兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

リキちゃまの膿瘍

先週の4日(土)のリキちゃまの診察。

週明けくらいから目に見えてアゴの左側が腫れてきていて、今週は病院に行くからその時でいいわね、
って思っていたところ、あれよあれよという間に大きくなって。
これはいかんと、木曜日の晩に先生にヘルプコールをしたけれど、ほっといていいとのご指示。
もうね、顔の形が変わっちゃっているし、痛々しいしで、可哀想だったんでありますが。


それで、土曜日に診ていただいたら、
「切り頃ですね」 と。
触った時に膿の袋が動く状態のときはダメだけど、ここまでパンパンになれば切り頃なんだそうです。



DSC_0525 (2000x1333)

消毒して、



DSC_0529 (2000x1333)

注射針でプチッと刺して、



DSC_0530 (2000x1333)

すぐに膿が出てきました。



DSC_0532 (2000x1333)

さらにはさみで穴を広げ、



DSC_0533 (2000x1333)

もう、膿が糸引いちゃってます。



DSC_0534 (2000x1333)

細い棒で穴を確保しつつ、



DSC_0538 (2000x1501)

チューブで膿を吸い出し、

リキちゃまの左手が、
「先生、やめて!」
と、バシッと決まっていますが、抵抗もむなしく。



DSC_0542 (2000x1333)

さらに、シリンジで膿を吸い出し、



DSC_0544 (2000x1333)

イソジンを注入して、シュポシュポ洗い、



DSC_0550 (2000x1333)

抗生剤を注入して、



DSC_0552 (2000x1333)

オシマイ。



DSC_0553 (2000x1333)

どんどん骨を溶かして、その中に膿がたまっていくので、根本治療はないそうです。
うまく付き合っていくしかないようですが、見ても全然分からないようなうちから発見していても、なすすべがないというのも切ないなあ。。。

患部は、2日に1回、お湯をひたひたに湿らせたティッシュでジャブジャブ洗うようにとのこと。
そこから膿が出て行くようになるので、今回開けた穴がふさがらないようにと。



DSC_0560 (2000x1333)

ピンボケですが、ひどい目に合って恨めし気なリキちゃま。
身体は一番でかいけど、一番の小心者でもあります。

リキちゃまにはイチさんの跡を継いでもらわなきゃいけないんだから、ガンバだよ!


PageTop

病理組織学検査結果

イチさんとハクたんの病理検査の結果が出ました。


イチさん

DSC_0756 (2000x1441)

肉眼的に変化のあった肺と脳の検査をしていただきました。

肉芽腫性気管支肺炎
脳質拡張と囲管性細胞浸潤

との診断ですが、これが決定打だったのだろうか・・・と、ちょっと割り切れない思いがあります。
肺の方はやはり、抗酸菌の仕業ですが、死ぬほどのものではなかったようです。
弱ってきて日和見的に出てきたのだろうと、先生はおっしゃっていました。

脳の変化は気になりますが、イチさんの頭の中で徐々に徐々に何かが起こっていたのでしょうね。
緑内障を発症したり、開張肢になったり。
どんどん不自由になっていったのと関係があるのでしょうか。
最後の頃は金網に向かってどんどん前進して行っちゃったり、動きもおかしかったですし。

イチさんが急に悪くなったのが、ちょうどリキちゃまの膿瘍が発覚した時なんですね。
なんかね、
「あたしはもう十分やってもらったから、リキちゃまに譲るわ」
ってイチさんは思ってたんじゃないかなって気がするんです。

ずっと低空飛行ながら安定していて、このままあと半年くらいは生きてくれるんじゃないかって思っていたのに。
ストンと悪くなって、さっさと行ってしまった。
気を遣ってくれたとしか思えないんです。

いろんなことをよく見ていて賢い子でしたから、自分から身を引いてくれたのかなって。
そんな必要ないのに。
ずっとずっとお世話させてくれればよかったのに。
切ないです。



そして、ハクたん。

DSC_0754 (2000x1777)

ハクたんも怪しげなところはみんなやっていただいて、盛大に所見が並んでいます。

読んでもいろいろありすぎてさっぱりなので、
「先生、これどういうことですか?」
って聞いたら、

「いや、ボクにも分かりません」
って返されました。

大元はは肺炎からだそうです。
そこから波及して、あっちゃこっちゃ悪くなる。
「こういうの、多臓器不全って言ってもいいんじゃないでしょうか」
とのことです。

西洋医学だと原因となる菌があって、そこからスタートするけれど、東洋医学では、、、なんてお話もあって、もしかして、ハクたんも山内先生に診ていただいていれば、それはそれで面白かったかもねって思いました。
でもそっちに乗り換えるのも相当の覚悟がいりますから、それなりに確信がないとできないよな~とも。

ただ、分かったのは、ハクたんはとにかくもう限界まで頑張ったんだってこと。
解剖していただいているときに、昔、きちさんに来ていたニュージーランドホワイトのフジさまが10歳まで生きたので、ハクたんもそれくらい生きてくれないかな~って思っていたと言いましたら、先生も、
「フジさまか~、懐かしいなぁ・・・」 って。

でも、ハクたんの寿命は、やっぱりこれだけだったんだなって。
もう少し手厚くお世話ができていれば、もっと頑張れたんじゃないかとか、いろいろ思いましたけど、なんだか納得できた気がしました。


脳の方は、ハクたんもてんかん発作やら何やらいろいろありましたから、これがどういうことなのかはよく分かりませんけど、それなりにって感じでしょうか。
先生、気を遣ってくださって、飼い主の前では頭は開けなかったのですが、肉眼的に少し出血があったそうです。
最後に暴れてたのは、アタマの中でいろいろ起こっていたんでしょうか。
多分、とっても苦しかったのだと思うのだけど。


そして、何より。
検査していただいて良かったな~と思ったのは、ハクたんは抗酸菌感染症じゃなかったって分かったこと。
ハクたんも激しいくしゃみがあったし、だからこそ、この子も抗酸菌に違いないって早々に酸素室も導入しました。

我が家に抗酸菌を持ち込んだのは、実は、ハクたんではなかったかと、ひそかに疑っていました。
最初に発症したのははるっちですが、だからといって、はるちゃんが持ち込んだとは限らないじゃない?って。
はるっちと一番仲が良かったハクたんをひそかに疑っていました。

ハクたんは実験ウサギですが、ダッチさんたちとは違ってコンベンショナルのウサギです。
さすがに昔ながらのではないでしょうが、農家さんが副業で飼ってるようなウサギです。
実際、ラボに来るウサギがくしゃみをしている時があって、普通に考えればパスツレラですが、ひょっとしてひょっとすると・・・
という疑惑もないではなかった。

その疑惑が払しょくされたということ。
同じようにくしゃみをしていても、みんながみんな抗酸菌症ではないということ。
今回、それが分かったのはとても大きなことでした。

ハクたんと似たようなくしゃみをするのはレンですが、果たしてどうでしょうか。
答えが出るのは当分先でいいですけど。

ぶっちがあれほどたやすく抗酸菌で死んでしまったのは、ラボから引き出されてきて免疫を獲得する間もなく感染してしまったからなのだろうと思います。
娑婆の生活が長い子たちはくしゃみは出ても、ちゃんとみんな生きてますもんね。
病原体の巣窟みたいなとこから来たふくちゃまなんて、くしゃみのくの字もないし。


あと、脂肪肝の原因が気になっていたのですけど、先生は、やはり、最後、食べられなくなったせいじゃないかという見解でした。
ハクたん、それまでは高栄養のお団子とペレットをビックリするくらい食べてましたから、もしかして食餌のせいじゃないかと思っていたのですが。
もしそうなら、今後、同じような経過をたどる子がいた時に食餌の内容を見直さねば・・・と思ったのですが、どうやら、大丈夫なようです。

ハクたんにしても、イチさんにしても、最後の頃の食餌内容はものすごかったけど(プチラビットてんこ盛りとか・笑)、残り少ない命になった時、好きなもんを好きなだけ食べさせてやれて、それは良かったな~と思っています。
若い頃は節制させていましたが、最後までそれじゃあね。


先週のラビットホッピングのときに社長さんに、高齢になって食べているにもかかわらず急に痩せちゃう子が多くてって話をちらっとして。
そういう時に、いい餌、ないですかねぇって。
社長さんもそう思って、一時期取り組んだことがあったけど、なかなか難しいみたい。
高たん白にしても吸収できないとか、お腹を壊しちゃうとか。

吸収しないから、プチラビットを山盛りくっても、イチさんは痩せこけて死んじゃったし、ハクたんの脂肪肝もそのせいじゃなかったってことでしょうか。
一生懸命食べさせて効果がなかったというのはがっかりですが、まあ、美味しいものをお腹いっぱい食べられたのは幸せだったんじゃないかなってことで。

なんか、まとまりがなくてすみません m(__)m

PageTop

すっきりしない

おびやん。
口の中はどこも傷ついていない、というのが気になっていたのですが。
それなら、牧草を食べない原因は歯じゃなかったのかな? と。

お腹の方は、牧草を食べなくなって、バランスが崩れたかな?
という印象でした。

アスゾールを飲ませて2日。
病院に経過報告を入れました。
その前1週間に比べれば、多少、牧草を食べるようになりましたが、それ以前に比べればずっと少ないと。
牧草以外の元気、食欲、ウンチの状態に問題なし。

あと、ちょっと気になったのが、妙にハイテンションなこと。
やたらブゥブゥ鼻を鳴らして、ロフトからハウス、トンネルの1周コースを行ったり来たり。
あげくに、コテッまで。

若い頃はいつもこんな感じでしたが、それなりに年をとって、今じゃそんなことしなくなっていたんですが。
プリンペランmix にペリアクチンが入っているので、そのせいかな?
と思いましたが、先生もそうかもと。


「やけに機嫌がいいんですよね」
と言いましたら、

「ホッピング、やりたいんじゃないですか?
じゃあ、頑張ってみるとか。」

とおっしゃるので、

「それが、やっぱりうさフェスには出られないことになって。
どうせだから、しばらく休ませようかと思っていたんですが・・・」

なんて。


土曜日の診察のときには、出場者の選考がぐだぐだなのを先生にまでぶーたれていましたっけ。
「お祭りなんだから、できる子もまだまだな子も、みんなで楽しくできるようにしてくれたらいいのにね」 って。

日曜日は出かける準備をしていたら、ハウスの中に引きこもって、
「オレはいかねぇ・・・」
って言うから、

「うん、分かってるよ。
今日は、ななちゃんに頑張って来てもらうから、おびやんは休んでな」
 って。

そのときよりはぐんと調子は上がってるみたいですが、じゃあ、何で牧草食べないんだろ。


とりあえず、アスゾールは5日分飲ませ切って、その後の経過でまた検査するなりなんなり考えましょうということになり。
3月は予定がぎゅうぎゅうで、おいそれと病院にも行けそうもないから、おびやんには早いとこ立ち直ってほしいなあ。。。


PageTop

鬼のかく乱!?

おびやんが、今週の初めくらいから急に牧草を食べなくなりまして。

日曜日はホッピングの練習会から帰ってきて、バリバリ食べてたし。
月曜日も普通に食べてたかな?
記憶もすでにアヤシイですが、そうすると火曜日くらいから?

手を変え品を変え、カナダ2番、US3番、オーチャードグラスと、あれは食うかこれは食うか状態で。
もらうたんび、おびやんは嬉しそうにクルクルするのだけど、結局、食べられない。
みーんな、床に敷き詰めていました。

唯一ヒットしたのがオーツヘイ。
レンさまはほぼほぼオーツヘイしか食べないし、ユキリキちゃんもこの頃また不安定でオーツヘイしか食べないこともあり。
もう、大人気です。


これでペレットも食べないだとか、元気がないとかであれば、即病院ですが、なんか元気なんですよね。。。
食欲も牧草以外は問題なし。
ちょうど食べなくなった時期が新しい牧草の袋を開けた時だったから、ロットが変わったせい???
なんて思ったりもしたのですが。
人間の目から見て、前のよりちょっと落ちるかな?
というのもあったので。

でもな~、どんだけ牧草の質が落ちても、おびやんだけはちゃんと食べてたんだけどな。
おびやんが食べなきゃ、誰が食べるのってくらいに。
それに、今回はななぶーもむっちゃんも変わらず食べてるしな~って。


やっぱ、歯ですか。
ってことで、本日のうさうさずの通院に飛び入り参加したのでした。
もうね、病院のお世話になるのは、去勢手術の時以来じゃないかってくらいに超絶久しぶりでした。


先生に見ていただいたら、奥歯は全部横向いてるそうで(--;)
でも、どこにも当たっていないので傷はないと。


DSC_0555 (2000x1333)

そんな訳で、チョキチョキ、
「センセ、やめれ~」の手が可愛い・笑)



DSC_0554 (2000x1332)

やすりスリスリの刑になりました。

これで食べてくれるようになれば、ひと安心なのですが。


しかし、、、
お腹にガスもたまっていると。

そういえば、今朝のペレット、少し残してたのよね。
普段は一気食いなのに。

う~ん、お腹の方は多分、今日の昨日のだわねぇ。


という訳で、アスゾール5日分、出していただきました。
これにプリンペランmix も併用するようにとのこと。



DSC_0556 (2000x1334)

「ひどい目にあったぜ」
の、おびやん。



明日は、うさフェスタ桜祭のラビットホッピング出場者が決まる大事な日なのに。
診察していただいている間にも、明日は連れて行く気満々の飼い主でありましたが・・・

「さすがに今日の昨日のですから、明日はやめた方がいいでしょう」
と、まさかのドクターストップ。

先生が待ったをかけるのはよほどのときですから、こればかりは諦めざるを得ません。
先週の練習会では、調子の良いのをしっかりアピールしてきたし、果報は寝て待ての大物なのか。
それとも、ここ一番で外すヘタレなのか。


当初、出場者は7~8人という話だったのですが、水曜日に
「5人程度に変更になりました~」
のお知らせが。

相変わらずの、期待を裏切らない迷走ぶりで。
7~8人なら、おびやんも何とか入れてもらえるかなって期待もあったのですが。
さすがに5人だとキツイな~って。
ボーダーラインギリギリかなとも思うけど、たった5人しか出られないのに同じ飼い主の子が2人ってのもねぇ・・・
とかありそうだし。


ともあれ、早く復活しれ、おびやん!


PageTop

行っちゃった

ハクたん、今朝7時過ぎに静かに旅立ちました。

まみ~が起きてくるのをずっと待っていてくれたみたい。
それなのに、まだきっと大丈夫って、ハクたんに湯たんぽ用意しに行ったりわたわたしていました。
「ハクたん、ほらあったかいよ~」
って湯たんぽあてて体をさすっていたら、いつの間にか出かけちゃってました。

確かに、さっきまで息があったのにな。
ちゃんと呼びかけにも反応してたのになって。


今日は丸1日休むわけにはいかないけれど、午前中なら休めるからと、そのつもりでした。
朝一番に先生に相談して、何か手立てを講じれば、もう少し頑張れると思っていました。
そんなにあわてて行かなくてもいいのにね。

そんな訳で、結局、その後大慌てで支度して普通に出勤したのでした。
病院には、相談じゃなくて病理検査のお願いになってしまったけど、電話を入れて。
「夜7時くらいまでに来てもらえれば」 と先生がおっしゃってくださったので、ギリギリまで仕事して。
夕方4時半くらいには早退させてもらうつもりだったけど、相手のある仕事なので自分のペースだけではいかず。
会社を出たのが定時5分前の、16時55分。

すっ飛んで家に帰ってハクたん引っさらって、、、
と行きたいところでしたが、用意したキャリーには全然入らない(--)
あれ、生きてる時には入ったのになって。
まあ、丸くなって死んでくれるわけじゃないから、当然と言えば当然なんですが。

すぐに連れて行けない時にはいつも冷蔵庫にいてもらうのですが、ハクたん、当然ながら冷蔵庫にも入らなくて、1日お外に出されていたのでした。

今日は会社では朝からずっとみぞれが降っていましたが、そういうときは箱根は完璧雪ですから、東名で迂回して行きました。
出るのが遅くなったうえに道もそこそこ混んでいて心配しましたが、何とか7時ちょうどくらいに滑り込みました。


剖検の結果は、大体は予想どおりでした。

胸水がたくさんたまっていたそうです。
それで呼吸が苦しかったのだろうと。
利尿剤を使って、とても楽になったはずだと。

もしかして、逆に苦しい時間を長引かせちゃったんじゃないかなという気もしていたのですが、
やっぱり、これで良かったんだと思うしかないですね。

予想どおり、肺の状態が一番ひどくて。
大きい分、正常な部分も多少は残っているように見えたので、ぶっちよりはマシだっただろうとは思いました。
でも、目で見ただけでは分かりませんから。
先生も、これの判断は病理に任せますとおっしゃっていました。

心臓も右心が大きいとのことです。
ハクたん、がんばって呼吸してたんだよね。

あとは、脂肪肝だったのと、胃潰瘍がポツポツと。
最後はほとんど何も食べられなかったからな、と思いました。
胃潰瘍は、なにがストレスだったんだろう。
酸素室に閉じ込められているのがイヤだったのか、それとも・・・。

それでも、胃の中にはちゃんとまだ内容物があって。
最後の1日は殆どウンチも出なかったのですけど。

気管には結節は見られず。


最後の2日間ほど、動きがメチャクチャでてんかん発作かと思ったのですが、脳に十分な酸素が行きわたらなくて、神経にきちゃったのかもということでした。

昨日の晩には、19時頃にお薬を飲んだのが最後で、それ以降はお水が飲めていないんじゃないかとシリンジで飲ませようとしても、一切受け付けませんでした。
飲み込むことすらできなくなっているというか、そんな感じで。



皆さまには、ハクたんに多大なる励ましをいただいたのに、力及ばずでごめんなさい。
りんママさまから送っていただいた野菜も第一弾を少しばかり食べただけで。
冷蔵庫の中にはハクたんのために買いこんだお野菜もまだたくさん残っているのに。

皆さま、りんママさま、どうもありがとうございました。

どうか、お花などお気遣いなさらないでくださいね。
イチさんのときにハクたんの分もまとめていただいたと思っております。


一旦は、イチが追い返してくれたんだろうなって思います。
「ちょっとぉ、なんでアンタがついてくんのよ
って怒られて、すごすご引き返したけど、やっぱり、ついてっちゃって。

最後の10日間、ずいぶんと苦しい思いをさせてしまったので、もう苦しくないよねって思うと、ホッとする部分もあります。
苦しそうなハクたんを見るのは辛かったですから。

ちょっとおツムが弱くて、調子乗りで、陽気だったハクたん。
お人好しで、いつも誰かにがぶられていて。
先生もあっちこっちにかさぶたを見つけては、
「あれ、ここも、ここも、齧られてる。 この子おいしいのかな?」
なんて笑っていらっしゃいましたっけ。

いつもどでーんと、転がっていて。
可愛いアザラシがいなくなって、まみ~は寂しいです。
うん、最後に病院に連れて行こうと抱えた時、アシベがごまちゃん小脇に抱えてるみたいになっちゃって、なんかちょっと笑ってしまいましたっけ。

最後にもっとお話ししてあげればよかったなとか、ユキリキちゃんとちゃんとお別れをさせてあげればよかったなとか。
後悔は尽きないです。

でも、ハクたんがいて、ライオンズのおじちゃまたちもいて、本当に楽しかった。
唯一、子ウサギのときから育てた子でした。
レンたちは怒っていたけど、またそれも楽しくて。

ハクたん、ありがとうね。
これで、お月さまで団子の会が開けるね。
ぶっちゃんも、ちゃんと仲間に入れてやるんだよ。
おっきいお団子、楽しみだね。

じゃあ、そっちで楽しくね。
もう、イチさん怒らせちゃダメだからね。


PageTop

ハクたん、てんかん発作?

今日はどうしても終わらせなくてはならない仕事があって、家に帰って来たのが21時半くらいだったのですが、ハクたんの様子がおかしくて(涙)

壁を向いて(かなり接近した位置で)、またぞろ鼻を上に上げて苦しそうにしていました。
呼吸はかなり荒い感じ。

朝あげたお野菜は半分くらい残してあって、お団子(27g)は三分の一齧ったか齧らないくらい。
ペレットはほぼ手つかず。
こんなに残しているのは明らかにおかしいと思って。


とりあえず、お薬(エナカルド、ラシックス、ドキシサイクリン、プリンペランのミックス)を飲ませました。
朝も今日はいつもより30分早く行ったから、朝のお薬から14時間くらいたっています。
薬切れか??? 
と一瞬思ったけど、そんな訳ないか、と思い直して。

とにかくそれで、何かお腹に入れてもらわなくっちゃと、ハクたんの好きなお野菜を持っていきました。

あ、食べ始めた!
って思った瞬間、様子がヘン。
大葉をほおばったまま、ボトルスタンドとアクリルケージの壁の隙間にぐいっとはまって。
口は半開きで唇がめくれあがって歯が見えています。
もう、口は動いていなくて、中にぐちゃぐちゃの大葉が入ったまんま。

とりあえず、口から出ている部分をつまんで引っ張り出せるところは出して。
その瞬間、口をもぐっとしたけれど、1回きりで終了。
また、心ここにあらずの状態。

しばらく様子を見守っていたけど、つい、
「ハクたん! ハクたん!」
って呼んでしまって。

そしたら、
「はい、はい、はい!」
ってな感じでボトルスタンドの隙間からよたよた出てきてこっちを向こうとするのだけど。
身体が、すーっと傾いて行ったり。
立ち上がろうとして転がっちゃったり。


こりゃ、もしかして、てんかん発作ですかい!?
もうこんな時間だし、病院は明日は休診だし。
困った、困った、と思っていたのですが。
てんかんなら、お薬があるじゃないって。

過去の記録を確認して、ステラロールとグリセリンを投与して。
続けてフェノバールもと思ったけれど、かなり苦しそうなので、もう少し状態が良くなってからにしようと、今、様子を見ているところです。
ときどきはハクたんらしい眼の色が戻ってきますが、すぐにまた苦しそうな状態に戻っちゃう。
今見たら、少し眼振もあるみたい。

明日も、やっぱり休めない日だし。
ハクたん、がんばって!


PageTop

一喜一憂

昨日のハクたんです。

DSC_0439 (2000x1497)

午前中、こんな寝姿(笑)
お掃除前なので、ちょっと汚くてゴメンナサイ。

口元が黄色っぽいのは、エナカルド(心臓の薬)の色です。
飲むとき、イヤイヤするものだから、汚れちゃう。

でも、こんな格好で寝られるようになったのは、ホント、ビックリです。
前は、常に首を上に上げてないといられない状態でした。
それが、こんなにリラックスできるまでになりました。



DSC_0441 (2000x1502)

お掃除が済んだら、お食事タイム。
ベランダのイタリアンライグラス、ちょこちょこしか取れませんが、いずれまた出てくるので、なかなか値打ちです。
どこから来たのか、アブラムシがついちゃって、たーいへーんだったりしますが、しこしこ洗ってからお出ししています。
いつまでもちますか。


土曜日は病院の日でしたが、結局、ハクたんは動かさない方がいいということでお留守番でした。
一応、苦しかった時の写真と、お出かけ前に動画を撮って先生に見ていただきました。
今、状態が安定したので、同じように続けた方が良いということで、ラシックスとエナカルドを2週間分、出していただきました。
お薬がなくなる前に状況報告をして、その後のことを決めるそうです。

お水をたくさん飲むようになって、一晩でマットがビショビショになるくらいなのと、やたら軟便が多いのが気になっていましたが、せっかくお薬で水を排泄しているのに、またどんどん入って来ちゃう状況はよろしくないようです。
イチさんもそうでしたが、水分をたくさん摂ると、腸からも排泄されるそうで、軟便と思っても、その場合はオシッコみたいなものだと。

確かに、製造過程を見ていると、出た直後はちゃんと丸い形をしているのですね。
でも、さわると水分たっぷりで、ぷにぷにしています。
同じ場所にタメグソみたいにポロポロ出しているとそれが積み上がって、そのうちそれを踏んづけて・・・
気が付けば、うぎゃーって叫びたくなるような状況が出来上がるのでした。

あまり続くようなら、飲みすぎないように手を打たなきゃね、って思ったのですが、その後、飲水量は徐々に減ってきて、そうそうすごいことにはならなくなってきました。


あと、ずっとプリンペランmixも続けていたのですが、本当に必要なのかどうかと思うところがあり。
2日くらいやめてみて、食欲に変化がなければ終了、食欲が落ちれば継続するのがいいそうです。
なるほど。



DSC_0447 (2000x1504)

で、土曜日の夜からプリンペランmixを一時停止したところ・・・
早速、食べなくなったヒト。

野草、野菜、生牧草、このあたりは喜んで食べますが、ペレット(プチラビット)とお団子には手を付けなくなりました。
2日待てずに、1日でプリンペランを復活させてしまったのでした。



DSC_0455 (2000x1501)

お気に入りの野草が入ってないと抗議のまなざし。
だってさ、いつまでもそんな特別食にするわけにはいかないのよ。
たくさん食べたらすぐなくなっちゃうんだから、ちょっとずつだよ。



DSC_0460 (2000x1498)

やっぱり、野菜も香りの強いものがいいらしく、いつものブロッコリーはお気に召しませんでした。
全部食べるまでお代わりをあげないでいたら、最後には完食してましたけど。



DSC_0461 (2000x1501)

メニューが気に入らないと、なめなめペロペロが始まります。



DSC_0466 (2000x1498)

と、そこへ援軍登場。
りんママさまから、お野菜の差し入れが。
そうそう、大根の葉っぱも、柔らかいのが今のハクたんの好みです。



DSC_0467 (2000x1503)

早速、いたみやすそうなところからお出ししました。



DSC_0479 (2000x1497)

お目目キラキラの満足ハクたん。
1回に食べる量は少しですが、時間をかけて完食します。

りんママさま、どうもありがとうございました。



先生に、ハクたんはあとどのくらい生きられるだろうかとお聞きしたところ、
「いや、まだまだ頑張るんじゃないですか。
赤血球をどんどん増やして、頑張ると思いますよ」

とのこと。

小さい子はそうはいかないけれど、胸腔の大きい子は余力もあるし、頑張れると。

「ラシックスが劇的に効いて、さっきまで死にそうだったのに、そのあとボール投げて遊んでました」
って電話で報告した時も、やっぱり大きい子は違うみたいなことおっしゃってましたっけ。


かなり希望が出てきたんですが、今日は食欲もイマイチで呼吸も苦しそう。
ときどき、やけにさわやかになる瞬間もあるのですが。

喜んだり、心配したり。
一喜一憂の日々です。


PageTop

落ち着いています

皆さま、ハクたんのために、ありがとうございます。

一昨日は、殆どウンチも出なくなっていたのですが、今朝はいい●がたくさん散らばっていました。
夕方、帰って来た時には、特大の軟便の塊が3つほど。
で、利尿剤だけに、大量にオシッコが出るらしく、マットはぐちゃぐちゃ、牧草もペレットも湿気でしなしなになっていました。

結構、暴れていたらしく、野菜のお皿はあさっての方向に飛んでっちゃってるし、もう。
ウンチを散々踏みつけた足もドロンドロンですが、自分で一生懸命なめてます。

薬の副作用か、やたらなめオトコになっています。
アクリルケージの壁や、床、マット、飼い主・・・何でもなめ続けています。

そして・・・・・ 死期が近いことを悟っているのが、具合が悪くなって以降は、ひたすら甘えん坊です。

朝、入れて行ったお団子15g (いつもは30g) は、夜までに完食してくれました。
野菜ばかりでは心もとなかったので、ようやくひと安心できました。
これでペレットも食べてくれるようになれば、嬉しいのですが。

相変わらず苦しそうではありますが、前に比べればはるかに良くなっています。
なんとか、このままを維持してほしいです。

あさっては病院の日なのですが、連れて行けるかどうか、明日、先生に相談してみましょう。


PageTop

救いの神あらわる

皆さま、ご心配いただいて、ありがとうございますm(__)m
ハクたん、何とか持ちこたえています。

きち先生にヘルプコールしたのが月曜日。

その時の指示は、
 1 エナカルドmix を1日1回から2回に増量。
 2 酸素濃度を上げる。
 3 酸素室の湿度を上げる (超音波でミストを発生させる機械、粒子径4μ以下)


1はすぐにできますけど、2と3は無理。
3は、テルモのがいいとおっしゃっていたので、ネットで探して良さげなのがあればすぐに買おうと思ったんですが、残念ながら、いくら探してもヒットせず。
もしかして、もう撤退してる???

とりあえず、他のメーカーのもので見てもいろいろ種類もあるし値段もピンキリなので、よくよくお話を聞いてからにした方が良さそうということで、すぐの購入は断念。


先生は、
「あとは、利尿剤を使うという手があります。」
と、おっしゃいます。
肺に水がたまっている場合は、強制的にその水を排泄させることで、楽になると。

「でも、それは、さっき言ったことをやってみてからでもいいんじゃないですか」
なんて、おっしゃって。

そんな悠長なこと言ってたら、ハクたん、死んじゃうよ、って。
頼んでからお薬が届くまでに1~3日くらいみなくてはいけませんし、欲しいと思ったときにすぐ使えなきゃって。

とにかく、すぐにそれを送ってほしいとお願いして。
今日、ラシックスmix が宅配便で届いたのでした。

一応、先生にすぐ飲ませていいか聞いてからにしようかなとも思ったけれど、あいにく、今日はウサギの診察はお休みで。
状態が良ければ明日、と思いましたが、帰って来た時の様子が、やっぱり苦しそうで。
えいやっと飲ませてしまいました。



DSC_0417 (2000x1581)

今日、お薬を飲んですぐのハクたん。

高性能な機器はないので、きわめて原始的に湿度アップしています。
(ボトルにゆるく絞ったタオルをかけています)
これで、大体、湿度80パーセントくらい。
奥の方のマットの下にヒーターを入れてあるので、向こう側は温度22℃くらいあります。

今朝はお野菜をまた少しずつ食べてくれるようになったので、お野菜と乾燥野草をそこここにばらまいて行ったのですが、帰って来た時にはあらかた食べてありました。
ただ、相変わらず、ペレットとお団子には手を付けず。

明け方にハクたんがバクバクお団子を食べている夢を見て、あー良かったーーー!!!
って喜んでいたのですが。
目が覚めて、あれは夢だったかと超がっかり。
正夢だといいな~って思ったのですが。


エナカルドが効くのは飲んで24時間後だと、以前、先生がおっしゃっていました。
増量第1回目が火曜日の朝でしたから、ちょうど今朝からその効果が出始めたということになります。
昨晩は、もう足が立たなくなってきているみたいで、横座りみたいな感じで寝ていましたし、ときどき、壊れたおもちゃみたいにあっちこっちよたりながら跳ねまわって。

今朝は相変わらず呼吸は苦しそうでしたが、ちょっとすっきりした感がありました。
エナカルドは確実に効いているようです。



DSC_0419 (2000x1240)

写真を撮ろうと思って、先にお掃除しちゃったんですが。
ハクたん、この辺にまだお野菜が残ってたはずなんだけど・・・
って、名残惜しそうに野菜のあった場所をペロペロ舐めていました。



DSC_0420 (2000x1333)

それならばと、お野菜大盛りでお出ししました。

今週は、毎日、帰りがけにお買い物です。
近場のスーパーだけだと、同じようなものしかないからと、今日は街中のスーパーまで足を延ばしました。
お試しで、セリを買ってみたら、これはヒット。
それ以外では、大葉、みつ葉、ホワイトセロリ、パセリなどがお気に入り。
大葉なんてね、あっという間に10枚くらいぺろって食べちゃうからもう、、、金食い虫です。



DSC_0428 (2000x1333)

ベランダの生牧草もお気に入り。

この後、なんと!
向こうにある牧草を食べ、鈴の入ったボールを放り投げて遊んでいるじゃないですか(@@)
ラシックスって、そんなに即効性あるのかなぁ・・・。

ま、その後はまた、いつものようにどてーってなってましたけど。
今ちょっと、傾いて寝てますけど(それはそれで心配なんですが)、がんばって首を上に上げなくても大丈夫になったのかな?
って、期待しています。

もしかして、ちょっと希望が出てきたかも・・・
なのでありました。


PageTop

頑張れ!

昨日は、ハクたんになんとか元気を取り戻してほしくて、わたわたしておりました。
酸素マスクの方が酸素濃度が濃いので、せめて自分がいる間は酸素マスクにしてやろうかと持ってきてみれば、

「じゃま~!!!」

とばかりに、思い切り拒否られ。

それまではぽかぽかだったハクたんの身体が冷えている気がして、イチさんの使っていたヒーターをまたぞろ引っ張り出してきてみたり。
これまた、

「いら~ん!!!」

と放置され。
今日はマットの下に隠してみたけど、近寄りもせずです。
やっぱ、マイカヒーターの方がいいかな?

酸素室の中は、いつも大体20~21℃です。
お部屋の温度よりは、若干低めになります。
病人にはもう少し高い方がいいかな?
とは思っていたものの、ずっとハクたんの体はぽかぽかだったので、まあ、こんなもんかな~と。



DSC_0416 (2000x1401)

お薬のときには、
プリーン、プリーン、プリンプリンプリンプリン♪
と歌いながら、
「ハクたん、プリンプリンだよ♪」 (我が家ではプリンペランmixのことをプリンプリンと呼んでいます)
と差し出すも、

「ボク、やだ!」 って。

「ヤじゃない、飲む!」

「ギャー、しぬうぅーーー!!!」

「死なないって」

「しぬぅー!」

「だから、お薬のまないと死ぬんだって!」

なんて、やりながらね、無理やり飲ませて。

最近のプリンペランmixは、アクティブEが入っているせいか、美味しいらしいのですね。
だから、大抵の子はプリンプリン言いながら差し出すと、飛びついて来るのですが。
最近のハクたんは、どうもシリンジで飲まされること自体がイヤみたいで。


昨日、今日とハクたんが食べたのは、以前、AYAさまが差し入れてくださった、野草の干したもの。
水分がないから、喉の通りが悪そうなんですが、嬉しそうにはみはみしていました。
りんちゃんも最後は野草しか食べなかったみたいですし、具合の悪い時って自然のものがほしくなるんでしょうか。
春になれば、ハクたんの大好きな葛の葉も新芽を出すんだから、もうちょっと頑張ってくれなきゃ。

昨日は食べたパセリは、今日はもういらないって。
朝、鉢植えのパセリさんにゴメンナサイして、出たばかりの新芽を残して丸坊主にしたのに。
会社帰りにスーパーのパセリも全部買い占めてきたのに。

それまではあきれるくらいに大食いだったからそんなに焦ってはいなかったけど、そろそろお腹に何か入れてあげないと危ないかな~と今日は、強制給餌を執行しました。
最初の2口くらいは食べてくれたけど、あとは飲み込んでくれず、半分ほどで断念しました。
もう少ししたら、残り半分、再挑戦です。

この感じだと、明日にはもう何も食べなくなりそうです。
なんとか復活してほしいのですが、もうダメかな~という感触です。
どこまで持ちますか。

ハクたん、がんばれ!

PageTop