兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

イチの眼、ゴブの歯

エキゾチックの先生による健診の続きです。
イチの診察のとき、
「これ、見てください。」
と言って、先生はイチの左眼のまぶたをぺろっとめくって見せてくださいました。
ありゃ、結膜が赤いです。
「反対側も見てください。」
と右眼も見せてくださいました。
こちらは普通。
「イチちゃん、結膜炎です。目やにも出ています。」
まぶたに引っ掻いたときにできたかさぶたがありました。
「これ、気がつかなかったですか? かゆがって引っ掻いちゃったんでしょう。」
ごめんなさい、気がつかなかったです。(- -;)

左眼
 帰宅後に撮影 左眼 (こちらが結膜炎) 

右眼
 右眼

かさぶたは、比較的新しめかな~と思ったのですが・・・
実はイチ、前日の晩に爪を切っていました。
爪切りはずっとさぼっていたのですが、健診のときに伸び放題じゃ恥ずかしいし・・・
と、レンとゴブは前もって切っていたのですが、イチはこのところかなりイラついていて、切らしてくれませんでした。
いよいよギリギリになって、えいやっと切ったのですが、それが悪かったみたい。
切った後の爪をヤスリで整えるなんて丁寧なことはしてあげませんから、切ったばかりのギザギザした爪で眼を掻いて、出血してしまったのでしょうか。
眼は痒いは、まぶたは痛い。
可哀相なことをしました。
毎日抱っこして、頭なでなでして、子守唄まで歌ってあげているのに、何で気づかないかね~。
またも、刺激性のスコアつけてみました : 結膜 発赤1、浮腫0、分泌1。

いつからなってたのかしら・・・?
このところ、ずーーーっとイチは様子が変でした。
さすがにレンには当たらなかったのですが、被害者はゴブ。
お散歩タイムに一緒に野菜を食べようと近寄ってきたゴブに
「ブーッ」
と鳴いて、突っかかっていったこともありました。
訳もなく当り散らされたゴブもいい迷惑で、オロオロするばかり。
反撃を試みようとしたこともありましたが、イライラ女王様の前にあえなく退散。
ハクのせいだとばかり思っていたのですが、眼が痒くてイライラしていたんですね。
あ~あ。

イチは、その場で目薬(タリビット点眼液 0.3%)をさしてもらいました。
「これを朝晩2回さしてください。目薬のさし方は分かりますか?」
この子たちは点眼投与のウサギさんたちでしたので、目薬はお手のものでしょう。
飼い主は、自分でさした事はないけれど、まあ、いつも見ていますから大丈夫でしょう。
「分かります」
と答えておきました。
「4-5日で良くなりますから。」
とのことでした。

美人に撮ってくれなきゃイヤなんだから
 イチ ; かわいい写真も1枚。結膜炎とはつゆ知らず・・・

一方のゴブ。
「ゴブちゃん、お腹の調子はどうですか~?」
なんて、先生は聞いてきてくださいます。
そうでした、忘れていました。
ゴブは昨年、散々、うっ滞を繰り返した挙句、最後にエキゾチックの先生に診ていただいていたのでした。
今後も繰り返すようなら、経時的なレントゲン検査かバリウム検査をと言われていたのでした。
「それが、あれから調子いいんですよ。バリウムって聞いてヤバイと思ったんですかね~。」
と答えました。
確か昨夜もウンチもりもりでした。
「うーん、でもゴブちゃん、やっぱりお腹は張り気味です。レンちゃんやイチちゃんとは全然違います。」
「そうですか~」 (軽くショック)

歯も見てくださって、
「いいですか、これ、頭に入れておいてください。ゴブちゃん、ちょっと奥歯がガタガタしています。今すぐどうこうする必要はありませんが、覚えておいてください。」
そういえば、昨年も他の獣医さんでしたがそう言われてましたっけ。

ゴブは、引き取り手がなく、1年間ラボで暮らした子です。
その間、狭いケージの中で、餌はペレットだけ。
処分寸前に引き受けたときには、ボロボロでした。
ウンチも小さいのがちょっとしか出ていなかった。
ハンデがあるんだから、仕方ないと思うようにはしていますが、どうしてもっと早くもらってあげなかったかね~という後悔はずっとあるのです。

というわけで、今回の健診は、大漁でした・・・(^^;;
まあ、イチが「肥満気味」と言われなかったのが、せめてもの救い。

明細&お薬
 
恐怖のお会計(円)は・・・
 診察料              840×4
 専門科受診料        1,050×4
 皮膚検査 3回        1,590×3
 レントゲン検査 1枚目    3,780
           2枚目     750
 その他の薬剤         1,000×4
 点眼薬              2,010
 処方料               530
 内服薬(プリンペランシロップ) 1,050
 シリンジ               50         合計 24,500

思わず、「カード払いでもいいですか?」って聞いてしまいましたよ。
いよいよ、ウサギ貧乏。
社長さん、早くボーナスください! (まだ査定中って話もありますが)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

泣けますね…

その請求書、泣けます…
うちも救急とか何かでこういう数字になったりします。
横浜の病院はいつも1万くらいかかるし…
レントゲンを撮るといっきに跳ね上がるんですよね。
しかもその「専門科受診料」というのが「小動物だから?」と思わせる部分ですね。
私的には皮膚検査が高い!1000円にしてくれ!と思っちゃいます(^^;
ちゅんきちさんもうさちゃん達お疲れ様でした。

ふじはら | URL | 2008年07月07日(Mon)11:33 [EDIT]


ふじはら さま

ホントに(涙)
多頭飼いの宿命でしょうか。
うつる病気を持ち込んじゃったら、もう大変ですね。
診察や検査の料金も病院によってまちまちですし、この先生はわりと高いお薬を使ったりされているので、このお値段なんでしょうね。
まあ、1時間みっちり先生のお話を聞かせていただきましたので、授業料みたいなものかと思います。
でも、これ読んだら、みんな健康診断に連れて行かなくなるんじゃないかと・・・(^^;;

ちゅんちき | URL | 2008年07月07日(Mon)22:37 [EDIT]


はじめまして

いつもブログを読んで頭の下がる思いです。
請求書の金額びっくりですよね
我が家も病院へ連れて行くたびにひやひやです。
しかし病気は一刻も争えませんからね。


我が家では数羽まとめてみてもらうときは
値引きしていただいていますよ。
せこいですかね~。

文鳥王国  秘書 | URL | 2008年07月08日(Tue)00:58 [EDIT]


文鳥王国 秘書 さま

はじめまして、こんばんは!
コメントありがとうございます。
文鳥王国、良い響きですね~
我が家のぶんちょさんたちは、今まで良心的なお値段で診ていただいておりましたので、随分助かりました。
それでも、文鳥王国さんのようにたくさんいらっしゃると大変ですよね(^^;;
病気も重なるときには重なってしまうものですが、永遠に続くものでもなし・・・と割り切っています。

ちゅんちき | URL | 2008年07月08日(Tue)22:33 [EDIT]