FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

14年

阪神淡路大震災から、早14年。
当時、姉夫婦が神戸市須磨区におりましたが、その日は連絡も取れようもなく、
翌日になって人づてに無事が確認できました。

姉夫婦の家には、セキセイインコ2羽と元迷いウサギのうーちゃんがいました。
人間の安否が確認できてひとまずはほっとしましたが、ピーちゃんは? うーちゃんは? ・・・
ショック死してやしないか、ケージが壊れてどこかへ行ってしまったんじゃないか・・・
随分、心配しました。

結局、人間の家屋全壊、うさケージ全壊、鳥かご全壊・・・
という状況でしたが、奇跡的に人間も動物も被害ゼロでした。
明るくなって、玄関先に置いていたウサギとインコの様子を見に行ったら、
みな物陰に隠れて無事でいてくれたそうです。

幸いにも仮住まいの場所はありましたが、ピーちゃんもうーちゃんも
吹きさらしの玄関先で頑張りました。
動物にとっても相当にストレスだったでしょうが、何事もなく乗り切ってくれたようです。
動物って案外タフなんだな・・・と思ったのでした。

その後、鳥もウサギも長生きして、インコちゃんは飼い主も歳が分からないくらい (少なくとも15歳以上) 、うーちゃんは7、8歳まで生きました。
うーちゃんの死因は、不正咬合で餌が食べられなくなったためで、歯切りをしてくださる獣医さんを見つけられれば、もっと生きられたのでしょう・・・。



ボクはお外で寝るのはイヤだからね

我が家もいつ地震に見舞われてもおかしくない地域ですが、
防災と言っても、餌の在庫と水を確保しておくくらい。
「両手に抱えて逃げられる以上の動物を飼わない」 という禁を破って久しいです (笑)
ねぇ、みんなどうしようかねぇ・・・。



元気でね!

今は姉夫婦は大阪にいて、こんなウサギさんたちと暮らしています。
レンたちのお仲間で、一番下のつぶれている子が 「ハッピー」 、真ん中が 「もんどのすけ」、
上の子は他のお宅へもらわれていきました。
うーちゃんのようなお利口さんではなかったので、随分、手を焼いたようです・・・ (^^;;


PageTop