FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

これでいいのか!?

あかりちゃん、驚異の回復力を見せております。

痛み止めのメタカムは、先生の指示では5日間とのことでしたが、ピンピンしてキャリー内を所狭しと動き回るようになり・・・
プリンペランのプの字もいらないくらいに、食欲倍増・・・でありまして。

どう見ても必要なさそうなので、メタカムは2日でやめてしまいました。



200325 DSC_0702 (2)

↑ 昨日のあかりちゃんの様子です。
ヘタクソでどうも

やけにリラックスしてやがりまして、のびはするは、ウサギのくせにパンダ座りして折れた足をびよーんと伸ばしているし



200325 DSC_0687 (2)

そして、今日。
お掃除前で、きちゃなくてスミマセン。

マットを器用に折りたたんでおざぶにして座っていました。
そういえば、昨日はみごとに裏返してありましたっけ。

はじめ、キャリーサイズにマットを切っていたのですが、そんなに小さな面積じゃ、オシッコしたらすぐにぐちゃぐちゃになってしまうな~って。
その上に1日いるのは切ない。。。
それで、今日は倍の大きさのものを2つ折りにしてみたのでありました。

これでもだいぶしみていましたが、それでも半分はキャリー下のペットシーツの方にうまく落ちていました。
快適に過ごせるように、あかりちゃんなりに工夫してくれているようです。
うん、あかりちゃんは賢い。



200325 DSC_0693 (2)

このまま、びよーんと立ち上がってくれたりもするので、ヒヤヒヤします。

ペレットの量を増やしてから牧草は残し気味でしたが、3日前くらいからキレイに完食するように。
それでも足りないと、人の顔みりゃクレクレ魔人になっています。

で、わらっこボードもほとんど食い尽くされたという。
えーっと、それは食べるものじゃないと思います。。。
って言っても、兎耳東風。



200325 DSC_0698 (2)

それにしても、この座り方、コワイんですけど。

折れた骨の周りを取り巻いている結合組織がギブスの役割をするので、変な姿勢をしていても直してやる必要はないと先生はおっしゃいましたが、見るたんび、不安になります。



新型コロナウィルスの件。
みんなが油断したころに、日本はこれからパンデミックになるのでは?
なんて気がしないでもないですが。
スーパーにお買い物に行けなくてもガマンするけど、うさぎの病院に行けなくなると非常に困ります。

先週、ラビットホッピングに行けてよかったよね~
ってナッツたちには話していました。
外出するときは携帯用のエタノールスプレーを持ち歩いてこまめにシュッシュしたりして、自衛に努めておりますが・・・。
まったく、どうなっちゃうんでしょうね。

PageTop

3歩進んで2歩下がる

骨折療養中のあかりちゃん。
カラー&テーピングがとれて、もうすぐ2週間・・・
というところで、アクシデント発生です。

19日の夜、お世話の時なんとなく違和感を感じて、よーく見てみれば。
左足がなんか2本ある???
みたいな感じで。
姿勢は普通に香箱座りみたいな感じなんですが、左側のお腹の下から白い足先が斜めにはみ出していて。

今までは、折れている方の右を下にしてくつろいで足を伸ばしていることはあっても、そんなあり得ない姿勢をしていることはなかったし、どう見てもおかしい。
もしかして、くっつきかけていたのにまた折れちゃった??? 

そういえば、お休み前の開放感でナッツのへやんぽを長めにしていたのでした。
で、ナッツ君、何に驚いたのかパニックして猛烈な足ダンとともに豪快にケージ裏に逃げ込むというパフォーマンスをやってくれまして。
新人部屋の一同も驚いてバタバタやっていたのですが、もしかしてそのときにあかりちゃんも何かやっちゃった?
という疑惑が。


原因はどうあれ、足がおかしいのは確かなので、とりあえずはカラー&テーピングを復活することに。
すぐにでも病院に連れて行きたいところでしたが、翌日は祝日でお休みだし、最速で翌々日の土曜日。
3連休の中日なので、最悪月曜日かも・・・な観測で。

またぞろ、あかりちゃんと大喧嘩しながらテープを巻いたのですが。
そのとき、足裏がソアホックになりかけているのに気がついて。
かれこれ1ヶ月半、不自然に片足に重心がかかっている上に、ほとんど動かないでじっとしているのだから、それは気をつけてあげなくてはいけないことだったな・・・と大いに反省したのでありました。
まあ、でもテープを巻いている間は、それでいいかな? とも。

今まで何度もカラーを突破されてテープを噛み切られているので、今回はカラーをダブルにしてやったのですが。
結局は1日にしてそれも突破されていて。
もうこのヒトには何をしても無駄だわ・・・
と、諦めの境地に。

カラーのせいなのか、それとも痛みで食欲がないのか、ゴハンも残し気味。
テーピングはもう諦めて、カラーも外してソアホック対策をすることにしました。



200320 DSC_0590 (2)

マイクロファイバーのマットを敷いたら嬉しかったらしく、このくつろぎっぷり。
まる1日プンスカしていたのがウソのようにゴキゲンになった、あかりちゃんです。



200320 DSC_0606 (2)

折り返した端っこをガジガジしそうな雰囲気だったので、壁面にわらっこのボードを取り付けたら、これまた気に入って。
気に入りすぎて、ぺたーんです(笑)

床がふかふかになって気持ちよかったのか、お腹全体を床に付けてくれるようになって、足への負担も減るかも・・・とちょっと期待です。
でも、やっぱり、右を下にして寝ていたり、折れているはずの右足でアタマをカキカキしようとしていたり。
心配はつきないのでありました。



200321 DSC_0612 (2)

で、土曜日。
運良く診ていただけることになって病院へと向かったのでしたが、まさかの3時間半コース。
到着したときには人間は疲労困憊でしたが、意外にもあかりちゃんは元気。



200321 DSC_0611 (2)

ただ、出発前にあげたにんじんをほとんど食べていなかったので、やっぱり食欲はないのかな~という。



200321 DSC_0615 (2)

先生に診ていただいたら、この前はちゃんと付いていたところがまた触ると動くようになっていると。
ただ、折れたのではなく、くっついていた部分がまた剥がれてしまったのでしょうと。
先生も話を聞いた段階では、また折れてしまったのかと心配したそうですが、どうやらそこまでの事態ではなかったようです。

化骨はちゃんとできているので、安静にすれば大丈夫とのことです。
テーピングも必要ないそうです。
ヘンな姿勢をしていても直してやる必要もないそうです。
もう、ご自由にそのままでよいと。
足裏も心配ないレベルだそうです。
やれやれ、ありがたいことです。

「3本足でも、ちゃんと走れますから・・・」
なんて先生がおっしゃるそばから、あかりちゃん、キャリーの中でうたっちしているし

「あれ、でもちゃんと足ついてますね・・・」 って。
「ええ、カキカキもできます」 なんて。

最終的には、それなりに回復してくれそうな、雰囲気ではあります。
どうか、あかりちゃん、これ以上事件は起こさないでね。。。


お薬は、痛み止めのメタカムを使うようにとのこと。
(0.2mL を1日2回、5日間)
食欲がないときにはプリンペランでコントロールするようにとのことです。

PageTop

うさうさず通院日

本日、うさうさず定例の通院日。
メンバーは、明日お見合い予定のかりんちゃんとぽんちゃん、それにあかりちゃんです。


200307 DSC_0291 (2)

すっかり病院なれしている、かりんちゃん。
隣のあかりちゃんは、ぶんむくれています。



200307 DSC_0295 (2)

かりんちゃんにちょっかい出されても、ぶんむくれは直りません。



200307 DSC_0299 (2)

ぽんちゃんは、仲間はずれでゴメンね~。

かりんちゃんもぽんちゃんも、健診の結果は問題なし^^
明日は安心して出発できます。



200307 DSC_0303 (2)

あかりちゃんの不機嫌の理由は・・・
カラーがぎゅうぎゅうで身動きとれないからだって、ちょっとしてから気がついたのでした。
ひとます分、仕切りをずらして楽になりました。
気がつかなくってゴメンね~なのでした。



200307 DSC_0306 (2)

機嫌もなおりまして、かりんちゃんとも、コンニチハ~です^^


あかりちゃん、触診していただいて、そろそろ骨が付いているかもしれないということで、レントゲンを撮っていただきました。


200307 DSC_0311 (2)

慌てて撮ったら、なかなかに残念な写真になっておりましたが・・・。
そして、これまた残念なことに、下の方はバッチリながら、上の方はまだまだでございました。



200307 DSC_0312 (2)

離れているから付きにくいのかな~ とも思いましたが、
強力に引き合っているので、ちゃんと付くそうです。
足の向きがおかしいので心配していましたが、状態もそんなに悪くないので大丈夫とのことでした。

で、今朝もみごとにテープの残骸が落ちていて、また先生に巻き直していただこうと思っていたのですが、
「行動制限はした上で、テーピングはなしにしてみましょう」
ということで、あかりちゃん、やっと邪魔なカラーがとれたのでありました。

これで、うさぎもヒトもかなりストレス軽減です ヽ(´∀`)ノ
よかったね、あかりちゃん


体重も増えて、 1.82 kg
カーフマンナ、さすがです。


PageTop

バトルは続く・・・

骨折治療中のあかりちゃん。

200222 DSC_0009 (2)

ついに釜めしカラーはボロボロになりまして、1週間前からこのようになりました。
百均のPPシートで作製しました。

結局はシンプルにこの形がいいんじゃないかなぁ・・・と。
ラボのうさぎさんたちもカラーをするときは、スタッフお手製のこのタイプのものを使っています。
ラボのは素材がもう少し柔らかいので、首回りに切り込みを入れて、かぶって装着するのですが、これはちょっと堅くて無理そうなので、やむを得ずつなぎ目を作りました。

つなぎ目は養生テープで留めましたが、あかりちゃんの執念のペロペロでふやけてきてしまい
次の日からはクラフトテープに変えました。

これだと、カラーの方はかなりもちまして、1週間は健在でした。
ただ、どうやってそうなるのか謎なのですが、足の手前側のテーピングは2、3日おきに交換していました。
この大きさだと、お口は届かないと思うのですけどねぇ。


そして、今朝。
あかりちゃん、みごとにカラーを脱ぎ捨てていらっしゃいました。

お目々キラキラ、達成感みちあふれ、実に爽やかな笑顔で、
「わたち、やったにょ って。

案の定、足のテープは2本とも噛み切られていて。
自分、先生のようには上手に巻けないので、後ろの1本だけは死守したかったのですけど。

これから出勤するっちゅーに、直している暇はないので、帰ってきてから一からやり直したのでした。



200229 DSC_0259 (2)

保定してくれる人がいればいいのですけど、ないものはないので、あかりちゃんには悪いけど、こうなりました。
ヒヨコちゃんカラーをつけ、その上から洗濯ネットかぶってます m(_ _)m

病院でいただいたテープはとっくになくなってしまったので、市販の似たようなテープで巻きました。



200229 DSC_0261 (2)

キャリーに戻したら、やっぱり、つなぎ目の間隔が狭すぎたようなので、ゴメンナサイしてやり直しました。

カラーは、つなぎ目の側を少し切り落としてみました。
つなぎ目の方を軽くすれば、ナメナメ攻撃から少しは守れるかな~
とか、気持ち小さくすることで、キャリーの中であちこち引っかかりにくいようにということで。

あかりちゃん、少なくともあと1ヵ月はカラーをしていなきゃいけないのよ。
お願いだから、お利口にしていてね。


ところで、あかりちゃん。
うちにある限りの、ありったけのサプリメントをもらっておりまして。
〔うさぎのチカラ(ゴブちんの遺品)、ラビットエンハンサー(増量)、ラビット酵素、カーフマンナ、アクティブE〕

さらには、これまたゴブちんの遺品のアルファルファも食ってます。
ペレットも大増量していますし。
(ラビットエンハンサー込みで、一食35g)

それでもまだ、あまり太ってきた気がしないです。
いいもの食ってますんで、毛艶だけは素晴らしいのですが。


骨も、やっぱりヘンなふうに付いてる気がしてならないのですが、とりあえず、あかりちゃんは元気だし、走るのにも支障はなさそうだし、ラビットホッピング復帰は難しいかもしれないけれど、まあ、しょうがないな~
って感じで。
めいっぱい、やれるだけのことをやっていますし。

あかりちゃんも、どうしようもなく暴れうさぎだけど、これ以上ないくらいにガマンしてくれていますし。
早く良くなれと祈るばかりです。

PageTop

果てしなき攻防

カラー&テーピングを巡る攻防は終わりが見えず・・・


200218 DSC_2354 (2)

紙皿カラーは、1日でこのありさま。
あともうちょっとで脱げたのにね、、、
って感じですが、帰宅したときにはUFOみたいになってぶんむくれてておりました。



200220 DSC_2359 (2)

というわけで、釜めしカラー復活です。

今日はこのまま病院へ。
片耳脱げていますが、どうせすぐにまた脱いじゃうんだからって、直す気にもならず。

顔が洗えないので、目やに付いてます m(_ _)m



20020 DSC_2360 (2)

痛みもだいぶ引いてきたのか、日々パワーアップしてきておりまして、待っている間も顔を洗ったり、ティモテしたり。
お手々は顔に届かないので、結局はカップの内側をひたすらナメナメし、カップの外側を手で洗っているという。


体重はさらに減りまして、1.68kg
ゴハン、だいぶ増やしたのにねぇ・・・
(20g × 2回/日)

怪我をしているときは、代謝が上がるので、もっと増やさなくてはならないそうです。
飽食給餌にしてもいいくらい?

足の状態は、ちょっと黄信号。
前々から気になっていたのですが、先生にも見ていただいて。
足が変な方向に流れるときがあって、折れた部分の上の方で偽関節ができてしまいそう・・・と。

あかりちゃん、姿勢が悪くって、横座りみたいにしていることが多々あって、それがまずいんじゃないかと。
元々が、ななめったり、横向いたりして体をねじりながらゴハン食べるような、ヘンな癖のある子でしたし。

もう、これはテーピングで固定して頑張るしかないっていうんですが。

うさぎさんの場合、やっぱり、カラーやテーピングに耐えられない子も多くて、その場合はカラーもテープも外してそのまんまってこともあるそうで。
うーん、あかりちゃんはまだマシな方!?

折れた部分の下の方は、もう骨が付いてきているそうで、こちらは触っても角はなく、いい感じとのこと。


で、カラーをするのはあとどのくらい? って聞いたら。
最低2週間、できれば2ヵ月くらいって (;x;)

果てしないです。。。


ところで、この釜めしカラー。
待合室でも、診察室でも意外に好評で。

皆さん、やっぱりうさぎさんのカラーでは苦労されているんですね。
何をどうやっても破壊し尽くされて、泣く泣く犬猫用の重たいカラーに変えたという方もいらっしゃって。
見れば、小さな可愛らしいうさぎさんで。

ウチも今のところ、釜めしカラーが善戦しているけれど、これが攻略されたら例のPPシートで少し大きめの作ろうかなって。
そうならないように、あかりちゃん、お利口にしててね(ムリ)



ところで、ついにうさフェスタが中止になってしまったんですが。
もしや、これはあかりちゃんのたたりでは・・・と。
うさフェスのラビットホッピングエキシビションが中止になり、がっかりしていたら、今度はうさフェスタまで中止になっちゃった。
おそるべし、あかりちゃん


PageTop

まだまだ・・・

あかりちゃん、今日もお利口にしてたかな?
って帰ってきたとき思ったんですけど。
よーくみたら、片耳がカップ(釜めしカップ・笑)の内側に脱出していて。

しゃーないなーって思いながら、まずはご機嫌取りに、にんじんのスライスを献上し。
だけど、ぜんぜん食べようとしないので、
ん? あかりちゃん、にんじん大好きなはずだけど???

不思議に思いつつ、耳を直そうとカップに手をかけたら、
あらら???
カップがびくとも動かなくて、なぜだーーーって思ったら。
あかりちゃんの前歯がカップに刺さって抜けなくなっていたのでありました。

カップを脱ごうと格闘しているうちにそういうことになったらしいけど、まみ~が帰ってくるまで、ずーーーっと抜けないカップをしゃぶり続けていたらしいです。
外してあげたら、嬉しそうににんじんにかぶりついていました。


釜めしカップはなかなか優秀で、囓られた部分にテープを貼って補修すれば、まだまだ使えそうではあったのですが、ここでちょっと他のものも試してみようと。



200217 DSC_2331 (2)

紙皿バージョン
なんとなく、元気が出ていいかな~って、こんな柄にしちゃったんですけど、使うヒトにとっては目がチカチカして迷惑だったかも。

食しているのは大葉サンド。
大葉にラキサトーンをはさんだもので、我が家の人気メニューです。
あかりちゃん、どんどんよからぬものをお腹にしまい込んでいくので、気休めながら毎日食べてもらっています。



200217 DSC_2337 (2)

おいしいものをもらえるときは、立っちもできるようになった、あかりちゃん。



200217 DSC_2339 (2)

やっと機嫌が直りました。



200217 DSC_2343 (2)

なかなかまっすぐには座っていてくれなくて、変なふうに骨が付いちゃってるんじゃないかって気が気じゃないのですが、ここまで来たら、なるようにしかならないって開き直るしかないのかも。


ご飯食べながら、目の端であかりちゃんを眺めていたら、後ろ足でカキカキとかしているんですよね。
カキカキするの、ひさしぶりにょ
って、あかりちゃんの喜びの声が聞こえてくるかのようで。

カキカキできるほど良くなったのか~
ふーん、よかったねぇ~
なんて、ぼーーーっと考えつつ・・・

ん???

それって、もしかして、テープ切っちゃってる!?
ってあわてましたが、確認したら、ちゃんとテープはついていました。
器用に横座りして掻いていたらしいです


200217 DSC_2329 (2)

あかりちゃんのために、昨日、買い込んできた品々。
さりげなく、かんけーないものも混じってったりしますが(笑)

PPシートは最終兵器。
すべてがダメだったら、これでカラーを作ろうかと。
ちょっとやそっとじゃ囓れない程度の厚みがあるので、いいかもって。
その前に終息してほしいところではありますが。

PageTop

どれもダメダメ

あかりちゃんが骨折してから2週間がたちました。
が、相変わらず、カラーとテーピングの攻防は続いておりまして。

イチゴのカラーは案の定、ビリビリにされて5日目で交換する羽目に。
木曜日、帰ってきたら、見るも無惨な姿で床にうち捨てられておりました

足のテーピングも囓られてかなりヤバかったので、これまた大騒ぎでテーピングし直し。



200216 DSC_2304 (2)

で、ヒヨコちゃんのカラーに選手交代しました。

イチゴのカラーは生地自体はしっかりしていましたが、餌入れや何やらにぶつかると簡単に折れ曲がるので、結局はお口が届いちゃって。
しかもマジックテープの合わせ目が若干重くなるので、いくら直してもすぐに「口元に合わせ目」という事態になり。

ヒヨコちゃん、生地は薄いけれど、しっかり形を保ってくれるのでなかなかいい感じです。
合わせ目も下がってきません。




200216 DSC_2309 (2)

ただ、しっかりしているだけに食糞がしにくいようで、翌日帰宅したときにはお部屋いっぱい盲腸糞のかぐわしい香りが充満していたのでありました

でも、とりあえずあと1週間の辛抱だし、それも致し方ないか・・・
なんて思っていたところ、翌日の土曜日にはガジガジしてカラーの破壊が始まったのを目撃し。



200216 DSC_2318 (2)

完全に破壊される前にと、今度はこうなりました。
西村さまのコメントで、どん兵衛ネコさんのお話があったので、それを応用してみました。

土曜の深夜に装着して、写真は明日の朝撮ればいいや、なんて思ったら。
起きてきたときには、すでに半壊。
(耳を通す穴をガジられました)



200216 DSC_1750 (2)

材料は釜飯の器なんですが、もしかしたらフチの部分を切り落とさない方が良かったのかもしれません。
どん兵衛の買い置きならウチにもあったのですが、囓ってお腹にしまわれるのが怖くて。

仕事帰りに深夜のスーパーで、よき器のものはないかとカップ麺やレトルト食品を片っ端からひっくり返して物色する、アヤシイおばさんと化しておりました

どうせ囓られるのなら、王道の紙皿の方がむしろいいかもとか、次の手を思案中です。
ネットで検索すると、手作りでうさぎさんのカラーを販売されているサイトもあるのですが、今までの経緯からしてどれもダメだろうな・・・という予感しかなくて。

再診は20日の木曜日。
それまで、なんとかしのげるといいのですが。



オマケ
200216 DSC_2326 (2)

ラビットホッピング仲間のakikoさまのブログを拝見していたら、こんな耳寄り情報があって。
明治チョコレートの期間限定のパッケージらしいです。

小動物系で選んできましたが、他にもいろいろなデザインがあります。
ぶんちょがないのが不満ではありましたが、ペンギンさんとシマエナガさんでよしとしました。

白ウサギさんバージョンのお花をくわえて走っているのは、ユキぴょんかな?
もう1枚、うさぎさんをと思うのですが、あれからまだ出会えていません。。。

PageTop

なんとか大丈夫

今日は定例のきちさん通院日。
メンバーは、懸案のあかりちゃんと、かりんちゃん、それにむうの3人。


200208 DSC_1724 (2)

巻き直したテープは2日間は持ちましたが、今朝にはまたお陀仏に
道中、変なことにならないようにと、出がけにあかりちゃんと大喧嘩しながら巻き直したのですが、着いたときにはやっぱりお陀仏

待っている間もバタバタガジガジやっておりまして、何をしているかとのぞいてみれば、何やら足が変な方向を向いていたり。
気が気じゃありませんでした。

診察室に入ったときにはもう、カラーの片耳脱げてるし。
すごい目で先生をにらみつけていて、
「この子は最後にしましょう」
なんて言われて

そういえば、昔、おびやんもあのこぼれ落ちそうな大きな目で、それは素晴らしい目ヂカラで先生をにらみつけていたなぁ・・・
なんて懐かしく思い出しました。


あかりちゃんの番になって、先生がキャリーからあかりちゃんを取り出してくださったのですが、持った瞬間、
「痩せたなぁ・・・」 って。

飼い主は全然気がついておりませんでしたが、体重計の表示は 1.78kg 。
1月の健診の時には 2.02kg でしたから、大幅ダウンです。


ぜんぜん動けないんだから今までと同じペースでゴハンあげてたら太っちゃうかな?
なんて思っていましたが、逆でした。
そんなに減らしたわけではなかったのですが。

ホッピングやっているときは高タンパクのペレットを他の子たちよりも多めにあげていました。
安静にしている間はみんなと同じ量でいいかと思ったのですが、予想に反して消耗していたようです。

うーん、怒るとエネルギー消費するのかな~。
確かに、プンスカした後はお腹すきますもんね。


で、懸案の足の状態は・・・・
つま先の方のテープは何度やり直してもとっちゃうけれど、かかと側のテープはまだ生きているので、なんとかそれで大丈夫だったみたい。

折れている位置も良くて、恐れていた偽関節はできにくいみたいです。

ということは、ラビットホッピング復帰も夢じゃないね、あかりちゃん!
骨がつくのには大体2週間くらいかかるそうだから、あともう少し頑張ろうよね。



200208 DSC_1732 (2)

ちょうど家を出る前に新しいカラーが届いたので、どれがいいか先生に見ていただいて、これが一番いいんじゃないかということで。
首回りのサイズはこれが一番小さかったのですが、それでも普通に留めると脱げそうな感じ。
とりあえず、端っこに口は届かないので大丈夫かな?

先生はしきりに
「可愛いね~、それいいね~」
って、ほめてくださっていましたが、そんなおだてに乗るあかりちゃんではないのでありました。



200208 DSC_1738 (2)

ちょっと食べにくそうだけど、慣れれば大丈夫かな?



200208 DSC_1743 (2)

選ばれなかったカラー。

ひよこちゃんのは表の生地が薄くてすぐに破られそうと。
先生的にはブルーのがいいと思われたそうですが、残念ながら首回りが大きすぎて。
マジックテープを付け足して詰めればなんとかなるかな?

でもねぇ、通販の写真じゃ生地の厚さとか囓りにくさなんて分からないですものねぇ。
これ以上買い足さなくてすむことを祈るばかりです。



ところで、来月のうさフェスタ桜祭のラビットホッピングエキシビションが取りやめになってしまったそうなのですが、もしかして、あかりちゃんのせいかな~
って、気になっています。

先生とも、そんなこと気にしないでやればいいのにねぇ、って話していたのですけど。
あかりちゃんが戦線離脱しちゃったから、大急ぎで代替要員を育成せねば・・・
と思っていたところだっただけに、がっくしです。

今からでも考え直してもらえるといいのですけど。

PageTop

前途多難

骨折して2日目のあかりちゃん。
予想に反して、おとなしくしてくれていて喜んでいたのですが。

その日、鳥さんの病院で(また横浜だ・笑)わたわたしていたこともあり、お利口にしているから大丈夫♪
って思い込んでいたら。

その翌日、何か違和感を感じて、よーく見てみれば。
こっそり、手前側の足のテーピングを噛み切っておりました。

あちゃーって、テーピングし直したのですが、まあ大騒動で。
普通にやってできるわけないなと思ったので、あかりちゃんの上半身に洗濯ネットをかぶせてやろうとしたら・・・
もう半狂乱。
超久しぶりにマジ噛みされました
洗濯ネットかぶったまま3本足ですっ飛んで逃げていくし


DSC_1704 (2)

それでもなんとかやり遂げまして、こうなりました。

合わせ目はガムテープで留めてと言われたのですが、それじゃあ剥がすときに大変な気がして初めは養生テープで留めてみました。
が、、、もう、囓る、囓る。

あかりちゃんって、首が細くて小顔なんですが、顔が長いというか口先が長いというか。
お口がカラーの端に届いてしまうのですね。

あまりお腹にしまってほしくなかったので、養生テープはやめてクラフトテープに変えたのですが、なにせ半狂乱になっているものだからちゃんと貼れなくて。

とりあえず、足のテープに口が届かなきゃいいやって思ったのですが、やっぱり見てないときに噛み切っちゃう。



DSC_1706 (2)

水曜日にやっと布製のカラーが届いて、やれ、これで一安心と思ったら。
これもガジガジして一日で破壊してくれました

夜、帰ってきたら脱ぎ捨てて踏みつけられているから、どうやってとったんだろう?
って思ったら。
首回りを調節するひもが見事に噛み切られていました。

あのさー、これ、結構、お高かったのよ(涙)



DSC_1720 (2)

んで、病院からお借りしたカラーはこのありさま。


もう何をどうやってもうまくいかないもんで、こちらもぶち切れまして。
「なんであなたはお利口にできないの。
こんなことしてたら、もう、足治らないんだから。」

って、ものすごい剣幕でお説教したら、あかりちゃん、シュンとなっちゃった。

またテーピングし直して、元のカラーに付け替えて。
それからは、あかりちゃん、少しいい子になりまして。
今日はテーピングは直さずにすみました。


実は木曜日、あまりにもぐだぐだのダメダメなので、病院にヘルプコールをしたのです。
そうしたら、先生、
「あー、予想通りですね、、、」
ですって。

動いたりテープで固定できていなかったりすると、折れた部分に疑似関節を作ってしまって、ちゃんと付かなくなってしまうそうなのです。
それじゃ困るんですけど、じっとできない子はしょうがないそうです。

まあね、今だってちゃんと3本足ダッシュできるわけだし、最悪ちゃんと付かなくても日常生活には支障ないかなというのはあるので、なるようになると開き直るしかないみたいです。

こんなことなら、あのまま病院においてきて入院させれば良かった。
って、心底思いました。
病院なら、テープ噛み切っても、暴れさせないで上手にまたやり直してもらえたでしょうし。
あーあ。


明日は再診。
追加発注したカラーも届く予定です。
今度は違うタイプの3種類、買ってみたんだけど、どうかな?

PageTop

あかりちゃんは粉砕骨折につき

本日はラビットホッピング大会。
ナッツ&あかりちゃんで意気揚々と出かけたものの、アクシデント発生。

ちょっとというか、かなり会場が広すぎまして、キャリー置き場とコースまでの距離が遠くて、抱っこして歩いているときに、あかりちゃんが突然の大ジャンプかましてくれまして。
思いっきり落っこちてしまったという(涙)

おい、大丈夫か?
って、絨毯敷きのところまで連れて行って歩かせてみたものの。
右後ろ足を浮かせて、ぺけぺけぺけっと3本足で跳ねていました。

ダメだこりゃ、と早々にあかりちゃんは戦線離脱。
それが、最初の練習でコースを1往復した直後のことだったから、もうがっくしです。
カッチンカッチンで全然飛べないナッツとは対照的に調子よさげだっただけにもう。


病院連れて行かなきゃいけないのは確かなのですが、さてどうする?
すぐにでも連れて行ってやりたいのは山々でしたが、出場者少なそうだし、ここでナッツまで棄権するのは・・・ねぇ。
すぐ出ても、ちょうど病院はお昼休みになりそうなタイミングでしたし、それなら大会終わってからでもいいかな?
ということで。

足のことだけなら命に関わるようなことでもないでしょうけど、他にもダメージがあったらイヤだな、と思ったのですが、どうやら大丈夫そうな雰囲気で。
ごめんねー、ちょっと待っててね。 ということになったのでありました。


スタッフさんが一番近い病院を調べてくださったのですが(星川レオンさん^^)、最近は星川さんも激混みで大変と聞くし、終わってからなら藤沢は通り道だし、わざわざかかりつけじゃないところに行くこともないかということで。

電車だったので、ケッコー大変ではありました。
ン十年ぶりにタクシーなんざ乗りましたっけ。
今のタクシーはすごいねぇ・・・といろいろ感動したりして。



DSC_1676 (2)

動くなっつっても、けろっとした顔であっちゃこっちゃ動き回るもんで、こういうことになりました。
(狭い方があかりさんです)
これでも、ぴょんっと跳ねてくるっと向きを変えてくれたりするんですよね。



DSC_1679 (2)

幸いにも、終始機嫌もよく、食欲旺盛。
会場でも病院に着いてからも、ずーっとお野菜食べ続けていたのでありました。
もちろん、盛大に敷き詰めていった牧草も完食。



200201 DSC_1685 (2)

レントゲンを撮っていただいたら、見事にポッキポキ。
粉砕骨折だそうです。

これは厄介ですね、と・・・。
なかなかうまくいかないことが多いそうです。



200201 DSC_1688 (2)

ただ、右足以外はどうもなかったというのが不幸中の幸いで。
足が折れていなかったら、骨盤や背骨など、もっと重要な部分が折れていたでしょうと。
肋骨が折れた日にゃ、かなりヤバいそうで。

とっさにうまく落ちたんだなぁ・・・と感心しきり。

うさぎさんってのは、脅威の治癒力があるそうで、
「また、ラビットホッピングできるようになるように、頑張りましょう」 と。

命が助かっただけでもラッキーと思っていたので、ホッピングはもう諦めるしかないなーって思っていたので、びっくり。

うさぎさんが治療に協力的で、じっと動かないでくれていたら治るのも早いそうです。
ただ・・・あかりちゃんには、それは期待できそうもないのですけど。


骨折の処置にはプレートを埋め込んだりなんたり、いろいろ方法はあるそうですが、そのときはうまくいっても、3年後とかにその部分の骨がもろくなってさらに複雑骨折したり、プレートが皮膚を突き破って出てきてしまったりということが多いので、先生のところでは余計なことはせず、テーピング固定で自然治癒を待つそうです。

痛み止めも抗生剤も出さないそうです。
痛くなくなると動いちゃうし、痛い方が体が頑張って早く治そうとしてくれるんですって。


最新の方法なんかも出てきているので、そういう手術をしてくださる病院を探してもらってもいいけどと言われましたが、あかりちゃんはまだ1歳。
先が長いのです。
3年や5年でダメになってもらっては困るのです。

こちらとしても、やらなきゃ死んじゃうという状況でなければ、あえて危険は犯したくない。
実際、3本足でちゃんと走っていましたからね。



DSC_1681 (2)

テーピングされた、あかりちゃん。
おとなしくしているように見えて、大暴れでした。

この足で飛んでくれるものだから。
何度も診察台からすっ飛んでいきそうになりました。

これにじっとしてろって、ムリなんです。
って言ったら、先生も大いに同意してくださっていましたが。

最初に見たときから、テープ食われそう・・・
って思ったのですが、先生もテープ巻きながら、そう思ったそうです。



DSC_1684 (2)

テープを囓っちゃうときには、仕方がないのでカラーをつけます。
通販で売っている、鍋敷きみたいな布のカラーがいいということなので、まだ使うかどうかは分からないけど、とりあえず、一つポチりました。

こいつがおとなしくカラーなんか付けてるわけがないってのもあるんですが。

あかりちゃんってば、うさぎとは思えない動きをするのでね。
ゴハンの時なんて、嬉しくてケージの金網にスパイダーマンよろしくへばりついていたりするのです。
おまえはサルか? ってなもんで。



DSC_1689 (2)

おとなしくしていてもらうには、やはりキャリー暮らしがいいとのことで。
シェルターケージ全体だとまだ広いというので、2/3の広さに。

急におうちが狭くなってあかりちゃんがへこまないように、今までのケージの中にシェルターケージを置くことにしました。
なるべく、これまでと同じように過ごせるようにということで。



200201 DSC_1700 (2)

事故直後は、痛みを感じにくいのかもしれませんが、さすがにもうかなり痛いはず。
それでも、機嫌よくしてくれているので、とりあえずは助かっています。

今日は、みんなが楽しそうにラビットホッピング大会しているのを見て、なんて思っていたのでしょうね。
お利口にして、早く戦線復帰できるように頑張ろうね。

PageTop