兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

ゴブちんうっ滞

コメントへのお返事が遅れておりまして、すみません。
このところ、不調者続出でわたわたしております。


5月3日からそろって不調の、ゴブ、ユキ、ふくのお3人さん。
良くなったり、悪くなったりで、だらだらきていたのですが。

そんな中で、いきなり急降下したのがゴブちん。

9日(火)の朝ゴハンのとき、その前の晩ゴハンがそのまま残っていて。
まあ、そのうち食べるわねって、プリンペランmix飲ませて、時間がないから上から朝ゴハンを足して、そのまま出かけちゃったんです。
それまではプリンペランを飲めばそれなりに上向いたから、ぜんぜん心配してなかったのですが。

帰って来たら、前日の晩ゴハンもその日の朝ゴハンも、まんま残ってたって
その時にはもう、病院の受付時間はとっくに過ぎていましたし。

お腹はそんなに張ってないし、ヘンねぇ・・・
と思いつつ、プリンペランmixを追加投入し。
しばらーく見てたけど、効果の兆しも見えず。。。

お灸をやって、触った感じ、少しつめたかったのでマイカヒーターも出動させ・・・。

前日までは食欲のない時も、野菜なら喜んで食べていたのが、野菜にも無反応。
ならば、大好物のリンゴを・・・と出して見たけど、やっぱり、ダメ。
まわりのウサギたちは大フィーバーでしたけど。


そんなわけで、ついにギブアップ。
病院に行かなきゃ、ダメだわって。

翌日、急遽お休みをいただいて連れて行くことにしたのだけれど。
水曜日は、きちさん休診日。

普段、きちさんに行けないときは、シンシアさんが駆け込み寺なんですけど。
今回は、ゴブちんだし。
山口先生のところに行ってみる?
という訳で、ちょっと遠いけど、星川レオンさんに行ってきました。

ゴブちん、大昔にうっ滞になった時、山口先生に処置していただいて、それはもう、うっとりとしていたんですね。
動物にだって先生との相性はあるでしょうし、どうせなら好きな先生に診ていただいた方が良いでしょうし。

週末の土曜日はきちさんの予定でしたが、不調者が多すぎてメンバーの選別に困るので、どうせだからついでに片づけられる子は片付けておこうと、もう1人連れて行くことにして。
そしたら、出かける日の朝、またそろってユキもふくもゴハン食べないし(--;)

さすがに初めてで、いきなり3匹というのも気が引けたので、無難な線でふくちゃまが行くことに。
ユキぴょんの方が余力はありそうだし、どっちみち、土曜日はきち先生の方に行かなきゃいけないしということで。



DSC_1210 (2000x1502)

ゴブちん、体重はやはり減少しておりまして、 1.84kg 。
体温 38.5℃(正常)
心音 OK

歯を見ていただきましたら、左上の歯が1本伸びてほっぺに刺さっていると。
ヘンねぇ、ついこの間診ていただいたばかりだし、その時は左は何ともなかったのにねぇ???

ちょっと狐につままれたようでしたが、歯の処置をしていただいて。
脱水もあるということで、皮下補液もしていただいて。

まあ、普通にうっ滞でしょう、ということでした。
それで、ゴブちんは無罪放免。



DSC_1233 (2000x1502)

一方のふくちゃま。
病院は、超久しぶりです。
3年前の避妊手術以来かもというくらい。

山口先生にお世話になっていた、チーママさんのところのりんちゃんと同郷の子で、という話をして。
そしたら、山口先生、
「いや、ウサギの腎不全って、すごく珍しいんですよねぇ。」
と、まだぶつぶつおっしゃっていました。

ふくちゃまは、体温 38.9℃。
心音 OK

前歯がほんの少し不正咬合ですが、処置の必要はなし。
奥歯は、左が上下とも細くのびている歯が1本ずつあって、
「不正咬合なではあるんですど、刺さってはいないから・・・、非常に微妙なんですけども・・・」
とおっしゃるので、

「切らない方がいいかもしれないってことですか?」
と聞きましたら、

「手を入れることで、毎月切らなければならなくなってしまうこともあるので、ここは様子を見た方が。」
とおっしゃいます。

そんなアブナイ状況なら、さっさと切ってほしいかなと思ったのですが、先生がそうおっしゃるなら、ということで。
健診メンバーも、ユキ・リキ・レンで、もういっぱいですし、ふくちゃままで毎月となれば、困りますし。

ふくちゃまは脱水もないし、お腹もちょっとガスはあるけど処置の必要はないとのことで、何もせずに終了。


とりあえず、2人ともヤバい状況ではないということで、ひと安心して帰って来ました。
あとは、プリンペランmix を続けて回復を待ちましょうか。
というところだったのですが・・・。

残念ながら、2人とも食べない状況は、その後も変わらずで。
野菜を少し食べる程度で、ペレットは一切、受け付けず。

という訳で、片付いたはずのお2人さんがそろってダメダメで、13日の土曜日は大変なことになったのでありました。
その話はまた、次回。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもきちさんかシンシアさんの動物病院に行っていますか??!!びっくりしました。かなり遠いですよね!新幹線など使っていますか?本当にお疲れ様です。早く回復できますように祈っています。
私の場合は近いうちにシンシアさんに健康診断のために行こうかなと思います。最近キアくん(ネザーランドドワーフ、8ヶ月)の糞が若干小さくなりました。食欲があり、糞の量はいつも同じです。多分大丈夫ですが、牧草を一杯食べさせたいです。シンシアさんはどうですか?お時間がある時いいですので、教えてくださいね。

土屋ジョイス | URL | 2017年05月16日(Tue)23:46 [EDIT]


うわー ついに山口先生デビュー。センセ喜んだんではないかしら。
それはともかく、このところ夜間が冷え込むので、うっ滞になったのかなぁ。腰温め&背骨ツボ押ししてみてもダメかしら。
やはりきち先生が一番かな。こういう「反応しない症状」ってのは、豊富な経験則が必要ですものね。
これから梅雨時、不調になりやすいのでみんな頑張ってほしいな~ 年齢が行くほどに、どうしても天候などに体が付いていかないようになります。人間も同じだから、マミーも気を付けて!!

山口先生 りんのことはまだ頭に残っているのね。先生にとって、大事な症例になったことでしょう。りんはきちんと「獣医さんを育てる」というお役目も果たしていきましたね。りんちゃん えらい!!

チーママ | URL | 2017年05月19日(Fri)01:43 [EDIT]


お返事

ジョイスさま
かかりつけは、きち先生で、4週間おきに行っています。
休診日はシンシアさんに行くことが多いです。
どちらも、車で1時間半くらいなので、まあまあ許容範囲です。週に何度も行くと疲れますけど(笑)
シンシアさん、院長先生はすごく丁寧に診てくださいます(ちょっと神経質かもですが)。
最近は、ウサギでも他の先生になってしまうこともあるみたいなので、それだとどなんだろうって感じですが。。。
ウチは、きち先生の大らかさがなんか性に合っているみたいです。

チーママさま
やっぱ、山口先生のところは遠かったです。
きち先生がお休みのときは、頼りにしたいんですけど。。。
でも、やっぱ、師匠のところから来る患者はやりにくいのか、かなり遠慮されているような印象でした。
山口センセ、うさくら最新号に出ていらっしゃいました。(73頁、うさぎの闘病記)なんでも、大変なウサギさんを助けられたとか。。。
がんばっていただきたいですね!

ちゅんちき | URL | 2017年05月21日(Sun)22:51 [EDIT]