兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ゴブちん、プチうっ滞

ここ2週間、仕事の方が忙しくてずっと帰りが遅かったうえに、先週末はうさフェスタで土日ともお出かけ。
去年はうさフェスの後、チェリーちゃん事件もあったのであまり無理しないように注意はしていたのですが・・・。

一昨日、木曜日の朝、ゴブちん、うっ滞。

つい数時間前までバクバク食べていたはずだけど?
にわかには信じがたかったけど、牧草は牧草入れいっぱいに残っているし、ゴブちんはトイレにしゃがみ込んで動かないし。

何とも情けない、申し訳なさそうな顔して、すごすごロフトの下に潜り込むゴブちん。

「だーちゃん、悪くないから。 しっかしてね。」
と声をかけるも、こんな日に限ってというか、ダッチ軍団、狙いすましたかのように休むことも遅れて行く事もできない大忙しの日にうっ滞になるんです。

でもね、ゴブちんの顔を見れば、ゴブちんなりに飼い主が忙しいのは理解しているけど、なっちゃったって、そんな感じ?
「す、すまねぇ・・・」
ってな目で、こっちを見るんです。

切ないな~。

時間がなかったので、とりあえず、常備薬のプリンペランミックスを投入して出社。
その日は普段よりは冷え込みも厳しくはなかったし、触った感じも冷えウサというほどでもなかったから、何とかそれで復活してくれと願いながら。。。

結局、帰宅できたのは19時過ぎでしたが、どうやら浮上してくれたようで、ペレットも牧草も完食していました。
やれやれ。

このくらいなら大丈夫だろうと分かっていても、8歳半という年齢を考えれば、いつも通りに回復するとは限らないし・・・
と、気が気じゃなかったのでした。

「オレ、元気になったぜ♪」
と、しきりに顔を出しては復活をアピールするゴブちん。
ここがダッチさんたちの可愛いところ。

それでも、まだ本調子じゃなさそうだし、夜から冷え込むとの予報だったので、遠赤外線マイカヒーター出動。
1人だけを暖めたい時には、素晴らしく威力を発揮する優れものです。

プリンぺランミックスもしばらくは続けましょう。
朝は急いでいたからシリンジで飲ませてしまったけど、夜からはクリティカルケアに混ぜて。
その方が喜ぶし、お腹にもいいでしょう。
翌日からはプリンペランミックスは半量に減らして。

今日、夕方はきちさんの予定なので場合によってはメンバーチェンジをと思いましたが、どうやら、その必要はなさそうです。

このところ、身近にうっ滞のウサギさんや事故の情報も多く聞きます。
皆さまもどうぞお気を付けくださいませ

PageTop