兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ウサギさんお届け報告 ギーちゃん

かくれ君改め、 ギーちゃん のお届け報告です。

お渡しは10月14日(日)。
ギーちゃんの里親さまは遠く兵庫からお迎えに来てくださいました。
一宮IC近くのコンビニで待ち合わせということで、高速をひた走り・・・

ボク、どこに行くのかなぁ・・・

目的地少し手前のサービスエリアで時間調整もかねてトイレ休憩。

朝までの元気はどこへやら。
おこもりを決め込んでいた、かくれ君です。

何か感じるものがあったのでしょうか、前日の晩から何度も脱走してはお部屋を駆け回っていたかくれ君。
ハッチのフックをかけていないのが悪いのですが、普段はそんなに出てくる子じゃないのに変ねぇ・・・と。
旅立ちを予感して、お部屋の探検を済ませておきたかったのかもしれません。



約束の時間より15分くらい早く到着するつもりでいたのですが、間の悪いことにインターまであと数キロのところで事故渋滞に遭遇しました。
救急車3台、パトカーうじゃうじゃがどんどん路肩から追い抜いて行くので、大きな事故じゃなきゃいいけど・・・
と思ったら、どうやらワンボックスカーの単独事故だったようです。

ウシさん、こんにちは

渋滞中、ウシさんを積んだトラックが。
こんなむき出しで高速走って、ウシさんは大変です。



ちょっとハラハラしましたけど、何とか時間通り待ち合わせ場所に滑り込んだら、里親さまがお友達と一緒に待っていてくださいました。

ボ、ボクはどうなってしまうのでしょう・・・?

ご挨拶もそこそこに、早速、お顔を見せて。
持ってきてくださったキャリーに移ったら、あらら、いっぱいだ(笑)

「アンタ、これ以上太ったら、どこにも連れて行ってもらえなくなるよ」
って大笑い。

前にいらした「うーちゃん」もダッチ系の子だったそうで、かくれ君の写真を見て 「そっくり!」 と縁を感じてご連絡くださった里親さま。
実物は、うーちゃんより一回りくらい大きかったようです。

ずっとダッチやダッチ系mixを飼っていらして、次の子もまたダッチをと迎えてくださる里親さまは多いのですが、お渡しする方としても安心感があります。
ダッチの良さを知ってお迎えしていただけるのは本当にありがたいです。

前の子より多少、大きかったり、小さかったり、というのはあっても、この愛すべき白黒パンダ君が傍にいるという安心感、幸福感は計り知れません。

「ギーちゃん」というお名前は、うーちゃんの次だから、だそうです。
「さっちゃん」じゃ、女の子みたいだしと。

我が家にいる間は個性的な面々の中に半ば埋もれて目立たない存在でしたが、これからは王子さま。

ギーちゃんの兄弟は、龍之介(にい)君、若葉(ばり)君、いけ君といずれも元気いっぱいの大物揃い。
その中では一番用心深い性格のギーちゃんではありますが、慎重なのは良いことですね。
これから、本領を発揮してくれることでしょう。




さて、帰りはまた新東名で。

浜松餃子♪

無性に餃子が食べたくなって、浜松SAで浜松餃子をいただいてきました。
アツアツの餃子は、思いのほかあっさりしていて美味しかったです。
こってり系がお好みの方にはちょっと物足りないかも。
何しろ、これを食べ終わった後、向こうのカレー屋さんを見て、もう一杯いけると思いましたから(爆)



お子様用トイレ

トイレでは可愛いウサギさん発見!
お子様用の小さな洋式トイレ。
鼻がちょっといただけませんが、まあご愛嬌ということで。



帰宅したら、早速、里親さまからお写真が。

ギーちゃんです♪ ボクの新居は庭付き一戸建て♪

広いお庭がついててゴージャスですね♪
たくさん運動させてくださるそうですから、ますますマッチョになりそうですね^^



ゴハンも食べたし、、、 疲れたからもう寝よっと

どうかお茶碗はぶん投げないで、トイレは早く覚えてくださいね。

だいぶウサギをかぶっていらっしゃるようですが、今頃はもう、元気いっぱいのギーちゃんになっていることでしょう。
ギーちゃん、しっかり、うー先輩の跡を継いで、やんちゃは程々に、そして、幸せにね

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する