FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

はる&あい君通院日

2ヵ月は早いもので、12月13日はライオンズの通院日でした。
この日は特に予約時間を定めず、午後3-7時、来た順に診ていただけるという事でしたので、
心がけよく早めに出かけました。
暗くなると、道に迷う可能性大 (ちゅんちきは、ナビが付いていても、目的地にたどり着けないことのある不思議なヒトです) なのと、駐車場の出やすい場所を Get したかったという、ただそれだけだったんですが。
本当は、30分くらい前に着くつもりで出たのですが、好天に恵まれたこともあってか、道路は混みこみ。
結局、3時ジャストに到着しました。

予想に反して、駐車場も病院もすいていて、すぐに順番が来ました。
きちさんは、いつも爪切りと臭腺のお掃除をサービスしてくださるのですが、
この日も若先生はお忙しくて、きち先生にやっていただきました。
実は、今度こそ若先生に爪切りしていただけるかな~と、ちょっぴり期待していたんですけど・・・ (^^;;

ワシも遊ばせてもらえるようになったぞよ

まずは、はる君。
最近のはる君の行状を先生に報告しました。
「やられるの分かってるんだから、やめときゃいいのに・・・」 とぼやくと、
「この前、目を噛まれちゃった子が来ましてね、眼のところが十字に裂けちゃってたんですよ~。
それとか、顎を食いちぎられちゃった子とか・・・手術してね、唇、作りましたよ。」

きち先生、毎度こともなげにすごいことをおっしゃいます。

内心、ウチは平和だな~と・・・
だって、噛まれるの大抵はお尻なんですもの。
互角の争いなら、お互いに前向いて向かっていきますから、顔に怪我をするんでしょうけど、
ウチはいつも一方的な展開だし。
この前、はるっちが顎を噛まれたのは、はるっち、逃げることも出来ずにそのまま襲われたって・・・。
今度、誰かのお顔がビリビリになったら、きちさんに駆け込んで整形手術していただきますか (笑)

で、とどめの一言が、
煩悩ですからね 、しょうがないです。」
まだ、そこまで悟りきれない、ちゅんちきです。

前歯は今回も処置なし。
ちょっと曲がっていますが、噛み合わせが出来ているのでOKだそうです。
奥歯も、前回と同じところをパチパチ切っていただきました。
きち先生は、必ず、Before と After を、口の中まで見せてくださるので非常に分かりやすいです。

「春になったら、またダニが出てくるかもしれませんから。」
とボソボソおっしゃっていましたが、もう、ダニは勘弁してほしいです、ホント。

はる君には足裏に無毛部分があるのですが、
「これは、まだ大丈夫ですから」
先生、毎度のようにそうおっしゃいます。
こちらとしても、気になるといえば気になるけれど、はる君には木のスノコも敷いているし、正直、これ以上は・・・といったところです。
炎症が起きてくれば処置が必要になるけど、その場合、むくんで足の太さ自体が変わってくるそうです。
はるっちの足はまだ細いそうです (^^)
ケンカの傷については、 「おぉ~、可哀想に~」 でおしまいでした (笑)


ご挨拶に来たぞ


次は、あい君。
前回、歯を切っていただいた後も食べ方は殆ど変化なかった事、アルファルファを気に入ってしまって、そればっかり食べている事を報告しました。
体重は、2.12kg 。
「お~、 成長しとる」 と先生。
(突っ込んでいいんだか、どうだなんか分かりましぇんでした・・・)

前歯は、裏側の小さい歯がまた伸びてきていたので、切っていただきました。
奥歯も、やはりガチャガチャしていたので切っていただきました。
歯があたって、舌が少し白くなっているところがあるということで、
「こっち側が痛いから、反対側だけで食べていたかもしれませんね。」
ウサギさんによって、反応は様々で、多少当たっていても気にしない子もいれば、まだ当たってないのに、ものすごく不快感を感じて食べなくなる子もいるのだとか。
あい君、我慢強いのかな~。

このままアルファルファを継続してもいいか尋ねると、
「冬は太っていた方がいいですから。
保温にエネルギーを使うので、餌は減らさない方がいいです。
でも、チモシーは継続して食べさせるようにしてください。
この次に、2.5kg とかになってたら、また考えましょう。」

ということです。
あい君は2ヵ月おきくらいに、連れてきてくればいいそうです。


次回は、まい君も健康診断をしてほしいので、3匹診ていただけるようにお願いして、
取れたのが2月28日。
半年ごとに連れて来るつもりが、まい君、9ヵ月もたっちゃっいました。
いつもお留守番で、ごめんね~。

PageTop