兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

イチ、病院へ

2月14日(木)

13日深夜、突如不調になったイチ。
お薬を飲ませてから寝かせましたが(というか、寝たのは人間)、
朝になっても良くなっていませんでした。
声をかけると反応するので、多少は薬が効いたのかもしれませんが、食欲はゼロ。
イチは、過去1回だけ食欲がなかった日がありましたが、そのときは何もしなくても翌日には復活していました。
こんなに具合悪そうにしているイチは初めてです。

「ワル子でいいから元気になって! イチ、死んじゃイヤだよ。」
抱き上げてぎゅぅっと抱きしめました。
(こんなんで良くなるなら、獣医さんはいりませんが・・・)
力なく、だらんと抱かれているイチが不憫でした。

その日、午前中が締め切りの仕事を抱えていたので、病院は午後から連れて行くしかないな~と、朝はやむなく出勤しました。
まずは、上司に義理チョコを渡して毎年恒例のイベント(?)終了。
その後、届書持って
「あのー、夕べから毛の生えた娘の具合が悪くて病院へ連れて行きたいので、夕方、早退させていただけないでしょうか。」
と切り出します。
こんな理由でも二つ返事でOKしてくれる上司なので助かります。

選択肢は3つありました。
1.先日、初めて行ったY動物病院 (ちょっと遠いので1時間ほど早退の必要あり)
2.いつものPA動物病院 (遅くまでやっているので、少しなら残業も可)
3.最初にかかっていたPU動物病院 (定時即行で滑り込み可)


PA動物病院は、どうしても都合がつかないときには緊急的に利用できます。
でも、毎度不愉快な思いをするので、なるべくなら行きたくありません。
PU動物病院は良心的で獣医さんの腕もいいのですが、ウサギを連れて行っても歯も見てくれないし、継続して通うのはちょっと・・・。
という訳で、多少無理してもY動物病院へ連れて行きたかったのです。
続けて何回か行けば、病院の様子も分かってくるでしょうし。

で、そのつもりで仕事してたのですが、10時半ごろ、お約束の仕事がUPしてほっとした瞬間、思い出したんです。
あ、木曜の午後って休診じゃなかったっけ?
あわわ、診察券を確認するとやっぱりそう。
「すみませ~ん、午後休診だったので今から行ってきますっ!!」
と脱兎のごとく職場を後に。
自宅に戻ってイチをキャリーに放り込み、ダッシュです。

おいしい血管
 夜になってやっと食べられるようになりました

なんとか間に合って、先日とは別の女性獣医さんに診ていただきました。
お腹は硬くなっていないから大丈夫ということでした。
状況から、やはり誤食か中毒を疑われたようで、昨日は脱走していなかったかとか変わったものを食べさせなかったかとか聞かれましたが、目を放した時間はあったものの、悪い物を食べた可能性は低いと答えました。
昨晩と今朝、薬は飲ませたとお話しましたら、その分、成分を調整して点滴してくださいました。

「もしかしたら内臓の異常とか毛球症以外の可能性もありますが、ウサギさんはイヌやネコと違って採血とかもしにくいので、今日はこれで様子を見て、明日良くならなかったら血液検査やレントゲンなどの検査も考えて行きたいと思います。」
と言われました。
こちらが思っていたとおりの展開なので、異議はないのですが、
「ウサギは採血しにくい」
ってのは、ウソぴょ~ん。

ウサギさんの長いお耳には、太くて立派な血管が走っています。
静注も採血もすぐできます。
(だから実験動物にされちゃうんですね)

点滴を終えて獣医さんがイチを連れて来てくださったとき、
「イチちゃん、低体温かもしれないので気をつけてあげてください。
この前、レンちゃんは38.6℃だったんですけど、イチちゃん、37.5℃でした。
測り直してみたんですけど・・・。
連れて来るときに寒かったのかもしれませんけど。
念のため、明日も連れて来てください。」

と言われました。
うひゃ~、そりゃ低すぎですわ(驚)
(ウサギの体温は38.5~40.0℃と言われています)

その日は快晴で、移動中の車中も暑いくらいでした。
それなのに、日頃低体温気味のレンより1℃以上低いなんて!
そんなに体温下がるって、死ぬときじゃん・・・(涙)
思考回路は、ついつい悪い方へ。
でも、帰宅すれば、日中の室内はポカポカ。
遠赤外線ヒーターもあります。
イチが帰って来て、レンが寄り添ってペロペロしてくれています。
これ以上、どうしようもないよね・・・
ま、早めに帰ってあげればいいか・・・と、即効性のある点滴の効果を期待して、そのまま仕事に戻りました。

「行くわよ」

午後の始業時間に滑り込んで、結局、これで半日代休扱い。
結局、夜も早くは帰れなくて、家についたのは9時。
でも、このとおり、イチは元気になってました。
脱走娘、復活です。
良かった~
初動が早かったから、大事に至らずに済んだようです。
(午前中に点滴してもらえたのも良かった)

はぁ~、それにしても、しみじみ疲れたのでありました。
どうして、ウサギさんってこうなんでしょうね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様でした

ちゅんちき様

うさちゃん達の体調はいかがでしょうか?
今回も大変でしたね。
ちゅんちき様もお疲れでしょうに
全く気を許せない日々をお過ごしになるとか
または、お休みをとってダッシュe-282など
ちゅんちき様もどうぞご自愛下さいませ。

ふと考えると、ここ爺は手のかからない
文鳥なのかもしれません。
わがまま、要求は多いいですが…

さってぃん | URL | 2008年02月18日(Mon)00:36 [EDIT]


さってぃん さま

やっと、雪の降らない週末でしたね~。
ウサギたちの様子に一喜一憂の日々ですが、ハラハラドキドキ楽しませてもらっていると思うしかないようです(笑)
おかげで、こちらは風邪を引いているヒマもないですが、そのうち、どっと来るんじゃないかと戦々恐々です。

ここちゃんは、さってぃんさまの愛情で、元気に長生きしてくれているんですね~。
うちの子たちにも見習ってほしいものです。

ちゅんちき | URL | 2008年02月18日(Mon)01:57 [EDIT]