兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

いつも一緒、ずっと一緒

今日は白文鳥ヤッピーさんの命日です。

ヤッピーさんがいなくなって、まだ4年。 もう4年。
月日が経つのが早いのか、遅いのか。

生きていたら、ちょうど10歳になるんだな~と。
やんちゃ坊主だったチェリーがもう8歳のジジイですから、やっぱり、早いのかな?
ヤッピーさんの後継としてきたユッピーは、もうすぐ4歳ですしね。

あれからいろいろあって、悲しいことやショックだったこともあったけど、今は鳥さんたちはいい先生に恵まれて、皆平穏に暮らしています。
ヤッピーさんがみんなを守ってくれたんだな~
と思っています。

オカメのサブレは未だに
「ヤペコ~ン、ヤペコ~ン」
とおしゃべりしてくれることがあります。

以前は、そのたびに
「ヤッピーさんはもういないんだよ」
って言っていましたけど、この頃は、ひょっとして、サブちゃんにはヤッピーさんが見えるんじゃないかという気もして。
それがヤッピーさんのことだって、サブレは知っているはずだから。

「いつも一緒、ずっと一緒」
ヤッピーさんとはいつもそう言い合ってきました。

自分だけさっさと行っちゃって、全然ずっと一緒じゃないじゃん、って泣き暮らした日々もあったけど、やっぱり、ずっと一緒なんだね、って今は思います。



鳥類界も大騒ぎ

ヤッピーさんを中心に楽しかった鳥類界。



このブログは元々はヤッピーさんのために始めたものでしたから、もう、やめようかなと思ったりもしました。
でも、ちょうどネット上でのダッチの里親募集に踏み切った時でしたので、ウサギの窓口は残しておかなきゃね、と思い直して。
今ではすっかり、里親募集ブログです。

ウサギを連れて帰ってくるたび、ヤッピーさんは呆れ顔でしたが、今も肩をすくめながら見守ってくれているのでしょう。

ヤッピーさんは鳥であって、鳥じゃなかった。
あの子には、いつも超越した力を感じていました。
もう二度とヤッピーさんのような子に出会うことはないのでしょうが、ずっと一緒だからいいよねって思えるようになりました。

ヤッピーさんのお迎えと同時に引っ越してきたこの家も来月でちょうど10年。
なんとなく、区切りのときのような気がします。
文鳥と一緒に楽しく暮らすための家だったはずが、今じゃ、ウサギの館ですしね(笑)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

追悼:ヤッピーさん

ヤッピーさんのお陰で、ちゅんちきさんのブログが存在し
後に、うさぎさん館になったのですね。
私は、11年連れ添った愛兎に旅立たれ、
もう、身体も悪いし死んでもいいと思っている所
こうして2人の、やんちゃで可愛い天使たちに巡り合えると言う、ご縁を頂きました(^O^)

ヤッピー様、ありがとう。
あっちの世界でも、神鳥様として、ご活躍なさっている事と存じますが、ついでに・・・で結構ですので、
我が家の、動物たちとも遊んでやって下さいませ<(_ _)>

亜美 | URL | 2013年02月24日(Sun)15:49 [EDIT]


こんばんは。ちゅんちきさんのヤッピーさんへの思いが
本当によく伝わってきます。私もザクちゃんと暮らして
5月で8年になりますが、ザクちゃんも鳥であって鳥では
ないとという不思議な感じがします。
こんなに気持ちが通じ合い、理解し合えるような子とは
もう出会えないと思っています。
しかし、もう8歳です。どんなに大切にして健康管理を
しても不安はあります。もちろん自分もだいぶ、くたびれて
きてますが^^
でも、種の違いを超えてなぜこんなに仲良くなれるんでしょう?
時々不思議な気がします。ちゅんちきさんはいかがでしょう?

ちゃたろう | URL | 2013年02月25日(Mon)21:57 [EDIT]


お返事

亜美さま
人生、何がどう転ぶか分からないもので・・・
思えば、新しい天地を見つけて命拾いをしたウサギさんたち、モトをたどれば、始まりは小さな鳥さんだったのですね。

白黒ダッチ君たちも、人と心を通わせることのできる、神の使いですね。
(ときどき、悪魔に変身したりもしますが・笑)
支え、支えられて、里親さまと共に幸せの道を歩んでほしいと願っています。

ちゃたろうさま
本当に不思議ですね。
人間同士でも、ここまで心が通じることって、なかなかないですものね。
ザクちゃんも、ちゃたろうさまのもとへ舞い降りて来てくれた、天使ですね。
とても小さな限られた命だけど、とても大きな命ですね。
我が家のチェリーも8歳。
いつお迎えが来るかとヒヤヒヤものですが、少しでも長く一緒にいられたらいいな~と思います。
ザクちゃん、一緒に頑張ってくださいね^^

ちゅんちき | URL | 2013年02月27日(Wed)00:25 [EDIT]


遅くなりましたが・・・

あれから4年ですか。
月日が経つのは早いですね。
という事は、こちらに遊びに来るようになってから4年以上が過ぎているということですよね。

さすがにまだ、サンのいない生活に慣れないです。
2~3日はケージを片付ける気にもなれなかったのですが、カラのケージを見るのがつらくて、ようやく昨日片付けましたが・・・。
きっとサンは、ヤッピーさんに面倒を見て貰ってると思いますので、あまり心配はしてませんが。

逝ってしまったばかりで次の子というのもサンがかわいそうかなとは思ったのですが、春になったらお迎えしようと思ってます。
あの暖かくて小さい身体にまた触れたいので。
娘ともサンと会った時のように『この子だ!』って一目で決められる鳥さんに出会えたらいいねって話しています。

サン | URL | 2013年02月28日(Thu)17:19 [EDIT]


お返事

サンさま
今まで当たり前のようにあった、あの気配がなくなると寂しいですね。
もう少ししたら、ショップでも元気いっぱいの春仔が可愛いお口をあけているんでしょうね。
サンちゃんも、いつまでもお母さんやお姉ちゃんが悲しんでいたら心配してしまいますから、今頃、「お前があそこの家に行け」って、どこかのひなっ子に耳打ちしているかもしれませんね。
きっと、良いご縁が待っていると思います^^

ちゅんちき | URL | 2013年03月03日(Sun)00:10 [EDIT]