兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

そら君

すっかり中断してしまっておりました、ダッチウサギさんお届け報告、ぼちぼち再開です。

気がつけば、もう1ヵ月以上たってしまっていました が、2月12日、ゴウ君&ハチ君のお見合いの様子です。

2人を乗せて向かったのは、埼玉県のお宅。
前日から雪が降ったりして道路状況など心配されましたが、何事もなく無事到着しました。

どこに来たの?

車中のゴウ君。

ゴウ君は完全に控え選手のつもりでいて、おうちウサギさん修行も中途半端でした。
オマケに、出がけに爪を切ってないのを思い出してあわてて切ったものだから、手元が狂ってゴウ君血まみれに

むう君がパニックを起こしたのは、そのしばらく後なのですが、何かこう、何もかもがうまくいかないときってあるんですよね。
自分でも今ダメなのが分かっているのに、無理しちゃう。

幸い、止血剤でうまく止まって、当のゴウ君がケロッとしたものだったのが救いでした。


今日はどこに行くのかな

こちらはハチ君。
本命選手はお見合い用シャトルケージでの移動です。
すっかり、旅慣れています。



里親さまは、とっても楽しみに待っていてくださいました。

こむぎちゃん

こちらがお見合い相手のお姫さま、こむぎちゃんです。

たいそう美人さんですが、めっぽう気の強いお嬢さま。
お見合いのために避妊手術を受けて、待っていてくれました。
こむぎちゃん、痛い思いさせてゴメンネ~。



さて、まずは里親さまとウサギさんのお見合い^^
俺様ハチ君、すっかり気に入っていただきました。
こむぎちゃんは全然抱っこさせてくれない子なので、幸せそうにいつまでも腕の中におさまっているハチ君は、里親さまにとっては新鮮な驚きだったよう。
ご家族の皆さまにかわるがわる抱っこされて、俺様も満足そう。
選手交代して、ゴウ君もそつなくこなし、おとなしく抱っこされていました。


その後は、ウサギさんたちのお見合い開始。
こむぎちゃんのケージの前にシャトルケージを置いて様子を見ます。
シャトルケージにはハチ君とゴウ君、変わりばんこに入ってもらいます。
人間はお茶をいただきながら、おしゃべりを楽しみつつ、ゆっくり見物です。

ハチ君にもゴウ君にも攻撃する様子はないので、こむぎちゃんにはケージから出て自由にしていただきました。

でもね、やっぱりハチ君はそんな状況でも、こむぎちゃんには目もくれず、人間の方ばかり見ているんですよね。
ゴウ君の方は、「女の子♪ 女の子♪♪」って、走り回るこむぎちゃんを目で追っています。
で、こむぎちゃんもゴウ君のときはシャトルの前で一時停止してチラチラ様子をうかがいますが、ハチ君のときはそのまま素通り・・・(--)

決定的に相性が悪いという訳でもないので、ハチ君でも良かったのですが、ウサギさんたちの今後を考えて、選ばれたのはゴウ君。


ボク、ここのうちの子になるんだね

早速、新居にお入りいただきました。

不思議な事に、それまで他の子たちの陰で目立たなかったゴウ君がそのとき急に輝き始めたんですね。
突然、スポットライトを浴びて、王子さまの自覚が出てきたというか。
自分が選ばれたということがハッキリ分かるんですね。
ケージ中、臭いを付けまくって、我がもの顔でおさまりました。

そして、新しいお名前もいただきました。
ゴウ君改め、そら君
小麦には、青い空が似合うからと。

このお家は、先代のウサギさんからいただきました。
飼育放棄されて悲惨な状況から救出されてきたものの、持病もあって長くは生きられなかったとのこと。
お話をうかがって、もらい泣きしそうでしたが、それでも、そのウサギさんが短い間でも暖かいお家で愛情に包まれて幸せの中で亡くなったことを嬉しく思いました。

そら君、生きたくても生きられなかったウサギさんの分まで幸せに生きてくださいね。



そらです♪

その後、里親さまからいただいたそら君の写真。
去勢手術も無事に済んで、元気いっぱいのようです。
大変な飛ばし屋さんだったそうですが、その後、如何でしょうか。。。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そら君お幸せに!

そら君優しいご家族に出会えて良かったですね。それに小麦ちゃん、バンビみたいでかわいい!
お幸せに(*^o^*)

ひるたろう | URL | 2011年03月21日(Mon)19:33 [EDIT]


ひるたろうさま

こむぎちゃんもそら君も素敵な飼い主さまに恵まれて、ご縁の不思議さ素晴らしさを思います。
それにしてもこむぎちゃん、素晴らしく勇ましいお姫さまでしたよ^^

ちゅんちき | URL | 2011年03月26日(Sat)02:59 [EDIT]