兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

あともう少し・・・

本日、きちさん通院日。

8月ももう終わろうかというときになって、なんだってこんなに暑いんでしょう。
人選に迷いましたが、何かあってはいけないので年寄りは次回に回すことに。
レンさまの大丈夫だった方の眼もだんだん白くなってきているとか、気になることはあったのですが・・・。
なにせ、予約が12時-13時の間という、とんでもない時間帯だったこともあり。

そんな訳で、今回は、ユキぴょん、おびやん、むう、の3人を連れて行ったのでした。
むっちゃんは、7歳のお誕生日健診です。


まずは、懸案のおびやんから。

体重 1.78kg

前回、18日とまったく変わらず。
ペレットの量も増やしていたし、栄養価の高いものに変えていたので、多少なりともアップしてくれていることを期待したのですが。
牧草も、曲りなりには食べるようになったし。

ということは、まだ、おびやん的には消耗している状態が続いているということなのでしょうか。

現在のおびやんの食餌 (合計15g、多い順に記載) :
 バニーセレクション スーパーシニア
 シルバーブルーム
 ラビットエンハンサー
 恵シニア


元々、OXBOWのバニーベーシックスTだった部分をバニセレに置き換えて、量を増やしただけなのですが (13.5g⇒15g+α)
増やすんだったら、もっと大々的に増やさなきゃダメなんでしょうか。

バニセレと恵がスーパーシニアだったり、シニアだったりするのは、現在我が家に買い置きしてあるフードがこれしかなかったという理由なのですが、さて、おびやん用に年相応のものを買った方がいいのか、むしろ、栄養を付けてもらわなくてはいけないのでこのままシニア用でいいのか迷うところでありました。

で、先生にも相談したのですが。
先生は、シニア用のフードは好きじゃないとおっしゃいます。
胃腸には優しいけど、シニア用を食べている子はどんどん痩せてきちゃうからと。

バニセレのスーパーシニアは、スペック的にはかなりいいんです。
たん白質含量もその辺の子ウサギ用フードに引けを取らないし、カロリーも高めです。
(そもそも、ウサギにとってカロリーが高いとか低いとか、関係あるのかというのは、はなはだ疑問だったりもしますが)
それで、シニア用にサプリメント的な要素も若干添加されていますから、これだけでもかなりいいんじゃないかという気はしていました。

ただ、、、成分表示を見ていいと思っても、本当にいいのかどうかは分からない。
数多くのウサギさんを診てきた先生の経験則の方が信頼性は高そうです。

ということで、また悩んじゃうわけですが。
まあ、とにかく、おびやんの体重を戻すための方策をもう少し考えないといけません。


お薬は、フェンベンダゾールを前回、14日分しかもらっていなかったので確認しましたら、もう14日分追加で出されました。
ステラロールは、先生の指示で22日から 「0.1mL を1日2回」 に減らしていましたが、さらに、 「0.1mL を1日1回」 に減らし(4日間)、その後は1日おきに3回投薬して終了するようにとのことです。


歯を見ていただいたら、やっぱりまた、奥歯がダメで、少し削っていただきました。
牧草も、もう少し気合を入れて食べてもらわないとダメかな?



DSC_0470 (2000x1334)

本日のおびやん。

クルマ移動とはいえ、積み下ろしや駐車場からの行き来のときはそれなりに暑かったので、帰ってきてからはやや不調のようです。
ぜんぜんテンション上がらないし。

やっぱ、年寄り連れて行かなくて正解でした。



DSC_0480 (2000x1502)

ラビットホッピングをしてもいいか、先生に相談してみようか・・・ と思っていたのですが。

先生の方から、
「また、ラビットホッピングやってみたらどうでしょう?」 って。

いや、十中八九、「やめておいた方がいいでしょう」 と言われる気がしていたのでビックリ。

「開張肢でも大丈夫ですか?」
と聞きましたら、

「なるべく滑らないようにマットを敷いて練習するとか。」 
とは補足されましたが。


「ラビットホッピング自体がまだ始まったばかりで、何がいいとか悪いとかはまったく分からないんですよ。」 と。

確かに、今、ラビットホッピングに夢中になっている飼い主さんたちって、結構、チャレンジャーなんだよな、って思います。
危ないとか可哀想という発想はない。
基準は、ウサギと自分が楽しいかどうか、ただそれだけ (^^;;
(もちろん、皆さん、ご自分のウサギさんがどこまでできるのか、できないのかの見極めはちゃんとしていらっしゃいます)

うん、おびやんが楽しくできるんだったら、また、チャレンジですよ。


「跳ぶことによって、また、自信を取り戻してほしいですね。」
と先生はおっしゃいます。

そう、おびやんが、なんとなくあともう少し・・・ と思えるのは、そこなんだよなって。
待合室でお話しした飼い主さんにご挨拶させても、なんかちっちゃくなってましたし。

うさフェスのときの、道行く人を目で追っては、
「オレを可愛がれ!」
と首を差し出していた社交的なおびやんは、まだどっか行ったままです。

先生も、ちゃんとそれに気づいていらっしゃるんだなって。



DSC_0494 (2000x1502)

おびやん、まだまだ、ななぶーのライバルでいてくれなきゃね。

まずは、ラビットホッピングの練習会に参加できるように、体力と体重を戻さなくっちゃ。
練習会は10月からだからね、おびやん、それまでに良くなろうね!


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うちもです

うちの響も開帳肢です。
うちは、星川さんに通ってます。
一応先生に、ラビットホッピングしても良いか確認済み。
背骨も曲がっていないので、大丈夫と言われました。
愛も挑戦です。

ヨーゼフ | URL | 2017年09月03日(Sun)17:04 [EDIT]


お返事

ヨーゼフさま
星川レオンさんに通っておられるのですね。
山口先生には、以前、随分お世話になりましたし、お友達のウサギさんも何人か星川さんでお世話になっているので、嬉しいです。
おびやんは残念ながらホッピングへの復帰は難しくなりましたが、ななぶーはやる気満々で練習会を待っていますので、そのときはよろしくお願いいたします。
今回は練習会の回数がだいぶ少ないみたいで、10月は15日と29日だけらしいです。
去年は9月の終わりくらいから毎週やっていたのに・・・。
顔ぶれもだいぶ変わりそうですし、楽しみです。

ちゅんちき | URL | 2017年09月18日(Mon)18:52 [EDIT]