FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ありがとうございました

なんと、社長さんからななぶーにお花をいただいてしまいました。

DSC_0275 (1000x749)

先日はお悔やみの電話もいただいて。

どうもありがとうございました。


ななぶー、大事に思っていただいていたんだな。
って、改めて。

社長さんはじめ、JRHAのスタッフの皆さまには、ななぶーに活躍の場を与えていただいて、感謝、感謝であります。


同時に、もう自分だけのななぶーじゃなかったのに、死なせてしまって、本当に申し訳なく思います。

もしかしたら、やっぱり、これが初めから定められていた、ななぶーの運命だったのかも。
とも思います。

でも、たくさんの方々に悼んでいただいて、ななぶーは幸せなヤツです。



始まって間もないラビットホッピングを一気に「競技」のレベルに引っ張っていったのは、まさしくななぶーの功績でした。
名前のない世界に生きてきたウサギが、日本のラビットホッピングの歴史にその名を刻んだ、不思議な不思議なダッチウサギの物語。

ななぶーはいなくなってしまったけれど、その物語はまだ続くのだろうと思います。


お月さまでは、おびやんが目をむいて怒ってるんだろうな、って思います。
「なんだ、てめぇ、まみ~を頼むって言ったじゃねぇか。
オレの代わりにホッピングがんばれって言ったじゃねぇか!」

って。

「だって、オリな~」
なんて、もじもじしながら言い訳してるんでしょうね。


この週末からわたわたになるので、忘れた頃に・・・になってしまうかもしれませんが、また、ななぶーの思い出を綴っていきたいと思います。

PageTop