兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

はる君通院日

10月18日は、はる&あい君の通院日でした。

ワシも日なたぼっこしたぞ

まずは、はる君から。
前歯は、若干斜めになっていますが、それなりにうまく噛み合わせを作っているので、処置なし。
奥歯もかなり改善してきたようで、初めは先生も、
「これくらいなら処置しなくてもいいかもしれませんね・・・」
とおっしゃったのですが、違う方向からも見たりしながら、
「やっぱり、この飛び出てる部分だけ少し切ります。」
ということに。
1番手前の歯が直立しすぎていて、次の2番目、3番目は自然に顎のラインに沿っているのだけれど、結局はその2番、3番の先端がちょっと出っ張ってしまう・・・とそんな感じらしいです。

はる君、歯に牧草が詰まってて、
「この牧草、どいてほしいな・・・」
なんて、ブツブツおっしゃっていたのですが、出て来たそれは・・・犯人はペレット牧草の「純」だったようです。
今日は遅い時間の予約だったので、朝から気合入れて、たくさん食わしてしまっていてのでした(^^;;

この頃、ゴキゲンであるぞ

先生、いともたやすくパチパチ切ってやすりで磨き始め、
「これで口の中もちょっと傷つけちゃうかもしれませんけど・・・多少血が出るもしれません。」
とおっしゃったのですが、自分が痛いわけじゃないし・・・という冷たい飼い主でありました。
「ウサギの歯って、そんなに簡単にパチパチ切って、ヤスリで磨けちゃうほど柔らかいものなんですか?」
とお聞きしてみました。
(本当は大変に熟練した技術の要る難しい処置。先生、ゴメンナサイ)
だって、人間の歯じゃ、そんなこと絶対できませんって。
「ウサギの歯はエナメル質が歯の外周にちょこっとだけしかないんですよ。
出っ張ってる部分とかは、ほとんどないので簡単に切れてしまいます。
・・・人間だったら、ヤですよね~、こんな事されちゃ。」

「いえ、その方が早く終わっていいな~って思いました~ (爆)」
だってね、歯医者、一度行き始めたら痛い歯の他にもあれもこれもって、しかもちょっとずつしかやってくれないから、何ヵ月もかかっちゃう。
待ち時間の長さときたら、動物病院の比じゃないし。

実は、牧草嫌いのはる君に、ちょっとした発見がありました。
牧草を使い切った後の、袋の底にたまっている細切れ&粉末になったものなら喜んで食べるのです。
我が家では、これを 「コナボク」 と称していて、ダッチたちの超人気メニューです。
ひょっとして・・・とライオンズにもあげてみたら、大ヒット。
3匹とも気に入ってくれました。
それで、ちょっとお聞きしてみました。
「袋の底の粉になった牧草が好きなんですけど、それじゃあ不正咬合の防止にはなりませんよね・・・?」
「えっ、そんなもの好きなんですか?
歯には効果ないけど・・・・・・
それ、アレルギーの原因になるからって、捨てるようにって皆さんには言っているんですけどね。
でも、牧草の臭いや味に慣れるってのは大事ですから・・・
それもいいかもしれませんね。」

飼い主には良くなかったんですね、それ・・・(--)
ええ、牧草アレルギーなりかけです、私。
朝の牧草タイムは咳き込んじゃって大変。
でも、いいです。
みんなの好物だから・・・(ぐすん)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する