兎鳥庵 日記

インコ3羽と ウサギ9羽にヒト1人の日常です                  - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

うさフェスタ春2018 ラビットホッピング

うさフェス1日目、無事終了しました。
お会いした皆さま、どうもありがとうございました。
アタマパーチクリンで、ろくにご挨拶もできなかったと思いますが、失礼いたしました。


今回も朝いちからラビットホッピングで、ネジ巻かなきゃいけなかったんでありますが。
しっかり寝坊して、新幹線にぎりぎりセーフで飛び乗り。
道中、どうにもこうにもアタマがボーっとしておりまして、会場に到着したら、集合場所を通り越して迷わずお向かいのドトールへ。
カフェイン補充してから、会場入りしたのでありました。



DSC_0646 (2000x1333)
  ラビットホッピングエキシビション本番前のななぶー。
  大観衆を前に3回もキャリーから逃走しやがりました。
  なんなの、この余裕(笑)


今回は、練習時間が短くて。
というか、1往復で交代というやり方がまずいんじゃ、って思いますが。
結局、2往復しかできなかったので、8段のコンディションは確認できないまま、本番に突入となりました。

事前練習のときから、なぜか、ウサギさんたちみんな不調で。
ななぶーも例にもれずでしたが、なんとか8段を跳んで面目を保ったのでありました。
バーは結構、落としちゃいましたけど。


今回は3つの賞が設定されていて、
ななぶーは、ナイスチーム賞をいただきました。
アピール賞はごんた君チーム、
がんばったで賞はポコちゃんチームでした。



DSC_0400 (2000x1333)
  事前練習開始前のわたわた。
  前回、初出場だった子たちも、この場所が苦手だったのか、調子が上がらなかったみたい。
  

皆さま、応援ありがとうございました。
おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。
もう記憶がほとんどぶっ飛んでいるのですが、追って記事をアップして行こうと思います。

PageTop

練習会(4月8日)

うさフェス突入前に4月8日のラビットホッピング練習会のことを。


ご一緒したのは、

DSC_0214 (2000x1499)

のんちゃん、超お久しぶり~♪

「わたくし、モデルさんですのよ~」
の、うたっち健在です^^

また、楽しく一緒にやりましょうね^^



DSC_0239 (2000x1499)

ヴァイスちゃんも、練習会でご一緒するのはお久しぶりです。



DSC_0327 (2000x1502)

マリーちゃんと、



DSC_0315 (2000x1499)

クレオくん。



DSC_0298 (2000x1500)

とらんぷ君もご一緒するのはお久しぶり。
まっくろくろすけにしか撮れなくって、ゴメンナサイ m(__)m



DSC_0224 (2000x1499a)

そして、ななぶーの全6名でした。



DSC_0258 (2000x1500)

久しぶりのホッピングですが、のんちゃん、ちゃんと覚えていましたよ。



DSC_0347 (2000x1503)

スピード感もバッチリ。
大会では好成績が期待できそうです。



DSC_0235 (2000x1500)

ヴァイス君も軽快に跳んでいきます。



DSC_0264 (2000x1500)

いつ見ても楽しい、ヴァイス君のジャンプです。


DSC_0249 (2000x1499)

とらんぷ君も大会に向けて頑張っています。
ジャンプの高さは余裕があるので4段行けそうなんですが、どうも最後に足を引っ掛けちゃうみたい。



DSC_0365 (2000x1500)

最後は4段に挑戦!
よっしゃ、いい感じ



DSC_0311 (2000x1503)

クレオ君はうさフェス前の最終調整です。



DSC_0322 (2000x1502)

ときどき集中力が切れてしまうんですが、勢いで乗り切れ!



DSC_0294 (2000x1501)

最後にフリー君登場。



DSC_0295 (2000x1500)

うさフェスのホッピングには出ないの?
って聞いたら、スタッフの皆さん大忙しで、ハンドラーをできる人がいないのだとか。
フリー君も出てくれたらいいのになぁ・・・。



DSC_0377 (2000x1498)

最後は社長さんと一緒に。
うれしくって、おふざけジャンプのフリー君です。
横っ飛びに飛んで、この後、バーンってハードル崩して大笑い。



ななぶーの雄姿はこちらでご覧くださいね。

    【日々しっぽ】

うさフェスは、今回は最後のトライアルはやらないそうですので、8段行けるといいのですが。
コンディション次第では7段かな~と。


で、うさフェス後の練習会ですが。
5月13日の大会前の練習会は4月21日だけとのこと。
21日に参加できないななぶー、ぶっつけになります。

大会も上級コースを作ってほしいのですが、どうもダメっぽい。
ということは、3段を跳ばなくっちゃいけないのですが、ななぶーはそれが逆に難しい。
こっちとしても、今さら3段跳んでくれってのも言いたくないし。
ウサギさんにだってプライドっつーもんがあるのだから、そこらへん、考えていただけるとありがたいなーって思います。


とまあグチっぽくなったところで、本日のうさフェスでは、よろしくお願いいたします。


PageTop

うさフェスタに行くよ!

みなさん、こんにちは!
またまた、ななぶーだよ。


DSC_1730 (1481x2000)

いよいようさフェスタだね。
ボクは土ようびにいくからね。

これにのってるボクをみかけたら、こえをかけてね!
まみ~がボクのめいしってのをつくってくれたんだ。
でも、じょうずにできなかったんだって。
あわててつくるからだよ。

しかもね、まみ~ったら、こんなときにカゼひいたんだって。
クスリなんてのんで、バカだね。
ちゃんとしてほしいよ、まったく。


日ようびは、ウサギをつれていくかどうか、まだきめてないんだって。
まみ~だけでいくかもって、いってるよ。
こうしゅうかいってのだけきいてくるんだって。


ボクは、ホッピングがんばるからね。
じゃあ、あしたはよろしくね!


PageTop

【お詫びと訂正】 のまちゃんのこと

先日、のまちゃんについて亡くなられたという話を書きましたが、のまちゃんはご存命で元気にしていらっしゃるとの情報をいただきました。

どこでどう間違ってそのような話が伝わったのかは定かではございませんが、聞きづての不確かな話をそのまま記事にしてしまったことは軽率であったと反省しきりです。
記事の方は削除させていただきました。


関係者の方にはご迷惑をおかけいたしました。
こころよりお詫びいたします。


のまちゃんが元気だという話を聞けたことは、こちらとしても大変嬉しく思います。
これからも活躍してくれることを願ってやみません。

のまちゃん、ガンバレ!

PageTop

うさフェスタ春2018 ラビットホッピング出場予定

DSC_0324 (2000x1499a)


みなさん、こんにちは!
ななぶーだよ。

ボク、うさフェスタのラビットホッピングにでるから、みんなおうえんにきてね!

うさフェスタのラビットホッピングは 14日土ようびの 10:00 から だよ。
れんしゅうは、あさ 9:00 からやってるよ。
てんかのななぶーさまがでるんだからね、はやくこないといっぱいになっちゃうよ。

こんかいは、ぜんぶで7にんのかわいいウサギさんがでるんだ。
ライバルの ポコちゃん がデビューするから、ポコちゃんのおうえんもよろしくね!
ほかには、 クレオくん、クローバーくん、ごんたくん、雷牙くん、ベイくん がでるよ。
みんながんばるからね、みにきてね!

ばしょは、いりぐちからまっすぐいって、いちばんおくのイベントエリアだよ。
じゃあ、よろしくね!!!

PageTop

練習会(3月25日)

ユキの骨折騒動で、すっかり3月25日のラビットホッピング練習会の記事がぶっ飛んでおりました m(__)m
8日の練習会を前に駆け足でご紹介します。


DSC_1620 (2000x1499)

ご一緒したのは、ポコちゃんと、



DSC_1584 (2000x1499)

お久しぶりのオレンジちゃん。
オレンジちゃんは翌日に避妊手術を控えているとのことでしたが、無事に終わりましたでしょうか。。。



DSC_1586 (2000x1500)

エピちゃん、



DSC_1664 (2000x1500)

ご一緒したのは、お初のマリーちゃん、



DSC_1679 (2000x1502)

そして、クレオ君の総勢5名。



DSC_1599 (2000x1500)

エピちゃんはスイッチが入れば元気に跳びますが、コントロールするのが難しそうな印象です。
コツがつかめれば、上達も速い気がします。



DSC_1670 (2000x1501)

オレンジちゃんは、前にご一緒した時はピョンピョンだったのに、なぜか跳ばなくなってしまったそうで。
お年頃になって、心境の変化があったとか!?



DSC_1597 (2000x1499)

他の子たちが練習している間、マリーちゃんにご挨拶に行っていましたが、みごとにスルーされ (^^;;



DSC_1615 (2000x1500)

ポコちゃんは、4月8日の練習会はあっという間に定員になってしまって申し込めなかったとか。
これがうさフェス前の最後の練習会になると、張り切っていらっしゃいました。


うさフェス前は申し込みが殺到するので、3月25日と4月8日は申し込めなかった方が他にもたくさんいらっしゃるんじゃないかな~という気がします。
申し込めなかった人がどのくらいいるとか、ぜんぜん把握されていないと思うのですが、改善してほしいところです。



DSC_1618 (2000x1500)

いい感じなポコちゃんですが、、、
この後は、なかなか集中できず。

なにせ、参加者の半分が女の子だったので、女子のにおいがぷんぷんで。
人間の鼻でも、うぉっ! ってなるくらい。
ウサギさんの高さに顔をもっていくと、それはすごいにおいでした(汗)

うん、これじゃあ、野郎どもが集中できないのも仕方あるまいって(笑)



DSC_1668 (2000x1500)

ななぶーも、例にもれず。
いい加減、スイッチ入らないかな~って。



DSC_1633 (2000x1499)

この日、一番がんばっていたヒト。



DSC_1640 (2000x1500)

マリーちゃんは大柄なので、ジャンプにも迫力があります。
将来有望です。



DSC_1682 (2000x1502)

そして、お兄ちゃんのクレオ君も、、、
最高にやる気スイッチ切れたっぽい(笑)



DSC_1686 (2000x1500)

カクカクのお相手は、こんなモノでいいそうなんですが。
クレちゃま、うさフェスのときはカクカク封印でお願いしますよっ!

出走順は、おのこを先にするとか、なんとかできないもんでしょうかね!?



DSC_1695 (2000x1501)

あまあまオーラ全開のフリー君は、この日は見てただけ。
うさフェスでは出番はあるのかな?



DSC_1610 (2000x1501)

ななぶーも、頼みますよ。
ちょっと有名になっちゃったし、いいとこ見せてほしいんだけどな~。


PageTop

お知らせ

ユキのことであたたかいコメントをくださった皆さま、ありがとうございます。
お返事おくれておりましてすみません。
食欲は低下気味ですが、ユキぴょんは今のところ問題なく過ごしております。


さて、、、いずれバレそうなので。
控えめにご案内しておきます。

西村晴子さまが制作されたミニドキュメンタリー動画が、8bitNewsにて公開されております。

【命が輝くときとは、いつだろうか。その命高く跳べ~うさぎのななちゃんとラビットホッピング~】


うさフェスのラビットホッピングを取材されたご縁で、ななぶーを題材に作品にしていただきました。
ラビットホッピングのことと同時に命についての話などもあり、なかなかまとめにくい題材であったかと思います。
制作の過程で、いろいろご苦労いただきました。
西村さま、どうもありがとうございました。


また、この記事は4月3日のTOKYO MX 「モーニングCROSS」でも紹介されたとのことです。
その時の映像は西村さまの 【facebook】 でご覧いただけます。
よろしければ、こちらもどうぞ。


ななぶーは地味で目立たない子でしたけど、大きな役目を背負って我が家に来てくれたようです。
ななぶーも、ありがとう。


PageTop

生還しました

本日、ユキぴょん、骨折の手術。
朝一番に病院に預けて、仕事を終えてからお迎えに行きました。

途中、何かあったら電話しますが午後3時までに電話がなければ、夜、お迎えに来てくださいとのことでしたので、午後の3時を回るまでは気が気ではなく。


お迎えに行って診察室でユキと対面した時、ユキはまっすぐこちらを見つめていましたが、なんだかこの世のウサギではないような雰囲気で。
顔はこっち見てるけど、もしかしてまだ意識がないとか!?
なんて、一瞬、思っちゃいました。

声をかけたら反応したので、ああ、生きてた! みたいな。


先生がおっしゃるには、中を開けたら大変なことになっていたそうで。
中で大量の出血があって、髄液やら何やらまぜこぜになって、それはすさまじいことになっていたそうです。
術前の血液検査では、ヘマトクリットが20%しかなかったそうです(正常値の半分以下)

同時に治癒力も素晴らしくて、繊維やら何やらいろんなのが出て、わやくちゃになっていたそうです。

事前のレントゲンではきれいに真っ二つになっているように見えたのが、実際にはかなり複雑に割れていたそうです。



DSC_1709 (1500x1124) (1500x1124)

これは術後のレントゲン。
アップロードの設定を間違えて、写真がみんな小さくなってしまってすみません m(__)m

折れた方の骨の真ん中に1本まっすぐな線が通っているのがピンです。
骨は細かく砕けている部分もあります。

もしかしたら、骨の鋭角に割れている部分が静脈を傷つけて大量出血したのかもということです。
そういう状況だったら、やっぱり手術して良かったのでしょう。

麻酔の維持は、やはり大変だったようです。
が、手術中、努力呼吸はしていたけど、気管挿管の必要はなかったそうです。


この後、ピンが抜けてくるかもしれないので、そのときは戻してやらなくてはならないそうです。
しばらく仕事も忙しい状態が続きそうなので、ちゃんとケアしてあげられるか心配です。

貧血がひどいので、抗生剤と痛み止めに加えて造血剤も飲ませます。
おびやんの遺品のペットチニックがまるまる手つかずで残っていると言いますと、それでいいそうです。



DSC_1711 (1800x1353)

帰宅後のユキ。
お掃除する気力がなくて、きちゃなくてスミマセン。
いい塩梅に、リキちゃまをクッションにしています^^

術部を保護するために、ガーゼをパンツみたいにしてはかせてくださっているそうです。
これは4日間は付けていてほしいそうですが・・・ 大丈夫か!?



DSC_1721 (1800x1351)

さすがに今日はリキちゃま付添いという訳にはいかずお留守番でしたので、ユキぴょんが戻ってきて嬉しいの図です。



DSC_1720 (1800x1351)

が、やっぱり、ずっと上に乗られていると鬱陶しいらしいです。
ユキぴょん疲れ果てていてお構いなしなんですが。


テーピングしてある先がグローブのように腫れてきたら、
 においがない場合は、テープはそのままで、マッサージ
 さきイカのにおいがするときは、テープを外す
ようにということです。


PageTop

ゴブのこと

3月31日(土)は、ユキリキちゃんとゴブちんが病院へ行きました。
レンさまは完全復活したのでパスでした。

ゴブちん、この1週間あまり、どうも食欲低調で。
いつもの半分を食べればいい方で。
最低限は食べている感じでしたので、プリンペランmix 飲ませながら様子を見ていたのですが、どうも思わしくなくて。



DSC_0187 (1500x1124)

診ていただいたならば、大問題発覚。

口の中に大きなぷにぷにのできものが。
「粘膜の中に水の塊のようなものが見える。
もしかしたら、リンパの塊かも。」

とのこと。

先生が口の中をホジホジ、ぎゅうぎゅうやっても、ゴブちん、嫌がりもせず。
コレ、触っても痛くないのか!? って。
でも、口もあまり開かないそうです。

口の中からひとかけら、牧草を噛み砕いたものが出てきましたが、それっきり。
口の中を噛んで穴が開いたところに食べたものがつまって、ブツを作ってしまうこともあるそうで、それかな?
とも思ったけど、これだけしか出て来ないので、違うみたい。
とのことです。


脱水もしていたので補液もしていただきました。
ゴハンはアクアライトのふやかしだし、お水もアクアライト割で、よく飲んでいるのになぁ。。。
と不思議がっておりましたら、脱水はショック状態でも起こるそうで。


できているのが何者なのかが分からないので、とりあえずは抗生剤(バイトリル)と痛み止め(メタカム)で様子を見るそうです。
炎症でできたものなら、それでなくなるはずとのこと。

それで良くならなかったら・・・!?
ポリープ状のものなら手術でとれるけど、これは平たいのでとれないんじゃないかということです。

ゴブちんも心配。
今まで何の問題もなく元気だっただけに、ちょっと怖いなあ。。。
ゴブちん、お薬で良くなりますように!


PageTop

ユキのこと

皆さまにはユキのことをご心配いただいて、ありがとうございます。

手術日は、週明けの月曜日になりました。
他の手術が入っていたのが、ちょうどキャンセルになったとか。
月曜日はちょっと休みにくかったりもするのですが、ユキのために天がその時間をあけてくださったのかも・・・という気もして。


DSC_0194 (1329x1399a)

シンシアさんで撮ったレントゲン。
データをCDに焼いてくださったので、今日、きち先生に見ていただきました。

フラッシュの光が入ってしまって、見にくくてすみませんが、
右大腿骨がパッキリと折れて、その部分が上下に少しずれています。

大腿骨が折れるときは骨盤もやっちゃっていることが多いそうですが、幸いにも骨盤は無事。
一昨日の電話では、大型種は断脚になることが多いとおっしゃっていましたが、これだと断脚は必要なさそうとのこと。
電話で話したときは、切るのはいつでもできるので、諦めないで手術してみましょう、みたいなニュアンスでおっしゃっていました。


手術自体は1時間と掛からないそうですが、
ユキがハイリスクな患者であることは確かで。

年齢のこと、呼吸に問題のあること、エナカルドを投薬しているので血が固まりにくいこと。
「リスクばかり言ってもしょうがないんですが」
と前置きして説明してくださいました。

沈静を多めに、筋注の麻酔は少なめにして、あとは吸入麻酔で維持するというように、ユキの状態に合わせて麻酔は調整してくださるそうです。

あれから冷静に考えて、どう見たってユキは麻酔をかけて大丈夫とはとても言えないなあ・・・
と自分でも思いましたし。
そもそも、若い時から何かにつけパニック体質で、すぐに眼振おこしたりということもありました。
それにプラスして年齢的なこと、各種持病と、リスクありまくりで。

でも、心配したってきりがないし、本当にヤバければ、先生だって手術は勧めないでしょうし。


手術しない選択肢もあって、その場合は、両足をそろえてテーピングするとのことです。
でも、それだと折れたところはどうなっちゃうの?
って心配もあり。

先生も、
「この尖っているところが皮膚を突き破って出てくるかもしれませんね」
とおっしゃっていました。

手術して無事くっついたとしても、どうせ麻痺した足なんですが。
でも、やっぱり、ちゃんとくっついている方がいいよね? って。


もし、開けてみて骨がボロボロだったら、手術はやめるとのことです。
加齢のことや抗酸菌の影響などで、骨がどうかなっちゃっていることだって考えられますが、そのときはもう、先生にお任せです。

上のレントゲンで、
「膝の関節もなんか変ですねぇ・・・。
リウマチみたいな感じで」

とも、先生はおっしゃっていました。



DSC_0182 (2000x1502)

成毛先生が、骨折のときは安静が第一なのでサークルは狭くした方がいいとおっしゃったので、半分の広さ(90cm四方)になりました。

レイアウトやマットの種類を変えるたんび大はしゃぎのお2人さん。
餌入れを床置きにしたのと牧草が2箇所になったのが嬉しいらしいです。
本当はお水ももう一つ置いてやりたいんですが、引っかけて固定するタイプのが買わないとないので、しばらくお預けです。

ユキもリキもアザラシよろしく這って移動してますんで、とりあえずはお水もゴハンも大丈夫そうです。


ユキぴょん、ベッドに入れたら動かないでいてくれるんじゃないかと思って、イチさんのために買ったベッドを出してきてみたのですが。
全力でベッドから逃げ出すという。

結局、狭くしたって、あっちへグルグル、こっちへグルグルで、ぜーんぜんっこ安静になんてしてくれないユキぴょんなのでありました。

PageTop

ユキぴょん骨折

去年11月にレントゲンを撮ったとき後肢の骨が細くなっていて、「いずれは骨折する」と言われていたユキですが、とうとう骨折してしまいました。

このところ残業続きで帰りが遅いのですが、気が付いたのが27日(火)の深夜。
ゴハン残してるな~
なんて気になっていたのですが。

このところ、気温差のせいか不調者続出でふくちゃまから始まって、ゴブちん、レンさまとつづき・・・
ついにユキリキちゃんまで!?
と思ったのですが。

お掃除のとき、ちょっと外に出ててもらおうとユキぴょん抱き上げたら。
悪かった方の足がだらーん

あちゃー、ついに。
と思いましたが、水曜日はきちさん休診。
こんな時に(3月末だ!)休めないし、かといってこのままにしておくわけにもいかないし。
今週末は病院の日なので、なんとか応急処置だけでもと、夜、シンシアさんに駆け込んだのでした。


レントゲンを撮ったら、見事に右大腿骨がポッキーン。

どうしようもないそうです。
普通なら、手術しかないけど、年齢的なことや抗酸菌の持病があることを考慮すると、成毛先生的にはやりたくないと。
というわけで、そのままきち先生の方へ引き継ぎということで。

きち先生は手術しない方がいいとはおっしゃらないでしょうから、それはいいのですが。
なんせ、10歳越えでレンもイチも何の躊躇もなく手術していただきましたから。
麻酔かけただけでも死ぬんじゃないかって思うような子たちでしたけど。

とりあえず、それまで固定するとかなんとか応急処置はないの?
って思ったのですが。
やっぱり、どうしようもないそうです。
ということで、痛み止めの注射だけしていただきました。


29日の朝にきちさんに電話を入れて状況を報告したら。
手術をするということにはなったのですが、できる日がないということで、現在日程の調整中です。
自分も来週は、年度初めでイベントがあったりなんたりで休める日が限られているし。
うまく早いとこできればいいのですけど。

手術は早いに越したことはないけど、1週間くらいほっといても大丈夫だそうで。
時間がたてばたつほど手術は大変にはなるそうですが。

幸い、ユキぴょんは元気。
餌入れにアクセスさえできれば、食欲も問題なし。

本兎、ぜんぜん痛そうな顔しないんですけど、でも、痛いんでしょうね。
術日まで痛み止めでしのげるといいのですけど。

PageTop

リキちゃまのこと

しばらく落ち着いた状況だったリキちゃまでしたが、またぞろ問題が。

1月の健診のとき、あまり動きたがらないし足腰が弱ってきているようだと相談していたのですが。
そのときは、足の機能には問題がないので脊髄の方の問題だろうと言われていました。

2月の健診のときは体調不良者続出で、リキちゃまはパス。
そのときには特段変化はなかったのでありますが。
その後、徐々に悪化していたようで。
気が付いたときには、ほとんど立ち上がれない状態でした。

ゴハンを食べるときは、マットの上に敷いた金網で踏ん張れるのでちゃんと姿勢を保っているのですが。
飲食以外のときは、ほぼ寝たきりで。
お部屋に出すと、シャクトリムシよろしく這って移動するありさま。

こないだなんざ、オシッコした上を這っていって、部屋中をオシッコで水拭きしてくれていたという (--;)


こりゃ、大変だ!
ってことで、3月の健診のとき、改めて見ていただきました。



DSC_1960 (1000x750)

抱っこした状態で足を診察台のふちに押し付けて反応を見ましたが、まるで力が入っておらず。
ほとんど麻痺した状態みたい。

一応、レントゲンも撮っていただきましたが、これといった所見はなく。

ユキに続いてリキも同じように足が効かなくなってきているので、ちょっとイヤな感じです。
抗酸菌の影響で脊髄が髄膜炎を起こしている可能性もあると。


とりあえず、痛み止めのメタカムをやって様子を見てとのことでしたが。
途中途中で経過報告の連絡を入れつつ、2週間ほど続けましたが、残念ながら効果はなく。
やっぱり、痛くて動けないのではないようです。

本当はステロイドをやりたいけど、悪さをしている元凶が抗酸菌だとしたら、使いたくないと。
予想されていたことではありますが、ステロイドNGというのは、おびやんが命がけで教えてくれたことでした。
もっとも、おびやんの場合、ステロイドを使わなかったら、もっと早くに旅立ってしまったのではと思うのですが。


というわけで、目下、打つ手なしの状況です。
床ずれを起こさないか注意するようにと、先生からは指示がありました。

まったくの寝たきりうさちゃんではなくて、結構、這いつくばってサークル内を縦横無尽に移動してますんで、とりあえず、大丈夫かなとは思っておりますが。
ただ、イヤなのが、マットを押さえるのとゴハンのときに踏ん張りがきくようにと金網を敷いていること。
その上で起き上がろうとジタバタすると、結構、皮膚がこすれて傷になるんじゃないかという心配が。
かといって、網を敷かなければマットはぐちゃぐちゃになるし、ご本兎たちもゴハンが食べにくくなってしまいます。

サークルを狭くしてしまうのも手なんですが、動ける間はなるべく動いてほしいしなぁ。

ストレスがたまってくると、SUSUマットもどきの毛足を齧ってしまうし。
それならと、普通のタオル地のバスマットに換えようかと買いに行ったら、前は扱っていたはずのお店にない。
何軒かハシゴしましたが、見つからず。
ネットで探せばそこそこヒットするのですが、どうしようかなーと、只今お悩み中。
もっといい手がありそうな気もしますし。
とりあえず、リキちゃまが齧りたくなる場所には大判のバスタオルをかぶせてガードしています。



DSC_1982 (1000x667)
リキちゃまがレントゲンを撮りに行っている間のユキぴょん。

ユキは、暖かくなってきたせいか、足腰が少し改善しまして、結構、勢いよく走り回っていたりします。
よたりながらではありますが・・・。



DSC_1990 (1500x1127)

眼はもう、すっかり真っ白ですが、これでもちゃんと見えているみたい。



DSC_2002 (1500x1126)

リキちゃまが戻ってきて、ひと安心。
リキちゃまは、ひどい目にあって(?)浮かない顔です。



DSC_0173 (1500x1125)

この頃は、ユキぴょんの方が動けるようになってきて、形勢逆転のようです。
ユキぴょんが上になっていることが多くなりました。



DSC_0179 (1500x1126)

いいかげん、どいてあげないとリキちゃま、イヤなんじゃない?
って心配になりますが、2人とも、こうしているのがシアワセみたい。

まだまだ大丈夫だとは思うけど、お月さまに行くときはよく相談して2人一緒にねって言い聞かせています。


PageTop