FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

もちすけ君♪

みみしろ君改め、 もちすけ君 です。

1月30日に里親さまにお渡ししました。

また、お引っ越しかぁ

東京都内でしたので、今回は電車で行きました。
ハードキャリーに入れても持って歩くとそれなりに揺れますから、少し心配でしたが、到着までおとなしくしていたもちすけ君です。
途中、オシッコして臭ってはいけないとキャリーに軽く消臭スプレーをしたときと、乗り換え直前に覚醒したその瞬間にパワフル足ダンを2回、お見舞いされましたが(笑)

到着して、里親さまに顔を見せようとキャリーから出したら、早速、部屋中をおっかなびっくり、でも、楽しそうに走り回りました。
知らない場所で、初めっから、これだけ走り回る子も珍しいです。

臆病だけど、教えもしないのに勝手にボトルから水を飲み、ペレットもバクバク食べる子です。
パニックを起こすパターンをつかんでしまえば、扱いやすい子だろうと思います。
「パニックを起こして怖い」と恐れられていたのは、足の力がめっぽう強いものだから、暴れ方も半端なくて、見ている方はびっくりした・・・
という事なんだろうな~と想像しています。

お部屋で遊んでいる間も、何かに驚くと脱兎のごとく棚の下に逃げ込むのだけど、すぐにまた、興味津津といった面持ちで目をクリクリさせながらそぉーーーっと出て来ます。
その様子がホント可愛くって。

里親さまもとっても楽しい方で、ラボでハイテンションのみみしろ君が物陰に隠れて、びよ~んびよ~んと垂直ハイジャンプを跳んで遊んでいるのを見た瞬間、この子の家はここっきゃないでしょう・・・
というひらめきがあったのですが、お話がまとまって本当に嬉しかったです。
この楽しさを共有してくださる飼い主さまに巡り会えたというのは、この子にとってこの上ない幸せだろうと思うのです。


これでも緊張してたんだからね

お部屋では楽しく遊んでいましたが、ケージに入れたら、また固まっちゃいました。

お家は先代のウサギさんからいただきました。
長く闘病されて、亡くなったときにはもうケージを処分しようとも思われたそうですが、今回の募集で、またウサギさんをお迎えしようという気になられたのだそうです。

今回は、ウサギさんを亡くされて、また次の子をという事でお話をくださった方がたくさんいらっしゃいます。
亡くした悲しみは深いけれど、そこからまたウサギさんと共に暮らそうと1歩踏み出していただけるのは、嬉しい事です。
この子たちも、本当なら処分される運命にありましたが、ウサギの神様がご縁を紡いでくださり、新しい1歩を踏み出すことができます。
人の命を守るために身を呈して貢献した子たちですが、おうちウサギさんになってもしっかり飼い主さまを支えてくれることでしょう。
人もウサギさんも幸せになりますように・・・と願うばかりです。


あ、もちすけ君、それは大事なお家ですからね、暴れて壊さないようにパニックも程々にね。。。


PageTop