FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ6羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

レンのこと

2週間前からEZの治療を始めたレン。

当初はフェンベンダゾールのみの投薬でした。
本来であれば、同時にステロイドの投薬もするはずでしたが、抗酸菌のことを考えてやらずにいました。
ただし、急激に首が曲がったりなど悪化した場合は、すぐに投与するようにと言われていました。

そして、フェンベンを飲み始めて3日目。
足が立たなくなり、クルクルと回るようになり、食事もとれない状況に。
先生の指示通り、ステラロール 0.3mL とグリセリン 0.5mL の投薬を始めました(1日2回)。

それを5日間継続したところで、ステラロールを半量の 0.15mL に減らしました。
ステラロールは肝障害を起こすので、適当なところで徐々に減らしながら休止していく必要があります。


が、減らし始めたその日(15日)の夜に再び悪化して。
食欲も戻って、すっかり良くなったかに見えていたのですが、まだダメだったようで。
初めの頃よりもさらに悪いんじゃないかという状況でした。

そのときは自己判断でステラロール 0.15mL を追加投与して、18日の朝まで元の量の 0.3mL に戻しました。
先生に状況を報告したところ、やはり肝臓への影響が心配なので、朝 0.15 mL 、夜 0.3mL にしましょうとのこと。

その時点でまだそんなに良くなっていないという感触でしたので、朝の量を減らすことに若干の不安はありましたが、とにかくここは指示通りやらなくてはと。
幸い、その後は現状維持の状態が続き。
そこが、現状維持できるギリギリの量だったのでしょう。


ところが、20日の夜、帰って来たら、朝あげたゴハンにまったく手を付けてなくて。
ステロイドの量を増やしてからは、びっくりするくらい食欲も戻っていい感じだったのに。
またもや、一歩後退。

なんとなくどんよりした感じで、またもや生きている感が抜けてしまったようで。
もうこれ以上ステロイドは増やせないでしょうし。
ちょうどくしゃみもひどくなってきていて、抗酸菌の方も心配でした。

もしかして、イチさんお迎えに来てる?
って、悲しくなったりもしました。
亡くなるのはこの時期が多いのですよね。
まだ、満月じゃないよね?
なんて確認したりして。


今までプリンペランには確実に反応していたのに、まったく効果がなく。
できれば自力で食べてほしいと、しばらく様子を見ていましたが、まったく食べる気配がないので、あきらめて強制給餌をしました。
シリンジを口元に持っていけば、美味しそうに食べるので、お腹が苦しくてということではなさそう。

冷静に考えれば、足が立たなかったり、回ったり、傾いたりというのは悪化している訳ではないな。
と、少し気をとり直し。
食欲がないのは別の要因かもしれないし。。。


21日は、朝一番で電話して、今日明日中に診ていただきたいとお願いして。
そうしましたら、21日はもういっぱいなのでということで、22日の土曜日に診ていただけることになりました。

が、21日の夜は、心配して帰って来たのに、妙に元気なんですね。
相変わらずゴハンは食べないのですが。
ああ、これなら、やっぱり食べないのはEZのせいじゃないなって。
少し希望が持てました。


診察では、歯が少し伸びているということで、下の前歯と奥歯のカットをしていただきました。
お腹の方は、胃は大きいけど詰まっている感じではないと。

シリンジ1本分、流動食を食べさせて、
「うん、楽しそうじゃないね、、、」 って。

補液と肝臓の状態を確認するために血液検査をしていただきました。


DSC_0354 (2000x1795)

ALT高値(117)で肝障害が出ているが、思ったほど悪くはないとのことです。
先生は300くらいかな? という感触だったそうです。
腎臓の方もいたって正常値。

それなら、まだ行けるってことかとホッと一息。

肝臓保護のためのお薬セットをいただいて。
ステロイドの方はこのままの量で続けるようにとのこと。

27日(木)に経過を連絡します。



DSC_0346 (2000x1499)

本日のレンさま。

昨夜遅くから自力で食べ始め、今日はまあまあの量を食べました。
なんとか、ひと山越えたかな?
という感はあるのですが、ステロイドをやめるまでは気が抜けないです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

レン様が頑張って欲しいですね!応援します!!

土屋ジョイス | URL | 2018年09月24日(Mon)17:30 [EDIT]


まだまだ

レンさまふぁいつ!

ヨーゼフ | URL | 2018年09月24日(Mon)19:49 [EDIT]


ふぅーー お年がすすむと、本当にあれこれ考えあぐねることが増えてきますね。仕方のない事とは言え、飼い主もつらいところです。 レンちゃん 13歳だものね。それなりに それなりに 穏やかに暮らしてほしい。
毎晩腕枕で眠るむぎを見ては、ふとシジミの顔とダブって「ああ いつかはこの子もあれやこれや出てくるのだろうなぁ」と思ってしまいます。 今のところ一度も不調になったこともなく、ありがたい限りですが、思えばシミユキもこれくらいまでは病気一つしなかったものね~と思ってみたり。 元気で困るくらいが一番。うさぎの不調は、一番堪えます(;;)

チーママ | URL | 2018年09月25日(Tue)01:32 [EDIT]


お返事

土屋ジョイスさま
ありがとうございます。本兎も頑張っていますので、希望を持ちたいと思います。

ヨーゼフさま
一進一退でなかなか先が見えませんが、回復してくれることを信じて・・・。

チーママさま
年齢を考えればもう寿命なのかもとも思いますが、せっかく視力が戻ってきて本兎も前向きになってきた矢先のことなので、なんとかもうひと踏ん張りと願わずにはいられません。
この子たちが若かりし頃は、最後がこんなに大変とは夢にも思わずでした(話には聞いていましたけど)。皆が若くて元気なころは、20匹の大所帯になっても頑張れたけれど、今は日替わりで食べなくなるご老体3人のお世話でもういっぱいいっぱいです。。。

ちゅんちき | URL | 2018年09月25日(Tue)23:17 [EDIT]