兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ゴブちんの恋!?

この頃、景気の悪い記事ばかりなので、たまには浮いた話を一つ。

どうやら、ゴブちん、恋をしたようなのです。

お相手は、なんと リキちゃま 

事の次第はこうです。


事件その1
ダッチ軍団(レン・イチ・ゴブ)が部屋んぽ中、突然、リキちゃま脱走
リキちゃまは見かけによらず小心者なので脱走することは滅多にないのですが、たまたま、ケージとサークルの連結部分に大きな隙間ができていたんですね。

いきなり、目の前を喜び踊りながら大きな白い物体が通過したので、目が点になりましたが、幸いなことにレンイチは隣の部屋におこもり中。
じゃあ、ゴブちんは?
と見回すと、キッチンの方からこれまた嬉しそうに走ってくるではありませんか。

うぉーっ、ゴブちんが八つ裂きにされるぅ~っと捕まえようとしましたが、ゴブちん、するりとかわしてリキちゃまのもとへ一直線。

そして、リキちゃまの顔の下にすっと潜り込んで、ご挨拶。
このとき、リキちゃまは驚きのあまり硬直状態。
ゴブちん、ご挨拶がうまくいったのに気をよくして、すかさず後ろに回り込みマウンティングの体制に・・・。

ところがどっこい、そううまくは事は運びませんで、リキちゃま、脱兎のごとく逃走。
追うゴブちん。

リキちゃまがパニック状態でしたので、この後の展開は期待ゼロ。
すんでのところでゴブちんを取り押さえました。
ゴブちんは不満そうでしたが、止めなかったら、君は今頃血まみれだよと。。。

後で気が付いたのですが、その間、脱走常習犯のユキはサークルの中でぼよ~んとお昼寝をなさっておりました。


事件その2
部屋んぽ中、ゴブちんの定位置はパソコンデスクの下。
ひそかに潜り込んでは、ちゅんちきのひざにさりげなくくっついているのが好きなのです。
たまに、ナデナデしてもらえるし。
いつもはいるのが分からないくらい深くもぐっているのですが、この頃、机の下から顔を出しているんですよね。
邪魔だな~と思っていたら、実はデスクの隣にあるユキリキのお家をのぞいていたらしいです。

そして、ある日、ゴブちんがサークルの格子に片手をかけて中をのぞきこんでいたら、
リキちゃまが寄って来て・・・

(うぉーっ、いい感じじゃんって、目が釘付け)



そしたら、リキちゃま、いきなり ゴブちんの指をガブリ  

もう、ゴブちんのあわてようと言ったら (笑)

「ブーッ」 と鳴いて、転げるように逃げて行きました。

怪我をしてないか手を見せてって言っても、断固、見せてくれませんでした。


事件その3
夜のケージ掃除が終わって、ゴブちんに
「もう、帰るよ~」 
って声をかけました。

が、ゴブちん、またしてもユキリキのサークルの前に貼り付き状態。
「ほら、帰るよ」 
って、いつものようにゴブちんの背中をつかんでつまみ上げたら・・・・

いきなり、 ゴブちん逆上

しこたま手をマジ噛みされました

ちゅんちきの声も聞こえないくらい、リキちゃまに夢中だったのね。。。 とほほ



という訳で、今後の展開に注目です。
でもね、リキちゃまはユキぴょん命、2人の愛は永遠ですからね。
どうなりますことやら・・・。

ちなみに、ハクたんもひそかにリキちゃまを狙っている模様。
あまりややこしいことにならないでほしいものです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんですと…!!

こんにちは。
ずいぶん涼しくなってきましたね。
私はちょっと風邪をひいてしまいました。

な、なんですと…!!
ゴブちんが…こ、恋を~~~。
私はそれを聞いて失恋ですわっ(笑)

れお | URL | 2011年10月07日(Fri)14:08 [EDIT]


れおさま

お返事遅くてすみませんe-330
大丈夫、ゴブちんは報われぬ愛に生きるオトコなので多分・・・
前はイチさん命だったのですが、さすがにもう諦めたらしいです。
この前、ユキでもいいんじゃないかと思って試してみましたが、やっぱり、リキちゃまにしか興味がないことが判明いたしました。
甘ったれだったゴブちんが妙にツンツンしていることが多くなって、飼い主もちと寂しいです。

ちゅんちき | URL | 2011年10月10日(Mon)11:48 [EDIT]