兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ペコ、手術

ペコちゃん、9月27日に無事に去勢手術を終えました。

ボクはお病気じゃないのに何で?

待っている間もゴキゲンで、コテッをやりたかったのにキャリーが小さくてアタマが引っかかっちゃった(笑)
そのうちに、もう少し大きなのを買ってあげないとダメかな?
只今、物入りで金欠中なのでそのうちにね。


おびやん、遊びに行っちゃおうぜ!

体重 2.96kg

少し増えましたが、まだ3kgにならない。
早く大きくなれ~。

術前の検査についても詳しく説明してくださいましたが、きちさんでは術前30分間は酸素室に入れてくださるそうです。
ウサギは胸腔が狭いので、術前に十分に酸素化しておくのだそうです。
麻酔~手術、覚醒までの処置も丁寧にやっていただけて、目に見えない部分ですけど、手順をきちっと踏んでいただけるのはありがたいことです。
我が家のウサギたちはペコとむう以外は他の病院で手術していますが、この辺は結構アバウトだったんじゃないかと・・・。

  術前の血液検査結果

ペコ血液

至って正常、特に問題なかったそうです。


おびやんを連れて一旦、家に帰ったので、お迎えは8時くらいでいいですよとのことで、おかげさまでお昼寝ができました(^^;;

  取っていただいたブツ

たまたま

よーくご覧になりたい方はクリックすると大きくなります。

「立派です。 小学生くらいあります。」
とのお褒めの言葉をいただきました。

抜糸のことをすっかり失念していたのですが、1週間後に来てくださいとのこと。
おー、毎週きちさんじゃ~
と軽くショックなのでありました。

「明日の朝は雨の予報で気温が下がるそうですから、気を付けてください。
手術の後は毛が抜けやすくなるかもしれないので、ブラッシングとかこまめにしてあげてください。」

とのこと。
翌日のお天気までチェックしてアドバイスくださるなんて、ありがたいです。

お代は、28,000円 (税込 29,400円)
大きなウサギさんですので、小さい子たちよりはちょっと高めかもしれません。


さて、ペコ君。
帰宅してから、また猛烈な睡魔に襲われて飼い主はさっさとくたばってしまったのですが、午前3時ころにはっと目が覚めて、ウサギの世話がまだだった~!!!
と起きだしてみれば・・・

ペコさん、軽やかにステップを踏んで、うっきうきでクマさんしておりました(謎)

「あれ、あんた、オチリ痛くないの?」
「ボク、バカでしから、痛くないでし~♪」
と、ニッコニコの笑顔。

いくら男の子でお手軽手術だったからとはいえ、術後はみんな痛くてションボリするものですが・・・。
ペコちゃんには関係ないのかしら?
それとも、麻酔の影響でハイテンションになっているとか?

結局、その後の1週間もゴキゲンで過ごしたペコちゃんなのでありました。
悩みの種だったシッコ飛ばしもすっかりなくなって。
1回だけ飛ばしたことがありましたが、ごく控えめだったのでちゅんちきにはかからず。
今までは、顔面直撃とか頭からとか・・・かなりの被害で、Tシャツもジャージもいつもシッコまみれだったので、ホント、平和になりました。



そして、10月4日、会社を20分ほど早く早退させてもらって、きちさんへ。

なんかこの前、ひどい目にあった気がするんだけどな・・・

キャリーにはおべんとの牧草も入れて出かけました。
ついたとき、急患が入っているとのことで先生の手が空かなかったのですが、待っている間も牧草をボリボリしてゴキゲンなペコちゃんでありました。

いよいよ、きち先生の手が空かないので、助手の先生が代わりに抜糸してくださいました。
なかなか帰ってこないので、手間取っているのかな?
と思いましたら、なんと、止めてあったホチキスの針が1回転していたそうです。
「よく動いていたみたいで・・・。
1回転しちゃってたので、そこがちょっと傷になっていますけど大丈夫です。」 
とのこと。

こんなヤツ、いないよな~ (--;;
安心を通り越して手のかかるヤツです。

きち先生も最後に確認に来てくださって、
「これなら大丈夫ですね。」
とOKをいただいて帰ってきました。

体重を確認したいので、1ヵ月後にまた来院してくださいとのことです。
11月の健診のときでいいかな?

帰りは台風による高波の影響で西湘バイパスが通行止めで、大渋滞&滝のような大雨。
人間はすっかりくたくたになりましたが、ペコちゃんはまたしてもハイテンション。
ますます、ステップも軽やかに・・・
オチリを止めていたヘンなものがなくなって、さわやかになったもんで喜んでいたらしいです。



術後のお迎えに行った時も、ちょうど亡くなられたウサギさんの飼い主さまが号泣していらして。
抜糸のときにも急患さんがいらして。
暑かったり急に寒くなったりで、ウサギさんには要注意の時期なのでしょうか。
ペコちゃんがバカみたいに元気なのが申し訳ないくらいでしたが、皆さまもどうかお気を付けください。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する