兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

余ってる・・・

今日、小耳に挟んだイヤ~な話。
夜、帰る前にウサギさんチームの研究室にお届けものを持って行きました。
ちょうど、お偉いさん2人で語り合っているところでした。
「ちゅんちきさん、ダッチ、いっぱい余っとるってよ。」
「え? 雌雄2匹ずつじゃ・・・ 他にもいるんですか?」
「キャンセルが出て、ブリーダーさん、困っとるってよ。」

昔のこと? 思い出したくないよ

はは~ん、合点がいきました。
12月中旬にダッチウサギが入ってくるのですが、夏ごろに聞いた話では、「また100匹規模の試験らしい」ということだったのが、秋には「54匹」に減っていました。
半減した理由が、ブリーダーさんの方で同じ時期に引き合いがかぶっていて、繁殖が追いつかないということでした。
それで試験規模を縮小したらしいのですが、こちらの担当の人が心配していたんです。
お客さま(医薬品メーカー)が、他のラボにも見積もりを出していて、ブリーダーさんには同じ話が2社から来ているんじゃないかと・・・。
それで、つぶし合って使われるウサギさんの数が減るのなら結構な話じゃないかと思ったのが、どうやら最悪の事態になったようです。
2社、見積もりを取れば、本命の方が高い金額を提示してもたたけるからトカナントカ・・・そんな理由かどうかは知りませんが、メーカーさんも罪なことをしてくれたものです。
ブリーダーさん、すっかりその気になって、せっせと100匹あまりの子ウサギを産ませて育ててみれば、半分はキャンセルという・・・。

12月中旬に3、4箇月齢くらいで入ってくるのでしょうから、逆算すれば、今は生後1ヵ月すぎ。
可愛い盛りです。
ふわふわの白黒の子ウサギたちがそろそろ離乳しようという頃になって、キャンセルじゃぁねぇ。
白ウサギなら、いくらでも使い道はあるのですが、ダッチはそんな訳にいきません。
だからこそ、ブリーダーさんは受注生産しているのに。

「ペット業界じゃ、ダッチはあまり流通していないから、欲しい人いると思うんですけどねぇ。」
「こんな、たけぇウサギ、買う人おらへんよ。」
ダッチ1匹のお値段は4万円近く。
でもね、細菌・寄生虫検査済みの「先天性の病気なし」の折り紙つきのお子たちです。
血統書なんかよりも、こっちの方がよっぽどありがたいですから、うまく流通できれば命を無駄にしなくてもすむんだけどな~。
ブリーダーさんだって余った子は処分せざるを得ないでしょうが、さすがに可愛い盛りのダッチを手にかけるのは人間の情として、切なすぎる。
何とか全部買ってくれないかとウチに泣きついて来たのかもしれません・・・
仮にメーカーさんに責任とってもらって、100匹使うことになったとしても、何だかな~って、そんなお話です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ブリーダー ぺけ!

同じ時期に同じくらいの話がきたら、どこの何に使うかぐらい聞きなさいよね。少なくともプロなんだから、それ位頭を使いなさい!
でもホント、下手な血統書付より、EZフリー確実の堅実な保証付きなんですけれどね。なんとか引き取り手見つからないかなぁ。手にかけるくらいなら、里親探したっていいでしょうに。数頭ならともかく、十単位じゃねぇ~(--)

チーママ | URL | 2008年10月23日(Thu)20:48 [EDIT]


なんていうこったい

はぁ~、ため息の出る話ですね。
受注生産なのに、どうしてそうなっちゃうのかしら…。
どうかいい解決方法が生まれますようにお祈りしております。

さってぃん | URL | 2008年10月23日(Thu)21:31 [EDIT]


コメントありがとうございます

チーママさま
ブリーダーさんは被害者なので、非難してはあまりに気の毒なのですが・・・
でも、見通しが甘かったですね。
滅多に出ない品種が同じ日程で2件同時に引き合いが来たら・・・疑うのが普通じゃないかと。
海外では、信頼性の高さから実験動物業者さんの動物はペットとしても人気があるというような話も聞いた事があります。
日本もそうなるといいのですけど、なかなかオープンになれない業界なのですよね。

さってぃんさま
ホントに、なんてこった!です。
ラボの方もある程度話が固まったら、正式な契約の前に動物の仮発注をしてしまったりするので(要はメーカーさんに期限が切られてる)、こんな事になってしまったのでしょうね。
この頃は、メーカーさんの方も動物のことまで考えて仕事を出してくれる方が少ないんじゃないかという気がします。
寂しいことです。

ちゅんちき | URL | 2008年10月24日(Fri)00:50 [EDIT]


ひどい状況…

細菌・寄生虫検査済みの「先天性の病気なし」で生体管理することの大変さ…すごーく分るのですがダッチ1匹4万円は高い(T。T)
徹底管理して飼育繁殖したらそれくらいの額にはなっちゃうでしょうけれど。
@5000くらいなら知り合いのペットショップ(チェーンで数店ある)に話もできると思いますが、そんなのでは追いつかない数の余りですよねぇ。
mixiだと里親募集したらガンガン見つかるかもしれませんね。

ふじはら | URL | 2008年10月24日(Fri)12:36 [EDIT]


ふじはら さま

確かにめちゃ高いウサギさんたちですが、真面目に血統・健康管理していこうとすれば、このくらいのお値段になっちゃうんですよね。
ブリーダーさんのウサギゆえ、私が口をはさめるレベルではないのですが、何とか行き先が決まればいいな~と願うばかりです。
実験動物専門業者からペット用に卸すというのも、現状、できない話だと思いますし。
命を扱う仕事だというのに、こんな事が起こってしまうってのは恥ずかしい話です、ホント(涙)

ちゅんちき | URL | 2008年10月26日(Sun)19:18 [EDIT]