兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ポストぶっち

ぶっちがいなくなって、心に大穴が開いたままです。

仕事から帰ってきて、開口一番、
「ぶっちゃん、いないね~」
と言うのが口癖になってしまいました。


そしたら、しきりにおびやんがアピールしてくるんです。
「オレがいるがぁ?」 って。

おびやんは、ぶっちのお向かいにいて、闘病中から亡くなるまでじっと見てたんですね。
ぶっちが旅立って大泣きしてたとき、
「泣くな!」
ってずっと足ダンして怒ってましたから、空気読まないヤツだな~なんて思っていたのですが。
おびやん的には気遣っていてくれたらしいです。

抱き上げて、 「そうだね、おびやんがいるもんね。」 と言うと、

「オレがいるからな、な?」 って。

「じゃあ、おび、ぶっちになってくれるか?」 
と、いきなり無理難題を吹っかけてしまった飼い主です。

そしたら、
「おう、オレ、ぶっちになるぞ!」
なんて言うじゃありませんか。

ウサギがね、そんなふうに飼い主を気遣ってくれるなんて、思ってなかったです。


そんな訳で、
「ぶっちはホッピング、跳ぶんだぞ。」
って言いましたら、、、


DSC_3446 (2000x1500)

おびやん、ホントに跳ぶじゃありませんか。
それまでは、バー1本が限界だったのに、あっさり、2本をクリア。
跳ぶ前は、ハードルを前にちょっともじもじしてましたけど、意を決したように。

「ぶっちのあとは、オレがやる!」
そう言ってくれました。

多頭飼いのワンコは、No. 1 がいなくなったら、それまでNo. 1 のワンコがやっていたこと (たとえば新聞をとって来てくれるとか) を No. 2 のワンコが当然のように引き継いでくれるという話を聞いたことがあります。
ウサギも、そういうところがあるんでしょうかねぇ。
不思議です。

そんなやり取りがあったのが、10月5日。
この写真を撮ったのは、その3日後なんですが、、、



DSC_3443 (2000x1500)

おびやん、どうも練習に身が入らなくて。



DSC_3444 (2000x1499)

やたら、バーを落としまくり。



DSC_3448 (2000x1498)

ときどきは、ちゃんと跳ぶんですが。



DSC_3450 (2000x1502)

クリッカートレーニングはバッチリ。
「鼻タッチでご褒美」 がすっかり楽しくなりました。



DSC_3452 (2000x1500)

前はハーネスとリードを付けた瞬間、スイッチオフでしたが、これもクリアしてくれました。

でも、おびやん、なんか無理してないか?
って心配だったんです。



DSC_3454 (2000x1497)

で、やっぱり、無理してたらしいです。
バーを落とすのは、不調のサイン。



DSC_3456 (2000x1502)

1つ目はちゃんと跳んでも、



DSC_3457 (2000x1501)

2つ目でストップ。
なんてことが何回かありまして。



DSC_3459 (2000x1500)

クリッカーには反応しているんですが、どうもイマイチ。
(上から見ると、ウサギというよりはウシに見えるおびやん・笑)



DSC_3461 (2000x1487)

そのときは、写真ばっかり撮ってるのが気に入らないんだろう、なんて思っていたのですが。



DSC_3465 (2000x1501)

あんまりにもバーを落とすんで、おしおきされたりして。



DSC_3469 (2000x1499)

そしたら、今度は間をくぐろうとして失敗(笑)



DSC_3472 (2000x1500)

途中で、 ● もりもり製造もしていたので、調子が悪いなんて思ってもみなかったのですが、この後、プチうっ滞に。
プリンペランmix のお世話になりました。



DSC_3475 (2000x1501)

甘えるのもなんだか不器用なおびやん。

「おびはおびなんだから、無理しないでね」 って抱きしめちゃいました。


おびやんは、まみ~を喜ばせたくて、ホッピングしてくれるのかな?
おびやん、いつからこんないいヤツになったんだろう?

もちろん、 「ポストぶっち」 を狙って、というのはありましょうが。
そういえば、おびやん、ぶっちに負けてから、なんだかおとなしくなっちゃったんだもんね。

チャンス到来、 「オレの時代が来た!」 ってところなのかも。
まみ~とホッピングするのが、我がうさ社会ではステータスなのかもしれませんね。

おびやん、人望ならぬウサ望がないし、かといってレンほどケンカが強いわけでもないし・・・
(そこそこ強いですが、どちらかというと弱い者いじめな感じ?)
ちょっとボスは無理じゃない?
なんて気もしますが。

ま、とりあえず、ホッピング、頑張りましょうか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ユキがいた頃は、何かというと物陰の隅っこで目を眇めながらぶちぶち言っていた息子。良く「男の子でしょ! 言いたいことがあるなら、ハッキリ言いなさい!」って 言ってましたっけ(^^;;
ユキがいなくなったら、途端に前面に出てきて、物言う言う。人をこき使うわ、命令するわ。
「かーさん まだ寝ないのか。オラはもう寝たいぞ」「御飯冷めてる。あっためろ」とかね。
前面に出るウサギがいるうちは、じっと我慢の二番手。このあたりが、緩い集団生活と言われるゆえんなのでしょうね。
「ポストブッチ」 ウサギ集団には通用しなくても、マミー限定「ホスト」に立候補なんじゃないかな?(笑)

チーママ | URL | 2015年10月14日(Wed)23:09 [EDIT]


おびやんはおびやんでいいんだぞ!!
無理すんな、おびやん(^^)

でも飛んでくれたらマミーはきっと嬉しい。
でもそれで不調になったらマミーはとっても悲しい。

おびやん、ほどほどにな!!(笑)

ランタン | URL | 2015年10月15日(Thu)00:11 [EDIT]


おびやん、優しい子。
足ダンも「オレがついてるぞ」って言ってたんだよね。まみーの手に乗せたお手手からあったかさんが伝わってくるよ。
おびやんはおびやんらしく、ねっ!!

うちもぴょんが亡くなったとき、ココは添い寝、ルナは舐め魔になりました。この子たちなりに飼い主を気遣ってくれてるんだなって思いました。いいのにね。でも助かりました。
チーママさんの、ポストぶっちならぬ「ホスト」おびやん、ヒットです。はまってしまった。おびやん、いい子ですね。

momo | URL | 2015年10月15日(Thu)05:54 [EDIT]


おびやん!すごい!(≧◇≦)感動しちゃった★応援しるからねー!

おびやんにこんなに想われて、ちゅんきちさんは幸せですね(*´▽`*)

ヒヨコ祭 | URL | 2015年10月17日(Sat)15:23 [EDIT]


お返事

チーママさま
おびやんには、知らず知らずのうちにガマンさせてたみたいです。
とてもそんなキャラには見えなかったけど、意外におびやん、繊細だったんですね~。
ぶっちはおびやんを排除してたわけではないし、そんなガマンする必要もなかったのに・・・と思いますが、そこがウサギなんですかねぇ。
ぶっちがいなくなったのは寂しいけれど、おびやんがキラキラしてきたのは嬉しいです。
うさ社会でも受け入れられると、もっと嬉しいですけど。

ランタンさま
おびやん、すっかりやる気満々になってます。
強気のおびやん、復活です。
ちと、年を食いましたが・・・(笑)

momoさま
かつては悪行の限りを尽くした、おびやん。
ぶっちとは、なんとなくセットのような関係で、ぶっちが陽、おびが陰でした。
ぶっちがいなくなったら、180度転換!? って不思議ですね~。
間違っても、「いい子」なんて言われたためしがなかったのに。
(ペコちゃんの目をピエロにしたとき、きち先生からは「ひどいことしやがる」って言われました・笑)
おびやんの気持ちが分かって嬉しかったですが、さて、いつまで続くのやら心配でもあります。
「ホストおびやん」は、まだまだぎこちないです。

ヒヨコ祭さま
おびやん、超がんばってます(笑)
お利口さんを演じるのに、かなり無理をしているんじゃないかと思いますので、これからも応援してやってくださいm(__)m

ちゅんちき | URL | 2015年10月20日(Tue)21:11 [EDIT]