FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

チェリーちゃん、ありがとう

突然ですが・・・

チェリーが天に帰りました。
昨日の18時20分頃のことでした。
享年8歳8ヵ月半。


朝、お世話をしようとケージの覆いを外したところ、すでに状態が悪く、いつもの定位置でじっと動かないままでした。
(いつもなら、早くゴハンをよこせと大騒ぎするところです)

2日前からくちばしの色が悪いのが気になっていたのですが、食欲旺盛、表情はむしろ普段より明るい感じで動きも良かったので様子見をしていたところでした。
朝方顔色が悪くても夕方にはいつもの血色に戻っていましたし、放鳥タイムにはいつもと変わりなく遊んでいました。

今思えば、亡くなる前日は文鳥広場へは送り迎えつきで移動していたとか、自分から一旦ケージに戻っていたりと、すでに体調が悪かったのだろうなというのはあるのですが。


保温電球はすでに入れていましたし、電球からは離れた場所で寝ていたので、冷えたということもないだろうと思います。

ピンチなのだ

大慌てで、キャリーケージを特別看護室に改装しました。
床でへたっても痛くないようにペットシーツを三つ折りにして敷き、止まり木をテープで固定して保温電球(サーモスタット付、31℃設定)をセットしました。
ケージ周りはビニール(プチプチ)と透明シートで包み、横に遠赤外線マイカヒーターも置きました。


ゴハンは全然食べられない様子でしたが、いつでも食べられるように各種盛り合わせ(皮付き餌、ハリソンマッシュ、ズプリームナチュラル&フルーツブレンド)にしました。
お水は脱水にならないよう、アクアライトにしました。

結局、亡くなるまで水も食餌も一切受け付けなかったのですが。
何度か、5%ブドウ糖液(ウサギ用にもらってあったもの)をくちばしにたらして飲ませてみたのですが、ほとんど効果はなかったようです。


一目見て、もうダメだろうと思ったので、病院には連れて行きませんでした。
片道3時間の道のりを耐えられるとも思えませんでした。
この子は家で静かに看取ってやろうと思いました。
治療中の病気があったのなら、最後に先生に診ていただく選択肢もあったとは思うのですが。



出たいのだ

朝はまだ足に力も入っていたのですが、どんどん弱っていって、止まり木の上でずっと眠っている状態でした。

それが、すごい勢いで扉の前に移動して、出してくれと言わんばかりに騒ぐので、もう最期なのかなと思って手の中に入れてやりました。
しばらくはおとなしく抱かれていましたが、でも、本鳥、そんなつもりではなかったらしく、遊びに行くと言って聞きません。
思うように動けないのが不可解だというようにじたばたしていました。

それでは、いたずらに体力を消耗してしまうだけなので、また、キャリーに戻しました。


その後はひたすら下降線で、次第に足に力が入らなくなり、床に臥せっている状態に。
頭や体を支える力もないのか、止まり木やお皿の間に頭を突っ込んだり、止まり木に顔を乗せたりしていました。

たまたまサイズの合う止まり木がなくて斜めに配置したのですが、これが良かったようで端っこの三角の部分に顔を突っ込んでいました。



食べたいのだ

お昼過ぎ、ずっと臥せっていたチェリーちゃんが突然ギャルギャル言いながら水入れの上に。
やっと食べる気になったのかな?
って期待したのですが、ダメでした。


もうダメなのだ

夕方になって、くちばしの色が良くなってきたんじゃないかとこれまた期待しましたが、最後はずっと眠ったままでした。

途中、何度ももう死んでるんじゃないかとドキドキしましたが、呼吸で腰のあたりの羽毛がかすかに動いているのを確認しては胸をなでおろしました。


しかし、ずっと状態が変わらないのでしばらくはこのままかと、お茶を入れようとやかんを火にかけに行った一瞬の間に、チェリーの呼吸は止まっていました。
もう息をしていないというのが不思議なほど、体はホカホカ暖かく、穏やかな顔をしていました。



こんなに頑張れるんだったら、やっぱり、病院に連れて行ってやれば良かったなとも。
実は、前日はメロンちゃんの病院の日でした。
こんなに悪かったのなら、その時一緒に連れて行ってやれば良かったという後悔も。

1ヵ月後にチェリーちゃんたちのバードドックの予約もしてきたのに。
病院に死亡の報告を入れると、看護師さんもとても驚いた様子で、丁寧に対応してくださいました。


もう長くないだろうと覚悟はしていましたが、まさかこんなに早くいってしまうなんて思ってもみませんでした。



今朝、ヤッピーさんたちの眠る植木鉢に埋葬しました。
考えてみたら、そこには、ももちゃん@白文鳥、バジルちゃん@桜文鳥も眠っていて、4羽埋めるには小さいなぁということで、大きめの鉢に埋め直しました。

丁寧に掘り起こしていくと、土の中から白いシッポが・・・
ありゃ、やっぱし、ヤッピーさん、ミイラになってた(爆)

反対側の土をどけていくと、頭が現れました。
少し小さくなって軽くなっていましたが、4年半前に埋めた時のまま、とてもきれいな顔をしていました。
羽毛の1本1本も、足もそのまんま。

ちょっとホラーかもしれませんが、なんだかとても嬉しくなって。
ヤッピーさん、やっぱり、ずっとここにいてくれたのねって。

チェリーちゃんと2人並べて改めて埋葬いたしました。
チェリーちゃん、良かったね、これからはずっと大好きだったヤッピーさんと一緒だよ。





ここからは、チェリーちゃんメモリアル。

昔の写真はCDに焼いてあるはずなのですが、手っ取り早く本サイトの方から取ってきました。
サイズがまちまちですみません。


お迎え

お迎えのとき。
サブちゃんと一緒に神奈川県のショップよりお迎えしました。



ヒナヒナ

何故かシッポがなくて、ちんちくりん。



初手乗り 冒険

お目目が大きくて、最高にやんちゃ坊主で、可愛かったなぁ



しっぽな サブちゃん邸

ひと目見るなり狂喜したヤッピーさんが保護者役を買って出て、いつもそばにいて見守っていましたっけ。



鯨乗り

お迎え早々、トリコモナスで生死の境をさまよいましたが、見ての通りの腕白ぶり。
鯨さんが大好きでいつも乗っていましたっけ。



ホールインワン オイタ

乗った瞬間、転げてゴミ箱に落下という笑い話も。
落ちても、鯨には乗っているところがさすがのチェリーちゃんです。



まんまる

無事に成長してきれいな桜文鳥になったと思ったら、今度は育ちすぎていたようで、このとき、35g。
聞くも涙、語るも涙のダイエット生活が始まったのでした。



はずんでるのだ

チェリーちゃんの華麗なホッピング。



なかよし

ヤッピーさんとは超ラブラブ(男同士なのに)
いつもかいがいしくお世話していました。



オヤジだって飛べるのだ!

若い頃は牧草集めに熱心でした。
(おかげで、ヤッピーさんとの愛の巣は大変なことに)



オシャレなのだ

ヤッピーさん亡き後は、ユッピーちゃんと。
この写真は、ちゅんちき一番のお気に入り。
眉毛(原材料 : ウ〇チ・笑)でしぶく決めています。



遊ぶの

これまた元気印のユッピーちゃん、チェリーちゃんのイジメにもめげず、時にはこんな仕返しも。



お仕置きなのだ

文鳥界ではこんなDVも当たり前。
(ユッピーちゃん、吊ってます)



ねぇ、ユッちゃん♪

それがいつしか、愛をささやく関係に。



こんなこともしちゃうのだ

お手手つないでラブラブ。



ダイエットのストレスからか、風切り羽を齧って曲げたり、抜いてしまったりと毛引きの症状もありましたが、老いてからは、それでは飛べなくなると気付いたのか、尾羽を曲げるように。

その他にもリンパ腫騒動とか甲状腺腫など、命の危機もあったのですが、無事に乗り越えてここまで来ました。

最後の頃は、ウサギが増えて(おまけに感染症まで発生して)あまり構ってやることができませんでした。
それが本当に心残りです。

自分にとって、文鳥は特別な存在です。

いつも一緒、ずっと一緒。
ヤッピーさんとも、チェリーちゃんともそう言い合ってきました。

まみ~が行くまで、ヤッピーさんと一緒に待っててね。
チェリーちゃん、今まで本当にありがとう。


PageTop