FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ6羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ダブルうっ滞 (後篇)

皆さまにはご心配いただいて、ありがとうございます。
あい君は、とりあえず快方に向かっております。


きち先生には最初に
「2人とも同じ原因だと思いますか?」
と聞かれて、

「いえ、ゴブちんの方はうっ滞常習犯で原因もはっきりしているのですが、
あいちゃんの方は本当に突然で、全く分かりません。
昨日の朝までは元気で良く食べていました。」

と答えたのですが、今でも、

あいちゃん、あれは何だったの~

って聞きたい気分。


太鼓をたたくようないい音がしていたのに、最後までガスが出なかったので、
「ガスはもう抜けないんですか?」
ってお聞きしましたら、

「もしかしたら、腸の方の音を拾っていたのかもしれません。
腸だったら、下から抜けるのでむしろ、いいです。」

ということです。

今回のような状態になると、胃に圧迫されて血流も止まるので下半身から血液が戻れなくなり、エコノミー症候群のような状態になって血栓ができて亡くなってしまう事もあるそうです。

あい君は換毛期まっさかり。
普段なら何の問題もなく通過できる毛が、何かの拍子に胃の動きが悪くなると、とたんに詰まってしまうというのはよくあるそうで。
特にストレスになるようなものもなかったし、その前々日にはハクたんと団子になって元気に遊んでいたし。

出てきた胃液は新鮮で、本当に急にたまってしまったのだろうということです。
山口先生や研修の先生、居合わせた人みんなで交互に臭いをかいで、口々に
「ほう~!」
なんて言い合っている光景は、今思えば異様かも・・・。

これだけ胃液が出ている状態だと、お薬を飲ませても効かないだろうということで、
「じゃあ、家で注射してください。 注射、できますか?」

「えっと、耳(静注)ですか?」
「いえ、皮下です。」

そりゃ、やれと言われればやりますけど、やったことないし
一応、こんな仕事してますけど、監査部門の人間ですので実技経験はゼロです。

その後、山口先生にコツを教えていただいて、生食で1回投与練習。
「うっかり皮内になちゃったり、筋注になっちゃったりしても大丈夫ですか?」
「早く効いちゃうだけだから、大丈夫ですよ。」

帰ってから、夜の12時と翌朝6-7時の2回、投与するようにとのことです。
中身はいつものプリンぺランだそうです。
失敗したときのために3本、シリンジに充填して針も付けた状態で渡してくださいました。
消毒用のアル綿付き。

やれやれ、ダッチさんたちのために自分で注射もできるようになっておくといいかな~
なんて思った事はあったのですが、まさかライオンズにやるはめになるとは思ってもみませんでした。

帰り道、回復が遅い場合、強制給餌しても大丈夫か聞いておけばよかったな~
と、ちょっと後悔。
閉塞している場合は、うっかりやると、またパンパンになっちゃいそうです。
胃がカラになったところで、補液と注射で胃を動かして詰まっているものを流してしまおうという作戦だと思うのですが、うまくいくかどうか・・・。


胃液を抜いていただいた後、明らかに楽になってホッとしたような表情をしたあい君ですが、それでも、帰ってきたときはボロぞうきんのようにヨレヨレ。

12時に指示通り注射。
うまくいきました。
でも、効き目はさっぱり・・・? な感じ。

冷蔵庫に合ったブロッコリーと菜っ葉を出すと、菜っ葉を3枚ばかり食べました。
強制給餌は怖いけど、自力で食べてくれるのは嬉しい。


翌朝 ―
起き抜けに注射 (爆)
半分寝ぼけていて手元がアヤシイし、あい君、ちょっと元気になっていてじっとしてない。
危うく、背中に針刺したまま逃げられるところでした。

昨夜は手つかずだったブロッコリーは花芽の部分だけなくなっていました。
よしよしと、残りのブロッコリーと菜っ葉を出すと、ちょこっとだけお召し上がりになりました。
でも、牧草とペレットは相変わらず無視。

夜は残業もそこそこに、野菜をしこたま買い込んで帰宅しました。
元気がないのは相変わらずだけど、表情はいいです。

さて、お薬はどうしましょう?
予備の1本を残しておくのはもったいないですから、やっちまいましょう。
抵抗する元気はしっかり出てきたようです。

でも、やっぱり食べない。
小松菜は気に入ったようで、4枚ほど。
シソとプチトマトはお気に召さない。
お腹の悪いときにどうかとは思うけど、人参も出してみました。
人参は気に入って、スティックの 1/3 ほど齧りましたが、もうギブアップのようで、前足の間に人参を抱え込んでお休みになりました。


そして、今朝 ―
お腹が張っていない事を確認してから、きち先生のプリンペランミックスと常備してある流動食 (クリティカルケア) を少しだけ強制給餌。
ペレットも牧草も食べませんが、純を一切れつまんでいました。

夜もプリンぺランミックスと流動食。
食いつきは悪かったものの、バナナ一切れ。
小松菜、人参。
ちっとも食べないので、やきもきしますが、確実に動きも表情も良くなってきているので大丈夫でしょう。


長くなってしまったので、ゴブちんの方はまた次回、書きますね。

PageTop