兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

痛い

最近、病院ネタしかアップしていない気がするのですが・・・・・

またしても事件発生。

はるっちが亡くなって、毎週のイベントだった通院もなくなって物足りなさを感じていたところ、、、

本日、病院送りになったヒト1人。


痛いよぉ

被害者、ペコちん。



オレだぜ♪

そして、加害者はおやびん。



それは、今朝の6時頃。

ウサケージの掃除をしながら、順番にお部屋遊びさせていて、そのときはおびやんの番でした。
きゃっきゃ、きゃっきゃ、それは楽しそうに弾むように部屋中を駆け回り、
まあ、本当に楽しそうに遊ぶ子だわねぇ
と微笑ましく思っていましたところ、、、

トレイのゴミを捨てようと背中を向けたその時、背後でバリバリドタドタすごい音が

振り向けば、おびやん ペコちゃん の取っ組み合い。

すぐに引き離しにかかりましたが、スッポンのように食らいついて離さないおびやん。
どうやら、おびやん優勢の模様。

そして、ついにペコちゃんが耐えかねてピーピー鳴いて、勝負がつきました。

見れば、上下のまぶたがざっくり。
消毒薬をしみこませたティッシュで押さえて止血しましたが、すぐまた出血してきて3回ほど繰り返してやっと止まりました。

可哀想なんだけど、でもさあ、何で自分からケンカ売ってこうなるワケ?
おびやんが楽しく遊んでいるところへ、脱走したペコちゃんが背後から襲いかかり、逆襲にあったのでしょう。
でもね、このパターン、今回が初めてじゃないんです。
ハクたんにケンカ売っちゃあ振り向きざまに噛みつかれ、リキちゃまを襲おうとしては強力な蹴りを入れられ・・・
どう見ても、ペコちゃんは弱いんです。
それなのに、なぜ学ばぬ?
よりによって、おびやんに手を出すとは!

一方のおびやんはちゃんと自分の力量をわきまえていて、負けるケンカはしません。
以前、レンイチが部屋んぽしているとき、レンの後をキャッキャとついて回る黒い影があって、
あれ、ゴブちんは出してないはずだけど???
と思ったら、おびやんでした。
レンも気付いてないはずはなかったけど、スルーしていました。
おびやんも何やらボスに取り入ってという雰囲気でした。
ケンカに強い子は、無用の争いを避ける処世術も身につけているのでしょう。



さて、場所が場所だけにほっとくわけにもいかないし、眼球まで傷がいっていたら大変だし・・・
と、そのままきちさんへ走りました。
待っている間も、よほどショックだったのか、ペコちゃんションボリ。


体重 3.62kg

まずは眼球に傷がないかフルオレセインの検査をして、幸いにも異常なし。
抗生剤の点眼もしていただきました。

傷を診ていただくと、縫うか、縫わないでそのままにするか、微妙な傷だそうです。
上のまぶたは少し切れていて、このままにすると目が三角形になるそうな。

ヤダ! そんなのヤダ、ヤダ。
ペコちゃん、鼻だってボスに噛まれてヘンな形になっているというのに、その上さらに目まで三角形だなんて。
そんなの、怪しすぎるぅ~!

先生も 「やってみたい気はするな」 とおっしゃるので、縫っていただくことになりました。
ただ、下のまぶたは切れているのではなくてつぶされている傷なので、縫っても壊死して落ちてしまう可能性があるそうです。

最初は全身麻酔してとおっしゃっていたのですが、ペコちゃんがおとなしくしていたせいか、
「やっぱり、局所麻酔で今、縫ってきます。」
と、ペコちゃん小脇に抱えてお2階へ。

ほどなく戻ってこられて、上は2針、下は1針、縫ってくださったそうです。
糸は念入りに縛ってくださったそうですが、もし結び目がゆるくなってきたらカラーをつけるようにとのことです。
溶ける糸を使っているので抜糸の必要はないそうですが、今週の土曜日に健診の予約をとってあるので、その時に再診していただくことに。



お薬

お薬は抗生物質の内服を5日分、眼軟膏(オフロキシン眼軟膏0.3%)(1日 2~3回)を出していただきました。



ボクは可哀想なクマさん

帰宅後のペコちゃん。
早く眼が元通りになるといいね。

でもさ、思うんだけど、ハクたんの耳を食ったバチが今当たったんだよね(爆)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最後のションボリ画像に笑いました。ははは。
しかし、なんでそう負ける喧嘩をやめられないんですかね。

ダッチ兄弟、もしかして強い子ばっかりなんでしょうか。ウチのも何気に強いです。駆け引きも上手。微妙な遣り方で1mmでも多く縄張りを広げようとしたり。面倒なことを避けて最適な場所に移動して寛いでいたり。人間が親子喧嘩してたら果敢にも仲裁に入ったり。オヤツが欲しい時は可愛くしたり。強く明るく聡明です。相変わらず楽しくやっております。

hayano | URL | 2013年01月29日(Tue)01:04 [EDIT]


やれやれ 随分と粋なおにーさんの顔になりそうですね。
眼球が無事だから笑い話ですむけど… まったく若いのは何するかわかったもんじゃありません(^^;;
ペコちゃんって、結構お調子者のどんくさい子かも?
お大事にね!!

ところで、昨日ダッシュ島見ていたら、島にいたのが野良ダッチさんでした(@@) 昭和40年ごろまで人が住んでいたというのですが、よりによってダッチ? 戦中戦後はJHでしょ? それも見つけたのは、たった1匹。もっとわんさかいてもおかしくないのに、数はいなさそう。
白かミックスかなら納得だけど、ダッチってホンの一時期パンダウサギって売られていただけなのに。それも40年って、今から何年前よ! ずっと地道に繁殖していたのかしら?
もっとも、顔つきがダッチよりミックスって感じなんだけれど?  日曜の鉄腕ダッシュ ますます目が離せなくなりました(^^)

チーママ | URL | 2013年01月29日(Tue)01:42 [EDIT]


ああ・・・痛ましいv-12
又、やらかしてくれましたね・・・おやびん。
現、ちくわと最期まで迷いましたので、いつも気になっていて
早く、城主になれる里親さんが現れてくれる事を願っています。

海賊の親分みたいになっちゃって・・・ペコ様。
眼球が無事でよかった!お大事に。



亜美 | URL | 2013年01月29日(Tue)22:15 [EDIT]


お返事

hayanoさま
要するに、おバカなんだと思います。ペコちゃんは。
己の力量を知らぬというか。
概ね白ウサギよりダッチの方が格段に知能が高いですが、ダッチの中でも要領のいい子、どんくさい子、おりますね~。
レンとゴブは兄弟ですが、何をやってもレンは二枚目、ゴブは三枚目です(笑)

いけちゃんもなかなかやりますね~。
いけちゃんもラボにいたのが突然、仲間たちと共に箱詰めされて我が家にやって来て、数日のうちに預かりさま宅へ行って、すっかりそこの子だと思っていたら、突然またまみ~が現れてhayanoさま宅へ連れてこられて・・・という激動の運命を送った子ですので、彼なりに思うところあって頑張っているのでしょうねぇ。
賢くて、いじらしい(感涙)

チーママさま
ペコちゃん的にはこの顔、自慢らしいです。
昨日、きちさんでキャリーの覆いを取れとうるさくて、少しめくってやったら、わざと怖い顔を周囲に見せびらかしていました。
もう少し大人になれば、おびやんも力の加減をコントロールできるようになると思うんですけど。
ラボのうさ担さんにこの話をしたら、「バカだな~。勝てるわけないのに。」と大笑いされました。

ダッシュ村、自分は見ていなかったのですが、やはり、ダッチは古くから日本に入って来ていたのでしょうか。
多分ですが、ダッチ模様は優性遺伝のようですので、代を重ねて混血しても残っていくのでしょうね。

亜美さま
おびやん、またしてもやらかしてくれました(笑)
あれ以来、ペコちゃんばかりが大事にされているので、隣で「オレは?オレはぁ~!?」と大きな目をクリクリさせて地団太踏んでいます。
何をやらかしても、憎めない子です。
ペコさん、あのときは、もし目がダメになったら黒い眼帯でもしてやろうかと思いましたw

ちゅんちき | URL | 2013年02月03日(Sun)17:28 [EDIT]