FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ひるたろう君

ただの君です。
ほぼ里親さまが決まりかけていたのものの、急遽キャンセルの憂き目にあいましたが、幸いにもすぐに次の里親さまが決まりました。
癒し系のハンサムボーイ、案外、良い子が最後に残るものです。

お迎えいただいたのは、こちらもきちさんつながりの神奈川県の里親さま。
時が時でしたので心配しましたが、ガソリンも調達できて、3月20日、無事お届けにあがることができました。


どこに来たの?

おっかなびっくり、ただの君。
キャリーを開けても、なかなか顔を見せてくれませんでした。


ボク、ここに住むの?

でも、お家についたら、もう落ち着いたもので。
お顔がシッコで汚れていたのはご愛嬌 (^^;;
犯人はばらまき君か、むう君か・・・。

ハチ君が行ってから、お行儀の悪い同居人ばかりになりましたので、染まらないうちにお渡しできてホッとしました。


あやしいモノ発見!!

初めて見る保温マットに戦いを挑みます ^^
おっとりしてそうで、決めるときには決めるタイプかな?
それとも、内弁慶さんか。。。

新しいお名前は、 ひるたろう君
先代のウサギ、ももちゃんにちなんで名付けてくださいました。
オキザリスの一種、ヒルタというお花に「桃の輝き」というのがあるそうです。
で、ヒルタ+たろうで、ひるたろう君。

ももちゃんの思い出も大切に、ひるたろう君との新しい第一歩を踏み出していただければと願います。
ももちゃんもうっ滞で亡くなったのですが、里親さまは病院に連れて行くのが遅れたことをとても悔やんでいらっしゃいました。
でも、短い間でも、ももちゃんはとても幸せだったことが、お話を聞いていてとても良く分かりました。
命の長さは、その子がもって生まれたもの。
早くに去られると悲しみも深いですが、それもウサギの神様の定め。
そして、新しいご縁もウサギの神様の采配。


パンダウサギとパンダプーだよ

その日のうちに里親さまから、こんなお写真が届きました。
我が家にいる間は自己主張の強い子たちに囲まれて、なかなか自分のカラーも出せずにいましたが、これからはどんな子になるんでしょうね。
楽しみです。

うさんぽやうさフェスにもどんどん連れ出したいとおっしゃっていた里親さま。
ひるたろう君もおっかなびっくり、一生懸命、ついて行ってくれることでしょう。

ひるたろう君、幸せに!
また、うさフェスで会えるといいね。


PageTop