兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

うさフェスタ2017 1日目

今日は、お会いした皆さま、ラビットホッピングでななぶーを応援してくださった皆さま、どうもありがとうございました。
おかげさまで、ななぶー共々、とっても楽しい1日でした。


DSC_1392 (2000x1499)

ホッピング終了直後の、ななぶー。
ななぶー、なかなかキャリーから顔を出してくれないので、本日まともな写真はこれ1枚 (^^;;

ホッピングも初めはどうなることやらと冷や汗ものでしたが、最後は8段跳んで、いいとこ見せてくれました。
ラビットホッピングの様子はまた改めて。



DSC_1386 (2000x1501)

チップ君も応援に駆け付けてくれました^^



DSC_1390 (2000x1499)

チップママさまから差し入れのブロッコリーの葉っぱと生大麦にもう夢中。
今さっきまで、
「ぼくはもうつかれました」
って、寝てたのにね。
おいしいものを見た途端、シャキーンって(笑)



DSC_1398 (2000x1500)

チップ君も、またホッピングに来てよってお願いしました。
普通に跳ぶ子だけじゃ、つまんないですからね。
チップ君の場を盛り上げる才能は最高ですから。
あのアゴすりをもう一度って(笑)



DSC_1394-2 (2000x1500)

ラビットホッピングは明日も開催されます。
ヴァイスちゃん、べーたん、とらんぷ君、それに桃次郎君たちが跳びます。
実力者ぞろいで、明日も盛り上がりそうな予感^^

ななも、今日はかなり疲れたんじゃないかと心配しましたが、帰って来たら、まあ元気 (@@)
ケージに戻した瞬間、閉め忘れたハッチからジャンプして脱走
(プロケージ80ですよ)
まだ跳ぶかって、開いた口がふさがらないまみ~でした。
という訳で、明日のななぶーも期待大です。

明日、おいでの方は、ぜひご覧くださいね。



DSC_1393 (1503x2000)

こんなところで、ななぶー、宣伝に一役買っていました。



DSC_1496 (1688x1266)

そして、ホッピングエリアには、おびやんの写真も。
ドタバタの中で締め切り間際に送ったので、どうかな~と思いましたが、ちゃんとありました。
こんな写真でゴメンって感じではありますが。

今日は、作家さんのブースで行けたのは、向坂さまのところだけ。
メーカーブースもいくつかまわり損ねました。

明日はもうちょっとゆっくりできるかな~と思いますので、明日、行かれる方はよろしくお願いいたします。


PageTop

うさフェスタ2017とラビットホッピング

今週末に行われます、うさフェスタ2017。

土曜、日曜ともななぶーと一緒に参戦します。
両日とも、11時過ぎくらいまではラビットホッピングに参加、その後は主に講習会エリアに出没しております。

土曜日は、翌日に備え、早めに撤収いたします。
(多分、14時か15時くらいまで)
最後の曽我先生の講習会を聞けないのは、甚だ残念ではありますが。。。

日曜日は、一応、時間いっぱいいるつもりですが、ななぶーの状態によっては、これまた早目の撤収になるかも・・・です。

シルバーのカートの上にグレーのハードキャリーを乗っけて行きますので、見かけた方はお声掛けいただけると嬉しいです。
ななぶーはシャイなので、なかなかキャリーからは顔を出してくれないと思いますので、あれ?と思ったら、中を覗き込んでみてくださいね。



さて、ラビットホッピングのご案内です。

両日とも、7人のウサギさんが参加します。
今回も公式競技ではなく、エキシビションとなります。
ハードルのバーの高さは申告制になります。
おそらく、事前練習の状態を見て、皆さん、それぞれ高さを決めることになると思います。

今のところ、最後に高い段数を跳ぶトライアルをやるという話はありませんが、どうなりますでしょうか。
トライアルがあれば、ななぶーは競技で7段、トライアルで8段、ということになりそうです。
さすがに、本番でいきなり8段というのは無理っぽいので、いずれにしても7段 (コンディションが悪ければ6段) かな・・・とは思っております。

ライバルのフリー君は土曜日の方にエントリーしています。
両方出てくれればいいのに、って思いますけど。。。
今回、練習会に参加されていなかったので、ハンドラーは社長さんがされるのかと思いましたが、やはり、若手のスタッフさんが担当されるようです。

ななは両日参加しますが、本当なら、おびやんが出るはずだった枠をいただいたと思っております。
おびやんの分まで、頑張ってもらいます。
今まで、出たくても出られなかった子たちがたくさんいます。
その子たちの思いも胸に、心して臨まねばと思っています。

ラビットホッピングを見に来られましたら、応援、よろしくお願いいたしますね m(__)m


PageTop

練習会(11月12日)

うさフェス前、最後の練習会。


今回、ご一緒したのは、

DSC_0905 (2000x1501)

怒ってるお顔が可愛い、くるみちゃん。
なにこの可愛い子、おびやんのお嫁さんにピッタリだったじゃない、なんて思っちゃいましたよ。



DSC_0901 (2000x1499)

存在感たっぷりのショコラちゃん。

くるみちゃんとショコラちゃんは、同じお家の子です。
のんちゃん引退後、期待の女の子たちですよ



DSC_0951 (2000x1503)

隣のレーンの女の子たちにちょっと押され気味だったかも!?
な、ごんた君。



DSC_0978 (2000x1504)

それに、とってもマイペースな癒し系、もこちゃん^^


今回はいつもご一緒している方々がみんな後半組で、ちょっと寂しかったですが、前半組も和気あいあいで楽しく練習しました。



DSC_0890 (2000x1502)

くるみちゃんとショコラちゃんは、練習会の前にうさんぽして発散してきたそうです。



DSC_0910 (2000x1501)

が、どうです、この跳びっぷり。



DSC_0916 (2000x1499)

お耳振り乱して、豪快に跳びまくります。



DSC_0921 (2000x1503)

一発、足ダンかましてから、跳ぶのが可笑しくて。
女の子はよいねー。



DSC_0923 (2000x1501)

怒りながらも、とっても楽しそうにジャンプする、くるみちゃんでした。



DSC_0926 (2000x1499)

もう、4段いけちゃいそうな雰囲気でしたよ。



DSC_1008 (2000x1500)

一方のショコラちゃん担当は、パパさん。
なかなかエンジンかからなくて油断させておいてから、一気にダーッシュ!



DSC_0932 (2000x1499)

翻弄されまくりの、おとーさんでありました。



DSC_0898 (2000x1502)

ごんた君も、おかーさんの指導のもと、練習に励んでいました。



DSC_0938 (2000x1500)

ガンバレ、ガンバレ!



DSC_0957 (2000x1499)

へっぴり腰が可愛い、もこちゃん。



DSC_0969 (2000x1500)

ゆっくりですが、一つずつハードルを乗り越えて行きます。



DSC_0970 (2000x1500)

あとちょっと、ガンバレ!
これでバーを落とさないのだから、大したもんです。



DSC_0971 (2000x1499)

よっしゃー!
お手々がパーだ(笑)



DSC_0972 (2000x1499)

なにげにドヤ顔の、もこちゃん。



DSC_0987 (2000x1500)

最後は、おかーさんの力わざでゴール。
もこちゃんの表情が笑えますが、案外、ウサギさんたちは、ハードルの手前で終わった気になってしまう子が多いんです。



DSC_0997 (2000x1501)

ホントはちゃんと跳べるんですけどね、みんなが喜ぶからパフォーマンスしてくれているらしいです。



DSC_1004 (2000x1502)

カメラ向けると、跳ばないで、一生懸命カメラ目線してくれますしね。
モデルさんの素質ありですよ^^



で、可愛い子たちの写真を撮るのに夢中になって、やっぱり、ななぶーは撮り忘れました

うさフェス1週間前ということで社長さんはてんてこ舞いらしく、いらしてなかったのですが、そしたら、ななぶー、明らかに手を抜いてるし、テンション低かったです。
前回、あんなに張り切っていたのは、社長さんに褒められたからだったみたい。
社長に褒められてモチベーション上がるって、どっかのサラリーマンみたいで、なんかヤだぞ (笑)

でも、ウサギってやっぱりちゃんと人を見ているんだな~と思ったことでした。
自分にそんなに近い人じゃなくても、力関係みたいなものをちゃんと見てて、エライ人に褒められると嬉しいみたいな。

ラビットホッピングって、やっぱり、面白い。
よく跳ぶ子は、飼い主さん見てると納得するところもあり。

ラビットホッピングの見所は、実は、ウサギさんと飼い主さんの関係性だったりします。
練習会にご一緒している方々からも、これまで多くのことを学んできました。

うさぎ行動学、奥が深いです。

PageTop

【速報】うさフェス ラビットホッピング出場予定

11月18日(土)、19日(日)に開催されます、うさフェスタ2017、

    【うさFesta 2017】

ラビットホッピングの出場が決定しました。

ななは、18、19の両日とも出場します。

2日間続けてイベントへおでかけという経験がないので、日曜日はななのコンディションが心配ですが・・・。
跳ばなかったら、ゴメンナサイ m(__)m


うさフェスタのラビットホッピングは両日とも、

   9:00 練習開始
  10:30 競技開始


です。

例年、競技が始まる頃には人垣ができてしまうので、見やすい場所を確保したい場合には、練習時間中の場所取りをお勧めいたします。
どのウサギさんもみんな、がんばって練習を積み重ねていますので、ぜひ見に来てくださいね

PageTop

うさ通院日

本日のインプ君(笑)

DSC_0852 (2000x1501)

まったくもう、洗っても洗っても (というほどには洗車しませんが) きりがないったら。

午前中、出勤したら、それは素晴らしい道で。
朝方、爆睡していたようでまったく気付かなかったのですが、世間はかなりの嵐だったようです。

ちなみに、タイヤは一昨日、換えたばかり (--;)
道も相当ぬかるんでいたので (舗装道路なのに) 、換えておいて正解ではありましたが。



そして、お昼で帰って、そのままうさうさずを積み込んで藤沢へ。
箱根の道も大変なことになっているかなーって思ったのですが、ぜんぜんでした。
ウチの会社行く道だけ、こんなだった!?



DSC_0858 (2000x1501)

で、今日は珍しく、この方も健診へ。

カルテを見たら、ななぶー、3年ぶりでした。
健康優良児だもんで、病院にはなかなかご縁がなかったのですが、
ちょいと気になることがありまして。



DSC_0862 (2000x1500)

これこれ、ここはホッピング会場ではないので、跳んで出てはいけません。


実は、去年から何となく気にはなっていたのですが、背中になんかできてるみたいで。
ホッピングのときに背中の皮をつかんで抱き上げるときに、ちょっとさわるんですね。
ただ、それがいつもではなくて、ときどき。
で、探すとどっか行っちゃう。

たぶん、そんな悪いもんじゃなさそうだしということで、ずっと様子見していたのですが。
今期の練習会が始まって、やっぱり、なんか気になるなーと。
触る頻度もちょっと高くなってる気がするしと。


病院に着いて、看護師さんが見に来てくださったときに、そのことを言って。
ななぶーの背中を触って、
「これですかね?」
って看護師さんがおっしゃるので、

「うーん、これかなぁ・・・、いや、これかさぶたかも。
いや、どうかな~」

なんて、 状態。


先生に診ていただいて、毛の黒いところの皮膚をつまんで、
「これでしょ」
って言われて、

「えっ、いや、白いところだったような・・・?」
って、あっちこっちさわりながら、

「あれ、これはかさぶたかな? あれ、あれ???」
なんて、もう訳わかんないし。

で、結局、その “何か” は1つだけじゃなくて、たーくさんあったという

「こういうの、よくありますよ。」
ってことで、やっぱり、様子見でいいそうです。
とりあえず、心配はないそうで。



DSC_0875 (2000x1502)

ユキぴょんは、いつもの歯科処置だけで終了。



リキちゃまは、3週間ほど前からアゴに膿がたまってものすごく腫れちゃっていて。
お顔が半分だけカバさんになっておりました。
(センセにはムーミンみたいにと言っておきました)

どうしよう、どうしようと思いつつ、じっくり見てやれないまま過ぎてしまっていて。

ただ、それが、気が付くと、ときどき小さくなっていて。
さては、知らない間に膿がはぜていたかと思って見れば、やっぱり、かさぶたの跡がある。
はぜてすぐのときに、うまく気付いてしぼってやればいいんだよな・・・
と思いつつ、やっぱり、うまくタイミングがつかめなくて。



DSC_0883 (2000x1499)

先生に診ていただいたら、
「すごくいい感じ」
だそうです。

この穴を維持したいので、ときどき、お湯で拭ってやるように、とのことです。
ま、リキちゃまは、それがもう大変なんですけど。
腫れているところを触ろうとすると、半狂乱で。
だまし、だまし、できるといいのですが。



あとは、レンさまも見ていただいて。
本当は、今日はいいかな?
って思っていたのですが、白内障の加減が気になるとか、やわらかウンチばっかりして、オチリを汚しているとか、いろいろ気になって、やっぱり連れて行ってしまったのでありました。

眼の方は充血してくもっていなければ大丈夫、、、
って、先月のときも言われてたんですけどね、やっぱ心配で。

ウンチの方は、普通のコロコロも出ているようなら、大丈夫と。
柔らかウンチしか出ない状況だとまずいそうですが。

コロコロも小粒ながらたくさん生産していますし、ならいいのかな?

だいたいね、やわいのしたら、その場を離れればいいのに、そのままそこにじっと座っちゃうんですよね。
何か言いたいことがあるんでしょうか。

先生は、
「においを付けたがりますからね」
ともおっしゃっていましたが。

イチさんいなくなって寂しいのですけど、一時期よりは明るくなって。
お部屋遊びも少しはするようになったのですが。

今年はもう、耳の長いヒト3人も見送っていますから、まだまだ頑張ってもらわねば。



という訳で、本日もくたばりました。
明日はなんにもないお休み~
かと思っていたら、またまたホッピングの練習会の日が変わりまして、明日も行くことに。

このごろ、早くに申し込んだ人は時間の選択権がないみたいで、13:30からの部になります。
ちょっと、なんだかな~ですが。

まあでも、ななぶー、最終調整できてよかったよね。
本番は何段跳べるか、お楽しみ ☆


PageTop

向坂さま個展

昨日は、毎年恒例の向坂典子さまの個展に藤枝まで行ってきました。


DSC_0723 (2000x1501)

最終日の午後だったので、もうだいぶ売れてしまった後だったかもですが。
とても素敵です。



DSC_0732 (2000x918)

こちらのテーブルは、いつものウサギ&動物柄。



DSC_0727 (2000x1501)

こちらのとり(鳥?)皿のフクロウさん。
とても味があって、やっぱり、連れて帰ってくればよかったなぁ・・・なんて。



DSC_0729 (2000x1499)

いろいろ悩んで、この子をお持ち帰り(笑)
やっぱ、ダッチさんついてなきゃダメでしょ!? って。

ちなみに、今度のうさフェスで販売するイヤープレートはダッチさんだそうですよ。
予算、とっておかねば。



DSC_0730 (2000x1501)

おなじみの遊び小皿。
左下のインコsが、メロンさんとレモンさんに見えてしょうがない。
2人とも、こんな顔してますもん。



DSC_0735 (2000x1333)

こちらは、ぜひ大きくして見ていただきたいのですが、両生類と甲殻類が苦手な方はやめておいた方が良さそうです。
ついているのがウサギさんだったら、バカ売れではなかろうかと思ってみたり・・・。



DSC_0737 (2000x1332)

こちらも、メチャ渋くて素敵。



DSC_0753 (2000x1333)

お湯呑も。
花柄の方も、中にちゃんとウサギさんがいるんですよ。



DSC_0756 (2000x1335)

来年の干支。
初めはもっとワンサカいたらしいです。

奥の三連結ワンコさんのウサギバージョンが欲しいなぁと思ったのですが。
うさフェスのときに会えるかな?



DSC_0726 (1333x2000)

台の下になにかいたりしますが、こちらは展示品ではございません。



DSC_0721 (2000x1501)

内側はこんなことになっていたりします。



DSC_0757 (2000x1334)

お転婆ヒマ娘の碧(そう)ちゃんがいたら楽しかったのですが。
残念でした。



DSC_0781 (2000x1499)

ふくちゃまは初めてのお出かけでしたが、意外に楽しそうにしてました。



DSC_0807 (2000x1502)

ちゃんとブラッシングしてから出かけたんですけどね、もじゃもじゃの毛玉です。
可愛い可愛いと、写真を撮って行かれた方が何人かいらっしゃったのですが、可愛く写ってたかなぁ・・・。
ふわふわの可愛いウサギさんを撮ったはずなのに、チューバッカが写ってたらがっかりだろうな。



DSC_0818 (2000x1333)

今回はお試しで連れ出してみたのですが、うさフェスに、このコンビで連れて行っても楽しいかもねって思いました。
ななぶー連ちゃんになっちゃったら、ダメなんですが。



DSC_0822 (2000x1333)

初めはずっと棚の中にこもりっ切りだったくせに、終了する頃になって俄然、元気が出てきたお2人さんです。



DSC_0828 (2000x1500)

うさぎかぶり大賞は、このヒト。
うさぎ100枚くらいかぶってましたっけ。

ね、むっちゃん。




PageTop

練習会(11月4日)

<追記>
兎写真さまにラビットホッピング練習会の様子がアップされています。
ななぶーの雄姿はこちらでご覧ください。

    【ラビットホッピング練習会(2017年11月4日)】

小太郎パパさま、ありがとうございます m(__)m



今季3回目の練習会。

うさフェス前なので今日は混み混みかな~
なんて心配したのですが。
アナウンスが遅いうえにまさかの土曜日ということもあってか、参加は6組のみ。
程よい人数で楽しく練習できました。



DSC_0588 (2000x1500)

なると君。



DSC_0589 (2000x1501)

本日、ノリノリ絶好調のご様子。



DSC_0595 (2000x1501)

こっち向きは得意じゃないと言いつつ、なかなかでしたよ。



DSC_0599 (2000x1499)

最後はヒラメみたいに^^
なると君、おつかれさま。



DSC_0600 (2000x1501)

6組中、2組が初めての子で、初めは向こうで講習を受けていたこともあり、1レーンをなると君とななで回していたのですが、だんだん2人とも疲れてきてしまって。
フリー君にご登場願いました。

スタート前から、やる気満々^^



DSC_0603 (2000x1501)

フリー君、速すぎてなかなかうまく撮れません



DSC_0607 (2000x1500)

社長さんったら、今日は白いズボンはいてるからオシッコかけられたくないって、フリー君、これで終了 (--)
せっかく、フリー君、楽しそうだったのにね。



DSC_0609 (2000x1502)

そして、そして、こちらが新人のクローバーちゃん。
可愛らしいけれど、男の子です^^



DSC_0614 (2000x1502)

片方だけ、お耳がピーン

先週、練習会にデビューして、今日は2回目。
たどたどしくも、一つ一つ、ハードルを乗り越えて行きます。

小太郎君みたいな華麗なジャンプを跳べる日を夢見て、がんばれ、がんばれ。



DSC_0622 (2000x1499)

そして、いよいよ今日初めての新人さんたちがコースに出てきます。
まずは、フリー君がコースをまっすぐ歩くデモンストレーションをしてくれました。



DSC_0635 (2000x1500)

もこちゃんと、



DSC_0648 (2000x1499)

ロップちゃん。



DSC_0681 (2000x1499)

最後は2人とも長いコースを通して走れるようになっていましたよ



DSC_0691 (2000x1501)

おっかなびっくりな跳び方が初々しいです。



DSC_0693 (2000x1501)

そのうち、ピョンピョンになるんでしょうけど。



DSC_0659 (2000x1334)

最後に、お久しぶりのクレオ君。



DSC_0664 (2000x1502)

練習会は久しぶりでも、跳びっぷりはもうベテランです。



DSC_0669 (2000x1498)

クレオちゃんもガンバレ!



で、やっぱり、ななぶーの写真は撮り忘れました。

今日は、なかなか集中してくれなくて、あっち向いたりこっち向いたりで。
人が大勢だと、いろいろ気になるのでしょうか。

でも、社長さんとスタッフのTさんには、オール8段、そこそこの確率で跳べるところを披露してきましたよ。

ななちゃん、一体どうしちゃったんだって驚かれましたけど、おびやんと約束したんだもんね。
頑張らなくっちゃね。



気になる、うさフェスの出場日ですが。
ななは、多分、土曜日になりそうです。
もし、お声がかかれば両日の出場もあるかもです。

常連さんには声掛けを始めているようで、どうも出場者が日曜日に偏ってしまって、土曜日に出る子がいないのだとか。
どのような形式でやるかはまだ検討中とのことですが、中堅と新人のレベル差がかなりあるので、この前の桜祭のときのように跳ぶ段数は申告制になるのでは、という気がします。

最後にフリー君とななでハイジャンプ対決、というのもあるかも!? 
なんて話もしていました。



ななのジャンプを見て、社長さんが、
「来年は一つだけハイジャンプ跳ぶのやろう!」
って、おっしゃっていたのですが。

「いやいや、来年はこの子、もう5歳ですから。
今がピークですよ。」

ってね。

いつまでできるか分からないからこそ、今季は調子もいいことだし、できるところまで頑張らなくっちゃ、
ってそんな感じです。

ウチはもう、ななの後がいないので、ななが引退するまでには後継者を何とかせねば、という思いもあり。
社長さんも、 「ヒマラヤンどう?」 なんて、勧めて来てくださったりもしますが。
でもねぇ、やっぱ、今いる高齢組を見送るまでは手を出しちゃいかんと思いますし。
今いる子たちはみんな、自分が手を差し伸べなかったら殺処分されていた子たちで、やむを得ず多頭外飼いになったわけです。
好き好んで新しい子を迎えるのは、それなりに余裕を持ってお世話できるようになるまで自制しなくてはと思うのです。
ぶっちゃんも、おびやんも、ハクたんもイチさんも次々といなくなって、寂しいのですけど。
あと1年くらいは、うじうじしてそうです。


帰ってきて、ふと窓の外を見たら。今日もお月さまがきれいで。
おびやんとぶっちに、ななぶーはものすごく頑張っているからね、って報告しておきました。


PageTop

お知らせ

当サイトでは、こっそり実験ウサギさんの里親募集をやっておりますが、この先、ダッチの募集がありそうもないことと、勤務先の社内事情の関係で、里親募集関連の記事を整理させていただくことにいたしました。

変更点は以下になります。

1 里親募集の記事に関しては、白ウサギさんのみの記載とします。
  (将来、ダッチの募集が出たら、その時点でご案内いたします)
2 ウサギさんお渡しまでの流れについて、事前の写真提示を省かせていただきます。
3 里親になっていただいた方へのお知らせについては、別カテゴリーといたします。
4 過去記事で、ラボ内で撮影した写真が掲載されているものは、原則非公開にします。


3は、里親募集記事を見やすくするため、
2と4は、ラボ施設内での写真撮影が制限されたことに伴う措置です。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

記事の方は順次、変更・削除してまいりますが、4については11月中旬以降に作業いたしますので、もし、写真を保存しておきたい方はそれまでにお取り置きください。

白ウサギさんについては少々ご不便をおかけしますが、ご希望があればお受けいたしますので、引き続きよろしくお願いいたします。


PageTop

練習会

今期2回目のラビットホッピング練習会。

本日、台風22号の大雨のせいで、殆どの方が練習会をキャンセルされたらしく。
ウチを含めて、参加者2組という寂しさ。

しかも、JRHAから連絡がないので、てっきり13時30分からの部しかないのかと思っていたら、しっかり2部制だったそうです。

ウチも新幹線止まったらアウトなので、本当はあまり無理しない方が・・・
という雰囲気ではあったのですが。
実は、うさフェス前の練習会は今日を逃すとあと1回しか参加できないということが、金曜日に発覚し。

ほんと、アナウンスが遅いのですよね。
しかも、練習会はずっと日曜日だったから、日曜日を空けて待っていたのですが。
11月の練習会は、4日と11日、いずれも土曜日ですって。
11月4日は川井さんのセミナー申し込んでるし、11日はうさうさずの健診。
健診はどうしても外せないから、泣く泣く川井さんのセミナーをあきらめて。
だいたい、ラビットホッピングの事務局は川井さんなんだし、なんで自分とこのイベント、ブッキングさせるかな~
って、文句タラタラ。

とまあ、グチはこのくらいにしておきまして。


そんな訳で、1レーン貸し切りで練習させていただきました。
交代してくれるヒトがいないと、ななぶーが疲れ切ってしまうので、リクエストしたら、フリー君、登場してくれました^^



DSC_0542 (2000x1499)

こんな写真しか撮れなくって、ゴメンナサイ m(__)m



DSC_0543 (2000x1501)

しかも、ブレブレだし。
まあでも、フリー君、まだまだいいとこ見せてくれるんじゃないかと思っていたら、、、



DSC_0546 (2000x1501)

今日は、ハードルのカバーをむしってぶん投げるのがブームだったらしく。



DSC_0549 (2000x1501)

お姉さんに制止されたら、むくれちゃった。



DSC_0550 (2000x1501)

「ねぇ、ちょっと。 いまのひどいよね!?」



DSC_0552 (2000x1499)

「ボクだって、おふざけしたいのにさ。」


この後は、すっかり、お姉さんに甘々モード。

「フリーちゃん、跳ぼうぜ!」
って言ってみたけど、

「だってさ、きょうはしゃちょう、いないんだよ。
ボク、とばなーい!」

って、フリー君の心の声が聞こえてきましたよ。



DSC_0554 (2000x1498)

休憩中の、ななぶー。
となりの新人の練習を見学です。



DSC_0556 (2000x1498)

今日もハイジャンプ連発していたので、かなりお疲れモード。
床が冷たくて気持ちがいいらしいです。



DSC_0561 (2000x1500)

さ、じゃあ、そろそろまたやろうか。



DSC_0562 (2000x1501)

今期のななぶー、ジャンプの高さに、さらに余裕があります。



DSC_0564 (2000x1502)

位置について・・・



DSC_0565 (2000x1501)

よーい、どん!



DSC_0566 (2000x1333)

ファインダーもモニターも見ずにテキトーにシャッター切ってますんで、アングルもピントもムチャクチャですが。



DSC_0567 (2000x1333)

8段、余裕でクリアしているのが分かりますでしょうか。



DSC_0568 (2000x1333)

8段は、さすがにイヤイヤして、なかなかスタートしてくれないので、安定して普通に跳べるように練習を重ねたいところです。



DSC_0570 (2000x1500)

おとなりは、新人のごんた君。
すばらしく俊足なので、安定して跳べるようになれば強敵ですよ^^



DSC_0576 (2000x1500)

8段跳びすぎて、くたばったヒト。



DSC_0579 (2000x1500)

「ボクはもうダメです・・・ ほっといてください」



DSC_0585 (2000x1501)

ななぶーが恥ずかしがって、なかなか行かないので、フリー君には、
「今度、勝負しようぜ!」
って、言っときました。



そして、練習会が終わってからは、嬉しい再会が。
小太郎ママさまとパパさまが、新人のクローバーちゃんを連れて来ていらっしゃいました。
ウチは二部制のときは後の時間帯にしているとこの前書いたので、わざわざ合わせて来てくださったとのこと。
こんな嵐の日に、申し訳なかったです。

クローバーちゃんの練習をちょこっと見学させてほしいかも・・・
と思ったけれど、早く帰らないと新幹線がヤバそうなので、残念でしたが早々に退散いたしました。

おかげさまで、無事に何事もなく帰り着くことができました。
やっぱり、そのすぐ後くらいから、新幹線が止まったり遅れたりしていたようです。
まさしく、ぎりぎりセーフ。

クローバーちゃん、来週はご一緒できるといいなぁ・・・。


PageTop

おびやん!

おさぼり、すみませんm(__)m

明日はラビットホッピングの練習会なのに、またまた雨ですよ。
今のところ、台風のスピードがゆっくり目なので、ぎりぎりセーフか?
って感じですが、どうでしょうか・・・。


あれから・・・ 思うのはおびやんのことばかり。

DSC_0016 (2000x1500)

というわけで、おびやんの未公開写真を。



DSC_0775 (2000x1499)

去年の8月の初めに、おびやんとうさんぽに行ったのだけど、アップしそびれていたものです。



DSC_0803 (2000x1501)

若い頃はやんちゃで、うさんぽに行ってもハラハラし通しでしたが、すっかり落ち着いてしまって。



DSC_0815 (2000x1333)

去勢しなきゃ良かったなって後悔したものでしたが。



DSC_0816 (2000x1501)

もしかしたら、そのせいばかりでもなかったのかも・・・とも。



DSC_0835 (2000x1500)

おびやん、もしかしたら、ずっと体のどこかに違和感を感じていたのかもって気もしてくるのです。



DSC_0796 (2000x1502)

おびやんがなんとなくシュンとしちゃったのは、ぶっちにあっさり負けてからなんだけど。



DSC_0829 (2000x1501)

それだけだったのかな~? って。



DSC_0869 (2000x1501)

悪さばっかりして、手を焼いていた頃が懐かしいですね。



DSC_0877 (2000x1503)

お利口なだけのおとなしいウサギなんて、つまらないものね。



DSC_0878 (2000x1496)

どんなに悪さしても、おびやんは憎めないキャラだったしね。



DSC_0881 (2000x1500)

もう、この後は言葉にならないので、写真だけどうぞ~。



DSC_0879 (2000x1499)




DSC_0882 (2000x1498)



DSC_0883 (2000x1500)



DSC_0850 (2000x1333)



DSC_0893 (2000x1333)



DSC_0979 (2000x1498)



DSC_0993 (2000x1333)



DSC_1005 (2000x1500)



DSC_1009 (2000x1501)



DSC_1017 (2000x1503)



DSC_1027 (2000x1502)



DSC_1032 (2000x1500)



DSC_1102 (2000x1501)



DSC_1110 (2000x1499)



DSC_1113 (2000x1499)



DSC_1111 (2000x1500)

大好きだよ! おびやん!!

PageTop

おびやん、ありがとう

お花は辞退したつもりだったのですが、やっぱり、いただいてしまいました。

DSC_0517 (2000x1501)


DSC_0529 (1816x2000)

momo さま、チーママさま、ありがとうございました。

おびやんにはもったいないくらい、きれいなお花でした。
おびやんのイメージって、門松とか、なんかそんな感じで(^^;;;



昨日、病理組織学検査の結果が出たと先生から電話があって。
大体の概要はお聞きしました。

とにかく、てんこ盛りの何でもありみたいな結果で、それは素晴らしかったのですが。
病理の先生が学会で発表したいらしいということで、結果の公表は控えさせていただこうかと思っております。
発表前にネタバレしてしまっても困りますので。

それと、もしかしたら、ブログに書くことによって先生にもご迷惑が掛かっているかもしれないということもあり。
エンセファリトゾーンはともかくとして、抗酸菌の情報が不正確な知識で、いたずらに不安をあおるような形で拡散してしまっても困る、ということもあり。

ここに書けないほど怖い病気だからというのではないことは、ご理解いただけるとありがたいです。



過去記事を読んでいない方もいらっしゃると思いますので、我が家のウサギたちに起こっていることを書いておこうと思います。

ことの発端は、9年前に一般のご家庭より里子として迎えたライオンmix の「 はる」 が2013年1月に、10歳を目前にして抗酸菌症で亡くなったことでした。
普通にスナッフルと思って治療してきましたが、最後に病理の診断結果を見て腰を抜かしそうになったという。

その時、折悪く、我が家には里親募集のためにラボから引き出してきた子たちがたくさんおりまして、すわ集団感染かという事態になったのでした。
くしゃみをしている子がいるところへ新しいウサギを連れて来るというのがリスキーなのは承知しておりました。
しかしながら、ラボのウサギというのは待ったなしで処分されてしまうものなので、多少のリスクはあっても、今、命を長らえることを優先したのでした。

そんな中で、くしゃみが強く出たのがぶっちとおびでした。

集団感染が起こったのも、我が家ならではの特殊事情で、はる以外、当時いたウサギすべてが実験ウサギさんだったということです。
実験ウサギさんは、無菌とは言わないまでも、かなりクリーンな環境で繁殖・生育されています。
つまり、何十、何百と世代を重ねて、代々、免疫がない状態が続いているということです。
おびやんたちは、そんなクリーンな環境から外の世界に連れて来られて、まったくの無防備な状態でいるところでいきなり抗酸菌と遭遇してしまったという、不幸なことでした。

若い子ほど感受性が高く、一番後にやって来た、ぶっちが2年前に抗酸菌症で亡くなっています。
ただ、同じときに来た子でもまったく症状が出ない子もいましたので、個体差もあったと思います。
元々我が家にいた実験ウサギ出身のレンやイチもそのとき感染したのだろうと思いますが、当時すでに8歳で、この子たちは長い時間をかけてある程度は免疫も獲得したのでしょう、死に至るようなことはありませんでした。

普通のウサギさんであれば、なおのこと、心配はないでしょう。
多分、それは我が家のふく (2014年2月に多頭飼い崩壊した観光施設からレスキューした子) が最後にそれを証明してくれるだろうと思っています。
感染したとして、抗酸菌は日和見菌ですので、別の要因があってということでもなければ、滅多に発症するものでもないでしょう。


結核菌も抗酸菌の一種なので、混同して恐れられていることもありますが、まったくの別物です。
型が特定されてないこともあって、これがどれほどのものかというのが分からないという不安はありますが、抗酸菌一般、常在菌でもあり無意味に恐れる必要はないものです。
我が家のような特殊事情がある場合には、正しく恐れるということが重要になりますが。

我が家とて、ウサギ同志で感染したというのは証明はされておりません。
ただ、状況証拠的にそうとしか考えられない、ということです。

最初に発症したはるが、どこからそれを仕入れてきたかは今もって謎ですが。
はるは、3兄弟で我が家に来ましたが、はるが持っていたなら、他の2匹も持っていただろうと思います。
が、先に亡くなった他の2匹も病理検査をやっていますが、抗酸菌なんて影も形もでした。

そんなこんなで、抗酸菌も持っている子は持っている (世間には、一定数、抗酸菌に不顕性に感染しているウサギがいると思われる) けど、持っていたとしても、殆どの場合それは発症しない。
滅多にうつるものではないけれど、極端に免疫が低い場合には感染も起こり得る。
とまあ、こんなところかと思っております。



今回のおびやんの結果で、診断や治療法について、先生もいろいろ考えさせられたとおっしゃっていました。
おびやんの命が失われたのは悲しいけれど、必ずや、いつかは他の誰かの命につながるものだと思っています。

本当なら、5年半前に殺処分されていたはずの子です。
命が助けられたのは、このことのためだったんだね、って思います。
大きな、大きな使命を果たして旅立っていきました。

先生方をも動かしてくれた、おびやん。
ウサギさんには、未知の病気や原因不明の病気は、まだまだたくさんあるのだと思います。
抗酸菌症も含めて、その一つ一つが、いつかは解き明かされて、有効な治療法が確立されることを願ってやみません。

おびやん、ありがとう!


PageTop

お返事

皆さま、おびやんへのコメントの数々、どうもありがとうございました。
9月24日以降の記事にいただいたコメントのお返事、まとめてで、失礼いたします m(__)m

AYAさま
いつもご心配いただいて、ありがとうございました。
おびやん、これからもずっとうさフェスには繰り出していくはずだったのに。
あの時が最後のうさフェスになろうとは、思ってもみませんでした。
たくさん可愛がっていただいて、ありがとうございました。
おびやんも、とっても喜んでいました。

momoさま
おびやんへの励まし、ありがとうございました。
ペコはいつもおバカ丸出しでおびやんに刺されていたのですが、最後までその関係は変わらなかったみたいです。
でも、それはそれで家族の絆みたいなものもあって、ケンカ仲間ってのもいいもんだと、ホント、思いますね。
こういった症例もどれだけ積み重ねれば実際の診療に役立つことやらと思うと気が遠くなりそうですが、身体を張って立派にお役目を果たしてくれたおびやんには、ただただ感謝です。

くまの姉さま
おびやんは、いかにも日本男児といった感じで、ケンカっぱやいけど心の優しい、賢い子でした。
和風柄のハーネスも良く似合って。
ぶっちとの愉快なでこぼこコンビっぷりも忘れられないですね。
もう、2人ともいなくなってしまって、本当にさびしいです。

たかはしさま 
いつもご訪問いただいて、ありがとうございます。
おびやん、若い頃は不良で鳴らしたのに、最後はすっかりいい子になって旅立ってしまいました。
たかはしさまのウサギさんが全快して元気になりますよう、お祈りいたします。


チーママさま
治療中はあーでもない、こーでもないって試行錯誤ですが、最後に開いてみて、ああこういうことだったのかって・・・。
後にならなきゃ分からないことだらけですね。
おびやんは、ま-たんに次いで幸せな亡くなり方をしたと思います。
身体はどんどん動かなくなっていったけど、最後まで意識はしっかりしていろいろなことを思っていたのだろうなと思います。

亜美さま
おびやんのこと、いつもご心配いただいて、ありがとうございました。
精いっぱい頑張って、最後はいさぎよくお月さまへひとっ跳びでいってしまいました。
悲しいけれど、いつかまた会えると信じて・・・。

土屋ジョイスさま 
いつもお祈りいただいて、ありがとうございました。
人間の願うようにはなりませんでしたが、おびやんは立派に使命を果たしていったと思います。
11月4日は、心置きなく、セミナーにも参加できそうです。

ヨーゼフさま
おびやんへ力強い励まし、ありがとうございました。
根性はある子で、限界まで精いっぱい頑張ってくれました。
まだまだ原因が分からない病気はたくさんありますね。
ヨーゼフさまのウサギさんたちも命ある限り、負けずに楽しく過ごしてほしいです。

mottuanさま
おびやんのこと、心にかけていてくださり、ありがとうございました。
ハルちゃんも、見守っていてくれてありがとう。
おびやんの分まで長生きしてね!

ひよいちさま 
はじめまして
実験ウサギさんの里親募集は諸事情あって目立たずやっておりまして、開店休業状態です。
14歳のウサギさん、すごいですね。
我が家の12歳sも負けずに頑張ってほしいです。

つづきママさま
おびやんのこと、思っていただいてありがとうございました。
つーくんとつづきママさまの元気に、いつも励まされています(読み逃げ、すみませんm(__)m)
つーくんも、いい先生に出会えてよかったです^^

akikoさま
いつかまた、ホッピングに復帰してほしいと願っておりましたが、かないませんでした。
オチリぷりぷり振りながら楽しそうにジャンプしていたのが昨日のことのようい思い出されます。
短い生涯でしたが、おびやんはとても輝いた日々を過ごすことができましたし、最後のときも幸せな気分のまま旅立つことができて、幸せ者でした。

そらむぎさま
おびやん、今ごろは、ぶっちと一緒にかつての仲間たちに娑婆の世界での活躍ぶりを自慢しているんでしょうね。
実験ウサギとして生まれながら、幸せな生涯でした。
お別ればかり続くと寂しい限りですが、この子たちが生きていてよかったと思える瞬間がいくらかでもあったのなら、良しとしなくてはと思います。

ゆきちさま
若い頃はひときわやんちゃで元気のいい子でしたので、まさかこんなに早くお別れのときが来るなんて思いもよりませんでした。
なんとしてでも助けたかったけれど、命のはかなさをも教えてくれました。
今ごろ、お月さまでは連日のホッピング大会で盛り上がっているのではないでしょうか。

ちゃたろうさま
入院中は、早くお家に帰せと先生にガン飛ばしまくっていたようなので。
一時帰宅していた間や、最後に帰ってきてからはとても穏やかに過ごせて、おびやんも満足して旅立つことができました。
悲しいけれど、いい生き方をしたウサギさんだと思います。

はるるんまきまきさま
ホッピングのときは、ごまちゃんやのんちゃんと一緒にとても楽しい時間を過ごさせていただいて、ありがとうございました。
おびやんも、ああいうイベントは好きだったんじゃないかなと思います。
お月さまもそこそこメンツが集まって来たし、のんちゃんもごまちゃんもまだまだですよ~。

ちゃきさま
お互い、寂しいですね。
しし丸ちゃんも頑張ったんですね。
お月さまでは、ちょっとガラが悪くて怖いかもだけど、おびやんと仲良くしてやってくださいね。

ゆかりさま
いつか実際におびやんのことを可愛がっていただけたらと思っておりましたが、残念でした。
「早くこねーからだよ、オレは気がみじかいんだからな」
って、おびやんは言っていると思います(^^;;

PageTop