兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ユキ&リキ うさんぽ 後編

芝生の広場から人通りの少ない原っぱに移動してきたユキリキ。

今度は怖くないかなぁ・・・

こっちなら、安心して遊べるからね。
こちらの方が草もいっぱいでいい感じです。



やっぱり、怖い!!!

って遊びだした矢先、後方の登山道から下りてくる人たちの声がして、まみ~に群がるユキリキ (^^;;

この先は原生林への散策コースになっていますが、そのまま駐車場に向かえばこちらの方は通りません。

ね、だから大丈夫だってば。
でも、こうやって頼ってこられると可愛いですね。



もう大丈夫よ♪

人の声がしなくなった途端、はしゃぎだすリキちゃま。



ホントかちら?

一方のユキぴょんは用心深いです。



大丈夫だってばぁ!

リキちゃまは、もうゴキゲンです。
こんなに思いっきり走れるってこと、お家の中やベランダではないですからね。



わたち、怖いんだもん

さっきから、キャリーが二つとも転がっているのにお気づきでしょうか。
実は、下の地面が柔らかくて、ボコボコ(もぐらさんのお仕事の成果)安定が悪いんです。
で、ユキが上のハッチから中に飛び込んだ瞬間、キャリーが倒れてしまうんです。

キャリーの向きが反対なら、倒れた瞬間にハッチが閉まってウサギさんは中に閉じ込められます。
ユキがそんなことして何回も遊んでいるので(転がるのも結構、楽しいらしい)、これ、ウサギ罠にいいんじゃないかと思ってみたり。
この辺りは、野ウサギも結構いるんですが、アナウサギじゃないから箱の中に入る趣味はないかな?



この上ならきっと大丈夫だわ

両方ともハッチが閉まって入れなくなってしまったら、今度は上に乗って遊びます。



アイタッ!

んで、また、転がって(爆)

ウサギって何故かこういった危険なお遊びも好きですが、良い子のウサギの皆さんは絶対に真似をしないようにしましょう。



ユキちゃんがやったんだから

とうとう、2つともキャリーは裏返しになって、これでは遊べないとリキちゃまが不満顔。



やっぱり、わたち入る!

直してやったら、早速入ります。



リキちゃまのキャリーがメチャクチャだわ

自分も中に入って遊ぼうと思ったのに、中がぐちゃぐちゃでこれまた不満顔のリキちゃま。
だってさ、きれいに直したって、どうせまたすぐにユキぴょんがひっくり返すんだもん。



やっぱり、行く!

出たり入ったりが楽しいユキぴょん。



なんかおかちいわ

リードがキャリーに引っかかってるんですけどね。



進めないの

これこれ、あまり引っ張ると、ハーネスが壊れますよ。



わたちは行くんだってばぁ!

だから、そんな顔しない!(笑)



やっと自由になったわ

絡まっているリードを外してやったら、大喜びでまた、キャリーの周りをグルグル。

(リキちゃまは、手前の茶色いキャリーの中、ウサギ罠にかかっています)



おかちいわね・・・

ちみは、ちぃとおミソが足りないんとちがいますか?



わたちはこうちたかったのよ!

そして、今度はひっくり返らずに、うまくいきました



これがたのちいのよ!

良かったね、ユキぴょん。



ユキちゃんもこっちに来てごらんよ!

ウサギ罠から逃れたリキちゃまは、また走りに行ってます。



リキちゃまは知らないおじちゃんが来ても平気だったよ

この後、山から下りてきたおじさま方ご一行がユキリキを見つけて、見に来ました。
ちゃんと、動物のことが分かっている方で、
「そちらに行っても大丈夫ですか?」
って声をかけてから来てくださったので、大助かりでした。

以前、知らない人の声をかけられて発作を起こした前科一犯のユキをキャリーにしまって、リキちゃまを抱っこしてご一行様のもとへ。

「これ、イングリッシュなんとかってやつですか?」
って聞かれて、

「いえ、日本白色種って、昔、よく農家の庭先で飼われてたウサギですよ。」

「あー、小学校にいたやつだ!」
って、おじさま、嬉しそう。

初めはこわごわなでられていたリキちゃまも安心したのか、下に降りるって言って、ちゃんとお相手をしてくれました ^^

昔(今でも!?)は食用・毛皮用だったとか、ウサギの肉はソーセージのつなぎにいいんだとか、そんな話に花が咲きました。
この辺りも、ひと昔前は普通に食用のウサギがお庭にいる風景が当たり前だったようで、ウサギを連れていると、よくそういう話になります。
それでも、お話をしていると、そんな食用のウサギでも可愛がられていたんだろうと感じられて、それが動物と人間の本来の関係なのかもと思ってみたり。

ユキはその間、キャリーから顔だけ出してこちらを見ていたのですが、
「あれ、あっちはチェックのお洋服着てる、お洒落だねぇ!」 って。

「あっちにいるのは臆病で・・・」
って話してあったので、おじさま、体を低くして這いつくばって写真を撮っていかれました。
ユキぴょん的にも、ぎりぎりセーフだったみたいで、良いモデルを務めてくれました。



ちょろいもんね

ご一行様が去った後、リキちゃまはまたひとっ走り遊びました。



ユキちゃんはへなちょこだけどね

でも、ユキぴょんがイマイチな雰囲気だったので、もう帰ろうかってことに。
もうすぐ日も落ちそうでしたしね。



違うもん! ユキだって頑張ったもん!

それでもユキぴょん、お顔も明るいし、なんとか大丈夫だったみたいね。
って思ってましたけど、最後にプッツン来たように走り出しちゃって、なだめるのに大変でした。
前ほどじゃないけど、やっぱり、ユキぴょんは知らない人に会うのはNGみたい。
でも、今回は1歩前進ってことで。

体に似合わずびびり~ずな2人、こうやって普通にうさんぽを楽しめるようになっただけでも前進、前進です。
1年に1回くらいしか連れて来てやれないけど、また、来ようね。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コントみたい…w

ユキちゃん面白いですね~♪
ユキちゃんの発言がとても楽しくて
PCの前でニヤニヤし、しまいには声を出して
笑ってしまいました(笑)

普段とは違う、とっても広い場所でのお散歩が
終わった日、リキちゃまとユキちゃんはどんな
夢を見たのかな、と思うと楽しくなります。

出逢ったおじさま方、いい人(と表現していいのかな?)
で良かったですね~。

私も散歩中などに人懐っこい犬ちゃんがやってきたときは
飼い主様に「触ってもいいですか?」って聞きます。
私が逆の立場だったらやはりそうして欲しいから…

ところでうさフェス、明日と明後日ですね!
去年、ちゅんちきさん、むうくんと運命的な出会いを
したことを鮮明に思い出します(いつも思い出しているけど)
私は今年は行けませんが、どうぞ楽しんできてくださいね☆

23 | URL | 2013年11月22日(Fri)09:53 [EDIT]


お返事

23さま
ユキリキは、ホント、ボケと突っ込みでナイスコンビです^^

うさフェスタ、無逸君の写真、拝見しましたよ~e-415
そうか、あれからまだ1年しかたっていないのか・・・
と、しみじみ。
こういった場があって、ウサギのご縁がつながっていくのは、ありがたいですね!

ちゅんちき | URL | 2013年11月23日(Sat)22:57 [EDIT]