FC2ブログ

兎鳥庵 日記

インコ2羽と ウサギ6羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

実験ウサギさん(ダッチ)里親募集のお知らせ

募集を開始しました!(かりんちゃんを除く)



医療への貢献のために生まれてきたウサギさんたちについて、里親さまを募集します。
いわゆる余剰動物で、実験には使われていません。

ダッチ(ブラック) 女の子 1歳  (2018年7月26日~8月11日生まれ)

5匹のうち、4匹について里親さまを募集します。

(ウィンクちゃん、あかりちゃんのいずれかを我が家に残します。
この2匹については少し難しい子なので、ウサギ経験者の方を希望します)

DSC_0393a (1000x1000)DSC_0560a (1000x1000)DSC_0729a (1000x999)DSC_0768a (1000x1000)DSC_0826a (1000x1000) 
 ぽん          ライム        かりん        ウィンク      あかり

★ 募集対象地域 : 東京・埼玉・神奈川・山梨・静岡・愛知・岐阜
  手渡しできる範囲であれば、それ以外の地域の方もご相談ください。
  当方は静岡県東部です。
★ 室内飼育をお願いします。
★ ご自宅までお届けにあがります。
★ 無償、当面の餌はお付けいたします。
  (ペレット1週間分程度、牧草800g)


詳しくは「つづき」をご覧ください。
全員のお家が決まるまで、この記事はトップに表示します。 
                                   (2019年8月12日掲載、8月24日更新)
PageTop

【実験ウサギさん里親募集】健診(8月23日)その2

ぽんちゃん、かりんちゃん、ウィンクちゃん、ゆず君の健診詳細です。


DSC_0515 (2000x1334)
(左 ぽんちゃん、右 かりんちゃん)

黒っぽい子2人を同じキャリーに入れてきてしまって、看護師さんたちからは、どうやって見分けがつくんだと不思議がられましたが、模様でちゃんと区別できますですよ。

ウインクちゃんは開けた瞬間にすっ飛んでいく危険があるので、お2人さま用キャリーはNG、かりんちゃんは齧り癖があって、ラボから引き出してきたときも、金網の下のペットシーツをビリビリにしちゃって大変なことになっていたというのがあり、なるべくなら床面の高いキャリーがいいということで、この組み合わせになったわけです。

出がけに、イヤな予感があって、仕切り板をナスカン2個で固定してから出かけたのですが、正解でした。
着いたときに見たら、ぽんちゃんがかりんちゃんの方へぐいぐい押していて(笑)
かりんちゃんもオチリで防衛していましたが、ナスカン留めてなかったら、仕切り崩壊しているところでした。
ライムちゃん&ひめ(すもも)ちゃんの組み合わせじゃ、そんなことなかったんですけど。



ぽんちゃんは、後ろ足の爪折れ1本がある他は、が非の打ちどころなく。
(連れて帰って来た当日、爪切り後に床で踏ん張りすぎて折ってしまったという・・・)
先生に抱っこされても、おとなしくお利口にしていました。



DSC_0512 (2000x1502)

で、問題のかりんちゃん。
診察室に入ってすぐに、先生が
「何か気になる点はありますか?」
って聞かれて。
なんかにおいがしたのでしょうか・・・。

18日の朝、鼻血が出てスノコに血が飛び散っていたと状況を説明したら。
「歯を引っ掛けたんじゃないですかね。
骨にひびが入っちっているかもしれませんね。」
 って。

まだキャリーから出してもいないのに、なんで分かるの???
って思ったら。
ウサギさんにはよくあることなんだそうです。
ケージの金網などに前歯を引っ掛けて、そのまままっすぐ抜いてくれればいいのに、パニックになってひねっちゃうので、骨が折れちゃうんだそうで。


かりんちゃんを診察台に乗せた瞬間に、
「この子はびびりですね」
って言われて。
やっぱり、先生にはすぐ分かっちゃいますね。

「ええ、この子が一番のびびりで」 って。

だからこそ、パニックしちゃったんでしょうけど。

かりんちゃんは、完全に先生に体を預けていて、いい子ですね~って褒められましたよ。


歯を見たら、先生の予言(?)通り、出っ歯になっていて、上前歯が斜めになっていました。
奥歯は完全に噛み合っていて、前歯だけがずれてる。
ということは、やっぱりここが折れているって、ウサギの歯の模型で説明してくださいました。
折れてるとか聞くとすごく痛いんじゃないかって心配しましたが、痛みはないそうです。

待合室でかりんちゃんの目の周りに違和感を感じたのだけど、やっぱり、歯が原因で涙が出ているそうです。
とりあえず、涙は左眼だけで右はOK。

これは、ホッピング仲間のベイちゃんと同じだそうで。
そっか~、べーたんも大変そうだと思っていたら、そういうことだったんですね。
ベイちゃんは治るのに3年かかったそうで・・・ 
うーん、3年も待ったら、かりんちゃん、可愛い時期を逸してしまうな~って。

定期的に歯科処置が必要になりますが、この日は処置なし。
2週間以内にまた診させてくださいというので、31日の子たちと一緒に連れて行くことになりました。

鼻涙管洗浄をしていただいたら、出てきた液が濁っていたので、あまりよろしくないようです。


かりんちゃんは安心して里子に出せる子だと思っていただけに、ショックではありましたが、このタイミングで診ていただいて良かったです。
パニックしてぶつかっちゃったのね、、、
なんて、軽く考えてはいけませんでした。



次に診ていただいたのは、ウィンクちゃん。
抱っこした瞬間、
「この子、噛みますか?」
って聞かれて(爆)

さすがにあかりちゃんのときには「噛みます」って事前申告しようと思っていましたが、ウィンクちゃんは逃げ足が速いというだけなので、うっかりしていました。
が、やっぱ、殺気を感じたらしいです。
はい、でも、ウィンクちゃんは噛みませんです。

先生が保定しようとするそばから逃げ出そうとするウィンクちゃん。
「まだ修行が足りないなぁ・・・
これで、ひねられたら、もうダメですね。」
 って。

ウィンクちゃんは飛び出す力が半端ないのですが、猪突猛進型といいますか、まっすぐにすっ飛んでいくだけなので扱いやすいといえば扱いやすいです。
ウチで投薬するときは、わざと1回逃がして走ってもらうと、その後は諦めて言うことを聞いてくれるのですが、診察室で走ってもらう訳にもいかず。
びっくり箱みたいなウサギを抱えて奮闘していただきました m(__)m


ウインクちゃんは、キャリーの中で左前肢の狼爪が根元からポッキリ折れて手が血だらけになっていたのと、下唇に歯がぶつかった痕跡がありました。
爪の方は、その時点で血が止まっていたので処置なし。
根元に痕跡は残っているので、爪はまた生えてくるのではとのことです。

ウィンクちゃんにもぶつかった痕跡があるということは・・・
おそらく、かりんちゃんとダブルで暴れたってことですね。
この2人、ケージが隣同士なのですが、離した方がいいかもしれません。
とにかくね、ウィンクちゃんは暴れウサギだもんで。
ウィンクちゃんがフツーに暴れて、それに驚いたかりんちゃんがパニックして、それを見たウィンクちゃんもパニックする・・・
という図式が見えてきたりもして。

そんでもって、よほど気に入らなかったのでしょう。
診察後は、激怒、激怒のウィンクちゃん。
会計待ちの間、顔を見に来てくださった看護師さんにも足ダンの嵐でもう。
そんなにあからさまに怒らんでも・・・
と思いましたが、ウィンクちゃんの怒りは収まらず、1日たってもまだ怒っておりました。

というわけで、ウィンクちゃんの写真はありません(笑)
大変な子ではありますが、でも、こういう子が可愛いのですよ。



DSC_0524 (2000x1501)

最後は、ゆず君。

このところ、はじけっぷりが半端ない、ゆず君。
身が詰まっている分、暴れると押さえるのが大変なのですが。
ゆず君は空気の読める子らしく、おとなしーく抱っこされていました。

ゆず君はちょいデブだということ以外は、ノープロブレム。
一応、この子の適正体重は?
とお聞きしましたら、

「 2.2 か 2.3kg くらいにはしてほしいですね~」
とのこと。
うん、やっぱ、そのくらいですね。
ゆず君は痩せにくいみたいなので、里親さまにお渡しするまでに頑張れねば。。。

で、ゆず君、オチリに盛大に毛玉を作っていて。
保護してきた日にその存在には気付いておりましたが、洗ってどうにかなるなるレベルではないのは明白で。
ハサミで切るしかないなと思ったものの、おとなしく抱っこされることを覚えていない子に刃物を使う勇気がなく・・・。
先生にきれいにしていただきました m(__)m
それにしても・・・切っても切っても現れる毛玉たちにはビックリでした。



というわけで、手のかかるの4匹、お世話になりました。
来週には、もっとタチの悪いの(あかり&ナッツ)連れて来ますと予告して。

先生も
「楽しみにしています」
っておっしゃってくださったけれど。

どこの病院でもこうだといいのですが、病院によっては凶暴な子は診察拒否される可能性もあるわけで。
そういう意味でもウィンクちゃんは前途多難。
ちょっと自己主張が強くてうるさいけれど、その欠点を補って余りあるほどに可愛い子なので、いいご縁がありますようにと願うばかりです。

PageTop

【実験ウサギさん里親募集】健診(8月23日)

里親募集のウサギさんたちの健康診断、第2陣のメンバーは、ぽんちゃん、かりんちゃん、ウィンクちゃん、ゆず君の4名。
取り急ぎ、結果だけのご報告です。

ぽんちゃん、ウィンクちゃん、ゆず君は問題なし。

かりんちゃんは、この前の日曜日の鼻血ブーの原因が分かりまして、鼻血ではなく、上前歯の根元といいますか、上顎にひびがいっているか折れているとのことでした。
今のところは何の支障もないのですが、前歯がずれてしまっており、いずれ上の歯が伸びてきてしまうとのことで、定期的な処置が必要になります。
ひとまず、かりんちゃんについては募集を保留しますが、かなり長期戦になりそうで、完治を待っていては機会を逸してしまうため、状況が固まってきた段階で、条件付きで募集を開始したいと思います。

PageTop

後継者

賢そうなお顔をしているのは、ナッツ君。

DSC_0388 (1000x749)

不思議なことに、この子がキラキラと輝いていたのはラボから連れ帰ったその日だけで、ふと気がつけば、その後は、新しい環境に慣れてきて元気を増してきた他の子たちに押されて、フツーのウサギになっていたのでした。

なんで

ねぇ、ボクすごいんだよ、かわいいんだよ!?
って、あんなにアピールしてたのに。
もしかして、この子はもう、自分がここの家の子になったのを知っているのかしらん。
あの日、ここの家の子になるために、めいっぱい頑張っていたのかしらん・・・
と、そんな気がしてきてしまうのでした。

表情とかしぐさとか、ななぶーそっくりなことが多々あって。
甘え方も、ななぶーと一緒。

実験動物なんて、同じコロニーの中だけで交配を繰り返しているので、当然ながら似た子はたくさんいるのですが。
そのからくりを知っていてなお、生まれ変わりではないか・・・
と錯覚しそうになります。


もしかして、ななぶーはこの子が来るのを知っていて・・・
なんて気もしてきてしまうのです。

今回、ラボではこの子たちの様子は殆ど見に行ってなくて、どんな子が残っているのかもよく分からない状況でした。
でも、やっぱり、ななぶーはこの子が来ることを知っていたのかなぁ・・・
って思ってしまうのです。

考えてもしょうがないことですが、ななぶーが生きていたら、この子たちを見てなんと思っただろう・・・
って思っちゃいますね。

今回、何故かうちの子たちは新人さんたちに興味ナッシングで。
一度、ゴブちんがご挨拶に行きたいと言って突撃しかけたのですが、丁重にお戻りいただいて。
その後は、ゴブちんも興味なし。

ななぶーがいたら、絶対にご挨拶に行くと言って聞かなかっただろうし、ご挨拶のシッコ飛ばしまくっただろうし。
大フィーバーしたウサギさんたちで修羅場まちがいなしだったのでしょうけど。
うん、平和でいいじゃないって、思うことにはしたけれど。


なんかね、似すぎていて辛いのですよ。
つい、「ななぶー」って抱きしめちゃったり。

「ごめんね、ナッツはナッツだよね。」
って言うと、

「おり、ななぶーでいいよ」
って顔してるし。

ナッツを見ていると、やっぱり、物語の続きが始まったんだなって、思います。



DSC_0399 (2000x149)

とはいえ、まだまだ、ななぶーのようにツーカーではありません。
ちゃんと甘えに来てくれて可愛いのですけどね。



DSC_0404 (2000x150)

ねぇ、ナッツ。
ホッピングはやってくれるでしょ!?

オチリを軽く押して、
「跳びまーす!」
って声をかけたら・・・



DSC_0405 (1000x66)

あら不思議、本当にジャンプしてくれました。
しかも、バーがついている方から、ハードル2つ、連続とびしてくれました。

もしかして、お月さまのななぶーとウサギ通信してる!?



DSC_0418 (1000x75)

よしよし、ナッツはすじがよろしい。
ななぶーなんて、始めた頃はふざけてばっかりで、ハードルなんて跳ぼうともしなかったもんね。

ちゃんと言葉に反応してジャンプしているし、一緒にやろうとしていることを理解しているみたい。
この日、初めてハードルを見たばっかりなのに。
不思議なものです。



DSC_0449 (1000x75)

ななぶーよりイケメンだし、賢いし、シッコも飛ばさない・・・
って思っていたら。
1週間ほど前から、オシッコ飛ばしてくれるようになりました。
まだまだ控えめですけどね。

比べちゃ悪いけど、赦してね、ナッツ。
秋になったら、ホッピングは頼みますよ。


PageTop

はっさく君&ゆず君

すでに、お家が決まっているのは、はっさく君。

DSC_0999 (1000x75)

もうね、初めっから出来上がっているような、申し分のない優等生で。
元気いっぱいの甘えん坊さんです。

はっさく君は、明後日、里親さまの元へ旅立ちます。
あとちょっとしか一緒にいられないのは寂しいですが、新しいお家に行けば、愛情も独占して、のびのび暮らせますからね。




そして、ほぼお家が決まっているのは、ゆず君。

DSC_1063 (1000x75)

明日、健診に行ってからの確定となります。

こちらにいる間にスリムになってほしいのですが。
まだまだ詰まってます(笑)
でもね、丸っこいところが可愛いというのもあり。
ほどほどに、といったところです。



DSC_1003 (1000x75)

当初、ゆず君は、いちいち反応が遅いので、のんびりした子だな~
って思っていたのですが。

今じゃ、このやんちゃっぷり。
パワフルにはじける、ゆず君なのでありました。

可愛いお顔に騙されそうになりすが、案外、いろいろとやらかしてくれる子のようで、将来が楽しみです ^^


PageTop

【実験ウサギさん里親募集】みんな順調です

日々力尽きておりまして、なかなか更新できていませんでしたが、ようやく今日から夏休みになりました。

まずは、新入りさんたちの体重です。

img011 (1000x75)

みなさん、いい感じで絞れてきています。
ウィンクちゃんとあかりちゃんの減り幅が大きいのは、この子たちが3週間ほどハンガーストライキをしていたから。
フードを実験動物用の高カロリーのものからOXBOWに変えたのが気に入らないのかとも思いましたが、元の餌に戻しても食べないし。
難儀しましたが、ある時から急に何事もなかったかのように食べ始めてくれて。
今では、くれくれ魔人です^^

現在、OXBOW(エッセンシャルアダルト)にラビットエンハンサーをプラスしたものを、12~15g(1日2回)与えています。
牧草は、うさぎのしっぽさんのチモシー一番刈り。
お高い牧草、食べておりますよ。

最初はみんな恐る恐るでしたが、今じゃバリバリ食ってます。
どういう訳か、みんな茎派で穂先を残しちゃうのが悩みの種ですが、最近、ナッツが穂先に目覚めたようなので、みんなが残した穂先はナッツのケージにポンポン投げ込んでいます。


それでは、18日(日)のウサギさんたちの様子です。


ぽんちゃん

DSC_0086 (1000x74)

初めの頃は、ケージに手を入れた時に軽くうさパンチをくれることもあったぽんちゃんですが、この頃はそういうこともなくなって、どんどん可愛いウサギさんになってきています。


DSC_0082 (1000x74)

ラビットホッピングのハードルを持ってきましたよ。
ぽんちゃんもいかが?


DSC_0105 (1000x75)

ぽんちゃんは、ものすごく足が速いしジャンプ力もあるから、絶対向いてると思いますよ。


DSC_0116 (1000x66)

って、あんなとこで跳んでますけど。
破れ障子はご愛嬌ってことで (^^;;

ぽんちゃんは、ハイジャンプ向きかな?


DSC_0125 (1000x75)

はい、大変よくできました


DSC_0132 (1500x1123)

やんちゃなぽんちゃんは、こんなことも大好き。
ええ、隣のライムちゃんったらケージの外にオシッコをこぼすもんで、敷いてあるんです。

で、ぽんちゃんはといえば、トイレをぶん投げて、只今、没収されています。
またそのうち、トイレ、入れてみましょうね。



ライムちゃん

DSC_0147 (1000x75)

ライムちゃんは、見慣れないうちは跳ばないかもですが、やればできるはず。


DSC_0140 (1500x1126)

ライムちゃん、この頃、超飲み魔で、350mLのボトルを1日2回、空けてくれます。
飲みすぎじゃね?
って思うけど、まあ、過去、そのくらい飲んでいた子もいないではないし。
そのうち落ち着くかもしれないし、様子見です。

ライムちゃんは、かなりの部分、トイレを使ってくれますが、他のところにもしちゃうので、もうちょっとです。



かりんちゃん

DSC_0181 (1000x75)

かりんちゃんは、どうやら1番のびびりらしく。
まだ、おとなしーくしています。


DSC_0194 (1000x75)

夜中にパニックしたらしく、朝、起きてきたら鼻血ブーになっていて、びっくりしました。
どうやら大丈夫そうなので、やれやれです。


DSC_0200 (1000x75)

かりんちゃんはおとなしいから・・・
って思っていたら、あれれ!?
実はやんちゃかもしれない、かりんちゃんです^^



ウィンクちゃん

DSC_0239 (1000x75)

目下、女の子たちの中では1番の期待の新人、ウィンクちゃん。
いつも、ブゥブゥ言っていて(女ななぶー!?)、足の速さもジャンプ力もナンバーワンです。

今までのケージがボロかったので、ひめちゃん(すももちゃん)の使っていたケージにお引越ししました。


DSC_0264 (1000x75)

噛みはしませんが気性が激しいので、危険認定されてしまいましたが、実はそういう子ほど甘えん坊で可愛いのです。
あかりちゃんよりは素直に言うことを聞くので、ウサギの扱いに慣れた方の元なら、お家ウサギさんとしてやっていけそうです。


DSC_0284 (1000x75)

ウィンクちゃんの嬉しいなジャンプ。


DSC_0311 (1000x66)

可愛いだけじゃないウサギさんをご希望の方にお勧めしたい子です。




あかりちゃん

DSC_0374 (1000x75)

危険度ナンバーワンのあかりちゃんは、人がケージに手をかけた瞬間に噛みに行こうかどうしようかと身構えてる可愛い子です。
たいがいはこっちも噛まれないように手を入れるわけですが、たまにうっかりしているとガブられます。
が、その後で、 「なでてくれるんでしょ!?」 みたいな顔して待っていてくれたりします。
なら、噛むなよって思うんですが、それがあかりちゃん流のご挨拶なのかもしれません。
人間のことは大好きで、構ってアピールも盛大ですから。


DSC_0334 (1500x1125)

そういう子ですので、特にご指名がなければ、あかりちゃんはウチの子になります。
ですが、他の子にはない独特の可愛さもあって、チャンスは残しておこうということで、里親募集のメンバー入りさせています。

PageTop

お嫁に行きました(すももちゃん改め、ひめちゃん)

昨日は、すももちゃんとライムちゃんを連れて、お見合いへ。

お相手は、Yさまご夫妻とウサギのまろ君。
Yさまには、10年前、ピピちゃん(仮名:あきこちゃん)をお迎えしていただいて。
そのピピちゃんを見送って。

また、ダッチが入るかも・・・
というお話をして、かれこれ10カ月以上もお待たせしてしまいましたが、ようやくお迎えいただくことができました。

中間地点までお迎えに来てくださるとのことで(といってもだいぶこちら寄りですが)、浜松インター近くで落ち合って。
深く考えずに10日で、とお願いしてしまったのですが、よーく考えてみたら、3連休の初日というか、世間はお盆休み初日ではないですか!?って。
しかも、この暑さ。
オマケにまろちゃんもご一緒に、なんてリクエストしてしまって、いやはや、申し訳なかったです。


芝生もあって、涼しい時期なら、サークル置いてとか、うさんぽしながらとかしたいところでしたが、なにせお外は灼熱。
車内でのお見合いと相成りました。
もっとも木陰であろう場所に陣取ったのではありましたが、エアコン全開でもハッチを開け放ってしまえば、まあ、暑かったですね。


DSC_0973 (1000x750)

ライムちゃん、すももちゃんの順にキャリーからお出ましいただいて、まろ君とのお互いの反応を見ます。
(写真はすももちゃん)

女の子♪ 女の子♪
と、そわそわするまろ君でしたが、ライムちゃんは目もくれずに素通り
それよりも、クルマの中でご自由にしていいって言われて、冒険に行きたいライムちゃんなのでした。

相性が悪ければ、女の子が逃げ出すか、お互いに向かっていくかするので、無反応というのも、まあ悪くはないです。

お次にすももちゃん。
すももちゃんも素通りか・・・
と思われたその時、一瞬でしたが、まろ君にご挨拶してくれて。
あら、いい感じじゃないですか、ということに。



DSC_0976 (2000x1499)

まろ君が去勢済みということを確認して、まろ君にも出て来ていただきました。
これまた、冒険に。



DSC_0979 (2000x1502)

ライムちゃんとはすれ違うばかりでしたが、すももちゃんとはこのとおり。
ハチワレ対決ですよっ^^

このあと、まろ君のカクカクが始まっちゃって、すももちん、あわあわしていましたが、血相変えて逃げ出すというふうでもなく、ますますいい感じ!?



DSC_0985 (2000x1501)

ライムちゃんが出ているのに、わたちも♪
って、出てきちゃった、すももちん (左)。
みつどもえで、楽しいことになっておりましたが、早々に回収して。



DSC_0986 (2000x1499)

順番に抱っこもしていただいて。
まだ、2人とも抱っこには馴れていなくて、申し訳なかったのですが。

まろ君との相性はどちらも悪くないので、人間が気に入った方を選んでくださいということで。
でもね、抱っこしていただいている様子を見ていたら、うん、すももちゃんだわね、って分かりましたよ。

前足に少し問題のある子ですが、どーんと受け止めてくださる里親さまで、ありがたいことでした。



DSC_0989 (1000x751)

というわけで、里親さまが準備してきてくださったケージに納まりました。
わらざぶが気に入って、ちんまり座っています^^
緊張すると、まんまるになっちゃう、すももちんでした。


お名前が決まったら教えてくださいとお願いしたら、その日のうちにすぐご連絡いただきました。
すももちゃん改め、 「ひめ」 ちゃん

いや~、まろ君とひめちゃん。
絶妙ですね。
最高のコンビ間違いなしだわって、にまにましてしまいました。

お家ウサギさん修行も何もしてあげる余裕もないままにお渡しとなってしまいましたが、ひめちゃん、名前負けしないようにおしとやかなお姫さまになってね (ムリ!?)


最後になりましたが、里親さまのやましんさまのブログはこちら。
  【「やましん」のつぶやき】


里子に行った子たちの中でも忘れられない子が何人かいまして、ピピちゃんもその一人。
スタッフの扱いが悪くて(当時、職場のウサギさんチームは2つあって、悪い方のチームがお世話していた子なのです)、耳に穴が開くは、人間不信になるはで。
あの時のことは思い出すだに腹が立ちますが、この子はウチでお世話しようと思って連れて帰って来たジャストタイミングで、やましんさまからお問い合わせがあり。
普通の方にはとてもお願いできる子ではなかったのですが。
この里親さまの元でなら、この子は幸せになれるという確信があって。
ご縁というのは不思議なものです。
そして、今回また、ひめちゃんとのご縁がつながって、感謝、感謝なのです。

お話を伺ったら、ピピちゃんは最後まで飼い主さん以外には、うさパンチとガブ子は直らなかったみたいですが。
そういう子もまた、格別に可愛いものなのです。
あのとき、あきこちゃんがウチに残っていてくれたら、どんなだっただろうって、今でも思いますもの。

ひめちゃんは、カチンカチンの術は使いますが、パンチとガブ子はないので、どなたにも安心して可愛がっていただけるのでは、と思います。
また、可愛がられ上手のひめちゃんでもありますし。

ひめちゃん、まろ君と仲良く、幸せにね


PageTop

【実験ウサギさん里親募集】ライムちゃん

お次は、ライムちゃんのへやんぽ。


DSC_0490 (2000x1501)

真っ先に向かったのは、お向かいのナッツ君のところ。
どうも、女の子たちがどこに行くかを見ていると、はっさく派とナッツ派に分かれるようです。
ライムちゃんは、ナッツ派らしいです。

ナッツはいろんなところが、ななぶーによく似ているのですが、女の子にもてるってところが違うところでしょうか。
ななぶーは、からきしダメだったもんね。



DSC_0506 (2000x1502)

穏やかじゃないのは、隣のあかりちゃん。



DSC_0527 (2000x1500)

隣のお姉さんのことは気にも留めず、ナッツにアタックしたいライムちゃん。



DSC_0544 (2000x1501)

と、ここでいいもの発見!
ここはもう、色気よりも食い気ですよ。
牧草さんに激しくバリバリ攻撃です。



DSC_0548 (2000x1499)

もう、袋を食い破らんばかり。
ええ、食いしん坊ナンバーワンですから、もう。

そういうことは、早々におやめいただいて。



DSC_0560 (2000x1500)

じゃあ、やっぱりアタシ、ナッツ君にするわ
のライムちゃん。



DSC_0562 (2000x1333)

活発そうに見えて、実はあまり行動範囲は広くなさそうなライムちゃん。
近場で遊んでいるのが安心できるのかもしれません。



PageTop

【実験ウサギさん里親募集】すももちゃん

健診で軽度な前肢開張肢と診断された、すももちゃん。
いきなり、こういうことがあると、こちらとしてもへこみますが。

でも、すももちゃんは新人さんたちの中でも一番の元気者。
1週間前の様子ですが、楽しく遊ぶ、すももちんの様子をご覧ください。


DSC_0572 (2000x1500)

ケージの中では、いつも、むすぅ~っと丸くなっているすももちんですが、出てくれば懐っこい子なのです。
自分からご挨拶に来てくれるんですよ。



DSC_0580 (2000x1496)

すぐに、こういうややこしいところに入りたがります。
お掃除しながらなので、背景にお見苦しいものが多々、写りこんでおりますが、片目をつぶってご覧ください。



DSC_0596 (2000x1499)

好きにしていいんだよって言うと、キャピキャピ走り回る、すももちん。



DSC_0600 (2000x1498)

ブレブレ失礼。
でも、すももちんがとっても楽しそうだから。



DSC_0609 (2000x1499)

体格も良くて、体重も一番のすももちん。
でも、何故か、手足がとっても細い気がするんです。
そういうのも開張肢と関係があるのでしょうか・・・。



DSC_0614 (2000x1499)

早速、ティッシュを引っ張り出して遊び始めて、叱られました



DSC_0618 (2000x1500)

ダイエットすれば、右から見ても、



DSC_0623 (2000x1499)

左から見ても、申し分のない美ウサちゃんです。



DSC_0643 (2000x1499)

すももちんの嬉しいなジャンプ。



DSC_0645 (2000x1499)

1回、スイッチが入ると、止まらなくなるらしいです。



DSC_0646 (2000x1500)

はっさく君に豪快なジャンプを見せつけます。



DSC_0647 (2000x1503)

ゆず君にもちょっかい出してみたけど、ゆず君は、そういうの興味ないんですって。



DSC_0651 (2000x1501)

観客がいようと、いまいと、すももちんのステージは続きます。



DSC_0658 (2000x1499)

ほれ、そんな顔してると、ヘン顔大賞、応募しちゃいますよ。



DSC_0661 (2000x1499)

という訳で、楽しいすももちんでありました ☆


PageTop

【実験ウサギさん里親募集】健診

おさぼりすみません。
只今、お仕事絶好調に忙しく、家にはほぼ寝るためだけに帰っているような状態で。
悲惨な多頭飼い一歩手前でありますが、ウサギさんたちは元気にしています。


さて、今日は新入りさんたち第一陣の健診の日でした。


DSC_0958 (2000x1333)

ライムちゃん(左)とすももちゃん。
この2人は、来週、お見合いに行きます。



DSC_0959 (2000x1333)

考えてみたら、この2人、一番大きいのと一番小さいのの組み合わせ^^



DSC_0961 (2000x1333)

なんか、仲良さそう。
その昔、ダッチさんたちを保護してきた日にゃ、ケンカはするはシッコは飛ばすはで大騒ぎでしたが、今回、誰もケンカしないし、シッコも飛ばさないんです。
だんだん、マイルドになってきている!?



ライムちゃんの結果

体重 1.76kg

左眼の角膜に傷あり。
牧草などで傷ついたのかも、ということで問題になるようなものではないそうです。
それ以外は何もなし。

誰よりもたくさん食べているのに太らない子なので、ゴハン多めの方がいいのかな?
と思って聞いてみたのですが、

「普通でいいです」

だそうです。



すももちゃんの結果

体重 2.52kg

すももちゃんは、ちょっと問題があって、軽度ではありますが前肢が開張肢。
前足がちょっとハの字に開いて、ひじで支えている感じです。
小さい頃になったのでしょう、とのこと。
後ろ足はちゃんとガニ股になっているので大丈夫、とのこと。

現状、ちゃんと走って、控えめながらジャンプも跳んでいますし、問題にはならないレベルだと思いますが、悩ましいですね。
将来的に進行していくものなのかどうか、今の段階では分からないそうです。
体重を減らして足への負担を軽くした方がいいのは確かですが。
我が家にも高齢になって前足の開張肢になった子(イチ)がいましたが、最後は要介護になって、それなりに苦労したので、すももちゃんはどうかな~って、ちょっと心配です。

先生は、
「この子の個性だと思えばいいんじゃないですか」
っておっしゃって、確かにそうだな~とは思いましたが。



DSC_0965 (2000x1500)

そして、もう一人、はっさく君。



DSC_0972 (2000x1333)

愛嬌たっぷりで看護師さんたちから可愛い、可愛い、と大人気の女の子たちをしり目に借りてきたウサギ状態。
ずっと、おとなしーくしていました。



はっさく君の結果

体重 2.06kg

優等生のはっさく君は、健診でも非の打ちどころなく、結構なうさぎさんでありました^^



第二陣、残りの4匹は、8月23日に診ていただくことになりました。
ウサギさんたちはいい感じで馴染んできてくれているのですが、どうにもこうにも自分に余裕がないので、あわてずゆっくり行こうということで、夏休みまで待つことにしたのでした。

考えてみれば、来週には世間はお盆休みに突入するわけで。
いつの間にか7月が終わってるし、早いものです。

8月半ばまでには、とりあえず募集記事をアップしたいと思っておりますが、どうなることやら。
のんびりで申し訳ございませんが、長い目で見てやってくださいませ m(__)m


PageTop

【実験ウサギさん里親募集】はっさく君

今日はちょっとずつですが、ケージのお掃除がてら、ウサギさんたちにへやんぽを楽しんでいただきました。

その前に体重も測って。
そしたら、はっさく君とライムちゃん以外、みんなエラーになるから、なんで
って、メッチャ焦りました。

でも、冷静に考えたら・・・
そうじゃん、秤を間違えてるじゃん! って。
毎日、秤を持ってウロウロするのが面倒だからって、もう一つの2kg計を新入りさんたちの部屋専用にしたのでした。
それじゃあ、エラーになるわけだ。

いや、まあ、疲れてますね。
ということは、この前のすももちゃんも、お太りになったわけじゃなかったってことです。
やれやれ。


で、測定値 (kg) です。
 はっさく 2.00
 ゆず   2.48
 ぽん   2.24
 ライム  1.73
 すもも  2.57
 ナッツ  2.08
 あかり  2.01
 ウィンク 2.37
 かりん  2.30


みなさん、めでたく少しずつ締まりました^^



DSC_0324 (2000x1499)

へやんぽ第一号は、はっさく君。



DSC_0277 (2000x1501)

なにせ、ケージから出て遊ぶという発想のないヒトたちです。
出てきたはいいけど、どうしていいか分からなくって、とりあえず隙間に引きこもるという。



DSC_0279 (2000x1501)

両サイドの2人(ゆず君&ぽんちゃん)も、こんなところを他のウサギが歩いてるってのは、新鮮。



DSC_0283 (2000x1500)

ちょっと慣れてきたかな~ って思ったら。
いきなり、ヘンなところを歩きたがるヒト。



DSC_0285 (2000x1501)

へっぴり腰が可愛いです。



DSC_0292 (2000x1499)

ヘンなものをみつけたら、とりあえず、においをつけます。



DSC_0314 (2000x1502)

部屋中のヘンなものをチェックして回ります。



DSC_0302 (2000x1498)

あかりちゃんと。



DSC_0347 (2000x1450)

そして、ナッツ君とも。

いつまでも鼻くっつけてるから、どうしたのかと思えば。
お互いにペロペロ口元をなめ合っていました。
えっとぉ、これはボーイズラブってヤツでしょーか!?

ガブリ合いに発展したらヤバいので、早々にはっさく君は退場となりました。


PageTop

【実験ウサギさん里親募集】すももちゃん&ライムちゃん

日々力尽きておりまして、なかなか更新できずにすみません。

今のところ、水面下でお家が決まった子たちは、男の子2人、女の子1人です。
女の子4人が残っているという状況ですが、どの子もお家ウサギさんになるには、もう少し時間が必要かな?
と思う部分もあり、正式に里親募集を開始するのは全員が健診を受けてからということになりそうです。


この子たちを遊ばせてあげる時間がなかなか取れないのですが、すももちゃんだけは、お掃除のときなんかに勝手に出てきて遊んでくれています。


DSC_0568 (2000x1501)

実はすももちゃん、月曜日くらいからずっと食欲がなくて。
このとおり元気はあるし、牧草もちょこちょこつまんでいて●もそれなりに出ているので、そのうち食べてくれるかな?
って、ひたすら待ちの状況でした。

すももちゃんだけじゃなくって、他の子たちも同じような感じで。
どうもなかったのは、はっさく君、ライムちゃん、ナッツ君くらい。

嬉しいなダンス踊ってるんだから食べてくれたらいいのにって思うけど、なかなかにウサギさんたちは繊細なようです。



DSC_0547 (2000x1500)

自主的へやんぽに出たら、まずは、はっさく君のところにご挨拶に行きました。
初日の体重測定では、ナンバーワンだった、すももちゃん。
うん、もう少し痩せてほしいな~。

ゴハンあんまり食べてないから、多少、痩せてくれたかな?
って、ちょこっと秤に乗せてみたら。
まさかのエラー表示(計測不能)でした (^^;;

まあ、測定するときに使っているゴミ箱が300gくらいあるので、そもそもがギリギリ測れていたってことで。
お水もたくさん飲んでいたしね。



DSC_0552 (2000x1500)

まあ、徐々に、徐々に、ですね。
この体型なので、そんなに高くは跳びませんが、嬉しいなジャンプも連発していました。



DSC_0555 (2000x1499)

次はかりんちゃんと。
上半身がすっきりしているので、ぱっと見、そんなに太っているようには見えないけれど。



DSC_0556 (2000x1498)

このお腹(笑)



DSC_0572 (2000x1500)

ゆず君と。

ゆず君は、いつもぽわーんとしてワンテンポ遅いんですが、女の子が来れば、ちゃんとお出迎え。



DSC_0583 (2000x1501)

最後にナッツ君のところに行きましたが。
ナッツ君、後ずさり(笑)
あかりちゃんが来れば、どんどん前に出て来るのにね。
まあ、はっきりとしてよろしい。

で、すももちゃん、一昨日からようやく食欲戻りまして、平常運転になりました。
食欲が戻るまでの時間イコール頑固度、というような気がしておりますが、すももちゃんは中程度に頑固、といったところです。
あんまり素直すぎる子もつまらないので、このくらいの子がちょうどいいんじゃないかって、個人的には思っています。




DSC_0590 (2000x1500)

すももちゃんが帰った後、ライムちゃんもへやんぽに誘ってみましたが。



DSC_0595 (2000x1501)

案外、引っ込み思案らしく。
出てきてくれませんでした。



DSC_0602 (2000x1500)

ライムちゃんは初日、あんまり食べていなかったので、もしかしてこの子は食が細くてこんなに小さいのかな?
とも思ったのですが。

週明けに、実験をやっていたスタッフに聞けば、
「いつもガツガツ食ってて可愛いから、可愛がっていた」
んだそうです。

確かにその日、帰ったら、ひとり完食してゴハンはまだかと催促していらっしゃいました。
ラボではアルファルファベースのペレット食べ放題でしたから、それでこの体格とは!?
ヤセの大食い確定です。

こういう子は太らないんだから好きに食べさせてあげた方がいいのか、それなりに制限した方がいいのか。
先生にも聞いてみましょう。


PageTop