兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

イチさんのこと

イチさんの状態が急展開しているので、簡単に状況をまとめておきます。

エンセファリトゾーンの疑い濃厚ということで、ステロイドを投与していましたが、これまた、変化は見られず。
一時的に呼吸が速くなり、パコパコとがブッブッと音を立てて呼吸していることがあったので、そのことも先生に報告すると、

「おそらく、ステロイドの副作用でしょう。」
とのこと。

「ステロイドに反応があれば、増やしていくつもりでしたが、それなら、やめましょう。」
ステロイドは急にやめてはいけないので、1日2回だったのを1回に減らし、5日目でやめるようにとのことです。

それが、12日のこと。


そして、2日後の14日深夜。
イチさんの呼吸が明らかにおかしい。
常に呼吸が速く、ちょっと動くと体で息をしている感じ。
ただし、元気食欲は正常。

明後日に診察の予約を入れてあったけど、呼吸のことですから、待てないかもと、翌15日(木)に急遽、病院へ。

レントゲンを撮っていただくと、
 心臓が大きい。
 (心臓自体が悪いのか、呼吸が苦しいので頑張って大きくなっているのかは不明)
 肺が全体的に白っぽい。
 年齢の割に石灰化が進んでいる。
 抗酸菌の影響も疑ったが、気管はストレート。
 胸腺腫の可能性はない。
 お腹の状態はは異常なし。

呼吸は速いが、脇腹の動きを見ると、そんなに悪い感じではないそうです。


心臓の負担を軽くする薬として、エナカルドとジピリダモール(血液をサラサラにする)のミックスを出していただきました。
プラス、ドキシサイクリンを1日2回。

やはり、抗酸菌は疑った方が良いと。。。
ちょうど、非常に軽度ながら、むう、ぽこ、ななの3匹にくしゃみの再発が見られていること、イチさんがゲーする頻度がちょっと増えてるかなというのもあって。

これまで、電話で先生とお話ししているときも、お互いに
「多分、関係ないとは思いますが・・・」
なんて、ずっと気にはしていました。


エンセファリトゾーンなら、これまでの症状もうまく説明がつく感じだったのですが、ここにきて、さっぱり分からなくなりました。
症状の出方に脈絡がないというか。。。


酸素室が必要ではないかと、あたあたしていましたが、幸い、心臓の薬はよく効いていて、呼吸の状態はかなり改善しました。
興奮すると、ゼイゼイなりますが。

この期に及んで、よせばいいのに、部屋中走り回ったり、隣の部屋に遠征に行ったり。

気になるのは、16日から食欲が落ちていること。
以前は、どんだけあげても、あればあっただけ食べてしまう子だったのに、同じ量でも残してしまう。
プチラビットにも恵にも飽きてしまったと言わんばかり。

幸い、今日、思いがけずMSリカバリーが手に入ったので、早速あげたら、それは喜んで食べていました。
でも、、、量的にはイマイチかな~と。

さっきは、死んだように倒れていて焦りましたが、寝てただけだったみたい。
でも、その寝方が問題で、イチさん、そんなへばったような寝方する子じゃなかったもんね・・・と。
気力はあるけど、かなり状態は悪いんじゃないかという気がして。

そろそろ、覚悟は決めておいた方がいいのかなと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イチさん、がんばれ

ちゅんちきさん、こんばんは。
イチさん、ご心配ですね。

うちのうさぎさんは。
晩年(14歳すぎ)むせこんでよく食べられない状態になり
お月様へ帰ってしまったのですが。

後で考えると、相当心臓が弱っていたようです。

職場の後輩(人間)が。
「とにかく 食べるのがしんどい」と医者に行き、
心臓病(不整脈)が見つかりました。

「飲み込む」のが、しんどかったそうです。

イチさんも心臓が疲れて。
食べるのがしんどいのかもしれません。

お薬が効きますように!
イチさん、まだまだ若いですものね。

ちゅんちきさんも、ご自愛ください。

覚悟をしながら。
明るくお世話するのは、ほんと、言葉にできないですよね。

顔で笑って心で泣いて。
精一杯できることをやるしかない。

ちゅんちきさんとイチさんの。
仲良しで楽しい時間が続きますように。

応援させてください。

くまの姉 | URL | 2014年05月19日(Mon)20:37 [EDIT]


イチさん、ちゅんちきさん、
がんばれ!がんばれ。

折角、救い上げて頂いた命・・・永遠では無いけれど
兎も人も、楽しい日々でありますように・・・

亜美 | URL | 2014年05月20日(Tue)14:10 [EDIT]


レントゲン撮ったなら、肺炎はない…と。
9歳というと、それなりに頑張った年だものねぇ。
心臓は徐々に進行していくものだから、なかなか気づけない。本人も分からないだろうな。
息子弁膜症の時も、何しろ仕事がしんどいという時点で手術に踏み切りました。胸が痛いとか、背中が痛いというところまで行っていないのに、まずはしんどいの一言のようです。そうなると食べるのもヨッコラショだから、当然体力も落ちますね。
どうか薬が効いて、体が力を蓄えますように!!

チーママ | URL | 2014年05月20日(Tue)22:29 [EDIT]


応援しています!

よせばいいのに元気に部屋んぽ、隣の部屋まで・・・というイチさんのご様子が、
まだ記憶に新しいまりもの様子にとても似ていて
胸が締め付けられます。

でも、イチさんにはちゅんきち母さんがついてる!
細かな変化も見逃さない愛情溢れるお世話の様子には
本当に頭が下がり、私もそうできていたら
まりもはまだ元気だったのではと、悔やまれます。

どうかイチさんの穏やかで幸せな日々が
一日でもひと月でも一年でも長く続きますように・・・
横浜から毎日お祈りしています。

そしてちゅんきちさんもどうかお体ご自愛ください。
近かったら、通院やお掃除など少しでもお手伝いしたいです・・・

ちぃ | URL | 2014年05月21日(Wed)14:54 [EDIT]


イチさんのこと、心配しています。
先だってまでわたしも小さい命と向き合っていました。そのときの気持ちが蘇ってしまい、ちゅんちきさんのお気持ちを考えると胸が苦しくなってしまっています。
お薬が効いて状態が落ち着いてくれることを祈っています。

イチさんガンバレ!ちゅんちきかーさんがついているよ。
ちゅんちきさんもお体お大事にされてください。



momo | URL | 2014年05月21日(Wed)18:41 [EDIT]


お返事

くまの姉さま
あたたかいコメント、ありがとうございます。
くまちゃんも、がんばったのですよね。
イチもだいぶ食べるスピードがゆっくりになりました。
飲み込むのが大変なのかもしれませんね。
食べるのと破壊が何より好きだった子ですが、食べたいのに食べるとしんどいというジレンマなのかも・・・と思いました。
あとどのくらい時間が残されているのかは分かりませんが、それまではイチさん第一でいこうと思っています。

亜美さま
大変な時にコメントありがとうございます。
イチはがんばっています。
思い残すことがないように、楽しく過ごせるように気を配ってやらないと・・・ですね。

チーママさま
何とか上向き傾向になったけど、そのまま停滞しているといったような状況です。
たくさん食べてほしいけど、量を増やすのはなかなか難しいですね。
ペレットばかりでは飽きるようなので、野菜を多めに食べてもらう方向で頑張ってます。

ちぃさま
まりもちゃんも、そうだったのですね。
残り時間が少ないのを悟って、焦っているようにも見えるのですが、半分は好きなようにさせて、あとはおとなしくしてもらって。というようなことを繰り返しています。
本兎が動ける間は、あまり病人扱いじゃない方がいいかな?と思っています。

momoさま
しんどそうにしているときは、こちらも胸が締め付けられるようになりますが、幸いにも、お薬がかなり効いて、本兎もリラックスして過ごしています。
このままなんとか維持してほしいな~と願っています。

ちゅんちき | URL | 2014年05月24日(Sat)15:32 [EDIT]