FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

むっちゃん、こける

あと3ヵ月ほどで10歳になるむっちゃん。
この頃、ボーっとしていることが多かったり、毛繕いをしててひっくり返ったり・・・
ということが多くなり。

ただ、状態にはかなり波があるようで、一時期少し悪化した後は、割と調子よく来ていました。
へやんぽのときも、テッテケ、テッテケ・・・とお馬さんのような調子のいい足音響かせて走り回っていることも多く。

それが、いつの間にかまた落ちていたようで。
事件があったのは4月30日(木)の朝。
飼い主がいつもより早い時間にトイレに起きまして。
用を足して、またもう少し寝ようかな~なんて思いながら寝室に戻ろうとしていたら・・・

ん?
ドタバタなんかうるさい。
まーた、ナッツがトイレがたがたやって遊んでいるんだべ・・・
と、どやしに行こうとしたところ。

その途中にいるむっちゃんがジタバタしていたのでありました。
左足をロフトに引っ掛けて、本兎焦っておりました

あわてて救出いたしましたが、足はどうやら折れてはいないみたい。
状態が悪ければ、病院連れて行かなきゃ・・・
と思いましたが、さんざ休んだ後で、しかもGWが控えているし、とても休める状況ではなく。

で、むっちゃん。
痛そうにはしていたのですが、救出したそばからまたロフト飛び乗ってるし。
とりあえず、病院行きは見送りました。


前々から危なっかしいな~
というのはあったのですが、このオトコ、どうにも高いところが好きで。
ロフトからハウスにつながる斜めのステップでお昼寝したり、一番高いところにあるメッシュトンネルから周囲を見渡したり・・・
というのが大好き。
むっちゃんから高いところ取り上げたら、意気消沈しちゃうんじゃないかっていうのもあって、なかなか決断できずにいました。

もうね、ムリだから。
って、可哀そうだけどロフトもハウスもトンネルも全部撤去して。
中途半端に残すと危ないし。


そしたら、むっちゃん、シュンとしちゃって。
メンタルまで落ちちゃったら悪循環だし・・・



200504 DSC_0268 (2)

というわけで、こうなりました。
今までよりも低い位置で、ハウスとステップで高台を作りました。
はじめは床にマットも敷いてみたのですが、不評によりわらざぶだけに。

高台の奥行きが少なくなったので感覚が狂うのか、これでも時々落ちるんですが



2日後の土曜日、病院に連れて行きました。
診察台のふちに片足ずつ付けて反応を見るいつものチェックをしていただいて。
そしたら、左足は全然反応がなく。
思ったより状況は悪いみたい。

レントゲンも撮っていただきましたが、あったのは9年前の事故による異常のみ。
古傷が痛むのでしょう!?
みたいな感じで。

とりあえず、痛み止めのメタカムを1週間続けてみましょう(0.3mLを1日2回)、ということに。



200509 DSC_1060 (2)

1週間後の9日(土)は定例の健診日。
むっちゃんも飛び入りで参加です。

到着したとき、待合室は混みこみで。
お~、密じゃ~って(笑)
それなりに距離をつりつつ皆さん座っておられるのですが、それでもね、、、

というわけで、お外で待たせていただくことに。
1週間前とは打って変わってゴキゲンなむっちゃん。
夕方になってちょっと冷えてきたので、途中で中に入ったのですが、そしたら近くにワンコがいるってダンダンしてずっと怒っていましたっけ。

で、診ていただいたら、ずっと良くなっていて。
足も少し反応が戻ってきていて、関節も柔らかくなっていると。
あと4日でメタカムはやめにして、なるべく運動させるようにとのご指示です。

ボーっとしているとか、トイレから落ちてひっくり返っているとか言いますと、てんかんじゃないかな~
ということですが、とりあえずは様子見ということで。

足腰が衰えるにはまだ早いかな~
って思うので、やっぱり、年齢とともに9年前のけがの後遺症が出てきたのかな?
という気がします。
むっちゃん、がんばれ!

PageTop