FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ6羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

レンのこと

レンの経過を書いておきます。

10月1日の診察のときは、ステラロールはこのまま 0.1mL を1日2回のまま続けましょうということに。
ステロイドを減らして一番つらい時期は乗り切ったか・・・
とも思ったのですが、相変わらずしりもちをついたような感じで後ろ足がついてこない状態が続き。

食欲も次第に落ちていって、10月8日(月)からは、またぞろ強制給餌をする羽目に。
診ていただいてから1週間以上たつし、この辺で投薬量の指示を仰いだ方がいいかも・・・
ということで、休み明けの8日に連絡を入れました。


先生からの連絡で、肝臓の状態を確認するのに血液の値を見たいとのことで、また土曜日に診ていただくことになりました。
先生によれば肝臓が悪くて・・・ということであれば、ぐったりしているだろうと。
レンはその時点では食べないとかぼんやりしているということはあっても、元気はあって、飼い主が帰ってくれば立ち上がって出迎えてくれるし、寝ているときに声をかけても、律義に起き上がってきて話を聞いてる、というような状態で。

それなら、まだ肝臓はそんなにもくないかもとのことでしたが、まずは肝臓保護のために糖分をとらせるようにということで、今まではお水はアクアライトを3倍くらいに希釈してあげていたのを薄めずにそのまま使うようにとの指示。

ステロイドショックといって、1回だけステロイドを増量して与えると上向くことが多いということで、9日の夜に1回だけ 0.3mL にして、その後はまた朝晩 0.1mL に戻すようにとのこと。
それでどうなるかということと、血液検査の結果で今後の投薬量を決めるということになりました。

が、、、ステロイドを投与しても効果が表れるまでの時間が長くなってきているような気もしていて、結局、1回投薬量を増やしただけでは何も変わらずで。


13日の血液検査結果。

DSC_0434 (2000x1499)

意外にも結果はいたって正常。
肝臓の数値、ALTは前回117だったのが今回は39。
肝障害が出ていないのは、まだ頑張れるということだと。

食べなくなった原因がもしかしたらステロイドとは別のところにあるかも・・・
ということで、奥歯のとんがっているところを処置していただいて。


血液検査の結果が良かったので、ステロイドの投薬の仕方を変えてみましょうということで、
「4投 3休をやってみませんか?」
と先生。

月曜日から木曜日の4日間はステロイドを朝晩 0.3mL ずつ投与して、木曜日から日曜日までの3日間は休薬するというのを繰り返すのだそうです。
比較的家にいられる週末を休薬日に充てることで、何かあれば対処できるのでと。
休薬期間を挟むことで、肝臓を休めつつ長期間続けていくということのようです。



DSC_0417 (2000x1501)

14日のレンです。
相変わらずしりもちついてよたっています。


週明けの14日(月)からステラロールを 0.3mL に増やして、木曜日から休薬というのを始めたのですが・・・。
続きはまた次回に。

PageTop