兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

新江の島水族館

ちょっと重いネタつづきなので、気分転換に。


新江の島水族館のお魚さんたちをどうぞ。

おさかなさん

水族館での撮影って難しいんですね。
なかなかうまく撮れなかったんですが、割とちゃんと写っているのを集めてみました。



おさかなさん

きれいに取れてる = あんまり動かないお魚さん
ってことで (^^;;

お魚さんの名前は殆ど分からないので、あしからず。



大水槽の横っちょから。

大水槽

右端に人間もいました(展示品ではありません)
ちょうど、ショーの時間だったようです。
(正面はすごい人で、近寄れなかったって)



エイさん

この位置はちょうど水槽の上の方に当たるらしく、いろいろなお魚が来てくれて、結構楽しめました。




そして、イベントでちょうどクラゲの展示をやってました ^^

くらげ~s

楽しいですね、こういうの。
円筒形の水槽に入っていて、500円玉入れたら、何とかキャッチャーみたいに取れそうな感じでしたよ。



クラゲさん

クラゲさんはあまり動かないけど、光の加減が難しくて、写真だと細かい本当にきれいなところが飛んでしまいます。
残念。



クラゲさん

こういうのって、誰もいないところで、ぼんやり座って眺めているのが楽しいんだろうな~。



ミズクラゲさん

ちょうど、子供たちが夏休みに入ったタイミングだったのでしょうか、平日でも結構な人出でした。



アカクラゲさん

漂っているだけに見えても、実はクラゲなりに頑張って泳いでいるんだろうな~。



クラゲさん

人生、こんなもんかなって。



クラゲさんの後は、海獣さんたち。

アザラシさん

海坊主(嘘)



ウミガメさん

ウミガメさんは分厚いガラスの向こうにいて、あんまりよく見えませんでしたが、サービス精神旺盛な子たちで、近くまで寄ってきてくれました。

ペンギンもいましたが、やっぱり、ガラスケースの中。
やっぱ、ペンギンは富士花鳥園ですね。



この後、イルカショーなんぞ見て、再び館内に。

オオカミウオさん

妙に親近感を感じると思ったら、、、

この子たち、お顔がユキぴょんにそっくり!!!
(大きくしてご覧ください)



おさかなさん

そして、カラフルなお魚さんたち。



おさかなさん

いいですね、この水槽。



おさかなさん

いくら見ていても飽きません。



おさかなさん

色とりどり、きれいです ^^



おさかなさん

そして、お隣の水槽。



おさかなさん

こちらもきれいです。



おさかなさん

それはきれいな紫色の子もいたのですが、写真には撮れませんでした。



おさかなさんとイソギンチャクさん

こちらのクマノミさんは、下の小さいイソギンチャクさんにご執心でした。



おさかなさん

きれいな黄色いお魚さんも♪



大きいおさかなさん

そして、こんなヒトも。



サメさん

こういう動かないヒトたちも大好きです。



はぜさん

ハゼドン発見! (古っ)



おさかなさん

ああ、ここにも動かない、可愛い子♪



おさかなさん

お目目パッチリさん。



おさかなさん

最後はもう、疲れて何が何だか状態でしたが・・・



大水槽

再び大水槽に戻りました。



大水槽

ちょうど、小さい子たちが群れていて、壮観でした♪


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

海坊主…ぶーーーっ!笑ってしまいました。

先日たまたまTVで、クラゲの展示種類数が世界一という山形県の加茂水族館を見て、きれいだな〜と思っていたところでした。
ちゅんきち様、ずっと忙しいから素敵な息抜きになれば何よりです。

水族館行きたいなー。
でもドーム型?トンネルみたいになってる水槽を見上げると、頭も足元もぐらぐらしちゃうんですよ。
三半規管弱過ぎなんでしょか…
そんな「自分がどこにいるかわからん」状態もいいかな?と思ったりしますがw

ponsuke | URL | 2013年07月29日(Mon)00:55 [EDIT]


あら美味しそう。
じゃなくて、きゃーv-238可愛い~v-238
最近忙しくて釣り行ってないなあ~、、

水族館にもカサゴ(ですよね?)が居るなんて。
カサゴって普段、五目釣りのときにどうしても真っ先に掛かって来ちゃって、しかも食べようのない小さいやつとか。「チッ、また(カサゴ)か、(狙ってる獲物は)おまえじゃねーよ!」ってリリースするんですけど、30cmぐらいだと一応持って帰って煮付けにして食べます。でも底魚は真っ先に放射能が危険値だったもんで全然要らない。

という扱いだったのですが、、

こうして生き生きと泳いでる姿とか
他の水棲生物たちの無垢な顔とか見ちゃうと
複雑な気持ちになっちゃうんですよね。

兎を飼い始めたら兎だけは食べられなくなってしまったのですが
兎以外にも、思わず生きてるときの無垢な顔が思い浮かんでしまうようになって、とりあえず四つ足のケモノが食べにくくなってしまい、ニワトリも時には、なるべくなら無用に食べないようにし始めていまい、挙句の果てには魚やスッポンまでもが、「すいませんが食べます・・・」ってな気になってしまうんですよね。

獲物を捌く時もなるべくひと思いに絞めるとかで苦しませないようにと考えてしまったり、無駄にして捨てたりしないように頑張って完食したり、するようになってしまいました。

まあ、なんだかんだ言って食べるんですけど(笑)

原発事故から3年目に入って、川魚・底魚・戻り鰹以外のフツーのでもヤバくなってしまったので、それを理由に釣りに行かなくなってしまいました。
本当は殺生を迷う葛藤が辛くなってしまったことが大きな理由だったのですが、殺生せずにどうやって食生活を送るってのよ?という反抗心も失いたくなくて釣りを辞めませんでした。
放射能の測定値がヤバくなって来て釣りを辞めざるを得なくなって、これで釣りを辞める大義名分が出来たぜとホッとしている自分が居ります。

いや、でも、水族館の写真を見てイケスに見えてしまうのは変わりませんが。
本当に美味しそう・・・ じゃなかった、きゃーv-238かーわーいーいーv-238

hayano | URL | 2013年07月31日(Wed)21:04 [EDIT]