兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

イチ、旅立ちました

突然ですが、本日、イチさんが旅立っていきました。


昨夜からなんとなく危ないなという感触でした。
朝を待たずして・・・という気もしたのですが。

実際、今朝起きた時に、イチさんに声をかけ頭を撫でた時に、
「あ、イっちゃんいってもうた・・・・」
と思わずつぶやいてしまったくらい。

一旦向こうへ物を置きに行って、イチのところに戻って、さてどうしようか・・・
なんて思いながら、もう一度頭をなでていたら、
「わたし、まだいるわよ~」
とばかりに目を開け、顔をこちらに向けてくれたのでした。

まずは、気つけに少し温めたアクアライトを飲ませて。
昨夜のふやかしペレットは3分の一くらい残っていたけれど、野菜なら食べられるかな?
と、大葉とホワイトセロリをちぎって口元に置いてやると、嬉しそうにレンと2人で平らげてくれました。
ひょっとして、ペレットも…と、ふやかしペレットを作り直して少しばかり温めてやったのですが、食べたそうに口を近づけるものの、もう、食べられない状態でした。
結局、朝のお野菜が最後の食事になりました。

どう見ても、もうダメな状況でしたので、無理はせずにそのまま安らかにと思いました。


何もない日なら、そのまま休んじゃうところでしたが、あいにくどうしても外せない出張の日で。
本当は朝いちで在来線で出かける予定だったのを新幹線にすれば11時過ぎくらいまではいられるからと、それまでイチさんのそばにいることにしたのでした。

もう、あと1時間くらいかな?
という感触だったのが、時間ぎりぎりまでいたけど、状態は変わらずで。
名前を呼べば、ぴくっとしたり、前足が少し動いたりしたので、最後まで意識はあったのだろうと思います。
一見、眠っているようにしか見えなかったのだけど。

「あのときは楽しかったよね~」
なんて、ずっと昔話をしていました。
イチさんも、うん、うん、と言っているように見えました。

いよいよ時間になって、
「7時間後に戻るから、それまで待っててね」
と声をかけ、あとはレンに託して出かけたのでした。
2匹いて良かったな、と心底思いました。
自分は一緒にいてやれないけど、レンが最後まで寄り添ってくれる、そう思うと、幾分、心が軽くなったのでした。


帰りは、走って、走って、ひかりに飛び乗って戻ったのだけど。
残念ながら、間に合いませんでした。

一瞬、大丈夫だったかな?
と思うほど、朝出かけた時そのままの自然な感じで横たわっていた、イチさん。
最期のときに一緒にいてやれなくて、本当に申し訳なかったです。


いろいろあったとはいえ、病死というよりは老衰に近い感じでしたので、ちょっと迷ったけど、やはり、病理検査はお願いしようと思って。
きち先生に電話を入れて、とりあえずいつでも出かけられるようにと準備して。
イチさんをキャリーに入れようとして、オチリが汚れているのに気がついて。

ふやかしペレットにしてから、軟便になってしまって、もう大変だったのですね。
ある程度元気な子なら、毎日でも洗えるのでしょうが、イチさん、お風呂に入れたら、そのまま死んじゃいそうなこともあって、週1回とか、そんな感じになってしまっていました。

きれいに洗ってやって、改めて見てみれば、あちこちただれちゃってて、本当に可哀想な状況でした。
痒かったり痛かったりしても動けなかったものな~と。

下半身は、まさしく骨と皮しかない状態。
日に日に固まっている部分が上の方に移動してくる感じで、最後は胸から下はカッチンカッチンでした。
これで、よくゴハンを食べて、ウンチが出るな・・・と感心していたものですが。

イチさん、本当によく頑張りました。
極限まで頑張りました。
それでも、ゴハンやオヤツのときには、
「ちょうだい♪、ちょうだいっ♪」
ってねだるのが可愛くて。


いつかこの日が来ることは分かっていても、悲しいですね。
我が家一の賢い娘がいってしまいました。

明日、最後のお勤めに、きち先生のところに行ってきます。
実験ウサギだものね。
11年8ヵ月、立派にお役目を果たしてくれました。


あとは・・・
レン、大丈夫かな?
って、それだけが気がかり。
後は追わなくていいからねって、言い聞かせています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この前のイチさんの様子から心配していました。
朝起きていつものように兎鳥庵へ来てみたら、悲しいお知らせに涙でした。

イチさん。
まみーとお話してからお出かけしようと思って、まみーが起きるのを待っていたのね。
まみーとお話してなでなでしてもらって楽しいこといっぱい持ってお月様へおでかけしたのね。
お月様にはぶっちゃんもライオンズおじーちゃんたちもいるし、ホッピングもお茶飲みもできるね。
ホントにえらかったよ!ありがとうね。

ちゅんちき様。
イチさん、11歳8か月。
幾つになっても歳を取ってもちゅんちき様には大事な娘さん。
朝、まみーを待って、「まみー大好き。行ってくるね」とお話してお出かけしたんですね。
超美人で賢くて健気な子。生を全うするということを見せてくれた子でしたね。

イチさんがさいごまで楽しくいられたのはちゅんちき様のお世話とレンちゃんの力が大きいと思います。
レンちゃんには、きっと「来なくていいよ」とイチさんが言って行ってくれたと思いますが、広くなったケージのに慣れるまでちゅんちき様もレンちゃんもしばらくかかるでしょうから、まだまだ寒い時期ですし、ちゅんちき様もレンちゃんもご自愛くださいませ。

イチさんのご冥福をお祈りしております

momo | URL | 2017年01月21日(Sat)07:12 [EDIT]


イチさん、お月様へ…
先日の記事で激痩せ(ちまよりも軽いなんて…)との事で私も心配しておりました。

昨日なっちゃんの部屋んぽ中に、突然ニコさんの旅立ちの事を思い出してウルッとしていたのですが、虫の知らせだったのでしょうか…。
イチさん、本当に頑張りましたね。

イチさん、ちゅんきちさんがお仕事って判ってて、朝待っててくれたのですね。
お話しいっぱいして撫で撫でして貰って満足してお引越しされたのでしょうね…。
沢山、ちゅんきちさんに可愛がってもらって、
レンちゃんも側に居て、大家族で楽しい兎生だったと思います。

イチさんのご冥福をお祈り申し上げます。

旅立ちが近いと心構えをしていても、やはり我子の旅立ちは辛いですよね。
一番最初のダッチさん女の子でひとしおだと思います。
気落ちから体調を崩しやすくなりますから、ご自愛くださいね。

レンちゃんも暫くはイチさんが居ない事に慣れないと思いますが、たくさん食べて出して、元気に過ごしてね。

AYA | URL | 2017年01月21日(Sat)11:20 [EDIT]


イチさん、頑張りましたね

ちゅんちき様。
イチさんの旅立ち、残念です。
低気圧もあったり、体にキツい時期でしたね。

いつか来る事は分かっていても・・・
イチさんのご冥福を、祈念しております。

朝に、沢山のお話ができて。
一緒の時間が過ごせて、良かったですね。
イチさんは、寂しくなくお月様に旅立てましたね。

イチさんの頑張り。
ちゅんちき様の頑張り。
立派です。

お月様で。
胸をはって、みんなに自慢できます!

レンさんも、頑張りましたね。

そうぞ、皆様。
ご自愛下さい。


くまの姉 | URL | 2017年01月21日(Sat)16:24 [EDIT]


イチさん
月ではぷっちゃんと仲良くね。

合掌

ゆかり | URL | 2017年01月21日(Sat)20:37 [EDIT]


一さま 卒業ですね。りんとどっちが早いかな~なんて思っておりましたが。
年を取れば人間でもどっかしら壊れてくるもの。やはり年齢から考えれば、立派な老衰、ウサ生の寿命を生き切ったのでしょうね。
最後 ちゃんとマミーのご飯食べて、いってきまーーす♪って、満足して卒業したことでしょう。
今頃神様に「ちゃんと御用を果たしました!!」って胸を張って言っていることでしょう。
心配なのはレンちゃん。 シジミも女っ気がないと落ち込んでいたからなぁ。全く男ってやつは(^^;;;

こうして一つずつ愛しいものが身の回りからいなくなる。人間も年取るとそれが当たり前なのではありますが、やはりつらさは変わりませんね。なかなか悟りの境地には至りません。 

チーママ | URL | 2017年01月21日(Sat)22:08 [EDIT]


。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

イチさん、長い間頑張りましたね。お疲れさまでした。
レン君が、看取ってくれたので良かったです・・・。

イチさん、沢山の「可愛い」や「愛らしさ」をありがとう。
あっちの世界で、ぶっちゃんに、ホッピング教えて貰って下さいね

亜美 | URL | 2017年01月22日(Sun)08:38 [EDIT]


お返事

momoさま
イチのこと、ご心配いただいてありがとうございました。
寝たきりになった時点で、そう遠くない将来には・・・
と覚悟を決めておりました。
最後まで生きようと頑張っていましたが、眠るように静かに行ったのだと思います。
願わくば、一番長生きしてほしい子でしたが、思い通りにはいかないですね。

AYAさま
ニコさん、きっと教えてくれたのですね。
イチさん、きたよ~って。
別れはつらいですが、命あるものの定め、受け入れて行かなくっちゃですね。
お月さまの女子会は、さぞ盛り上がっていることでしょう。

くまの姉さま
ずっと元気はあったので、もう少し頑張ってくれると思っていたのですが、限界だったみたいです。
最後はレンが寄り添っていてくれて、安らかに逝くことができたのは、ありがたいです。

ゆかりさま
多分、虹の橋のたもとまでぶっちがお迎えに来てくれたんだと思います。
「姉さん、遅かったじゃないですか」
「でも、あたし、もう少しレンちゃんと一緒にいたいの」
なんてやっていたのではと・・・。

チーママさま
クールな子でしたので、行くと決めたらさっさと、だったのかもしれません。
昔は悪さばかりしてましたけど、それがイチなりの愛情表現だったのかもとも。
レンは、眠りうさぎさん改め、白イチさんと淡々と(?)暮らしています。

亜美さま
レンのためにと連れて来た子でしたが、後になって、やっぱり女の子がいてくれてよかったな~と思ったことでした。
ぶっちはイチのお気に入りでしたので、お月さまでは楽しくやっていることでしょう。

ちゅんちき | URL | 2017年02月05日(Sun)14:33 [EDIT]