FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ユキのこと

おびやんを見送って一息ついたのもつかの間、またまた問題発生です。

1、2ヵ月くらい前からでしょうか、ユキぴょんがサークルから連結したケージへと移動するときに、なんとなく後ろ足を引っ掛けそうで危なく見えることがありました。
大きい種類の子だし、そろそろ足に来たかな?
バリアフリーを考えてやらなきゃいけない時期になってきたかも・・・
なんて、なんとなく思いつつ、忙しさにかまけてそのまま来てしまっていたのですが。

11月30日(木)の早朝、ついに決定的な事態を見てしまい。
ユキぴょん、木のスノコの上で寝そべっていて、そこから立ち上がろうとした時に後ろ足が滑って立てない。
立てなくって焦るのか、半ばパニック状態でバタバタ暴れてようやく立ち上がったという。

そういえば、最近、ユキリキちゃんが夜中にやたらドタバタしていることがあって、なにこんな夜中にプロレスごっこやってんだろ?
なんてことが何回かありました。
心配になって見に行っても、もうその時にはしれっとした顔をしてたから分からなかったんですが、そうか、こういうことかって。

今まで年のせいかと思っていたけど、こんなに急に悪くなるなんて明らかにおかしい。
まあユキだからってのはあるけど、それにしてもパニクり方も半端ないし。
というわけで、土曜日待ってる場合じゃないと、急遽、半休もらって病院へ走ったのでありました。



DSC_0415 (2000x1334)

待合室にて。
いつもなら、あっち向いたりこっち向いたり、それなりに動き回るのですけど。
そこそこの待ち時間、ずーっとこの姿勢で動こうともせず。
3週間前に来た時とはぜんぜん違うなって感じです。



触診していただいたところ、骨が非常に細くなっているということです。
足首から先のところを触ると、バキバキ音がするって。

脳に問題があるのか、足の問題なのかは現時点では分からない、
普通は、まずステロイドを試してみるのだけど、ウチの子にはやはり、ステロイドは使いたくないと。
ステロイドが抗酸菌を活性化させてしまう、というのは、おびやんのとき、先生も改めて強く感じたそうです。


これだけではさっぱりなので、レントゲン検査もお願いして。


DSC_0417 (2000x1112)

これは、5月に食欲が落ちた時に撮ったもの。



DSC_0422 (2000x1324)

これが今回。
モニター画面の写真なので、イマイチですが、、、

骨にささくれが見られるそうです。
お腹の腫瘍が骨転移したときに、こんな感じになるそうです。
多いのは卵巣腫瘍だと。
ただ、前回もそう言われたのですが、腹膜炎を起こしていて、お腹の様子は不鮮明で腫瘍があるかどうかは分からず。

骨がバキバキ鳴るのは、レントゲンからは原因は分からなかったそうです。

針を刺して細胞をとって調べる方法もあると初めに先生がおっしゃっていたので、それをやってみたら・・・?
と聞いてみたのですが、
ウサギさんの負担が大きいのと、うっかり針を刺すことで、それまで落ち着いた状態だったものを活性化させてしまうかもしれないということで、先生としてはやりたくないご様子。


いずれにせよ、この状態だと、近い将来、骨折することになるそうです。
この体重で骨折ということになると厳しいなと思いつつ、その場合、ひょっとして断脚ということになるのかと聞くと、
「テーピングで治ります」 とのこと。
ただ、折れていない部分に負荷が集中するので、治る頃にはそっちが折れると。

それなりに覚悟はしていたものの。
ユキぴょん、これからどうなっちゃうんだろう?
って、なんだか、ぽかーんとしてしまって。


口あんぐりあけて黙ってたら。

「多分、今、同じことを思っていらっしゃるんじゃないかと思いますが、、、
もしかしたら、抗酸菌が骨に影響しているんじゃないかとか・・・」


え? えええ???
だって、センセ、さっきまで腫瘍が転移したらこうなるって言ってたじゃん!? って。

んでまた、ぽかーんです。


「いや、それにしちゃ、ささくれが少ないんです。」
って、センセ、それを先に言ってくださいな、みたいな。

自分の予測では、「ユキぴょんは抗酸菌には耐性がある」 なんですが、そうでもなかったんでしょうか。


「いや~、久しぶりに珍しいの見ました。」
って、こういうの、よくあるって話じゃなかったの?
って (;;)

こっちはもう、ただただ、ぽかーんとするしかなかったんでありますが。
けど、どちらかといえば、先生の方がショックを受けていらっしゃるようなご様子で。

うん、ユキぴょんはセンセのお気に入りだからねぇ・・・とか。
いや、そんなことではないのでしょうが。


とりあえず、メタカム(痛み止め)をやってみましょうということになったのですが。
「メタカムやったって、どうにもならないですねぇ・・・」
と、ぼそっと・・・。

いやセンセ、自分で突っ込まないで、なんて思いましたが。
先生もどう対処すべきか考えあぐねていらっしゃるよう。
とりあえず、また考えましょうということで、4日(月曜日)に状況報告を入れるようにとのことです。




DSC_0439 (1333x2000)

昨日は、急遽、ユキリキ邸の改装をしました。
ケージをやめて、ハクたんが使っていたサークルを連結し、バリアフリーに。
ユキぴょんが滑らないように、トイレ以外はマイクロファイバーのバスマットを敷き詰めました。



DSC_0429 (2000x1501)

お部屋が広くなって大はしゃぎのお2人さん。



DSC_0431 (2000x1501)

ユキぴょんにとっては、なるべく狭くしておいた方がいいのですが、サークル一つ分だけだと、大うさ2匹には圧迫感があります。



DSC_0433 (2000x1501)

牧草入れも植木鉢じゃなくて、フラットなものにしたいのですが。
トイレがちょうどいい感じなのですが、それだと本当にシッコされそうだし。



DSC_0435 (2000x1307)

お水も、おびやんから器をもらうことにしたのですが、早速、今日は真ん中にぶん投げてありました(--)
一応、ボトルもつけてあるんですが、もう飲まないし。



DSC_0436 (2000x1500)

おぼつかない足取りの、ユキぴょん。



DSC_0451 (2000x1501)

ユキぴょんは呼吸も苦しいし、足もヤバいというのに、相変わらず、リキちゃまは上に乗りたがります。
乗っかってペロペロしてあげたり、一応は優しいんでありますが。

レンイチのときは、イチが不自由になってもペア飼育のままでうまくいきましたが、リキちゃまは困ったなぁ・・・。
引き離したら、お互いに辛そうだし。

しばらく試行錯誤が続きそうです。


PageTop