FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

8月30日のウィンクちゃん

事故前のウィンクちゃんの様子です。
のんびり更新でスミマセン m(_ _)m

200830 DSC_0487 (2)

お遊びそっちのけで、ご馳走に夢中なウィンクちゃん。



200830 DSC_0500 (2)

たくさん頬ばってゴキゲンです。



200830 DSC_0514 (2)

生も大好き。



200830 DSC_0562 (2)

遊びに行こうと思ったけど、ぽんちゃんが落としていったパリパリを発見し。



200830 DSC_0590 (2)

結局、また食べ始め



200830 DSC_0610 (2)

ウィンクちゃんの食欲も止まりません。



200830 DSC_0657 (2)

ウィンクちゃんの美味しい笑顔 (*^▽^*)



200830 DSC_0672 (2)

遊びにも行きたいけど、食べるのが止まらないウィンクちゃん。



200830 DSC_0701 (2)

ご馳走に顔を埋めて・・・ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



200830 DSC_0716 (2)

いつか練習会が再開されたら、ウィンクちゃんもまたホッピングやる
避妊手術してちょっとおしとやかになっちゃったから、どうかな?
この10日後の事故の時に見せてくれた大ジャンプからは、潜在能力は大いにありそうなんですが・・・。



200830 DSC_0731 (2)

ややこしいところが大好きなウィンクちゃん。
それ、あんまり端っこに行ってほしくないから(シッコされると困るんで)置いているんですけどね、、、
みんな、わざわざその向こうに潜って遊んじゃうんです 



200830 DSC_0752 (2)

みんなのお気に入り、わらっこトンネルさん。



200830 DSC_0771 (2)

こんな小さなトンネルくぐって何が面白いのか不思議なんですけど。



200830 DSC_0775 (2)

ひとしきり遊んだら、また腹ごしらえ。



200830 DSC_0787 (2)

うん、おいしいねぇ



200830 DSC_0800 (2)

最後のひとかけらがお口に吸い込まれていく、この瞬間がとっても可愛いと思うのです。



200830 DSC_0824 (2)

ようやく気が済んで、探検に出かけます。



200830 DSC_0835 (2)

可愛いうたっち



200830 DSC_0844 (2)

次は何して遊ぶ?



200830 DSC_0849 (2)

ヘン顔 in 土管さん!?



200830 DSC_0853 (2)

え? ワタクシ、こんなにびじんさんですのに。



200830 DSC_0877 (2)

最後、ウィンクちゃんがわらっこトンネルさんに入ったっきり出てこないので何かと思ったら。
そろそろ帰ろうか、の一言に反応していたらしいです。
そんなとこ入ってたら、簡単にトンネルさんごと確保されちゃうのにねぇ。
うさぎの浅知恵ですな 

とはいえ、可愛いったら、もう・・・
抱きしめたくなっちゃう瞬間です。

PageTop

ウィンクちゃん危機一髪💦

それは、9月9日 (救急の日だ)、 深夜のこと。
一大事件が発生いたしました。


その日、とっても疲れていて、うさうさのトイレ掃除はおさぼりしようかなんて思っていたのですが。
遅めの晩ご飯の支度をしようとカウンターの餌入れから一人分ずつ、カップに量り取っていたところ、
なんか妙にくさいんです。

第一容疑者はカウンターのすぐ下にいるウィンクちゃんですが、見たところ異常はなし。
盲腸便がどこかに落ちているのかもしれないな、、、 と思いつつ、
やっぱり、念のためにトイレは掃除しておいた方がいいわねと思い直したのでした。

で、お風呂場でゴシゴシやって戻ってきたら、、、

なんと、ウィンクちゃんがケージに刺さっていた
(ようにしか見えなかった)んです


一瞬、何が起こったのか分からず、プチパニックに。



DSC_0501 (2)

矢印のところの隙間に左腕がすっぽりと挟まって、



200913 DSC_0001 (2)

絵で描くとこんな感じ!?
ホントはもっとすごい格好していたと思いますが。
ほとんど逆立ちのような姿勢だったかも・・・。

ウィンクちゃん、必死で引き抜こうとしているんですが、ケージはびくともせず。
ぐうの音も出ないほど痛かったんだと思います。
暴れる気力もないというか。
それで無理に暴れなくて良かったってのもあるのですが。

こっちもあわててトイレ放り投げてウィンクちゃんの救出に当たるも、やはり、ケージはびくともせず。
隙間をなんとか広げたいのですが、1ミリたりとも広がらず。
で、下のフックとケージ側面をつなげているポールを外してケージ解体を試みるも気が動転していてなかなかうまくいかず。

ヘタをしたらウィンクちゃんの腕がポッキンしちゃいますので、1回深呼吸をして、落ち着け落ち着けと自分に言い聞かし。
なんとかケージをばらして、ウィンクちゃんは解放されたのですが。

ウィンクちゃん、部屋中を縦横無尽に駆け回り、大パニック。
ケージを組み立て直して、お帰りをお願いしたのですが、見たこともないような大ジャンプかまして逃げてっちゃうし。
いつもなら、帰ろうかって言うと、自分からケージインしてくれるお利口さんなのですけど。


まあ、それだけ走ってジャンプできるのなら、骨は大丈夫そうですが。
ちょっと見せてごらんって、抱っこして腕を触ると、血相変えてジャンプして逃げて行ってしまいました。
やっぱり、相当痛かったらしいです。

どう見たって、うさぎの腕(それも肩に近い方)が挟まるような隙間じゃないし。
どうやって入っちゃったんだろうって謎ですが。
あの細い隙間に何分間か挟まっていたわけだから、骨が大丈夫だったとしても筋肉やら何やらの組織の損傷が心配です。
そのときはなんともなくても、こういうのって後から出てきて、最悪死んじゃうとか聞いたことがあるような気がするし・・・。

それで、翌日は有給とって病院に走ったのでありました。

先生に診ていただいたところ、とりあえず、肩はちゃんと腕が回るし、右眼が少し充血している以外は特に異常はなかったのですが、やはり、後から出てくることがあるのでしばらくは気をつけてよく見るようにとのことです。

こういうときって、人間の方も具合が悪かったりするのですが、アタマの中がぐるぐるしていて、イマイチ先生の説明も右からひだりに抜けていった感があり・・・ (~_~;)

指先から浸出液のようなものが出ているとか、変なにおいがするとか・・・
そういったことに気をつけるようにと。

先生がついでに爪を切ってくださったのですが、そのときにウィンクちゃん、左手が恨めしや~になっていたらしいです。
しばらく用心した方がよさそうです。

幸い、2日後の土曜日の診察でも異常なし。
ただ、引き続き経過観察は続けた方が良いとのことですので、ウィンクちゃんご希望の方がいらっしゃる場合、少しお時間をいただくことになります



200912 DSC_0477 (2)

右がウィンクちゃん、左はあかりちゃん。
このとおり、元気にしてくれています。


今回の件は、飼い主がトイレをとるのにケージのハッチを開けて、がっちゃんと閉めないまま、すぐに戻るからとその場を離れてしまったことに原因があります。
横着をしてはいけないと、ひたすら、反省なのでありました。。。

ウィンクちゃん、もしかしたら、脱走しようとして頭でハッチを押し上げ、牧草入れを踏み台にして (踏み台なんか無くても余裕で跳んで出られるはずではありますが) 前足を金網のフチにかけたところ、運悪くそこがつなぎ目で、体重をかけた瞬間にズボッといってしまったのではと・・・想像しています。

ちょっとした不注意で、あり得ない事故も起こりうるのだという教訓でありました
 m(_ _)m

PageTop

8月30日のぽんちゃん その2

ひたすら食べ続けるぽんちゃん、第2弾です。

200830 DSC_0153 (2)

遊びに行くのも忘れて、食べ続けるぽんちゃん。



200830 DSC_0189 (2)

美味しそうに食べてくれるのは嬉しいけど、



200830 DSC_0239 (2)

食欲の秋にはちょっと早いんでないかい!?



200830 DSC_0286 (2)

おっと、生の葉っぱも見つけちゃいました。



200830 DSC_0300 (2)

ようやっと、運動する気になったらしいです。



200830 DSC_0332 (2)

でもやっぱり、またもぐもぐなんですけどね。



200830 DSC_0336 (2)

土管さんにご挨拶して、



200830 DSC_0355 (2)

また食って。



200830 DSC_0366 (2)

アヤシイものがないか、見回りをして。



200830 DSC_0370 (2)

また食って。



200830 DSC_0394 (2)

わらっこトンネルさんで遊ぼうかと思ったけど、やっぱりまた食って



200830 DSC_0441 (2)

ぽんちゃんの食欲はとどまることを知らず・・・



2008930 DSC_0010 (2)

ま、やけ食いはこの辺でオシマイにしてね。


PageTop

8月30日のぽんちゃん

ご心配いただいておりましたぽんちゃんですが、ようやく気持ちを切り替えてくれたようで、こちらでの元の生活に戻りつつあります。
ひたすら食べ続けるぽんちゃんの様子をどうぞ (^^ゞ


200830 DSC_0002 (2)

落ち込んだときには、やっぱり、美味しいものが一番ですね。



200830

ぽんちゃんにも、ようやく笑顔が戻ってきましたよ



200830 DSC_0019 (2)

夢中で頬張ります。



200830 DSC_0021 (2)

今年は梅雨が長くて、お山の葛もぜんぜん育たず、もうダメかな~なんて思っていたのですが、その後の猛暑でみるみる成長し。
巨大な葉っぱもたくさんとれました。



200830 DSC_0026 (2)

ただし、、、とってきたはいいものの、その後のお天気がどうにも悪くて
干し上がりはイマイチかも・・・な雰囲気です。



200830 DSC_0041 (2)

それでも、みんなおいしい、おいしい、って食べてくれるのでありがたいですね。



200830 DSC_0042 (2)

ぽんちゃん、それは都会のお家じゃなかなか味わえないものだからね。
戻って来ちゃったのは残念だったけど、しばらくはこれで機嫌を直してね。



200830 DSC_0048 (2)

ええ、もう直ってるみたいですけどね。



200830 DSC_0058 (2)

ひとしきり食べたら、遊びに行きたくなりますが、



200830 DSC_0061 (2)

イタリアンライグラスがまだだったって (^◇^;)



200830 DSC_0096 (2)

心置きなく食べていってね。



200830 DSC_0134 (2)

半分、遊びに行きたいモードになっていますが、



200830 DSC_0138 (2)

やめられない、止まらない(笑)

おいしいぽんちゃん、次回に続きます。


PageTop

8月16日のウィンクちゃん

ウィンクちゃんの様子もちょこっと。

200816 DSC_0191 (2)

食べてる姿が最高に可愛いウィンクちゃん。



200816 DSC_0213 (2)

避妊手術をして、ちょっとおしとやかになりましたよ (^_^)



200816 DSC_0438 (2)

お部屋の中だと明るさの関係で、動いているところがうまく撮れないってのもありますが。



200816 DSC_0451 (2)

ひとしきりお部屋を点検したら、



200816 DSC_0490 (2)

また食べます。



200816 DSC_0526 (2)

ウィンクちゃんもいい感じに仕上がってきましたので、引き続き、ご縁をお待ちしております m(_ _)m

PageTop

困ったちゃん

ぽんちゃん、元気にしているのですが、ちょっと困った事態になっています。

人間が起きている間はお利口にしているのですが、夜中、寝入った頃にガチャンコガチャンコ、トイレをおイタして騒がしいのです。
三角形のトイレは両サイドともナスカンで留めているのですが、それを力一杯引っ張るはぶん回すはで。

ぽんちゃんのへやんぽは長めにして、スキンシップも取るように心がけてはいるんですが。
ぽんちゃんの中で満たされないものがあるのは分かるのですが、こればかりは時間が解決してくれるのを待つしかないというか。

人間はそろそろ、安眠妨害でネを上げそうになっております。。。


で、うさ社会にも不穏な空気が
一番、ぶち切れているのが、あかりちゃん。
あかりちゃんは、うちに来たときからずっと特別扱いみたいな雰囲気があって。
今じゃベタベタの甘ったれお嬢なのですが、ぽんちゃんに特権階級を奪われたみたいに思っているのかもしれません。

とにかく、ぽんちゃんに突っかかるったら
初めは受け流していたぽんちゃんも、そのうち、マジで応戦するようになり・・・
そしたら、何故かクマさんまで参戦して大騒ぎだし
(クマさんは、一応、あかりちゃんの味方らしいです)

関係あるかどうかは定かではありませんが、ナッツ坊は急にさかりが付いて、まみ~の足にまとわりついて離れないし
今までオシッコひとつ飛ばさなかったのにねぇ・・・。

困ったちゃんだらけで、かなーりトホホな事態になっておりまする。
なんだかウィンクちゃんがとってもお利口に見える、今日この頃です。

PageTop

8月16日のぽんちゃん

先週の日曜日、ふと思い立ってお客さま部屋をみんなに開放してみました。

本当は新しい子が来る予定でしばらく閉鎖していたのですが、来るのがが延期になってしまったので、それまではいいかな? と。
床のマットも全部洗ってきれいにした後だけど、またそのときに拭いて消毒し治せばいいんだしね、、、と。
結局、みんな大ハッスルで人間的には大後悔の結果となったのでありましたが。


まずは、ぽんちゃんから。

200816 DSC_0015 (2)

メニューはイタリアンライグラスと乾燥葛の葉です。
ぽんちゃん、イタリアンライグラス大好きなんですよね。
ぱっと、お顔が輝きましたよ。



200816

食べながらお部屋を探検。



200816 DSC_0050 (2)

ぽんちゃんの大好きなわらっこトンネルさんも持ってきましたよ。



200816 DSC_0063 (2)

土管さんもね。



200816 DSC_0103 (2)

やっぱり、まだちょっと元気がなかったんですけどね。

帰ってきた日、ぽんちゃんにしては●が小さくて量も少なかったので、1回だけプリンペランmix を飲んでもらいました。
いつもペコ氏がお薬をもらうのを羨ましがっていて、ときどき若い子たちにもアクアライトをシリンジであげていたから、大好きなはずなんですけど。
そのときは、思いっきりうさパンチされてシリンジたたき落とされましたっけ。
すぐに気がついたのか、バツの悪そうな顔していましたっけが。



200816 DSC_0105 (2)

まあね、きっとそのうちいいこともあるから、今はゆっくりしてね。



200816 DSC_0136 (2)

やっぱり、美味しいものを食べるのが一番かもね。



200816 DSC_0180 (2)

ここの段差が気に入ったらしいです。



200816 DSC_0188 (2)

戻ってきてから、すっかり甘えん坊になって、ことあるごとになでなでを要求されます。
気の済むまでなでなでしてあげたいけれど。
そういうわけにもいかず、困ったもんです。。。


PageTop

ぽんちゃんのこと

ぽんちゃんのことで、昨日の記事で言葉足らずだったことがあるので、書いておきます。

それは、ぽんちゃんが戻ってきたことについては、誰も悪くないということです。
最善ではなかったかもしれないけれど、各人ができうることをやって、この方法しかなかったのです。

主にお世話をされる方が海外からいらした方で、
たぶん、文化の違いというか動物を飼うことについての考え方が根底のところで違うのではないかな?
と思っています。

非常に合理的に判断されるというか。
多少の努力で解決できることであればやるけれど、ダメだと思えば傷が浅いうちに解消するという。
うさぎさんの気持ちを考えていないわけではなく、返さざるを得ないのであれば一刻も早くと、そういうことだったのだろうと思います。

里親さまには大変誠実に対応していただきました。

ただ、こちらの言うことにもう少し聞く耳を持っていただきたかった・・・
というところはあるのですが。
日本のうさ飼いさんがどんなふうにうさぎさんと暮らしているか。
少数派ではあろうと思いますが、日本でも放し飼いにしておられる方もいらっしゃいます。

元がケージに閉じ込めて飼われていた実験うさぎさんですから、いきなり放し飼いは無理があったのは確かですが、拠点となるうさぎ用ケージを一つ準備するだけで結果は全然違ったのではないかと思うところもあり・・・。
敷き紙とトイレ材を囓れないようにトレイと床スノコが分離されているケージにすれば、床材を囓ることの問題は解決しますし、落ち着けば、オシッコのほとんどはケージで済ませてお外に出てくるようになるでしょうし。
あとは部屋の四隅に外トイレを設置することで、ほぼ解決できたと思うわけで。

たぶん、ケージに入れるというのが主義ではなかったのだと思いますが、うさぎさんにとっても自分だけの閉ざされたスペースがあることは大きな安心になります。

その辺の考え方も根本的に違ったのでしょうと思うのですが。


あと、個人でうさぎの保護と譲渡を行っているということは、なかなか理解しがたいのかもと。
国によっても違うのでしょうが、それなりの規模で組織的に活動されるのが一般的かな?
とも思うので。
いろんな意味で考え方がドライというかクールというか、なんでしょうね。
あくまで、推測ですが・・・。



200816 DSC_0032 (2)

ぽんちゃんは元気です。
ただ、ひどく傷ついているのは確かで、見ていて切ないです。

帰ってきたとき、明らかに戸惑っていて。
なんで戻ってきたのか分からないって感じで、かなり錯乱していました。

里親さま宅にいた間、とても可愛がっていただいたのであろうことは、ぽんちゃんを見てすぐに分かりました。
ぽんちゃんは、この2週間、とても幸せだったのであろうと。
ぽんちゃんはずっと里親さま宅で暮らすのだと信じていたでしょうに。

一緒に連れてこられた子たちの中で一番、自分の置かれている状況を的確に判断していたのはぽんちゃんでした。
非常に空気を読む子で、こちらの方をチラチラと見やりながら、
おとなしーくしていたり。
思いっきり、はじけたり。

そんなぽんちゃんだから、戻されてしまったことは、それはショックだったろうと思います。
今まで、よそのお宅に行った後に戻ってきた子はいないもんね。
ぽんちゃんは、ちゃんと分かっていると思います。

切り替えの早い子ではありますが、明らかにまだしょげているので、どうやって慰めてよいものやらです。
早く立ち直ってね、、、と願うばかりです。

PageTop

ぽんちゃん、お帰りなさい 💦

8月2日に新しいお家へ行ったぽんちゃんですが、諸事情あって戻ってきてしまいました。
ぽんちゃんが床材を囓ってしまって安全に暮らせない、放し飼いのライフスタイルにぽんちゃんはなじまない、という理由からでした。

囓るのと掘るのがうさぎさんの仕事。
ぽんちゃんに非はないので、解決のためのご提案もさせていただいたのですが、里親さまの方にぽんちゃんに歩み寄るおつもりがないということで、残念な結果になってしまいました。

文化の違いもあるでしょうし、里親さまにぽんちゃんと一緒に暮らす意思がない以上、仕方がないということで、本日お返しいただきました。
命あるもの、心のあるものなのだから、思っていたのと違ったからといって簡単に返品するようなことは、今後しないでほしいことはお伝えしました。

返しに来られたご本人はぽんちゃんのことを気に入ってくださっていて、手放すことを本当に残念がっていらっしゃいましたが。
こういうご縁もあるのだということなんでしょうね。

こちらもお試し期間を設定していないので、こういうリスクもあることは承知はしておりました。
ただ、実験うさぎさんという特殊事情もあって、幸せにしてあげたいという思い入れを持ってお迎えしてくださる方がほとんどですから、今までこういったことはなかったのですが。



200815 DSC_0043 (2)

で、帰ってきたぽんちゃん。
何故かぽんちゃんのおうちはそのまんま残っていたのでありました(笑)

ぽんちゃんのために、昨日、葉っぱを収穫して干しておきましたからね。



200815 DSC_0057 (2)

ちょっと元気なさげに見えたぽんちゃんですが、早速、お部屋の見回りに行きたいと聞かず。
こっちのお部屋にはまた誰か来そうですよ。



200815 DSC_0063 (2)

ひとしきり見回ったら気が済んで、ぽんちゃんお帰りなさいパーティーのバナナを食べます。
ぽんちゃんがいなくなって、みんなのバナナが大きくなったのは2週間のことでした。



200815 DSC_0068 (2)

新しいお家でちゃんと気に入ってもらえてたら、もっとたくさん食べられたのにねぇ。



200815 DSC_0078 (2)

ちょっとのバナナでも満足して、ごちそうさまの笑顔 (*^▽^*)



200815 DSC_0085 (2)

ぽんちゃん、その調子でトイレ修行もやり直しましょうか。


というわけで、経過観察して問題なければまた里親募集再開しますので、よろしくお願いいたします m(_ _)m


PageTop

6月21日のぽんちゃん その2

おさぼりすみません m(_ _)m

気を取り直しまして、ぽんちゃん第2弾です。

200621 DSC_0835 (2)

お遊びに忙しいぽんちゃん。



200621 DSC_0863 (2)

お決まりのバリバリもやって。
おイタするのもヒトの反応を見ながら控えめに (^_^)



200621 DSC_0865 (2)

またまたトンネルくぐりと



200621 DSC_0867 (2)

嬉しいなジャンプ。



200621 DSC_0874 (2)

わらっこトンネルさんも



200621 DSC_0885 (2)

ぽんちゃん、アジリティできそうだよね。



200621 DSC_0896 (2)

ときどき思い出してはオヤツをつまみます。



200621 DSC_0907 (2)

おっと、ちびっ子トンネルさんに挑戦です。



200621 DSC_0909 (2)

おーーーっ くぐり抜けましたよ



200621 DSC_0924 (2)

どうやら、ぽんちゃんはおだてに乗るタイプみたい  ヽ(≧∀≦)ノ



200621 DSC_0928 (2)

これからも楽しいぽんちゃん、期待してますよ


PageTop