兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

かわりばんこ

2月16日(土)

つくづく、ウサギってのは変な動物だと思います。
前の晩、躍り上がってはしゃぎまわっていた子が、一夜明けるや、打って変わってヒーターの前でうずくまっている。
そんなことが今まで何度あったことでしょう。

そして、この日もまた・・・・・・
今度はレンがおかしい。
朝、ペレットも牧草も一口も食べないのです。
かわりばんこで具合が悪くなるんだから・・・
って、もう信じらんないです。
ホントに調子がいいときと悪いときの落差ありすぎなのです。
それが、ほんの一晩、いや数時間で変わるのですから・・・。

朝、再びお薬を飲ませました。
どのみち、今日は病院に行くんだしと、開き直りの境地です。
昼過ぎになって、やっとレンは2番刈り牧草を食べ始めました。
ペレットはちょっとだけ。

夕方、病院へ行く時間になっても、レンの調子はいまひとつ。
このまま飲み薬を続ければ治ってしまいそうな感じではありますが、元気モリモリなイチが病院に行くのに、具合の悪いレンが留守番するのもヘンですから、ついでに連れて行くことにしました。

出られるかな?

病院は座る場所がないくらい混んでいました。
まあ、これだけ流行っているってことは、それなりの病院なのでしょう。
待合室にいるワンコさんもおネコさんも、みんな飼い主さんからとっても愛されているんだな~というのがよく分かります。
ロップのウサギさんもお見えでした。

それでも、待ち時間は20分ほど。
この日は、また別の男性獣医さんに診ていただきました。
できることなら同じ先生に診ていただきたいものですが、前の病院のようなちぐはぐな感じはないので、まあいいでしょう。

レンについては、獣医さんも
「今日は点滴しなくていいです。具合が悪いときにはお薬を飲ませてください。」
という見解でした。
しょっちゅうなので、もう1本お薬を出してもらいました。

「野菜は何をあげていますか?」
と聞かれて(毎回聞かれてますが)、
「ブロッコリーとか大根葉とかチンゲンサイの葉っぱとか人参とか・・・」
と最近食べている野菜を列挙しますと、
「いろいろあげてるんですね~。
葉物野菜をあげているから大丈夫だと思いますが・・・
人参はどんなふうにしてあげてますか?
スティック状とか・・・?」


てっきり、また人参はやるなとか言われるかと、ちょっと身構えてしまいましたよ。
以前、獣医さんに怒られたので、チンゲンサイも人参も控えめにしています。
でも、多少よくない面があっても、いろいろ食べるって大事なことだよね・・・
って思うので、豊富にあるときにはウサギたちにもおすそ分けをしています。

「小ぶりのを、縦に二つ割りとか四つ割りとかにしてますけど。」
って答えますと、
「大きいままとかスティック状にしてあげると、前歯だけで食べちゃうんですよ。
人参をあげるときは、短冊状にスライスしてください。
八宝菜くらいの大きさですね。
そうすると、奥歯で食べるようになりますから。
奥歯を使って噛む事で歯が伸びるのを防げますから・・・。
繊維質の多いものをあげてください。」

だそうです。
初耳でした。

ウサギに野菜くれるのに、小さく切るなんて発想、ワタクシにはございませんでした。
そんなに甘やかしてどーするって思ってました。
そういう問題じゃなかったんですね。
へぇ~でした。
でも、小さくスライスするってことは、お皿だって必要なわけで・・・
ちょっと面倒。
今度試して見ましょう。

「食餌には問題ありませんね。」
って獣医さんには言っていただきました ^^v

「フンにかなり毛が混ざっていたし、抜け毛がひどいので、それだったのかな~」
って言ってみましたら、
「毛球、毛球って、みなさん、おっしゃるんですけど、それだけが原因じゃありませんから。」
ときっぱり言われてしまいました。
いや、分かってるんですけどね。

獣医さんが歯を見てくれようとしたのですが、レンったら、先生の指をちみ噛みしてくれました。
今まで、獣医さんや看護師さんに手出しするようなことはなかったので、こちらも油断してました。
ゴブなら、必ず
「噛むので気をつけてください。」
って言うんですけど。
(レンは、ちゃんと加減して噛むので、ちょこっと歯型がつくくらいで済みます)
ちみ噛みされるって、好かれているんだか、なめられているんだか・・・
まあ、気に入られたんでしょうね・・・多分。

「逃げろーーーっ!!」

一応、飲み薬の明細も教えていただきました。
 プリンペランシロップ (メトクロプラミド)
 ペリアクチンシロップ (シフロヘプタジン)
   
  等量ずつ合剤

お会計
2月14日(イチ)
 初診料     1,550円
 点滴       2,500円
 薬剤料      190円
 消費税       210円      合計 4,450円

2月16日(レン、イチ)
 再診料     1,050円×2
 内服薬     1,100円
 消費税       160円      合計 3,360円

点滴の料金が前と違ったので、あれ?って思ったんですが、良く見たら前は「コウサギ」ってなっていました。
なんと、最初はお子様料金でやっていただいたようです。
2kgもあるのに子ウサギ・・・笑っちゃいました。
イチがデブだもんで高いのか・・・って、一瞬思いましたが。
(それでも、前より安い)

この病院、何故か、お会計も獣医さん自らやってくださるのです(謎)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

いきものは突然調子を崩すのでわたしも気苦労がたえないです。ちゅんちきさんはふだんはお仕事なのにお留守番している鳥さんたちやうさぎさんたちの健康管理にも気を遣ってらっしゃりほんとうにすごいなぁと思います。ブログも楽しいです。

LIPICAI | URL | 2008年02月19日(Tue)14:06 [EDIT]


LIPICAIさま

こんばんは!
こんなブログでも楽しいと言っていただいて、ありがとうございます。
病気ネタばっかりでつまんない・・・
と自分では思っていましたので ^^;;
生き物を飼うのは本当に大変ですけど、「この飼い主にして、このペットあり」みたいなところがあるのではないかと・・・
うちは、どの子もみんな、腐れ縁だわと思っております(笑)

LIPICAIさまのブログにも、ひそかにお邪魔させていただいています。
これからも、よろしくお願いいたします。

ちゅんちき | URL | 2008年02月19日(Tue)23:16 [EDIT]