FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

あと何年?

「コンパニオンバードNo.10」 発売中であります。
内容的には、大型さん・中型さん中心かな~
ちょっと、つまらなかった・・・。
毎度、カラーでキレイな鳥さんがたくさん載っているので、眺めているだけでも楽しい雑誌ではあります。

Companion Bird No.10 

今回、リトルバードの小嶋先生が 「鳥の老化と寿命を考える」 というタイトルでお書きになった文章があるのですが、その中に文鳥についてのコーナーがあって、それを読んだら・・・・・・・
なんか、めげました。
だって、しょっぱなから、 「スズメ目は他の鳥と比べて代謝率が2倍近く高く、寿命も半分くらい」 ですって。
そりゃ、事実そうなんでしょうけど、いきなりへこみました。
んで、シメが、 「老年期は、心疾患、脳疾患、腫瘍、肝疾患の発生率が非常に高くなります」
もうね、涙目。

リトルバードさんでは、5.8歳がオス文鳥の平均死亡年齢だそうです。
もちろん、病院で亡くなった子の統計ですから、一般的にはもっと長いのでしょう。
ただ、ヤッピーが今、ちょうどこの年齢。
先代の桜文鳥 (メス) は5歳8ヵ月で亡くしたのですが、ヤッピーはこの年齢を問題なくクリアしたと、ひそかに喜んでいたところでした。

それに、チェリーちゃん。
やっぱり、メタボで発作持ちだとかなりのハイリスクなんだろうな~。
肥満が発覚したとき、この子は短命であろうと覚悟はしました。

ボクたちはずっと一緒だよ

こんなに仲良しの子たちですから、亡くなるのも一緒かもしれないと、常々思うのであります。



ちなみに、リトルバードの最高齢の文鳥患者さんは15歳ということのようです。
そこまでは望みませんけど・・・ね。

PageTop