FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ5羽にヒト1人の日常です。 - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

関東にお住まいの里親さまへお知らせ

新型コロナウィルスによる感染症拡大に際し、ご家族全員が入院されるなどの緊急事態、もしくはその恐れがあり、うさぎさんのお世話を頼める人が見つからない場合、こちらでうさぎさんの預かりが可能ですので、必要の際はご連絡ください。
PageTop

実験ウサギさん(ダッチ)里親募集のお知らせ

医療への貢献のために生まれてきたウサギさんたちについて、里親さまを募集します。
いわゆる余剰動物で、実験には使われていません。

ダッチ(ブラック) 女の子 1歳  (2018年8月10日生まれ)

  ぽん DSC_0393a (1000x1000)    ウィンク DSC_0768a (1000x1000) 
            
★ 募集対象地域 : 東京・埼玉・神奈川・山梨・静岡・愛知・岐阜
  新型ウィルスの状況を考慮しながらとなりますが、対象地域外でもお届け
  できるよう努力いたしますので、興味のある方はお問い合わせください。
  当方は静岡県東部です。
★ 室内飼育をお願いします。
★ ご自宅までお届けにあがります。
★ 無償、当面の餌はお付けいたします。
  (ペレット1週間分程度、牧草800g)


詳しくは「つづき」をご覧ください。
うさぎさんたちの近況は、カテゴリー【里親募集中のウサギさん】をご覧ください。
里子に行った子たちについては、カテゴリー 【里子ウサギさん】 をご覧ください。
全員のお家が決まるまで、この記事はトップに表示します。
                   (2019年8月12日掲載、2020年7月4日更新)
PageTop

6月21日のぽんちゃん

雨続きで、どうも調子が出ませんが・・・
ぽんちゃん、いきます (^-^)/

200621

ちょっぴり控えめなぽんちゃんですが、



200621 DSC_0722 (2)

ちゃっかり箱入り娘



200621 DSC_0760 (2)

お食事もそこそこに遊びに出かけ、



200621 DSC_0767 (2)

絶好調



200621 DSC_0772 (2)

嬉しいなジャンプ炸裂



200621 DSC_0780 (2)

で、フレームアウト~



200621 DSC_0788 (2)

ますます絶好調



200621 DSC_0798 (2)

ちゃんと人間の反応を見ているところが可愛いぽんちゃん。



200621 DSC_0801 (2)

ちょこっとオヤツをつまんで、



200621 DSC_0804 (2)

また、探検。



200621 DSC_0812 (2)

自慢のシッポをたてて、うっきうき



200621 DSC_0831 (2)

はしゃぎだしたら止まらない、ぽんちゃん。



200621 DSC_0832 (2)

次回へ続きます。

PageTop

6月21日のウィンクちゃん

お次はいつまでたっても絶賛換毛中のウィンクちゃん。

200621 DSC_0513 (2)

相変わらず、もしゃもしゃです。



200621 DSC_0524 (2)

ウィンクちゃんも箱入り娘^^



200621 DSC_0529 (2)

食べながらすっ飛んでいくのもあかりちゃんと一緒。



200621 DSC_0536 (2)

でも、ウィンクちゃんはお遊びよりもオヤツの方がいいみたい。



200621 DSC_0539 (2)

ひたすら食べ続けます。



200621 DSC_0543 (2)

ひそかにあんよで押さえつけてキープしている分もあるんですよ



200621 DSC_0552 (2)

これ、ぜ-んぶあたしのなの。



200621 DSC_0557 (2)

へい、どうぞお好きなだけお召し上がりください。



200621 DSC_0574 (2)

また、食べながら遊んでるし。



200621 DSC_0580 (3)

ウィンクちゃんはそんなにがんばって食べてくれなくてもいいんですけどね。



200621 DSC_0640 (2)

ほれほれ、バリバリするんじゃありません。



200621 DSC_0666 (2)

何を食べてもシアワセなウィンクちゃん。



200621 DSC_0692 (2)

そうそう、まみ~はウィンクちゃんのそういうお顔がとっても可愛いと思うのですよ


PageTop

6月21日のあかりちゃん

雨ですね。
災害の起こっている地域もあり、心が痛みます。

こちらも一昨日はかなり降りまして、またまたプチ土砂崩れが・・・起こりかけたところで、かろうじて踏みとどまっておりました。
去年の台風で崩れたところ、まだそのままで木が逆さまにぶら下がっていたりするんで、いつまた崩れるかって気が気じゃないですが。

さて、雨続きで我が家のベランダパーティーも2週連続でお休みになりそうな雰囲気です。
梅雨が明ければあけたで、夏本番ですからベランダパーティーはやっぱりお預け。
うさぎもヒトもなんだか腐っておりまする。

そんな今日この頃ではありますが、2週間前の様子です。


200621 DSC_0327 (2)

ベランダに出てくるなり、せわしないあかりちゃん。



200621 DSC_0328 (2)

葉っぱをくわえるなり、すっ飛んでいきます。



200621 DSC_0332

すぐにまた戻ってきて、イタリアンライグラスをつまみ、



200621 DSC_0341 (2)

またまたかっ飛んでいるあかりちゃん。



200621 DSC_0343 (2)

エアコンの室外機から出る水でぬれているので、溝にはペットシーツを敷いてあります。
バリバリ禁止ですよ。



200621 DSC_0361 (2)

さて、次は何をしようかな?



200621 DSC_0366 (2)

うん、腹ごしらえですね。



200621 DSC_0385 (2)

一瞬の箱入り娘^^



200621 DSC_0392 (2)

あっという間にまたお出かけです。



200621 DSC_0401 (2)

足が悪くたってなんのその。
全力疾走です。



200621 DSC_0418 (2)

あかりちゃんが入ると、随分余裕なわらっこトンネルさん。



200621 DSC_0423 (2)

ホントにいつ見ても忙しいあかりちゃんです。



200621 DSC_0445 (2)

におい付けもぬかりなく。



200621 DSC_0450 (2)

緑のトンネルさんで遊んで、



200621 DSC_0453 (2)

ゴキゲンです。



200621 DSC_0477 (2)

いくら食べても太らないあかりちゃん。



200621 DSC_0483 (2)

いっぱい食べて、いっぱい遊んでね。



200621 DSC_0505 (2)

意外にお利口じゃない・・・ って思ってたのに。
期待を裏切らず、最後はバリバリ魔神でありました

PageTop

またまたお引っ越し

先週の日曜日、ウィンクちゃんとぽんちゃんのお引っ越しをしました。
場所はそのままで、ケージがイージーホーム80になりました。

200622 DSC_1223 (2)

ウィンクちゃんは旧ナッツ邸を譲り受けました。
今までより、ちょっとだけ広くなりました。
2人とも御影石のタイルをもらってゴキゲンです。



200622 DSC_1225 (2)

ぽんちゃんは旧かりんちゃん邸をもらいました。
ぽんちゃん的にはこの奥まった場所がイマイチ気に入らないらしいですが、機嫌直してくれるかな?



200622 DSC_1239 (2)

お引っ越しのたんび、トイレが定まらなくなっていくぽんちゃんなのですが、反対側にももう一つトイレを置こうか思案中です。

PageTop

5月24日のわちゃわちゃ

古株のお3人さん、まとめてわちゃわちゃがすっかり恒例となりました。

200524

お外に出ると、みんな思い思いに散っていきます。



200524 a

ふくちゃまにとって、クマさんはキープ君(古い?)かな。



200524 DSC_0750 (2)

こちらのオトコはいたってマイペース。
なんだか短足胴長で、ダックスかはたまたコーギーかという雰囲気ですが。



200524 DSC_0759 (2)

万年下っ端な感のあったむっちゃんですが、今や最高齢。
美味しいものたくさん食べて、先輩たちに負けないくらい長生きしてね。



200524 DSC_0770 (2)

相変わらず、コントなお2人。



200524 DSC_0772 (2)

こちらのお嬢は先月、牧草を食べなくなり、そのうちペレットまで食べなくなり・・・
病院のお世話になりましたが、結局、どこも悪いところはなく。
大騒ぎして、3回も病院連れて行ったのにね。
単に好き嫌いしてただけだったって。

「体重も増えてるし、様子見でいいでしょう」
なんて言われちゃいました

この前、寝ぼけてみんなの朝ご飯取り違い事件が勃発し。
間違えてむっちゃんのゴハンをふくちゃまのところに入れちゃって。
また残しているだろうな~なんて思いながら帰宅したら、案外、食べていましたっけ。
いつも自分がいかに美味しいゴハンをもらっているか、自覚したみたい。
ちなみにふくちゃまのゴハンは、パル(ベジタブル味)をベースにプチラビットとスペシャルブルーム、ラビットエンハンサーを少しずつ。

その日、間違ってふくちゃまのゴハンをもらったウィンクちゃん、ウハウハでした。
こいつまでグルメになったらエライこっちゃ
と心配しましたが、こちらは食べられれば何でもいいようで、その後は当然のようにいつものOXBOWをガツガツ食べてくれています^^


200524 DSC_0782 (2)

美味しいものをもらえればもらったなりに嬉しいけれど、さして食にこだわりのないむう氏。
なんでも食べられるのは長生きの秘訣ですからね。



200524 DSC_0797 (2)

ま、元気なら何でもいいんですけど。



200524 DSC_0803 (2)

むっちゃんも、カノジョができてホントによかったよね~
なんて、今更ながらありがたく。



200524 DSC_0810 (2)

年を取って思うように体が動かなくなってきたときにも相方がいれば、へこまずそれなりにやっていけるというか。



200524 DSC_0812 (2)

こうやってわちゃわちゃしているのも、老け込まない秘訣かもね。



200524 DSC_0837 (2)

わちゃわちゃを横目で見つつ、やっぱりマイペースなむう氏。



200524 DSC_0841 (2)

で、いい感じのおジイ2人です・・・。

PageTop

5月24日のナッツ

甘ちゃん登場です

200524 DSC_0611 (2)

食べ物とみればクレクレ魔神と化す、このオトコ。
なんでも美味しくいただきます



200524 DSC_0619 (2)

ひとしきり食べたら見回りです。



200524 DSC_0631 (2)

今度はイタリアンライグラス。



200524 DSC_0653 (2)

で、こっち側も見回り。



200524 DSC_0656 (2)

アヤシイものはなかったかな?



200524 DSC_0664 (2)

土管さんもOKかな?



200524 DSC_0687 (2)

イベント大好きオトコなのに、どこにも行けなくてチカラ余っています。



200524 DSC_0701 (2)

そのうちきっと、またお出かけできるようになるからね。
チカラ蓄えていてね。



200524 DSC_0709 (2)

ね、ナッツ

PageTop

5月24日のぽんちゃん

お次はぽんちゃん。

200524 DSC_0457 (2)

ぽんちゃんは、生の葉っぱよりはイタリアンライグラス。



200524 DSC_0464 (2)

元気なジャンプ、見せてくれました☆



200524 DSC_0496 (2)

いつも楽しそうなぽんちゃん、いい子です。



200524 DSC_0526 (2)

ぽんちゃんも土管さんを飛び越えてくれるかな?
って期待したんですが、



200524 DSC_0542 (2)

やっぱり、くぐり抜けるのがいいそうです。



200524 DSC_0557 (2)

わらっこトンネルさんも



200524 DSC_0579 (2)

はずんでます。



200524 DSC_0582 (2)

でも、もうそろそろ帰ろうか。
って言ったら。



200524 DSC_0598 (2)

あわててわらっこトンネルさんに逃げ込んだ、ぽんちゃんでした
アタマもアシも見えていますが、ぽんちゃん的には隠れているらしいです(笑)

PageTop

5月24日のウィンクちゃん

いきなり跳んでるのはウィンクちゃん。

200524 DSC_0263 (2)

ウィンクちゃんも絶好調。



200524 DSC_0270 (2)

イタリアンライグラスが嬉しいウィンクちゃん。



200524 DSC_0275 (2)

たくさん食べてね



200524 DSC_0276 (2)

おいしいね^^



200524 DSC_0286 (2)

絶賛換毛中で、いつもおでこの毛が立っているウィンクちゃんです。



200524 DSC_0314 (2)

ひたすら食べ続けます。



200524 DSC_0321 (2)

ウィンクちゃんにしては、あざとい可愛さです



200524 DSC_0333 (2)

キリリとしたお顔も可愛いウィンクちゃん。



200524 DSC_0353 (2)

やった~
ついに土管さんを飛び越えましたよ



200524 DSC_0382 (2)

どうやら、ひたすらお腹がすいていたらしいウィンクちゃん。



200524 DSC_0387 (2)

上には何もありませんよ。



200524 DSC_0414 (2)

残念ながら、ウィンクちゃんの嬉しいなジャンプは撮れなかったので、これだけ。
ボケボケ失礼いたしました m(_ _)m


PageTop

5月24日のあかりちゃん

もういつのことやらのあかりちゃん。

200524 DSC_0017 (2)

葉っぱに夢中です。



200524 DSC_0024 (2)

わらっこトンネルくぐりして、



200524 DSC_0043 (2)

得意の溝走り。



200524 DSC_0072 (2)

落とした葉っぱをつまみ食い。



200524 DSC_0079 (2)

本格的に腹ごしらえして、



200524 DSC_0092 (2)

ホッピング
「わたち、ちゃんととべるんだから」
って声が聞こえてきそうです^^



200524 DSC_0096 (2)

緑のトンネルさんも制覇。
散らかっているのは、あかりちゃんが出てくるなり足を引っかけてぶちまけたから。



200524 DSC_0130 (2)

気が済んだかな?



200524 DSC_0145 (2)

いやいや、まだ遊ぶそうです。



200524 DSC_0163 (2)

これは快挙!
どこにもつかまらずに、うたっちできました



200524 DSC_0185 (2)

絶好調が止まらないあかりちゃん。



200524 DSC_0197 (2)

今までの分まで、存分ににおい付けしてくださいね。



200524 DSC_0243 (2)

土管さんもね。



200524 DSC_0249 (2)

まだまだ遊ぶ気満々のあかりちゃんでしたが、そろそろお開きですよ。
楽しかったね

PageTop

命の話

こちらの記事 (あえてタイトル全文表示しません m(_ _)m )

【マウスもダメ、犬もダメ… 】


リンク先の記事の内容が事実であり、それ以上でもそれ以下でもないのですが。
ついているコメントがひどくて、ちょっと悲しくなりました。

かくも愛誤に洗脳されている方々・・・ 
というと語弊があるかもしれませんが、殺処分ゼロと同じで、夢物語を信じて疑わない方が多いのでしょうね。
(動物実験ラボが虐待をしているというのも夢物語)

将来的には動物実験を限りなく減らしていくことはできるのかもしれませんが、現時点では医療の世界でそれは無理です。
何でも代替法が使えるわけではありません。
メーカーにしても、ラボにしても、いらぬ実験をやっていられるほどお金もヒマもありません。

医薬品等の安全性試験(動物実験)は国が定めた法令やガイドラインに則って実施されています。
(裏を返せば、それをやらないと新薬の承認がおりないということ)
ラボには厚労省所管の医薬品医療機器総合機構(PMDA)が3年に1度、施設とデータの監査に来て、近年はかなり厳しい調査が行われています。
動物福祉は彼らの管轄外ではありますが、それでも、試験データの信頼性を盾に切り込んでこられることもあります。

命に関わる仕事です。
メーカーも、ラボも、審査する側も、そして動物屋さんも、みんないい仕事をするためにギリギリのところまで頑張っているのです。

動物相手の仕事ですから、社内でも、業界内でも動物好きの方が多いです。
それでも、誰かがやらなくてはいけない仕事だから、これが自分に与えられた仕事だから、皆、そこは割り切って働いています。
が、心の中では泣いているのですよ。


あのアビガンも幾多の動物たちの命と引き換えに承認を得ました。
催奇形性という副作用があるのも、動物たちが教えてくれたことでした。

新型コロナウィルスのワクチンや治療薬を待ち望む声を上げつつ、あのようなコメントをされる人がいるとすれば、狂っているとしか言いようがないです。
いや、当然ながら動物実験に反対される方々はワクチンが開発されても接種は辞退されるのでしょうし、ウィルスに感染しても治療は拒否されるのでは?
なんて思ったりもしておりますが。


実験動物の供給に遅れが出れば、それはそのまま新薬の開発の遅れにつながります。
その分、ラボがねじ巻いて(巻かされて?)頑張ってる、ってのもありますが。

記事の業者さん、本当に頑張っていたのですよ。
愛護団体の妨害でイヌを成田でおろせなくなった時も、サルを乗せてくれる飛行機がなくなったときも、寝る間を惜しんで四方八方、手をまわして手配してくださっていました。
おかげで、イヌもサルもいらぬ長旅を強いられて、到着した時にはそれは可哀そうなことになっていたものですが。

我が家の歴代の白うさぎ(ペコ以外)も、そこの業者さん出身。
ウサギは儲けにならないから手を引きたいといいつつ、長年、おろしてくださいました。
繁殖は外部委託していたので、今も別の業者さん経由で同じウサギたちがやって来ますが。

取引先に迷惑をかけないように、事業停止した時も引き継ぎ先をすべて手配してくださっていました。
というわけで、(残念ながら?)その後も動物の調達にはなんら支障は出ておりません。。。


人づてに聞いた話では、事業停止となった日、規制線が張られて敷地への立ち入りが禁止されたとき、職員さんが
「動物がいるんです、お願いします!
お願いします、動物がいるんです・・・・
せめて、水と餌だけはあげてください・・・」

と泣いてすがっていたとか。

結局、そのとき施設内にいた動物たちがどうなったのかは知るすべもなく(涙)
数年前、ある動物試験のラボさんが倒産した時も、そうだったと聞きます。

理由はともかく、事業継続できなくなった時点で何百、何千という動物の命が無駄になります。
この世に生を受けた、本来の使命を全うすることなく。


この世のすべての生き物は他の生き物の命を消費して命をつなぎます。
食べるために、住まうために、他の生き物を利用します。
人間もまた。
他を殺さずに生きられると思うのは、人間の傲慢さゆえではないでしょうか。
自分だけは手を汚さずに生きられると思う錯覚と。

PageTop