FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

文鳥 / 2008年1月

1月は帰省に健康診断とイベント続きでした。
ヤッピーが足を痛めてしまったり、チェリーがダイエット食を食べ始めたり、保温電球を何度も付け替えてみたり・・・
あわただしく、落ち着かない1ヵ月でした。


体重   1月31日測定 ()は12月末からの増減
 ヤッピー  27.5g (+0.5g)  
 チェリー  27.0g (-0.5g)

1日の食餌量 (平均)
 ヤッピー  皮付き餌 4.1g  ペレット(ハリソン マッシュ) 1.4g  合計 5.5g
 チェリー  ペレット ; ハリソン マッシュ&ズプリーム 3.5g - 3.5g 強 (1月18日まで)
               ハリソン マッシュ&ズプリーム 2.0 - 3.0g 、
               フォーミュラーAR          1.0g - 2.5g
               (1月19日以降、合計で4.5 - 5.5g 、体重を見ながら量を加減)


えーーっと・・・
 ヤッピーさんお得意のポーズですが、この首の角度コワイ・・・

旅行用ケージで数日間過ごした後、ドサクサ紛れに自然木の止まり木を付けたのが1月4日。
案の定、怖がって寄り付きもしませんでしたが、1週間後、ヤッピーが足を痛めているのを発見。
何がどうなったのかは不明ですが、原因としてこの止まり木が疑われたので、やむなくヤッピーの方だけ撤去しました。
(チェリーは未だに根競べ中)
幸い大事には至らず、数日で治癒しました。
それがきっかけで行った健康診断では、異常なし。
担当の獣医さんが交代して以降、ひたすらに怖がり続けていたヤッピーですが、ようやく慣れてきたようです。
(ほぼ1年かかってます・・・いざというとき、ストレスにならないよう、とことん慣れてもらわなくては!)

体重は帰省直後と健診後に一時的に減りました (最低 26.0g) が、それ以外は 27.0g でほぼ一定していました。
餌はペレットの比率が低めですが、ズプリームを全く食べなくなってしまったので (リニューアルして味が変わったのか?)、その分、低くなりました。

嬉しいオヤツタイム♪

ついに、ダイエットペレットに挑戦することになったチェリーちゃん。
実にあっさりと食べてくれて、拍子抜け。
不味いと言われていたものの、イヤイヤではなく、それなりに楽しんで食べているようです。
ペレット3種、代わる代わる交互に食べていて、朝の餌やリの後は大忙しです。
昼過ぎにはあらかた無くなっているようですが、少なくとも朝はお腹いっぱいになっているのかな~と、ほっとしています。

ダイエットペレット、フォーミュラーARは、夜の放鳥タイムに出すとヤッピーさんも食べてしまうので、朝と就寝前のケージ内限定です。
まずは本来の1日量であるマッシュ&ズプリーム 3g に朝晩 1g ずつを加える形で始めました。
しかし、いくら低脂肪とはいえ、いきなり 2gも増やしたのはまずかったようで、体重が増え始めました。(27.5g)
そこで、就寝前を 0.5g に減らしました。
それでも体重は戻らず、さらに増加の兆しがあったので、朝の配分を見直し、マッシュ&ズプリーム 1.5g にフォーミュラーARを 1.5g としました。
体重は最高 28.0g まで増えてしまったので、ちょっとあせって2日間、朝の量をマッシュ&ズプリーム 1.0g 、フォーミュラーARを 2.0g にしたのですが、これはちょっと行き過ぎだったようで、体重はすぐに 27.0g に戻りました。
結局、朝はマッシュ&ズプリーム 1.5g とフォーミュラーAR 1.5g 、放鳥タイムにマッシュ 1.0g 、就寝前にフォーミュラーAR 0.5g の線で落ち着きました。
(1日量は、マッシュ 2.0g 、ズプリーム 0.5g 、フォーミュラーAR 2.0g 、計 4.5g)


帰省直後は体重が 26.0g まで下がって心配しましたが、健診のとき獣医さんに「非常にいい状態です」とほめていただきました。
しっかり維持したいものです。
診察のときに、またもや軽い発作を起こしましたが、こればっかりは鍛えてやる訳にもいかないんでしょうね・・・。
日常生活でも、あまり脅かさないようにしなくっちゃ・・・です。

1月中旬以降、ちらほらと羽が抜け始めていますが、いつまで続くものやら・・・
獣医さんに言われてケージ内温度を上げたのですが、始まったのは丁度その前なので、保温とは関係なさそうです。

仲がいいのか

この頃、こんなふうに仲良くしている場面が多くなりました。

悪いのか

が、ゴハンを前にすると、このとおり。
いやはや。
PageTop