兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ヅツキダニの行方 その2

エキゾチックの先生によれば、ヅツキダニは、
◇ ウサギに対しても、人に対しても、さほどの害はない。
◇ 駆除するかどうかは飼い主の判断次第。
◇ 駆除する場合は、通常、2-3ヵ月投薬する。万全を期して半年間続ける人もいる。
◇ 非常に再発しやすい。ヅツキダニは卵の状態で2年間、生存できる。
◇ 人を介して他のウサギにうつるということはない。


ざっと、こんな感じの説明でした。
「藤沢の病院で、“飼い主の方がアレルギーを起こすと大変”と言われました。」
と言いますと、
「ヅツキダニがいると、抜け毛やフケが増えるので、それでアレルギーが起きやすくなります。」
ということでした。
直接ダニでアレルギーを起こすケースってのはレアだということでしょうか。
「よく、“前はダニなんかいなかったのに、外にも出さないし、他のウサギとの接触もないのに、どうして付いちゃったのかしら?”って、みなさん不思議がるんですけど、若いうちは持っていても増えないので気づかないのです。歳をとってきて、5歳くらいになると、増殖してきて発見されるケースが多いです。」
「そうですよ~、ダニを持ってたのは、もうすぐ6歳になる子なんですよ~。」
どうりで、合点がいきました。
ジャージーライオンズだって、自家繁殖の門外不出の箱入り息子たちだったはずですから。

ここで、ちょっと気になっていたことをお聞きしてみました。
「ダニ除けとか、ダニとリ何とかみたいなものって、ヅツキダニに効果はありますか?」
「あ~、ないない。」 (先生、思いっきり否定)
「やっぱり!」 (ガ~ン
一口にダニと言ってもいろいろありますし、市販の防虫用品は、人間界で悪さをするダニがターゲットですから、こんなウサギにしかたからないようなダニには効果は期待できないってことですね。
まあ、ゼロではないと思いたいですが。
「じゃあ、やっぱり完全に駆除しようと思ったら、投薬しかないってことですね?」
「そういうことです。」
やれやれ。

-つづく-

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初コメです

ちゅんちき様
ランとコテツのハハでございます。
そっかぁー。先日はいろいろ押し付けましてすいませんでした。
でもなんだかダニといえど『みんな同じ地球の仲間』なんだなぁ、なんてしみじみ思いました。。歓迎できないとしても、それはあくまで一方的な事情なんですよね、きっと。別にツヅキダニsを応援しているわけではないのですが…。
ランとコテツが去勢手術までの別居生活に入り、ケージ掃除の手間が増えてタイヘン!!(ウサ2・ぶんちょ2・がきんちょ3)なのですが、ちゅんちき家はもっともっと大変なんですよね。ソンケーです。
ランにべったりのコテツと離れてせいせいしたかと思いきや、こたえているのはランのほうのようです。早く一緒に遊びたいね。
この状態、要するにタマタマ降臨待ちなんですよね(笑)。ちゅんちきさん、ハクくんに発見したら教えてください。私、ウサ初心者なのでじっくり観察させてもらうだけの余裕がないのです。ハクくんのように仰向け大の字で寝てくれたらわかりそうなんだけどな。
またお邪魔させていただきますね。よろしくお願いしまーす!!

Choppy | URL | 2008年07月06日(Sun)02:38 [EDIT]


Choppy さま

コメント、ありがとうございます~!
いえいえ、お心遣い、ありがたくちょうだいいたしました。
ハクは、タマタマのモトのようなものはあるのですが、まだまだ分かりません。
ハクはどうも発育不良のようで、このところ体重が伸びていません。
この子は、どうも何かありそうで・・・
というわけで、あまり指標にならなくてごめんなさい。
コテツちゃんとランちゃんは、仰向け抱っこはできませんか?
ひざの上で、仰向けにしてオチリのまわりを触ってみると、タマタマが出てきたらすぐ分かると思います。
仰向けは嫌がるかも知れませんが、「おりゃっ」と押さえてやれば、観念します。
タマタマが確認できないうちは、サークルなんかで一緒に遊ばせてあげるといいと思いますよ(^^)
アヤシゲなコメントになってしまってどうもスミマセン。

ちゅんちき | URL | 2008年07月06日(Sun)21:37 [EDIT]