縫合部分を保護してくださっていたのですが、いつまでもつかな・・・
とすこぶる不安。
まあいいや、ヤバそうだったら会社からカラーを借りるか、テープ剤分けてもらおう・・・ということに。

「細かく縫ってあるから、2針までは大丈夫です。
皮の部分は開いちゃっても大丈夫なんですけど、筋肉の方が開いちゃうとダメです。
連続して3針自分で抜糸して筋肉が開いちゃったら、ヘルニアになります。」

最悪、お腹ぱっくりになったら、近所の病院に飛びこむしかないそうです。

お薬は、化膿止めの抗生物質7日分とプリンぺランを出していただきました。


お腹なんかすかないわ

先生が 「もう、ゴハン食べてもいいですよ。」 っておっしゃったので、お弁当のセロリと人参を置いてみました。
朝は絶食だったので、お腹はすいているはずなんですが・・・。
牧草あげても、純をあげても、結局、病院にいる間は何も食べませんでした。


なんだか気分が悪いわ

覚醒の瞬間、そそうをしてしまって、気がつけばバスタオルも床も大洪水。
そして、キャリーに移し替えた後も、前面扉の網から外へ大放出。
エンセ姫のお行儀は最悪です。
まったくもって、ご迷惑をおかけいたしました。


お腹が痛いんだけど

覚醒してすぐに長時間の移動というのも考え物なので、午後の診療時間も待たせていただきました。
午後はひっきりなしに患者さんが来て、先生の手が空いたのが7時頃。
その間、ユキは飲まず食わずでしたので、抗生物質の投与に補液と強制給餌もしていただいて終了。

先生はその後横浜まで勉強会に行かれるとのことでしたが、急患の連絡があったりして、ぎりぎりまで診ていらしたようです。
あずさんでも、今週は手術ラッシュだったそうで、可愛い患者さんたちに交じって最後にでかいのがお邪魔してしまいました。
入院患者さんも3羽いらしたのですが、午後からは皆さん元気になられたようで、壁の向こうから可愛らしい声がずっとしていました。

こちらもすっかり疲れてしまって、満足にお礼も言えずに帰ってきてしまいましたが、ひたすら感謝!なのでありました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

よかった!!!

ちゅんちきさん、ユキちゃんお疲れ様でした!!!
ひとまず、手術が無事に済んで本当に本当によかったです(泣)
ユキちゃん、よくがんばったね(>_<、)
あとは、ちゅんちきさんのおっしゃるとおり術後管理ですね。。。
しばらく大変な日々が続きますが、どうか乗り越えてください!!!
ちゅんちきさんも体調を崩されぬようご自愛ください。

もこまる | URL | 2010年01月24日(Sun)02:21 [EDIT]


!!!

あぁ、よかったぁ
もうこれは何かあったに違いないと思っていました。
うまく行ったにしても中絶という形になったら落ち込んでいるのだろうなぁと。
それが手術も成功、妊娠も「??」という一番いい状況で終えられて本当に良かったです。
まだまだ気を抜けないでしょうが、どうかまみ~のお身体もいたわってあげてくださいね。
あと、まだリキちゃんがいますから戸締りにはご注意を!!

Choppy | URL | 2010年01月24日(Sun)02:50 [EDIT]


ご無沙汰しています。
ひっそりずっと見ていました。
とりあえずユキちゃんが
無事に戻ってこられてよかったです。
ちゅんちきさんもお疲れ様でした。

今回の事は人によっては色々でしょうが
私はこれで良かったと思います。
何事も最終的には飼い主である
ちゅんちきさんが決めることだと思いますし。

ユキちゃんの術後も何事もなく
過ごせること祈ってます。
ちゅんちきさんも体調を崩されないよう
気をつけてくださいね。

Nana | URL | 2010年01月24日(Sun)11:14 [EDIT]


よかったですね。
ユキちゃん、ちゅんちき様、お疲れ様でした。
お留守番のみんなもお疲れ様でした。

まだまだ心配な事も山積みのようですが、頑張ってください。

サン | URL | 2010年01月24日(Sun)12:42 [EDIT]


もこまるさま
本当にユキも先生もよく頑張りました(笑)
ちょっと食は細くなっていますが、とりあえず元気にしてくれているので大丈夫そうです。

Choppyさま
ちゅんちきも半死体になっていたので・・・
更新が遅れましてスミマセン(^^;;
リキは力が余って、暴れまくりです。
早くコイツもなんとかしたい・・・。

Nanaさま
ありがとうございます。
ここまで多頭飼いだと何かと事件が勃発しますね(笑)
とりあえず、一件落着でホッとしています。

サンさま
ウサギさんの騒動で、鳥さま方がグレそうになっています(笑)
早く通常モードに戻さねば・・・。

ちゅんちき | URL | 2010年01月24日(Sun)16:35 [EDIT]


ちゅんちきさん、手術無事終了してよかった!!
ユキちゃんもよくがんばりましたねv-22
何もできないのですが、心配でハラハラしました。
術後の経過が順調に行くように祈ってます。
ユキちゃんは心配な病気あるかもしれないですが
なんだか命運は強い!!という感じがします^^
ちゅんちきさんもお疲れ様でした^^ こんな時こそ
好物でも食べて少し休んでくださいよ~!

ちゃたろう | URL | 2010年01月24日(Sun)21:10 [EDIT]