兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

つづき君

つづき君はやんちゃでリーダー格の男の子。
いつも構ってほしくって、ケージの中をウロウロしています。
気に入らないとすぐに足ダンするし、うるさいと言えばうるさいのですが、とても分かりやすい子です。

以下、4月11日のつづき君です。

だいじょうぶかなぁ・・・

初めての部屋んぽ。
出られるかな?



ちょっと、、、、困ってるんですけど!

このケージ、絶対に設計ミスだと思うのですが、ウサギさんが前面扉をスロープ代わりに出ようとしても、金網が縦方向なので足場が悪いんです。
扉は横網でなくてはいけません。
慣れてくればスロープなんて使わずにジャンプして出入りするので関係ないのですが。



よっしゃ!!!

ようやく意を決して出てきました。
後ろ足、思いっきり踏ん張ってます ^^



えへっ、出ちゃったよ♪

無事着地。
すでに、やる気満々。



とりあえず、これオレの♪

ろくちゃんが先に出てて悔しかったんですね、一生懸命同じことしてます。



これもオレの

何かと重宝する小机さん、みんなに齧られ、臭いを付けられて、どんどんいい感じ(?)になっていきます。



これは・・・!?

何でも珍しくて、まだおっかなびっくり。
バリバリもまだやりません。


ひとしきり遊んでからご帰還いただいたのですが、遊び足りなかったのでしょうか・・・。

オレ、もっと遊ぶ!

お世話の途中、ハッチを開けたままにしていたら、飛んでました (^^;;



ああ、失敗!

で、落下

こっちを向いて飛べば出られたのにねぇ・・・
なんて、ちょっと笑ってしまいました。
でも、こうやって失敗しながら学んでいきます。

ダッチはみんなやんちゃさん。
向こうが見えれば、後先考えずに飛んでくるので、事故のないようにくれぐれも注意が必要です。


つづき君はトイレもバッチリ。
ろくちゃん同様、とても素直な子です。
自分が一番じゃなきゃ気が済まないってのはありますが、それでも、他のウサギさんとトラブルを起こすこともありません。

くせウサギも捨てがたいですが、こういう素直で元気な子は、ダッチの中では貴重かもしれません。
ウサギは初めてという方にもお勧めの子です。

明るく元気な優等生、つづき君に良縁をお待ちしております。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいですね、いいですねー。可愛い(T▽T) 愛らしい(T▽T)
ちゅんちきさんの兎写真リポートが自分ちのウサさんとソックリなだけに、いつも食い入るように全部見て喜んでしまっているhayanoです。
うちのイケちゃんも姿だけでなく行動も全くそのまんまで、そのまんま大きくなった感じです。うちは80サイズのプロケージを選択しましたが、お迎えした当初は小型種のダッチ1匹に対してケージが大きすぎたかなと思ってましたが、あれから約1年経って今ではケージの中で立ってる時に鼻先が天井を超えます。ケージを買い換えなくて済んでいるので、最初から大きすぎるケージでも充分みたいですね。もし買い換えるとしたら、いずれ超高齢兎さんになったときにフラットに出入り出来るようにサークルに移動する時かなと思ったりしています。10年後ぐらいかな~。

ダッチは明るくて元気という特性を話に聞いて、我が家にも期待どおり明るくて元気な子を頂いて、期待した以上に明るさと元気を貰う毎日です。しかもSPFで病気の心配が劇的に少ないことと、純血ということで大体の大きさや行動、餌の選択をし易いことで、私のようなウサ飼い超初心者にはとても嬉しいです。躾の面でも、兎さん自身が明るく積極的で居てくれるので、主張が解り易くて意思疎通をし易いので、どうして欲しいのか意を酌むのに悩まずに済んだのはとても助かりました。
特にトイレの躾に関しては意志がハッキリ伝わって、どんなレイアウトなら何処をトイレにしたいか即断即決でブレずに意志を通してくれるので、そこから位置を把握するだけで済んでとても助かりました。

今ではイケちゃんの居ない生活は考えられません。毎日がとても楽しいです。ちゅんちきさんを介して実験ダッチ君と出会ったら幸せになれることは間違いないですね!^x^

hayano | URL | 2013年05月03日(Fri)19:29 [EDIT]


お返事

hayanoさま
いけちゃんは同期の中でもひときわ賢くて、協調性のあるお利口さんでした。
処分寸前を箱詰めされて、訳も分からず拉致られたと思ったら、すぐまた別のお宅に行って、そこの子になったつもりでいたら、また、まみ~が迎えに来ちゃって・・・
と波乱万丈な経験をした分、いけちゃんもいろいろ考えて自分がどうしなきゃいけないのかを考えて暮らしてくれているのでしょう。
そんなけなげないけちゃんが、今は立派なオトコウサギになって幸せに暮らしているとおもうと、まみ~は目頭がじーんと暑くなります。

ちゅんちき | URL | 2013年05月07日(Tue)22:07 [EDIT]