兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

イチ手術&経過(傷口写真有、閲覧注意)

イチの手術とその後の経過について、まとめておきます。

要手術の判断が下されたのが、8月20日の健診のとき。

だいぶ前から背中にグリグリがあって、ずーっと様子見のまま来ていたのですが。
プチ換毛があって、あちこち抜け始めたな~
なんて思っていたら、そのグリグリのところだけ、きれいにハゲてしまって。
これは、先生にご報告せねばと思っていたら。

先生、ひと目見て
「うーん、スイッチが入っちゃったかな?
手術しましょう」
 って。

こっちは、ちょうどお仕事がひと山越えたところで、すっかり腑抜けになって、ぼーっとしておりまして。
「は~」
なんて、気の抜けた返事をしていたのですが。

「でも、この子、麻酔怖いな。
沈静かけて、局所麻酔で行きましょう。」
 と。

そーだよね。
イチさん、すっかり足は立たないし、落ち着いているとはいえ、心臓の薬も欠かせないし。
何もなくても、いつ旅立ってしまってもおかしくないような、そんな雰囲気でしたし。

あんまり気軽に手術してくださいって状況でもなさそうではあったのですが、大丈夫という見通しがあるから、先生はやりましょうとおっしゃるわけで。


久しくウサギのために休みを取れる状況にもなくて、とっさに
「9月5日とか6日なら夏休みだから・・・」
って言っていて。

手術日は9月5日に決まったのでした。

あとで、もっと早くやってやれば良かったのに。
なんても思ったのでした。
結局、8月の月末から9月2日までは恐ろしく忙しくてそれどころではなかったのではありました。


手術日朝の状態。

DSC_0163 (2000x1504)

きれいさっぱりハゲていたのが、しょぼしょぼと毛が生えてきています。

グリグリを触診して、結構、大掛かりに取らなきゃいけない感じだったのか、
「やっぱり、軽く麻酔かけますね。」 と。

イチさん、キャリーの中でも不自由な体を起こそうと無意味にジタバタするので、すっかり呼吸が荒くなっていて、先生も心配されましたが。

「血液検査とレントゲンはやりますか?」
というので、

「じゃ、お願いします。」
と答えたのですが。
お年だから念には念を入れた方がいいしと。

「肺に転移してたらやってもムダとか、そういうのはあるんですが。」
と言われて、

えっ、そういう話!?
みたいな。

飼い主、まったくそんなに危険なものという認識がありませんで、困ったもんです。



DSC_0172 (2000x1500)

夕方にお迎えに行ったら、イチさん、ケロッとしたもので。
傷口は痛々しいですが、本兎、痛いと思っているそぶりもなく。
本当は痛いのでしょうけれどねぇ。



DSC_0176 (2000x1500)

クッションは、普段はこういう使い方はしてくれないのですが、看護師さんが正攻法で寝かせてくださったのでしょう。
イチさんも、まだ少しボーっとしているのか、おとなしく寝ています。

やはり、沈静をかけるときに眼振があったそうです。
7月の終わり頃から一時、眼振が続いていて、そのときはステロイドを投薬して、その後は沈静化していたのですが。



DSC_0169 (2000x1501)

摘出したブツ。
いいも悪いも分からないそうで、組織検査に出していただくことになりました。



1週間後(9月12日)に、とめてあったホチキスの針を取っていただきました。

DSC_0274 (2000x1499)

心配した通り、レンさまがかいがいしくペロペロしてくださったようでしたが (--)
傷の治りはいたって順調。



DSC_0273 (2000x1501)

フードを買う時、ちょうどウサギさん用のベッドがセールで出ていたので、もしや・・・
と思って買ってみたのですが、これが大当たり。
ジタバタして足を突っ張っても、ベッドの壁が足がかりになって按配がいい様子。
イチさん、すっかり気に入って満足げに納まっています。


DSC_0276 (2000x1500)

その2日後(9月14日)
やっぱり、レンさまが糸をおイタしてる気が・・・。
でも、ホント、傷の治りが早いです。

術後、食欲も全くと言っていいほど落ちなかったですし。



DSC_0279 (2000x1499)

9月17日の定期検診の日。
いたって、順調です。


DSC_0306 (2000x1447)

組織検査の結果が出たのですが。
結局は、何かよく分からなかったってことのようです。

が、確実にいえることは、腫瘍組織が取り切れていないということ。
なので、もしかしたら、また再発する可能性が高いと。

悪いものじゃなきゃ、いいんですけど。
次にまたできたとき、手術できるかな?
いつお月さまにお帰りになっても、まあ、仕方ないかと思える状態ではあるので、あとは天に任せるのみですね。



DSC_0281 (2000x1501)

イチさんはベッドに納まってゴキゲンです。



DSC_0282 (2000x1496)

ただし、うっかりすると、後ろにのけぞってひっくり返ります。
帰宅した時なんて、よく仰向けで寝てました。


ありがたいのは、いつもイチさんは前向きだということ。

自力ではゴハンを食べに行くことも、お水を飲みに行くこともできないのだけど。
ゴハンのときには、お茶碗のところに連れて行ってやると、気迫で食らいつきます。
朝晩、お水を飲ませてやる時も、次はいつ飲めるか分からないから、もっと、もっととせがみます。

この気力があるうちは大丈夫かな?



DSC_0321 (2000x1499)

お気に入りのうさベッド。
少々、問題が発生しまして、大きいのに買い換えました。

レンさまが羨ましがって、一緒に入りたがって。
そのうち、イチさんをベッドの外におしのけていたり、踏みつぶしていたりと(--)

でも、これなら、2人仲良く入れるよね。



DSC_0317 (2000x1336)

お茶碗の置き場所がなかなか難しくて。
上に置いたり、下に置いたりしています。

あげた時にはちゃんと食べていても、しばらくすると、イチさんひっくり返っちゃうんですね。
そのまま、元のポジションに戻れないと、もう、ゴハンが食べられなくなっちゃう。

まあ、ずっとこの状態でちゃんと生きているんだから、心配してもしょうがないかなと思います。
イチさんに先立たれると、レンさまがすぐさま後を追いそうなので、なんとか頑張ってほしいですけど。
2人仲良く、ゆるゆると暮らしてほしいです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんだかわからないけど、浸潤性が強いのは気になるわね~。断端にも及んでいて、取り切れていないとなってるけど、これ以上広範囲は取れないしね。 気休めでアガリスク? どうか病気がおとなしくしていてくれますように。

チーママ | URL | 2016年10月03日(Mon)02:27 [EDIT]


イチさん、がんばってますね

ちゅんちき様
お疲れ様です。

イチさんの頑張り、頼もしい。
『食欲の秋』で、エネルギーを蓄えて欲しいですね。

ベッドも快適そうで、なによりです。

レンさまの「ペロペロ」
案外、癒やしのペロペロかもしれませんね。

応援しています。


くまの姉 | URL | 2016年10月05日(Wed)19:39 [EDIT]


><;

イチさん、痛いの痛いのとんでいけぇー。。゛(/><)/

とりあえず・・・
先生が出来物を手術して下さって良かったですね。
前おばーちゃん兎(11歳)が、引っ越したばかりで右も左も分からないまま、MIXIのコミュで見つけた「きち先生」・・・

背中に、突然コブが出来て(前うさですよー!おーちくじゃないですよおおーー!)
繊維肉腫で、オペ不可能と言われてしまい
ちゅんちき様の里親募集のポスターを、きち先生の所で眺めながら、黄昏ていた頃を思い出します。

悪いものでは無いと良いですね。
早く傷が治りますように。(祈!

イチさんとレン君、とても素敵なカップルですものね^^。
まだまだ、仲良しで過ごして頂きたいです。

亜美 | URL | 2016年10月07日(Fri)15:06 [EDIT]


お返事

チーママさま
こんなことなら、最初に気付いた時に取っていれば・・・
なんても思うのですが、結果論ですものね。
イチが不自由をものともせず、生きる気満々なのが救いです。
レンのメラノーマ疑惑もあるので、夫婦でいろいろこさえて、2人仲良く一緒に行こうと示し合わせているのかもと思ってみたり・・・です。

くまの姉さま
そうですね、「こんな時だけお世話せんでいい」とレンには言っていましたが、レンのペロペロのおかげで早く傷がふさがったのかもしれませんね^^
いつも応援、ありがとうございます!

亜美さま
おかげさまで、縫ったところも今はもうすっかりすべすべお肌になりました。
でも・・・きち先生に手術できないって言われたら、それはショックですよねぇ・・・(;;)
先代うさぎさん、しっかり自分の後を託す子にお母さんが出会えるように、導いてくれたのですね。
ご縁の不思議さを感じます。
おーちくちゃんたちも、めいっぱいやんちゃして、可愛い姿をずっとずっと見せてほしいですね。

ちゅんちき | URL | 2016年10月09日(Sun)18:18 [EDIT]