兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

うさぎの胃の生理機能と病気3 (うさフェスタ2013 講習会)

「知っておこう、うさぎの胃の生理機能と病気」 (田向健一先生、うさフェスタ2013 講習会) の最終回です。
今回は、たまに内臓の写真なども出てきますので、苦手な方はご注意ください。

ただ、ウサギと暮らしている以上、以下に取り上げられている疾患は必ず遭遇します。
いざという時に判断を誤らないために、また、ウサギさんのために最善を尽くせるよう、飼い主として知識を持つことは大事なことです。
長くて申し訳ございませんが、是非、ご一読いただければと思います。


スライド32

胃腸の病気はウサギには非常に多いです。
慢性であったり、急性であったり、いろいろ。
以前は毛球症と呼ばれていましたが、その中には胃腸うっ滞、急性胃拡張、盲腸便秘などがあります。
ときに、サイレントキラー、静かな殺し屋と呼ばれ、ウサギを突然殺してしまう怖い病気。
長期に及ぶと、胃潰瘍や脂肪肝などの病気も引き起こします。

胃腸の病気 = 毛球症かというと、そうではありません。


スライド33

今まで毛球症と言われていたものには、4つあり (胃腸うっ滞、鼓張症、急性胃拡張、腸閉塞) 、全部、治療法が異なります。




スライド34

レントゲンも読めるように、各臓器の位置と大きさを把握してください。
(胃、盲腸、結腸)



スライド35

バリウムを流したところ (下)。



スライド36

胃腸うっ滞

元気はあるけど、何となく食欲がない。 ウンチが小さい、少ない。



スライド38

レントゲン (上は正常)
胃、盲腸、ウンチ、この3つが分かれば、消化器についてはだいぶ読めるようになります。

胃がすごく大きくて、中が詰まって胃腸が渋滞している状態 (下)
白く写っているのは、食べ物がたくさん入っている状態。 胃にも盲腸にも。
胃もたれ、盲腸もたれの状態。

慢性的な胃腸うっ滞。
胃と盲腸をたくさん使っていると、もたれてウンチが小さくなる。



スライド39

うっ滞の原因

糖質、タンパク質の多い食餌 (胃と盲腸をたくさん使っている状態)。
食物繊維の不足、ストレスによる腸のぜん動運動の低下による。

お腹の中にはこんなものが (写真右の上から2つ)
上から2つ目は毛球。
昔、毛球症と呼ばれたものの典型。

毛でつながった数珠状のウンチも見られるように (右下)。




長期化すると、脂肪肝、肝不全を起こします。

スライド40

食べない日が続くと、肝臓が脂肪が置き換わってしまいます。
本来、レバー色をしていなければならないものが、白いまだら状になっている。
脂肪肝になると、非常に予後が悪い。



スライド41

うっ滞の基本的な治療

 水和 : 水分を十分に取る
 胃腸のぜん動運動亢進 : プリンペラン (胃腸を動かす薬) の投与
 食欲不振時には、強制給餌



スライド42

強制給餌には、こんなものを使います。



スライド43

自宅で強制給餌ができるようにしておくと、ウサギの介護や治療がスムーズにいくので良いです。




スライド44

鼓張症
胃や腸にガスがたまる。

症状 : 元気はあるが、ゴハンを全然食べなくなる。
     ウンチが少ない。 小さい。 全然出ない。
     お腹が張る (太鼓のようにパンパン)

レントゲンを撮ると、お腹にガスがたまっている。
黒く写っているのがガス。
胃と盲腸(クロワッサンのような形の部分)にたまっている。



スライド45

鼓張症の原因

不正咬合
 歯が悪くなるとガスがたまりやすくなる。

食物繊維不足、高タンパク、高でんぷんの食餌、ストレスによる異常発酵
 微生物が処理しきれなくなって、入ってくる量に負けてしまう。
 異常発酵を起こしてガスを産生してしまう。



スライド46

鼓張症の治療

食物繊維をたくさん与える。
胃腸を動かして消化器の環境を整える。

消化管を動かす薬 (プリンペラン) の投与。
微生物が良い状態で働いているのならいいが、悪い方に働いているときにも増えているので、場合によっては抗生物質を使うことも。
乳酸菌製剤など、整腸剤の投与。

食欲不振時には強制給餌。




スライド47

急性胃拡張

昨日まで食べていたのに、今日、いきなり食べない、という状態。
うっ滞や鼓張症では、だんだん食べなくなる、だんだんウンチが少なくなるというのが特徴だが、急性胃拡張では、
 あるとき、突然、食べなくなる
 あるとき、突然、ウンチが出なくなる

というのが特徴。

症状
 ケージの隅にうずくまって、全然、動かない。
 お腹を丸めている。
 お腹 (胃) が膨れている、など。

レントゲンを撮ると、胃が大きくパーンと風船のように膨らんでいる。
その中に丸くガスの層がある。
胃の中には食べ物はなく、カラ。
胃液がたまって、その中に空気がぽかっと浮いている状態。

非常にお腹が痛いので、全然、
 食べない、ウンチが出ない、動かない。

非常に危険な状態!



スライド48

原因はいろいろありすぎて分からない。
食物繊維の不足とか、運動不足、ストレス (移動、暑さ、寒さ・・・) など、何らかの原因で胃腸の機能が停止する。

これは、ちゃんとやっていても、ある日突然なります!!!


お腹を開けると、胃が風船のように膨れて胃液が溜まっている。
(写真は亡くなったウサギさんのもの)
胃液は、pH 1-2 の強酸 ⇒ 胃潰瘍を起こす
強酸で胃がただれてしまう、非常に怖い病気。



スライド49

急性胃拡張の治療

激しい痛みがあるので、鎮痛を中心とした治療。 点滴など。
ぜん動亢進薬 (プリンペラン) 、強制給餌は禁忌!
胃がパンパンになっている状態で胃を動かしたり、上から食べ物を流し込んだりしてはいけない。



長期化の場合は、胃の減圧術 (ガスや水を抜く治療) を行う。 (以下3枚、動画)

スライド50

麻酔をかけて、チューブを入れ、



スライド51

シリンジで吸います。



スライド52

ビックリするくらいたくさん、胃液はたまります。

これだけたまっていたら、痛いに決まっています。
最後に水を入れて中を洗浄し、胃が小さくなったのを確認します。

このような処置をするのは、年間1-2件。
殆どの場合、9割方は内科的治療のみで良くなります。




スライド53

腸閉塞

症状
食欲廃絶、排便停止、動かない、胃が腫れる

レントゲンを撮ると、すごく胃が膨れている。 半分以上が胃。
ガスがたまっている。

急性胃拡張と、症状もレントゲンもほとんど同じ。
見慣れている獣医師でないと区別がつかない。
唯一違うのは、腸にガスがたまっていること。
(写真、右寄りの中ほどに黒く1本写っている部分)



スライド54

原因
異物 (グルーミングの際の毛玉など) を飲むと稀に起こる。
鼠径ヘルニア :
 高齢のオスで筋肉に穴が開いて腸が出てしまうことによる。

発症は稀だが、明らかに外科的処置が必要になる。



スライド55

お腹を開けたところ。
毛玉などが詰まって、腸にはまり込んでいる。
早く取り出さないといけない。



スライド56

鼠径ヘルニア

年をとると筋肉に穴が開いて、ぽこっと脹れてくる。
腸が穴に入り込んでしまって、腸閉塞を起こす。
8歳以上のオスで見られる。
年をとると、睾丸からのホルモンで筋肉が弱くなって穴があく。



スライド57

腸閉塞の治療

まずは胃の減圧処置 (先ほどと同じ)。
外科的に異物を除去する。

ただ、ウサギの消化器の外科は非常に難しい。
切った方がいいのか、いつも判断に迷うが、異物が完全に詰まっている場合にはやらなくてはならない。




スライド58

まとめ

基本はブラッシング。
毛をなめてお腹に入るのをなるべく防ぐ。

ストレスを与えない。
これが一番難しいが、一応、言っておきます。
「何がストレスか?」 とよく聞かれるが、自分も分からない。

穀類はなるべく少なめに、食物繊維 (牧草) はしっかりと!

適度な運動。
これはとても重要だと思います。
毎日、ケージから出して運動させることで胃腸も動かしてあげる。
それが胃腸疾患の予防になります。



スライド59


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

凄く勉強になりました

今年の11月で満5歳になるライオンラビットの♀の仔と暮らしています。
長毛種のため「⚫」の状態は常に気をつけていて、半年に1度くらいのペースで、近くの動物病院で診ていただいています。
一昨日連れて行ったところ、お腹にガスが溜まってるという事で注射をしていただいたところ、お腹が不思議なくらいペッタンコになって、驚きました。
梅雨時期なので、うっ滞気味かな?くらいしか思ってなかったのですが...(反省)
まだまだ勉強してあげなきゃ!と思ってネットでいろいろ検索していたところでした。
凄く勉強になりました。有難うございました。

うさぎのぷち | URL | 2016年06月23日(Thu)10:09 [EDIT]


お返事

うさぎのぷちさま
ライオンちゃんは毛が気になりますよね。
病院に行くタイミングが良くて、ラッキーでした。
なにより、早めの行動がウサギさんの命を救いますものね。
知ってるつもりになってしまってはダメですが、知識はないよりはあった方がいいので、日々勉強、ですね。

ちゅんちき | URL | 2016年06月27日(Mon)00:11 [EDIT]