兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

イチさんの状況

ウサギさんたちの通院の記録もすっかり、さぼってしまって。

まずは、イチさんのことから。


8月9日(土)の診察

前回、テーピングしていただいたのが1週間くらいもったのですが、その後、テーピングし直しましたところ、ヘタクソだと激怒されまして、ずっと怒ってカミカミしているものだから1日で外す羽目に。
もう1回やり直そうかとも思ったのですが、怒って逃げていくイチさんの足取りが随分と軽快だったので、無理にすることもないかと思い直して、その後はずっとテーピングはしていませんでした。

先生に診ていただいたら、
「なんかいい感じですね。
これなら、しなくてもいいんじゃないですか。」

ということで、テーピングはしないことになりました。

どうも、足の状態も日によっていいときと悪い時があるようですが、ケージの中だけなら、テーピングしてなくても何も困らないし、イチさんのストレスを考えればやめておいた方がいいかなと。
後肢で頭をかけないのが、一番イヤみたいです。


呼吸の方は、ときどき息が荒く感じられることがあって、もしかしたらお薬を1日2回に戻した方がいいんじゃないかとも思いましたが、先生によれば、
「息は少し荒いけど呼吸はスムーズで、そんなにいやな感じではない。」
そうで、エナカルドmix の量はそのままに。

くしゃみもまだときどきあるので、ポララミンペリアクチンmix を1日1回 0.5mL 飲ませるようにとのこと。
さらに、
「ドキシサイクリンを 1.5倍に増やしてみましょう。」
ということに。
ドキシサイクリンはすでに通常の2倍量 (4mg/kg体重を1日2回) でしたので、6mg/kg を1日2回ということになります。
それで、くしゃみが改善するか見てみましょうということです。

ドキシサイクリンは静菌剤で、殺菌剤とは違うので量を増やしたり長期継続することに問題はなく、安心して使って良いとのことです。



9月6日(土)の診察

数日前から、鼻水がたまっているような感じでブクブク音をさせて呼吸していることがあると言いましたら、先生、イチさんにくしゃみをさせてみて、鼻を吸ってくださいました。
(使ったのは、下の写真の鼻すい器)
そしたら、膿なのか鼻水なのかががちょこっと出てきて。

「これは是非、ご自宅でもやってほしいです。
赤ちゃん用の鼻すすりといって、薬局で売ってますから。」

とのこと。
掃除機のホースにつなげて吸うか、カメラのレンズをパコパコするの(あれ、なんていうんでしたっけ?)を逆に使うといいそうです。
「だって、直接吸うのイヤでしょ?」
って、先生はおっしゃるけど、気にしないなぁ。。。


くしゃみの方はドキシサイクリンを増量してもあまり変わらなかったので、変えてみましょうということに。
新しい薬で、犬猫用のビクタスというキノロン系の抗生剤があるそうです。
ウサギには使ったことがなかったけど、この前、病院のウサギのクロちゃんに飲ませてみたら一発で良くなったとか。
クロちゃんは、おまたのところに何やらできていて、どの抗生剤も効かなかったのが、ビクタスにしてみたらきれいさっぱり、みごとに効いたそうです。
それで、イチさんにも試してみようと思われたとか。
ただ、ドキシサイクリンよりお値段が張るそうで(お値段もまだ決まってなかったですが)、とりあえず、イチさんだけやってみましょうとのことです。

これは、錠剤のまま飲ませるそうで、先端をカットしたシリンジに詰めて口の奥に押し込んでやると、コリコリ噛んで飲み込むそうです。
特製のシリンジ付きで出していただきました。
1日1回、1錠です。



ビクタスと鼻すすり

 シリンジに1錠、詰めた状態です。
シリンジは、中の棒を押し込みすぎないように後ろにストッパーが付けてあります。

ビクタスの効果のほどは、次の記事で記載しますね。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する