兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ10羽にヒト1人の日常です                 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ペコ&おびやんのうさんぽ

ぶっちゃんとハクたんに続きまして、おびやんとペコちゃんもうさんぽに行きました。
10月25日の様子です。

今回は、先週行かなかった方の湖畔に行ってみました。
そこそこ草が生えていて、いい感じです。

なんだ、久しぶりだな

おびやんも去年来たの、覚えているかな?



ボクも久しぶり♪

ペコちゃんは、もう何回か来てるから大丈夫。



お洋服がちょっとなぁ・・・

去年はゆるゆるだったハーネスも、今年はジャストサイズ。



お前、生意気だぞ!

ペコちゃんがおびやんにケンカを売りたがるんですが、おびやんはスルーしていました。
実はこの後、ペコちゃんがしつこいもんだから、パンチとケリを入れられていましたが。



俺様の相手じゃないからな

この2人、前はいつも同じ区画にいたし、いいケンカ友達だと思っていましたが、そういえば、ペコちゃんがおびやんに噛まれてピエロさんになっちゃったことがありましたっけ。



さて、どっちに行くかな

おびやんは大人になったけど、ペコちゃんは相変わらずなのかな?



これが邪魔だな

やっぱり、リードが気に入らないおびやん。



気に入らねぇ!

このリードはちょっと短いのですよね。
でも、可愛いから使っちゃいます。



しょうがねぇな

おびやんはちょこまか走って遊びました。



好きにしていいって言われても困るんだよなぁ・・・

ペコちゃんはなかなかエンジンがかからないみたい。



この辺が気になるかな

しばらーくしたら、もそもそ動き出しました。



あれ、何だろう?

何か気になるものでもあったのかな?



気になる、気になる!

ボンレスハムって言わないでね(笑)



ここヤダ・・・

おびやんが川の方にばかり行って危ないので、芝生の広場に移動しました。
そろそろ、紅葉がいい感じです。



オレは悪くないと思うぜ

抜け毛がひどくて、おびやん、アホ毛が出ています。



だってヤだもん

せっかく調子が出てきたところだったのに、移動してゴキゲン斜めのペコちゃん。



やーだーもーん

このやる気のない顔(笑)



準備体操は終わったぜ!

おびやんはやる気満々。



うん、じゃあ、ボクも行こうかな

ペコちゃんもやっとエンジンがかかって遊び始めました。



誰か来る!

でも、向こうから人が来て、警戒態勢です。



大丈夫になるまで葉っぱ食べてよっと

葉っぱを食べながら、やり過ごしました。



もういいかな?

もう大丈夫ですよ。



じゃあ、行くか

とってもゆるゆる遊んだペコちゃんです。



オレは勝手にやってるぜ

おびやんも手がかからない、いい子です。



楽しいな、ここ!

おびやんは動きが早くて、走っている姿が撮れません。



あっちの藪に行きたいんだが

せっかくいい子にしてたのに、藪を見つけちゃってさあ大変!



良い子は藪に行っちゃいけないのにね

ペコちゃんはあまり冒険しないたちらしいです。



オレは行くぜ!

何度連れ戻しても、藪に行きたがるおびやん。



走りすぎたー

ペコちゃんは最後にものすごい勢いで走りまくって、くたばりました。
急にスイッチが入ったような、ちょっと危険な感じの走り方だったので、要注意です。



オレは逮捕された

おびやんは、最後にやらかしてくれまして、手の届かない藪の奥まで入って行ってしまって、大変でした。


2人とも、ちょっとアクシデントはありましたが、楽しく遊んで帰ってきました。
次はユキリキちゃんを連れて行きたいなと思っているんですが、その後、どうも週末のお天気が良くなくて。
これからの週末はイベントが続くので、どうでしょうか。。。


PageTop

ぶっち&ハクたん、うさんぽに行く その3

じゃあ、また走ろうっと!

元気いっぱいのぶっち君、その後もぴょんぴょん跳んでおりました。



懲りないヤツだね

ハクたんだって初めて来たときは、あっちこっち跳ねまわって大変だったじゃない。
もう忘れちゃったのかな?



ばびゅーんだよ!

ハクたんに比べれば、ぶっちゃんの方がうんとおとなしい(笑)



ねぇ、ボクすごいでしょ?

はいはい、ぶっちゃんは気の済むまで走ってくださいな。



ね? ね?

年寄り2人(ハクたんとまみ~)は、ひたすら見物です。



そのくらいにしとけよ

ハクたんも、ぶっちゃんの元気を分けてもらった方がいいんじゃない?



うーんとね、

ぶっちゃんも、いつも優等生してるから、たまにはやんちゃしてもいいんですよ。



でも、やっぱり走る!

どんどん高齢化していく我がウサギ界ですが、若いもんが頑張ってくれるのは嬉しいですね。



だって楽しいんだもん!

次の時代を担うのは、多分、ぶっち君ですからね。
よろしく頼みますよ。



ボクは付き合わないからね

レンちゃんが隠居を決め込んでいるから、今はハクたんが影のうさボスですからね。
拗ねてないで、しっかりね。



なんだつまんない

そろそろ日も傾いてきたから、行きますか。




お池の周りをぐるっと回って、最後にお山に登ってみました。

うーん・・・

てっぺんは日が当たってまぶしそうだったので、その手前の木陰に陣取りました。



イマイチだね

イマイチ乗り気じゃない、ハクたん。



ボクもです

ぶっちゃんも、ずっとキャリーの傍でもじもじしてるし。



早く帰りたいです

まみ~は、ひぃひぃ言いながら2人を担いで登って来たんですけどね、、、
不発でしたか。



これでどう?

ハクたんに、
「アップで撮るから、いいお顔して!」
って頼んだら、このお顔(爆)



ここは怖いから、まみ~と一緒にいるです

相変わらずまとわりついて来る、このオトコ。



じゃあ、ハクたんと一緒がいいです

2人で遊んでいらっしゃいって、言ったんですけど、ずっと光合成してました。



ねぇ、もう帰ろうよ!

最後にちょこっと走って、お山を後にしました。



下って行く途中、ハクたんのお気に入りの場所に寄ってみました。
ここは、午前中はいいんですけど、午後は日が全然当たらなくって真っ暗です。

そうだよ、

人間的にはそそられないんですが、出てくるなり目が輝いたハクたんです。



初めからここにすれば良かったんだよ!

可愛いから、もう1枚。



ぶっちゃん、ここは大丈夫だよ

ハクたんはあっちこっち走っていましたが、残念ながら、暗すぎて写真は撮れず。



ホントかなぁ・・・

これまた初めての場所で、緊張しているぶっち君。



ハクたんと一緒にいれば大丈夫だね!

今日はハクたんと一緒に来て良かったね。
ぶっち君も、この後、ハクたんについて回って遊びました。

日が暮れるまで、みっちり遊んで、まみ~は帰り道、足が笑いそうになっておりました。
前はユキリキちゃんと一緒でも大丈夫だったのに、もう、歳ですな。
というか、ただの運動不足かもですが。。。




PageTop

ぶっち&ハクたん、うさんぽに行く その2

藪に引っかかったぶっち君を救出して、仕切り直しです。

ちゃんと、まみ~の言うことを聞かないからだよ

こうやって、曲がりなりにも一緒に遊んでくれるのは嬉しいですね。



あー、今度こそやっちゃったかも・・・

が、、、

またしても、ぶっちゃん、藪の中に入ってしまって、今度こそ絶体絶命のピンチ!
懲りないオトコです。



ボクはいい子にしてたのに、コイツが悪いんです!

救出されたら、何故かリードに八つ当たり。
悪いのは、それじゃないと思いますけどね。



ちゃんと謝れよ

で、また仕切り直し(笑)



じゃあ、これからはいい子にする!

懲りないオトコは切り替えも早いです。



ボクはいつでもいい子だけどね

ハクたんもちょっと楽しくなってきたかな?



ほら、勝手にどんどん行っちゃダメだろ?

うさんぽ慣れしていないぶっち君には、



うー、ゴメンナサイ

ハクたんの教育的指導が入ります。



じゃあ、行こう!

ぶっちゃんは、お構いなしなんですけどね。



ダメだこりゃ

あれをナントカしろと言わんばかりのハクたん。



ハクたーん!

まあ、若いんだから、



走ると楽しいよ!

好きにさせてやりましょう。



お洋服がなんかヘンだけど、関係ないよ

ずっと気付かずにいたのですが、いつの間にか片肌の脱げていたぶっちゃんです。



ほらね!
散々跳ねまわってもすっぽ抜けなかったのは、ぶっちゃんが急な動きや無理な動きをしない子だから。



やっぱり、なんかヘンだね

そろそろ、直しましょうかね。



まあいいけどね

ちょっと大きいけど、ぶっちゃんは危なくないと思って、むっちゃんのハーネスを借りてきたんだけど、やっぱり無理がありましたかね。



だって飛べるもん!

ほら、もういいから。



やっと直してもらったよ

ぶっち君にもハーネスを買ってあげたいな。



やっぱり、コレ邪魔だよ~

くしゃみが完全にやんでいたら、うさフェスタに行ってうさQさんに作ってもらえるんですけど。



まみ~、好き♪

気ままなぶっち君ですが、甘えん坊度は No. 1 。
気が付けば、まみ~の後ろに回って、しがみついていたりします。
何しろ、部屋んぽしているときでも、どこに行くにも足元にまとわりついて、踏んずけそうになる子なのです。



ハクたんも好き・・・

諸先輩方のいるウサギ界でも、ぶっち君はそれなりによろしくやっておりますが、、、



だけど、、、

今回は、ちょっと失敗しました。
ハクたんにご挨拶するタイミングがちょっと合わなくって、、、



ヤバい、逃げろ!

ちょこっとむしられてしまいました。



だって、コイツ生意気じゃん!

とっさに、まみ~が間に入ったのでそれで済みましたが、ハクたんとしては面白くない。



しょうがないなぁ、、、

まあ、でも、うまくやってくださいな。



許してやるか

うん、ハクたん、大人だねー。



ゴメンナサイ・・・

ぶっち君のほっぺが膨れているのは、むくれている訳ではありませんで、、、

葉っぱを食べているだけなのです(爆)



まだ続きます。。。

PageTop

ぶっち&ハクたん、うさんぽに行く

19日の日曜日は、超久しぶりにお山にうさんぽに行きました。
メンバーは、ハクたんとぶっち君。


久しぶりに来たよ

ハクたんは慣れたもので、すぐにお気に入りの場所に行って遊んでいます。



緊張・・・

ぶっちゃんは、固まっています。



そういえば、去年も来たっけ?

ぶっち君、去年もここで遊んだの、忘れちゃったのかな?



走っていいんだって!

やっと調子が出てきました。



なんか楽しくなってきた!

ぶっち君は慎重に走るので、ついていくのも楽ちんです。



なんかヘンな音がしてるよ・・・

やっと調子が出てきたかと思ったら、向こう岸の道路を走る車やバイクの音にびびって、また固まっちゃいました。



そんなの気にしなくっても大丈夫!

ハクたんは落ち着いたものです。



そうかぁ・・・

生えてる草の1本1本も珍しい、ぶっち君。



お外には知らないものがたくさんあるね

今日はお外を存分に楽しんで行ってくださいね。



じゃあ、出発だ!

やっと、エンジン始動です。



葉っぱがいっぱい落ちてるよ!

ハクたんのいる藪の方へ走って行きます。



面白そうなところ発見!

面白そうなものでも見つけたのか、ぐいぐい引っ張っていきます。



こういうの、好き♪

うん、でもそこまでにしておいてくださいね。
深入りしちゃ、ダメですよ。



これもいいけどね

藪の中に入られちゃイヤなので、原っぱに連れ戻しました。



これ、おいしいのかな?

葉っぱも食べてごらん、おいしいから。



うーん、、、

慎重派のぶっち君です。



顔でも洗って落ち着こう

どうやら、まだ緊張が解けないようです。



誰か来るよ

カラスの声がして、またフリーズ。



もう大丈夫!

気をとり直して、お気に入りの場所に GO !



ひゃっほー!

ゴキゲンになりました。



よっしゃ、

もう、大丈夫かな?



行こう!

だから、そっちに行かない!



ボク、いい子にしてるから、一緒にいてね

ハクたんは他の子と一緒だと不機嫌になっちゃって困ったものだったのですが、どうやら、ぶっち君とは相性が良さそうです。



約束だよ!

傍に来ると、ぶっち君がさっと身体を低くして、ハクたんの顔の下にアタマを突っ込むんですね。



なんか言ってら!

これがうまくいく秘訣のようです。



じゃあ、行こうか!

なんだか、渋々のハクたんですが、いい感じです ^^



助けてください・・・ボクはいい子のはずなのに・・・

が、、、ここで、ぶっち君に危機が。
1人で藪に入って行って、リードが引っかかって動けなくなっちゃいました。
だから、言ったじゃん。。。


って、こんなところですが、次回に続きます。




PageTop

ユキ&リキ うさんぽ 後編

芝生の広場から人通りの少ない原っぱに移動してきたユキリキ。

今度は怖くないかなぁ・・・

こっちなら、安心して遊べるからね。
こちらの方が草もいっぱいでいい感じです。



やっぱり、怖い!!!

って遊びだした矢先、後方の登山道から下りてくる人たちの声がして、まみ~に群がるユキリキ (^^;;

この先は原生林への散策コースになっていますが、そのまま駐車場に向かえばこちらの方は通りません。

ね、だから大丈夫だってば。
でも、こうやって頼ってこられると可愛いですね。



もう大丈夫よ♪

人の声がしなくなった途端、はしゃぎだすリキちゃま。



ホントかちら?

一方のユキぴょんは用心深いです。



大丈夫だってばぁ!

リキちゃまは、もうゴキゲンです。
こんなに思いっきり走れるってこと、お家の中やベランダではないですからね。



わたち、怖いんだもん

さっきから、キャリーが二つとも転がっているのにお気づきでしょうか。
実は、下の地面が柔らかくて、ボコボコ(もぐらさんのお仕事の成果)安定が悪いんです。
で、ユキが上のハッチから中に飛び込んだ瞬間、キャリーが倒れてしまうんです。

キャリーの向きが反対なら、倒れた瞬間にハッチが閉まってウサギさんは中に閉じ込められます。
ユキがそんなことして何回も遊んでいるので(転がるのも結構、楽しいらしい)、これ、ウサギ罠にいいんじゃないかと思ってみたり。
この辺りは、野ウサギも結構いるんですが、アナウサギじゃないから箱の中に入る趣味はないかな?



この上ならきっと大丈夫だわ

両方ともハッチが閉まって入れなくなってしまったら、今度は上に乗って遊びます。



アイタッ!

んで、また、転がって(爆)

ウサギって何故かこういった危険なお遊びも好きですが、良い子のウサギの皆さんは絶対に真似をしないようにしましょう。



ユキちゃんがやったんだから

とうとう、2つともキャリーは裏返しになって、これでは遊べないとリキちゃまが不満顔。



やっぱり、わたち入る!

直してやったら、早速入ります。



リキちゃまのキャリーがメチャクチャだわ

自分も中に入って遊ぼうと思ったのに、中がぐちゃぐちゃでこれまた不満顔のリキちゃま。
だってさ、きれいに直したって、どうせまたすぐにユキぴょんがひっくり返すんだもん。



やっぱり、行く!

出たり入ったりが楽しいユキぴょん。



なんかおかちいわ

リードがキャリーに引っかかってるんですけどね。



進めないの

これこれ、あまり引っ張ると、ハーネスが壊れますよ。



わたちは行くんだってばぁ!

だから、そんな顔しない!(笑)



やっと自由になったわ

絡まっているリードを外してやったら、大喜びでまた、キャリーの周りをグルグル。

(リキちゃまは、手前の茶色いキャリーの中、ウサギ罠にかかっています)



おかちいわね・・・

ちみは、ちぃとおミソが足りないんとちがいますか?



わたちはこうちたかったのよ!

そして、今度はひっくり返らずに、うまくいきました



これがたのちいのよ!

良かったね、ユキぴょん。



ユキちゃんもこっちに来てごらんよ!

ウサギ罠から逃れたリキちゃまは、また走りに行ってます。



リキちゃまは知らないおじちゃんが来ても平気だったよ

この後、山から下りてきたおじさま方ご一行がユキリキを見つけて、見に来ました。
ちゃんと、動物のことが分かっている方で、
「そちらに行っても大丈夫ですか?」
って声をかけてから来てくださったので、大助かりでした。

以前、知らない人の声をかけられて発作を起こした前科一犯のユキをキャリーにしまって、リキちゃまを抱っこしてご一行様のもとへ。

「これ、イングリッシュなんとかってやつですか?」
って聞かれて、

「いえ、日本白色種って、昔、よく農家の庭先で飼われてたウサギですよ。」

「あー、小学校にいたやつだ!」
って、おじさま、嬉しそう。

初めはこわごわなでられていたリキちゃまも安心したのか、下に降りるって言って、ちゃんとお相手をしてくれました ^^

昔(今でも!?)は食用・毛皮用だったとか、ウサギの肉はソーセージのつなぎにいいんだとか、そんな話に花が咲きました。
この辺りも、ひと昔前は普通に食用のウサギがお庭にいる風景が当たり前だったようで、ウサギを連れていると、よくそういう話になります。
それでも、お話をしていると、そんな食用のウサギでも可愛がられていたんだろうと感じられて、それが動物と人間の本来の関係なのかもと思ってみたり。

ユキはその間、キャリーから顔だけ出してこちらを見ていたのですが、
「あれ、あっちはチェックのお洋服着てる、お洒落だねぇ!」 って。

「あっちにいるのは臆病で・・・」
って話してあったので、おじさま、体を低くして這いつくばって写真を撮っていかれました。
ユキぴょん的にも、ぎりぎりセーフだったみたいで、良いモデルを務めてくれました。



ちょろいもんね

ご一行様が去った後、リキちゃまはまたひとっ走り遊びました。



ユキちゃんはへなちょこだけどね

でも、ユキぴょんがイマイチな雰囲気だったので、もう帰ろうかってことに。
もうすぐ日も落ちそうでしたしね。



違うもん! ユキだって頑張ったもん!

それでもユキぴょん、お顔も明るいし、なんとか大丈夫だったみたいね。
って思ってましたけど、最後にプッツン来たように走り出しちゃって、なだめるのに大変でした。
前ほどじゃないけど、やっぱり、ユキぴょんは知らない人に会うのはNGみたい。
でも、今回は1歩前進ってことで。

体に似合わずびびり~ずな2人、こうやって普通にうさんぽを楽しめるようになっただけでも前進、前進です。
1年に1回くらいしか連れて来てやれないけど、また、来ようね。


PageTop

ユキ&リキ うさんぽ

11月2日の土曜日は、ユキリキとうさんぽに。

お山

お天気はイマイチの曇り空。
紅葉しているんだか、枯れているんだか微妙ですが、前はもっときれいだったはずだけど・・・
と、ちょっと残念。



先に行くわよ

芝生の広場が空いていたので、いつものベンチに陣取り、キャリーオープン。
リキちゃまが早速、駆け出します。



どうちよう・・・

一方のユキは、いつまでたってもキャリーから出てきません。



リキちゃま待っててって

というか、出たり入ったりだったんですけど。
本当は茶色い方のキャリーにユキを入れていたのですが、赤い方がいいんですって。



遅いわよ

やっとこさ出てきました。



ここ、楽ちいね

このベンチはみんなのお気に入り。
グルグルして遊ぶのが楽しいんですね。



こうしてれば、安心なんだから

ベンチ周りは湿っていてちょっとイヤな感じだったので、芝生の方に強制連行。
緊張すると、プロレスごっこを始める2人です ^^



わたち、ここにいる!

でも、すぐに2人りしてキャリーの方へ戻ってきて、ユキぴょんは自らキャリーの中へ。



リキちゃまはどこに行っちゃったのかちら?

リキちゃまは気ままに1人で遊びに行っちゃいます。
1人になると不安になるユキぴょん。



ユキちゃん、こっちだってば!

大丈夫、リキちゃまは遠くまで行かないし、呼べばすぐに戻ってきますからね。



どうちよう・・・

リキちゃまにつられて、すごすご出てきたユキぴょん。



ユキちゃん、遊ばないの?

この丸いベンチとテーブルも2人のお気に入り。



やっと出てきたわね

さあさあ、ユキちゃんもいつまでもこもっていないで、遊んでくださいね。



この中がそんなにいいのかしら?

あらら、ユキぴょんが出てきたと思ったら、今度はリキちゃまが入っていますよ。



ここ、おもちろい!

高いところが好きなユキぴょん、ベンチに登って遊びます。



だって、知らない人の声がするんだもん

せっかく調子が出てきたところでしたが、橋を渡って来る人の声がして、意気消沈。



ここがいいの

こちらまでは来なかったのですが、数人の人がすぐ近くの湖畔のベンチに座っておしゃべりを始めたので、キャリーごと2人を離れた場所に連れだしました。



おかしいわね

でも、すぐにまた戻って来ちゃった。
リキちゃまってば、柱の周りをグルグル回るもんだから、リードが巻き付いて動けなくなっていました。

まみ~が引っ張ってるわけではありませんからね、そんな顔しないでね。



ユキちゃんは来ないのかしら?

リキちゃまは1人でどんどん行っちゃいますが、



わたち、ここにいるんだもん

ユキぴょんは相変わらず。

やっぱり、人の声が気になるのかしらね。
じゃあ、川向うへ移動してみましょうか。

という訳で、続きは次回です。


PageTop

ついて行けません(^^;;

ハクたんに続きまして、むっちゃんのうさんぽ。

やっとボクの番

ハクたんが先に遊んでいても、おとなしくキャリーの中で待っていたむっちゃんです。



待ちくたびれちゃったよ

しばらくは、むっちゃんと一緒にいますからね。



葉っぱもいいけど、

葉っぱを食べると見せかけて、、、



やっぱ、飛ばなくっちゃね

いきなり大ジャンプ!



決まってる?

あっちへピョンピョン、こっちにピョンピョン。
やっぱり、むっちゃんが出てくると、ハクたんどころではなくなります。



ねぇ、もっとあっちに行こうよ

川辺とか、森の方とか、危ないところにばかり行きたがるむっちゃん。
「ハクたんのそばから離れないの!」
って、何度も連れ戻されます。



そして、芝生の広場へ。

まみ~、ダッシュだよ

こっちでも、ハクたんが先に遊んでからむっちゃんの出番です。
ハクたんのすぐそばに連れて来たのに、あっという間に別行動。



よし、今度はあっちに行こう!

ハーネスの首がちょっときついんじゃないかという気もしますが、また痩せるかもしれないし、このままでいいかな?



ねぇ、ちゃんとついてきてよ

むっちゃんは、とにかく、動きが急なので大変です。



しょうがない、一休みするか

すっかりへばって腰を下ろしたら、しぶしぶ付き合ってくれたむっちゃんです。



ホントは自由に走りたいんだけどな

休んでいる間、次はどっちに行こうかとか、いろいろ考えているんでしょうけど、



まみ~、反応が鈍いんだもん

よう、付き合えません。



そろそろ行くよ

行くよって合図は分かるけど、



ぴょーんだ!

こうなんだもん。



だから、まみ~、遅いよ

おびやんやぶっち君はこんな動きしないし、やっぱりこの子はどこかおかしいのかな~
なんて心配になります。



これ、邪魔!!

またぞろ、奥の森の方へ行きたいと駄々子するむっちゃん。



ねぇ、あっちに行こうよ

だから、ハクたんから離れないって言ったでしょ?



ちぇっ、つまんないの

ヘソが曲がりました(笑)



まだ、こっちは行ってないし

もう帰るよって、キャリーの方へ連れて来たら、まだ遊ぶって聞きませんでした。
むっちゃん、そろそろ大人になろうよ。
ま、永遠の末っ子ってことで、しょうがないかな?

PageTop

夏の終わり

9月23日のことです。

うさんぽに来たよ

前日のおび&ぶっち君に続き、ハクたんとむっちゃんのうさんぽです。



久しぶりの葉っぱのにおい♪

むっちゃんを出すと、どうしてもかかりっきりになってしまうので、先にハクたんだけ遊ぶことにしました。



まずは腹ごしらえだね

遅い時間に行ったにもかかわらず、前日とは打って変わって人が多かったので、まずは人通りの少ない林の中で。



むっちゃんは来なくていいからね

むっちゃんが出ると不機嫌になるハクたん。



ここ、ここ!

でも、先にまみ~とゆっくり遊んだから、いつもよりはマシだったみたい。



こういうのが好きなんだ!

本当は、ずっとまみ~には一緒にいてほしいんですね。



準備体操だよ

人気もなくなってきたので、芝生の広場に移動です。



風が冷たいよ

ハクたんは、草っぱらでもどこでも平気です。



まみ~、こっち!

実はこの日、お山はすごく寒くて、車を降りた瞬間、どうしようかと思ったほどだったのですが、動いていれば何とかなりました。



ちゃんとついてきてくれなきゃ困るよ

お気に入りのベンチの下。



お山は楽しいね!

やっぱり、ハクたんのペースで歩くのが一番楽です。
若い頃のようには走り回ったりもしませんし。



また、こっちだよ♪

知ってか知らずか、ときどきベンチの周りをグルグルして、まみ~を困らせるのですけどね。



グルグル最高!

うん、ややこしいところは楽しいね。



木も最高!

やっぱり、木のそばも好き。
根元に生えてた苔を試食していましたが、美味しかったのかしら?



次はどこに行こうかな

そろそろ、むっちゃんが出ますから、ハクたんは1人で遊んでてくださいな。
むっちゃんが出ている間は芝生の上で気ままに過ごしてくれるハクたんです。



そして・・・

もっと遊ぼうよ!

もうすぐお日様も沈みますから、そろそろ帰りますよ。



ボクはまだ帰りたくないな

ハクたんも、また来ようね。

人間もウサギもすっかり冷えてしまって、夏の終わりを実感した1日でした。
つい、昨日まで暑かったのにねぇ。。。


PageTop

おびやん、うさんぽデビュー 後編


これ、食えるのか?

おびやんは、草を食べたりとかは興味がないみたい。
ときどき、木の枝を齧っては放り出したりしていましたが。



警戒警報だぜ

突然、おびやんが伏せの姿勢に。
どうやら、向こう岸にいる人の声に反応したようです。



むっちゃんが言ってたんだ、

そんなこと、教えてないのに不思議です。
お山の公園で出会う人の後ろには、ワンコがセットで付いていることも多いので、知らない人が来たら隠れてくれるに越したことはありません。



山で知らない人に会ったらフリーズしろって

声が聞こえなくなるまでじっとしていたおびやんです。



もう大丈夫だぜ

ハーネスを付けられるか、出かける前にお部屋で確認していたから、その時にむっちゃんに教えてもらったのかな?
むっちゃんには新しいのを買ったから、これはおびやんのにすることにしたのですが、本当によく似合います。



ここが気に入ったぜ

気が付くと、木の根元に来ています。



大きな木だな

大きくてがっしりした木は、頼りがいがあるのかな?
ひょっとすると、ウサギさんたちは木とお話ができるのかな?



原っぱも悪くないけどな

一旦、ぶっちゃんと交代してから、また、仕切り直し。
キャリーの中ではおとなしく、じっと待っていましたよ



オレは向こうに行くぜ

草原のおびやん、とっても素敵なんだけどな。



ホリホリしてみるぜ

また、元の場所に戻って。



木の下が落ち着くんだぜ

うん、そこが好きなんだね。



やっぱり、身だしなみだな

また、身繕い。



おっと、、、

・・・と思ったら、バランスを崩してひっくり返りそうになっていましたよ
おびやん、垂れ耳だと、すんごく可愛いかも



もう、帰るのか?

そろそろ、帰る時間ですよ。
楽しかったね。



名残りおしいな

最後は、石を大事そうにホリホリしていました ^^
また、来ようね。


PageTop

おびやん、うさんぽデビュー

3連休の2日目は、久しぶりにお山に出かけました。
おびやんとぶっち君、うさんぽデビューです。


お山



まずは、おびやんから。

ここはどこだ?

ラッキーにも芝生の広場が空いていたので、ベンチの脇にキャリーを置いて陣取りました。
2人一緒に出すと大変なことになりそうなので、代わりばんこです。



走っていいのか?

初めは緊張して固まっていたおびやんですが、すぐに動き出しました。



草がいっぱいだ!

お外は広いでしょ。
いっぱい走っていいんだからね。



オレ、こっちがいい!

でも、おびやんったら、すぐにキャリーのあるベンチの方に引き返しちゃって。



原っぱは、

まみ~は、草の上で遊んだ方が楽しいと思うけどな。



なんか出そうだぞ

でも、原っぱはかくれる場所がないから怖いんですって。



やっぱり、こっちで遊ぼうぜ

うん、じゃあ、好きなところに行ってごらん。



これなんだ?

この木の根元は、何故かみんな大好きです。



あっちに行ってみよう!

背中の鈴をチリンチリン鳴らしてちょこまか走る、おびやんはとっても可愛かったです。



おもしれぇな、ここ

意外にも、とってもうさんぽ上手なおびやん。
ちゃんとまみ~がついてきているのを確認してから走り出しますし、リードがいっぱいになったら足を止めます。
おびやんは元気がいいから危ないんじゃないかと思いましたが、そんな心配は無用でした。



お出かけのときは、きれぇにしねぇとな

楽しいおびやん。
こんなサービスもしてくれました ^^



爪だって切ってもらったんだぜ

顔を洗ってる時って、目があさっての方向を向いちゃってるんですね。



あんまり、

ずっとほったらかして爪も伸び放題だったから、遊びに行く人から順番に切っていったのですが、おびやん、爪が伸びるのが速いみたい。
おびやんは、ときどき、きち先生にも切ってもらっていたのにねぇ。



ジロジロ見るんじゃねぇよ

可愛いおびやん、まだ続きがありますよ ^^


PageTop