FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ6羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

わたわたの3連休

この3連休、土曜日はうさうさずの健診、日曜日はサブレ@オカメインコの通院、今日はマンションのインターホンの工事がありまして、まあ休んだ気がしないというか、疲れました。
幸いにも、荒天が予想されていた割には、たいして雨も降らず、助かりましたが。


で、インターホンの工事。
さして不具合が出ているとかではないのですが、耐用年数が過ぎているので増税前に新しくするんだそうで。
そんなもん、壊れてから変えればいいじゃん。
って思ってしまうヒトなので、えーーーっって感じでしたが。

そんでもって、インターホンは火災報知器と連動しているので、お部屋のセンサーも交換しなくちゃいけないって。
すなわち、業者さんは全室入室されるわけで。
えええええーーーって、絶叫もんでした m(__)m

今まで業者さんが来られるときは、奥の間は封鎖しておったのですが、今回はそういう訳にいかず。
よりによって、保護ウサさんがこんなにいるときにねぇ。
トホホ・・・でありました。


そして、今日。
我が家の古うさどもは、誰が来ようが動じないのですが。
やはり、奥の間の新入りさんたちは、おじさんたちがどかどか来ただけで、上へ下への大騒ぎ。
7匹が同時に足ダンしいの、ケージ内を大暴れしいので。
おじさんたちの方がびびっておりました。

こちらは、工事が終わるまで、またかりんちゃんがどうかなっちゃうんじゃないかとか、腰やっちゃう子が出そうとか、ヒヤヒヤでありました。
古い機器を外すのにドリルとかで、すんごい音がするのですね。
音がするたび、新人さんたちが暴れるし、ひたすら、早く終われ~
って、そんな感じ。
極めつけは、最後に長い棒の先に着けた機器で付け替えたセンサーを検査されたとき。
もう、この世の終わりじゃないかってくらいに、おびえていた新入りさんたちでした。

なんとか無事に終わったときには、どっと疲れたのでありました。
やれやれ。


可笑しかったのは、ペコ氏。
ちょうど、インターホンのモニター直下にサークルがありまして、工事の間、旧ななぶー邸に移動してもらっていました。
しばらくして、ケージがミシミシいっているので何事かと駆けつけてみれば。
ロフトに上がって、スロープからハウスの中をうかがっているところでした。
いや、ムリだし。って(笑)

ハウスに詰まって身動き取れなくなったら困るな~
って思いましたけど、本兎も同感だったのか、説得に応じて諦めてくれたのでありました。
証拠写真を撮れなくて残念!

にしても、ななぶーのロフトは高めにセットしていたのに、ペコちゃん、登れたんだってビックリでした。


工事に当たっては、日ごろの行いが悪いので、お片付けは相当頑張りまして。
今日はゴミ大袋6つ、出しました
はい、今年一番のイベントが終了した気分です。


新人さんたちの里親さま探しも、テコ入れしなくちゃいけない感じですし、がんばらなくっちゃ、なのでありますが。
来週末にはラビットホッピングの練習会も再開するし、大丈夫かな~って、やや不安。
あれから、ナッツ&あかりちゃんの練習も進んでないし。

日々、お世話で力尽きてしまうので、どうにもこうにも余裕がありません。
ゴブちんの状態がいいときには、まだいいのですが。
状態が悪いと、強制給餌だけで1時間以上かかったり。
生きていてくれるだけでありがたいのですけど。

年寄りばかりだと気が滅入りますが、隣の部屋で若いもんがキャピキャピしてくれて。
なんとも、愛おしい子たちです ^^

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する