FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

あかりちゃんは粉砕骨折につき

本日はラビットホッピング大会。
ナッツ&あかりちゃんで意気揚々と出かけたものの、アクシデント発生。

ちょっとというか、かなり会場が広すぎまして、キャリー置き場とコースまでの距離が遠くて、抱っこして歩いているときに、あかりちゃんが突然の大ジャンプかましてくれまして。
思いっきり落っこちてしまったという(涙)

おい、大丈夫か?
って、絨毯敷きのところまで連れて行って歩かせてみたものの。
右後ろ足を浮かせて、ぺけぺけぺけっと3本足で跳ねていました。

ダメだこりゃ、と早々にあかりちゃんは戦線離脱。
それが、最初の練習でコースを1往復した直後のことだったから、もうがっくしです。
カッチンカッチンで全然飛べないナッツとは対照的に調子よさげだっただけにもう。


病院連れて行かなきゃいけないのは確かなのですが、さてどうする?
すぐにでも連れて行ってやりたいのは山々でしたが、出場者少なそうだし、ここでナッツまで棄権するのは・・・ねぇ。
すぐ出ても、ちょうど病院はお昼休みになりそうなタイミングでしたし、それなら大会終わってからでもいいかな?
ということで。

足のことだけなら命に関わるようなことでもないでしょうけど、他にもダメージがあったらイヤだな、と思ったのですが、どうやら大丈夫そうな雰囲気で。
ごめんねー、ちょっと待っててね。 ということになったのでありました。


スタッフさんが一番近い病院を調べてくださったのですが(星川レオンさん^^)、最近は星川さんも激混みで大変と聞くし、終わってからなら藤沢は通り道だし、わざわざかかりつけじゃないところに行くこともないかということで。

電車だったので、ケッコー大変ではありました。
ン十年ぶりにタクシーなんざ乗りましたっけ。
今のタクシーはすごいねぇ・・・といろいろ感動したりして。



DSC_1676 (2)

動くなっつっても、けろっとした顔であっちゃこっちゃ動き回るもんで、こういうことになりました。
(狭い方があかりさんです)
これでも、ぴょんっと跳ねてくるっと向きを変えてくれたりするんですよね。



DSC_1679 (2)

幸いにも、終始機嫌もよく、食欲旺盛。
会場でも病院に着いてからも、ずーっとお野菜食べ続けていたのでありました。
もちろん、盛大に敷き詰めていった牧草も完食。



200201 DSC_1685 (2)

レントゲンを撮っていただいたら、見事にポッキポキ。
粉砕骨折だそうです。

これは厄介ですね、と・・・。
なかなかうまくいかないことが多いそうです。



200201 DSC_1688 (2)

ただ、右足以外はどうもなかったというのが不幸中の幸いで。
足が折れていなかったら、骨盤や背骨など、もっと重要な部分が折れていたでしょうと。
肋骨が折れた日にゃ、かなりヤバいそうで。

とっさにうまく落ちたんだなぁ・・・と感心しきり。

うさぎさんってのは、脅威の治癒力があるそうで、
「また、ラビットホッピングできるようになるように、頑張りましょう」 と。

命が助かっただけでもラッキーと思っていたので、ホッピングはもう諦めるしかないなーって思っていたので、びっくり。

うさぎさんが治療に協力的で、じっと動かないでくれていたら治るのも早いそうです。
ただ・・・あかりちゃんには、それは期待できそうもないのですけど。


骨折の処置にはプレートを埋め込んだりなんたり、いろいろ方法はあるそうですが、そのときはうまくいっても、3年後とかにその部分の骨がもろくなってさらに複雑骨折したり、プレートが皮膚を突き破って出てきてしまったりということが多いので、先生のところでは余計なことはせず、テーピング固定で自然治癒を待つそうです。

痛み止めも抗生剤も出さないそうです。
痛くなくなると動いちゃうし、痛い方が体が頑張って早く治そうとしてくれるんですって。


最新の方法なんかも出てきているので、そういう手術をしてくださる病院を探してもらってもいいけどと言われましたが、あかりちゃんはまだ1歳。
先が長いのです。
3年や5年でダメになってもらっては困るのです。

こちらとしても、やらなきゃ死んじゃうという状況でなければ、あえて危険は犯したくない。
実際、3本足でちゃんと走っていましたからね。



DSC_1681 (2)

テーピングされた、あかりちゃん。
おとなしくしているように見えて、大暴れでした。

この足で飛んでくれるものだから。
何度も診察台からすっ飛んでいきそうになりました。

これにじっとしてろって、ムリなんです。
って言ったら、先生も大いに同意してくださっていましたが。

最初に見たときから、テープ食われそう・・・
って思ったのですが、先生もテープ巻きながら、そう思ったそうです。



DSC_1684 (2)

テープを囓っちゃうときには、仕方がないのでカラーをつけます。
通販で売っている、鍋敷きみたいな布のカラーがいいということなので、まだ使うかどうかは分からないけど、とりあえず、一つポチりました。

こいつがおとなしくカラーなんか付けてるわけがないってのもあるんですが。

あかりちゃんってば、うさぎとは思えない動きをするのでね。
ゴハンの時なんて、嬉しくてケージの金網にスパイダーマンよろしくへばりついていたりするのです。
おまえはサルか? ってなもんで。



DSC_1689 (2)

おとなしくしていてもらうには、やはりキャリー暮らしがいいとのことで。
シェルターケージ全体だとまだ広いというので、2/3の広さに。

急におうちが狭くなってあかりちゃんがへこまないように、今までのケージの中にシェルターケージを置くことにしました。
なるべく、これまでと同じように過ごせるようにということで。



200201 DSC_1700 (2)

事故直後は、痛みを感じにくいのかもしれませんが、さすがにもうかなり痛いはず。
それでも、機嫌よくしてくれているので、とりあえずは助かっています。

今日は、みんなが楽しそうにラビットホッピング大会しているのを見て、なんて思っていたのでしょうね。
お利口にして、早く戦線復帰できるように頑張ろうね。

PageTop