兎鳥庵 日記

文鳥2羽とインコ3羽、 ウサギ10羽にヒト1人の日常です          - ときどき実験ウサギさん里親募集 -

桜子ちゃん

昨夜、超美人のお客さまが来訪されました。

DSC_0113 (2000x1499)

お名前は 桜子 ちゃん。

今回は、ウサギさんより先にお名前が決まっておりました ^^
里親さまのご希望は、美人でやんちゃで耳の大きい子。

美人とやんちゃは、なかなか両立しないので、
また、ときとして、耳の小さな子ばかりしか入荷しないこともあり、
これは難題だ!
と思ったんですが。

案外、あっさり見つかりました。
ただ、仕事が超多忙な時期だったり、思いのほか実験が長引いたりして、里親さまには1ヵ月ほどお待ちいただきました。

ウサギさん自体はラボにたくさんいる時期でしたので、もう少し早くお渡しできる子はいないかと、うさ担さんに聞いたのですが。
「いや、可愛い子はこれしかいない!」
と、キッパリ。

というほどの美人さんなのでした。



DSC_0104 (1000x750)

美人なのはひと目見てOK!
耳も特大とはいきませんが、まずまずの大きさ。
なのでありましたが、
やんちゃはどうかな?

と、気にしておりました。
が、引き出しの前に一度、様子を見に行ったならば、
餌入れの中身は全部床にぶちまけられ、おもちゃのチェーンは引きちぎられ・・・

んで、すまし顔で、
「あの、わたくしのゴハン、入れていただけないかしら?」 と。

はいはい、100点満点で合格 ですよって。


で、やんちゃが高じて(?)、連れて帰る車の中でオシッコ飛ばしまくったらしく。
着いた時には、桜子ちゃんはシッコまみれ、キャリーを入れていた、しっぽトートはぐちゃんぐちゃん。
クルマに敷いていたペット用のカバーもビショビショ。
こんな時に限って、キャリーに敷くペットシーツを忘れてたってのもあるんですが、多分、それがあってもそんな変わんなかったんじゃないかなと。

キャリーの中も天井までシッコが飛んでいて。
えっと、、、女の子ですよね??? って。

稀に見るツワモノです。

という訳で、お部屋に入ったら、まず一番にタオルでゴシゴシ拭かれて。
やや毛並みが乱れておりまする。



DSC_0098 (1000x750)

初めての牧草も、まあまあ気に入っていただけたご様子。



DSC_0122 (2000x1501)

ゴハンの食べっぷりも、なかなかよろしい。



DSC_0108 (1000x740)

お腹が満たされたら、探検に行きたくなりますが、まあ、それは明日のお楽しみにとっておきましょう。




桜子ちゃんは、本日、お届け。

実は超絶ご近所さんで、ナビに住所入力したら、
「所要時間5分です」 って。

里親さまも、この暑い中、お外で桜子ちゃんの到着を待っていてくださいました。


DSC_0145 (2000x1499)

お家は仮住まいの一泊の宿と同じケージで、あら、よかったじゃないって言ってたんですが。
ことのほか、この大きいトイレがお気に召したご様子。


お家について、まず一番にお部屋の探検に出かけた桜子ちゃん。
早速、お気に入りの場所も見つけたようです。
オイタをする場所にも目星を付けた模様。

その間、トイレを使ってくれるか気にしている里親さまにトイレトレーニングの方法をお伝えしたりもしていたのですが。
ここらで1回、帰ろうかとケージに戻した途端、トイレにしゃがみ込んでオシッコ。

昨日の1件で、もしかしたら、コイツものすごく尻癖が悪いんじゃないかと心配しましたが、逆に普段のお行儀はよろしいようで。


ケージの屋根に乗っているのは、里親さまお手製のウサギさん専用扇風機 (@@)
ソーラー発電ですって。

写真に写っていませんが、反対側の金網には、ナデナデ用のウサギさんが顔だけ出せる小窓もついていました。
これからも、桜子ちゃんのご要望でいろいろ工夫していただけそうです。
よかったね、桜子ちゃん。



DSC_0150 (2000x1499)

しまいには、このくつろぎっぷり。
「わたちがここで暮らすのは当然なのよ」
って、そんな感じでした。


里親さま宅には、桜子ちゃんの前に、秋田ジャンボがいらしたとのこと。

通常ですと、ジャパニーズホワイトのご希望があった時には、
大きいですよ、普通のウサギ用品使えませんよ、大丈夫ですか?
って脅しをかけるんですが。

今回は、
あ、それなら、ジャパニーズホワイトは身体も小ぶりなので飼いやすいですよって(笑)

こんな近くで、良いご縁があってよかったです。

桜子ちゃん、幸せにね。
これから、存分にやんちゃしてね

PageTop

New インプ君

ようやく、待ちに待った新しい相棒がやってまいりました。


DSC_0753 (2000x1204)

かつての相棒もまだ処分せずに、並べて置いてくれてありました。
ありがとう、スバルさん!

「おい、お前のご主人、運転が荒いから気を付けてやれよ」
「え、マジ!?」

なんて、2人で話してたんじゃないかしら?
なんて思っちゃいましたよ。

かつての相棒も初めて見た時には、やけに派手なクルマだな~
と思ったもんでしたが、今見ると、随分と可愛らしいです。



DSC_0755 (2000x1277)

New インプ君、顔立ちはシャープになりましたが、全体的にずんぐりむっくりになりましたでしょうか。
一番、違和感があるのは、窓枠があるってことだったりしますが。

若干、横幅がサイズアップしているんですが、いざ乗ってみれば、殆ど気になりません。
逆に、前のよりも小回りが利くんじゃないかという印象で、車庫入れもやりやすいです。

でもって、正面もサイドも、視界が素晴らしく良いです。
前のも良かったんですが、さらに良くなってる感じ!?



DSC_0756 (2000x1285)

ドアミラーをピカピカ光るのに変えてもらったのですが、、、
商談のときに、オプション追加の見積もりを持ってきてから、
「すみません、サイドのカバーは残っちゃうんですけどいいですか?」
なんて。

そういうことは先に言ってくれって感じです。
そっか~、それじゃあ、やっぱヘンかな~
なんても思ったのですが、それでも、ドアミラー光る方がかっこいいじゃん!
と気をとり直して、

「あ、やたら光るってやつですね♪」
と言ったらば、

「や、光りませんっ!」
とおっしゃるので、

そっかー、じゃあ、ドアミラー光らせると、こっちは光らないんだ~
やっぱ、つまんない。
と少々、がっかりしたのでありました。

が、、、家に帰ってハザード出して停めたら、あれれ?
全部光ってんじゃん
うん、ゴージャス (^-^)/

いいのかどうか分かりませんが、ま、黙ってましょ。



DSC_0789 (2000x1333)

リアは、ゴツゴツしていてあんまり好きじゃありません。
先代の愛くるしい(?)まあるいオチリが懐かしいです。



DSC_0758 (2000x865)

走り出してから気がついて、撮りました。
最初は 4km でした。

スイッチ類やレバーなどは概ね前と同じ場所についているのですが、何故か、スピードメーターとタコメーターの位置が逆。
燃料計もデジタルになってて、ちょっとトホホです。
あの、アナログの微妙な針の位置で、うん、あとどんだけみたいなところがあったので、デジタルはちょっと怖い。
最後のひと目盛になったら、即行、入れに行かないと。



DSC_0763 (2000x1322)

撮った時のお天気が良すぎて色が飛んじゃってますが、内装はほぼ黒。
左足の足元がずいぶんときゅうくつなんですが、いろいろハイテク機器を詰め込んでいるからしょうがないのかな?

前は真ん中にあったサイドブレーキがシート寄りになっていて、坂道発進やりにくいな~
なんて思っていたら、なんだ、ヒルスタートアシストなるものが付いていて、サイドブレーキ引かなくても下がらないんですって。
MT車にそれは邪道でしょう、運転がおヘタになるじゃないですか、大きなお世話だわ。
なーんて思っていたら、取説見たら、解除できるらしいです。
どうしようかな?


さらに、横滑りコントロール機能 (VDC) なるものが付いていて、これまたスイッチオフできるそうです。
納車時の説明のときに、
「オフにしたいのはどういう時?」 と聞きましたら、
「サーキット走行するときとか・・・」
と言うんで、あ、そりゃ関係ないわと思ったんですが。

通勤の道でよく作動するんです、これが。
しかも、いちいち、
「VDCが作動しました。路面状況に気を付けて走行してください。」
なんて、ご丁寧に表示が出ます。
え、だってここは滑って走るところでしょ!?
と、早くもスイッチオフしたい衝動が (笑)


もひとつ、ぶったまげたことがあって。
半ドアになっているのに気が付かずに発進したら、マンションの通路から道路に出た瞬間、
「ドアが開いています」 との声が

げ、クルマがしゃべった~
けっこー、ビビります。
どうせなら、若いお兄ちゃんかナイスミドルの声だったらいいのに、おばちゃんの声でした (がっかり)。
アイサイト付いてないから静かでいいんじゃないかと思っていましたが、なかなかのおしゃべりらしいです。



DSC_0765 (2000x1333)

後ろのシートも黒。
納車日に早速、うさうさずの通院だったのですが、黒はうさ毛が目立ちます。
先代のシルバーのツートンは目立ちにくくて良かったのにな。

このシート、やけにすわり心地が良くて、気味が悪いくらい。
特に、背中のクッションが良くて。
疲れているときは、まことありがたいですが。
なんか、そのうち、バチが当たりそう。。。

走った感じは、うん、やっぱりインプ
走りが滑らかになって、なんだか高級感も。
サイドエアバッグを付けた関係で、オプションがやや充実している以外は、前と同じグレードなんですが。

そして、エンジンが1600になって、若干、パワーアップした分、快調に走ります。
今まで難儀していた、ループからの国道への合流も実にスムーズで嬉しいです。
非力でも MT なら、運転の仕方でそこそこカバーできるんですが、ループが短くて急なうえに合流地点からずっと登り坂なんてことになると、ちと辛いものがありました。
で、前のクセが抜けなくて、つい、アクセル踏みすぎるとか、シフトダウンのタイミングがなんか合わないとか、いろいろあります。
ツーカーになるには、ちょっと時間がかかるかな?

あと、すごく良くなったと思うのは、実によく曲がるということ。
先代もクルクルよく回るクルマでしたが、段違いに良くなっています。
カーブでも実に安定して回ります。


前は軽自動車に毛が生えたくらいの値段で買えたのに、随分とお高くなったのねぇ。。。
なんて思っていましたが、これだけ良くなっていれば、むしろ、安いくらいなのでしょうね。

秋に発売になる新型はさらに良くなっているとか。
アイサイトと歩行者エアバッグが標準装備だそうで、そういうことなら、 M Tなくても仕方ないかもね、なんても思います。
そもそも、 MT にアイサイトが付けられないというのは企業努力が足りんのじゃないかとも思いましたが、売れないものにコストはかけられませんしね。
せめて、庶民に買えるお値段だったらいいな~ と希望的観測。


インプレッサ、良いですよ~。
運転していると、ふつふつと幸せがこみ上げてくる、そんなクルマです。

先代はたくさんのうさうさずを新しい飼い主さんの元へ送り届けてくれました。
新しいインプ君も活躍してくれたらいいな。



DSC_0751 (2000x1500)

オマケにお花もいただきました。

スバルさん、ありがとうございました。
今度は、15年以上を目標に、大事にします。


PageTop

一応、みんな生きてます

サボりすぎてて、もう困ったもんでありますが。。。

ハクたんは超低空飛行ながら、何とか持ちこたえています。
イチさんは、先週くらいから、ほぼ寝たきり状態で、先週の金曜日にはひどい眼振を起こして心配しましたが、これまた何とか持ちこたえてくれています。

人間は、お仕事がドツボにハマっていて、今週いっぱいはどうにもこうにも身動き取れない状態。
先週からまたまた壊れまくりですが、意外に、まだ持ちこたえているみたい。

そんなこんなで、そろいもそろってみんなひどい状況ですが、一応、みんなちゃんと生きています。

来週くらいには、ちゃんとできるかな?

PageTop

13年間ありがとう!

今日は、大好きなインプ君とお別れしてきました。
車検ギリギリまで乗りました。


昨日は会社帰りにスタンドまでドライブして、あっちこっちにこびりついた泥を落としてきました。

DSC_0688 (2000x1501)

日が落ちそうになって、あわてて写真を撮りました。
最後くらい、もっとちゃんとしたところで撮ればよかったな~。

13年たって、すっかり色あせてしまいましたが、最初は目が覚めるような、すばらしく鮮やかな赤だったんですよ。


キレイにして戻してあげたいなと思ったんですが、拭いても拭いても落ちない汚れやら、隙間に挟まって取れない葉っぱやら、たくさんありました。
どんだけ過酷な道を走らせてきたんだかって。

日々の通勤の道はもちろんのこと、吹雪だったりアイスバーンだったりの峠道も、前が見えないほどの土砂降りの高速道も何度も走りました。
箱根に雪が降れば、大喜びで雪道に突っ込んで行ったりもしました。
どんな道でも、不思議と怖さを感じないクルマでした。

ボディはWRXなんかとほぼ同じなのに、エンジンが1500で、メチャクチャ遅いというのがご愛嬌でしたが。



DSC_0691 (2000x1332)

買ったときは、まだ、ウサギがいなかったので、こんな大きなクルマ、贅沢だったかしらん!?
なんて思ったものですが、うさうさずが増殖してからは、実にありがたい存在になりました。

鳥さんたちも軽自動車の後部座席じゃ文句タラタラ、大騒ぎで乗っていたものでしたが、インプ君になったら、まあ静かなこと!
そんなに乗り心地、違うんかいな??? と思ったことでした。
運転している人は、乗り心地とかそういうの、あまり気にならないんですよね。


初めは、よっぽどおっかなびっくりで運転していたのでしょう。
このクルマ、調子が出てきたのが4年くらいたってからでした。

以来、以心伝心、思い通りに走ってくれる、頼れる相棒になりました。


そして、あの独特の排気音も、もう聞き納め。
ほのかに、いつも鳴っている、あの低音がとても好きでした。
いまのは、もう、音、しなくなっちゃってるんですよね。



DSC_0705 (2000x1123)

17万キロ近く走りました。
本当は、20万キロ目指したかったんですが。

先代のヴィヴィオは7年、7万キロほどで足回りがガタガタになって走れなくなってしまったのですが、インプ君は随分と頑張ってくれました。
山坂ばかりを走ってこの距離ですから、やっぱもう廃車だわよねぇ。。。
塗装もハゲハゲだし。

最後まで乗ってやれなかったのが、なんとも心残りで悲しいです。
でも、今、買わなきゃ、MTなくなっちゃいますし。



DSC_0708 (2000x1295)

で、次の相棒はまだ来ませんで (目下、鋭意作製中!?) しばし、このヒトにお世話になります。

契約書にハンコ押したのが4月29日ですから、やっぱ、3ヵ月かかるらしいです。
もうぼちぼち生産終了になる時期なんでしょうに、何故??? と、やや納得がいかないような。
13年前は、売れてない時代でしたから、 「赤・青・シルバーなら在庫有ります!」 って、すぐに来たんですが。


このクルマ、名前はプレオですが、スバルの皮をかぶったダイハツさんです。
ATだし、アクセルとかブレーキの感覚が全然違うから、これまた怖いです。

今まで、 「ATも乗れる」 って言ってたんですが、いや、やっぱもう無理かも・・・
って、今日、これに乗って思いました。
なんかね、年をとってくると、違いに対応できなくなってくるというか。

この次のクルマでATに乗り換えたら、きっと、こういうヒトがアクセルとブレーキを踏み間違えるに違いないと、もう、確信!
まあ、10年、15年後には自動運転の時代かもしれないし、いらぬ心配かもしれませんけど。

うーん、いろんな意味で寂しいな~と、しばらく、喪失感にさいなまれそうです。


PageTop

ハクたん経過

相変わらずのおさぼりすみません。
コメントやメールのお返事も、さぼりっぱなしでゴメンナサイ m(__)m


ハクたんの状態は良かったり、悪かったりで、なかなか微妙です。

7月3日(日)の23時30分頃、発作なのか単にひっくり返っただけなのか、??? なことがあり、念のため、
 ステラロール  0.5mL
 グリセリン     1mL
 フェノバール   1mL

を投薬しました。

痙攣したかどうかも定かでないくらい、ごく短時間でしたし、もしかしたら、背中をなめようとしてひっくり返っただけなのかも・・・
と迷うところはあったのですが、発作じゃないにしても、背中をなめようとしてひっくり返る時点で正常じゃないですし。
発作の現場は押さえてないけれど、ずっと、いろんなところをペロペロ、カミカミして挙動不審なのも気になりました。

1日のうち、ハクたんのそばについている時間はそんなには長くないですし。
見てないところで発作が起きている可能性もありました。


翌朝もフェノバールをやって、その後の対応は先生に相談しました。


先生がおっしゃるには、
「ダニが発作の原因になることもあるので、まずはイベルメクチンをやってみたらどうでしょうか?」 と。

前にもそんなことがありましたっけが。
いろんなところをなめたり噛んだり落ち着かないのは、ダニがいてイライラしている可能性もあるのでと。

ハクたんにダニがいるようには見えないのですが、可能性のあるものはつぶしていった方が良いので、手持ちのイベルメクチンを投薬 (1回 0.7mL を1週間間隔で4回) することになりました。

それにプラスして、ポララミンペリアクチンシロップ (プリンペランmix にもペリアクチンが入っているので半量の 0.5mL) も投与するようにとのことです。
かゆみがある場合、これでかなり改善されるそうです。
イベルメクチンの2回目でほぼダニはいなくなるので、それまでの1週間、続けます。

あとは、納豆菌のスプレーも良いそうで、こういうのはすぐ三日坊主になるのですが、思い出してはシューシューしています。


「フェノバールは続けた方が良いでしょうか?」
と聞きましたら、

「お薬の量が多いので、とりあえず、やめてみましょう。」
とのこと。
肝臓の数値は正常なので今のところ大丈夫だけど、薬が多すぎるのが気になるのでと。
西洋医学は症状ごとに薬が追加されていくので、どうしても薬の量が多くなってしまうそうです。

確かに、ハクたんのお薬の量は半端ないです。
夜の部は全部ミックスして飲ませてしまうのだけど、うっかりするとシリンジが詰まるくらい。
サルファ剤が入っていると、どういう訳かプリンペランmix がよく馴染んである意味楽なのですが、お薬はドロンドロンです。

サルファ剤は不味いと先生がおっしゃっていたので、おとなしく飲んでくれなかったら大変だな~ 
と心配していましたが、案外、ハクたんは素直に飲んでくれています。
こんなん、人間だったら、よう飲まんぞと思うのですが。

若干、体重が落ちているとはいえ、白ウサギにまともにパンチされた日にゃ、こっちもひっくり返りますから(笑)



電話のついでに先生が、
「この前の検査、菌が入っていませんでした~ なんて連絡がありましてね。」 って (爆)

「入ってなければ、またいろいろ調べてもらえるので、それはそれでいいんですけど。」
だそうです。

送ったサンプルにたまたま菌が入っていなかったということなのか、それとも、その培地では増えない菌だったのか、どういうことなのかは、その後の話を聞かないと分からないのですが。


この前の診察のときは、
「お金がかかるから菌の同定まではしない」
という話だったのですが、もし、調べる手立てがあるのなら、そんなにべらぼうな金額でなければ、調べていただけないかということも、またまたついでにお願いをしました。

「ウサギは分からないんですよね~ って、すぐ逃げられちゃうんですよね。」 って。.
何を調べるにも、ウサギはなかなか大変なようです。

今回の検査では、抗酸菌染色をやってもあまり意味はないだろうとのことですが、抗酸菌だけを培養できる選択培地がないかとか、何らかの手立てがないか調べてくださるそうです。
多分、あまりいい結果は期待できないのでしょうが。

技術的には可能なんでしょうが (鳥さんは抗酸菌の検査ができますから) 、それをやる検査機関がないというのが現状なんでしょうね。
イヌネコでメジャーな病気にならないと、検査メニューにも載らないってことかなと。


という訳で、治療の面ではやや振出しに戻った感はありますが、やれることをやっていくしかないですね。
早く、このお薬地獄を脱出したいです。


PageTop

一進一退

フェンベンダゾールの投薬を始めた次の日。
ハクたんの食欲が戻りました。
これは! って喜んだのですが。

良かったのは初めの2日間くらいで、また、元通り。

くしゃみが、またぞろ出始めていたので、このまま戻ればドキシを再開したいな~と思っておりました。
一瞬期待しましたが、とてもそのレベルには戻らず・・・。

というか、そのまま元通りを維持してくれればよかったのですが、さらに食欲が落ちまして。
先週の水曜、木曜日には摂餌量は以前の半分以下に。

水曜日からはペリアクチンからまたプリンペラン mix (1日2回) に戻しました。
今回は、ちょこっとですが、プリンペランmix に反応がありまして、投薬してしばらくするとやおら食べ始める、というパターンでした。
ただ、30日(木)には、好物の葛の葉やにんじんにも反応が鈍く。
すぐには食べないで、気が向いたらちょこちょこつまむという感じ。


急にまた食欲が落ちたのは、非常によろしくないです。
プリンペランmix をやって、この状況ですし。
早めに仕切り直ししないと手遅れになりそうな予感がしました。

まずは、先生にご相談ということで、金曜日の朝一で病院に電話を入れました。
先生も、こちらの心配していることをよく分かってくださっていて、その状況は良くないからと、すぐに診ていただけることになりました。

ちょうど振休が半日分ありましたので、午後から病院に走ったのでありました。



DSC_0671 (2000x1501)

待合室にて。

実は、このときは何故かちょっと調子が良かったんです。
気温上昇の予報でしたので部屋のエアコンのスイッチを入れて出勤したのですが、お昼過ぎに帰って来たら、実にさわやかによく冷えていて。
見たら、エアコンの設定が16℃になってたって(爆)
実際にはそこまでは冷えてなくて、温度計を見たら21℃でしたが。

そのせいかどうかは分かりませんが、朝、あげた分はきれいになくなっていて。
どうせ食べないからと、初めから半量しか入れて行かなかったので、あればもっと食べてたかも・・・ でした。



DSC_0673 (2000x1501)

それでも、不調なのは確かで、待っている間はずっとこんな感じ。
何より心配なのは、呼吸が改善しないこと。
エナカルド飲んでてこれだもんな~と。


ぼけーっと待っていましたら、先生が風のように現れて、
「血液検査しますね」
と、ハクたんをひっさらっていきました。



DSC_0678 (2000x1286)

結果は、まったくもって異常なし。
栄養状態もOKだそうです。


朝、電話した時には、
「強制給餌はしていますか?」
と聞かれて、

「まだそこまでは悪くないので、していませんが。」
と答えたら、

「体重を測って、3.3kg まで落ちたら強制給餌もしてください。
それ以上体重を落とさないように。」

との指示でした。

ぶっちやはるのときのことを思えば、もっともなことであります。
体重が一旦落ちてしまうと、もう、そこから戻れなくなるのですよね。



ハクたん、さらわれている間に、鼻汁のサンプルもとっていただいていました。
培養して、コロニーを大きい順に2つとって、抗生剤各種どれに反応するか検査するそうです。
ただし、お金がかかるので、菌の同定まではしないそうです。

「僕はこういうの、あんまり、やらないんですけど」
とおっしゃってましたが、このまま手をこまねいていては手遅れになると、先生も思っておられるのでしょうね。



DSC_0679 (2000x1335)

そして、お薬。

新たにサルファ剤(ダイフェン)が追加になりました。
プリンペラン、エナカルド、フェンベンダゾールは引き続き次の2週間分です。


サルファ剤はあまり使われていないので効果が期待できるかもということです。
お腹も傷めないのでと。
これまた、錠剤で出した方がロスが出なくて安いのでと。
1/4 錠を1日2回です。

目下の心配事は、弱り目に祟り目で、抗酸菌が一気に悪さを仕掛けて来ないかということ。
先生も、ハクたんの呼吸を気にしていらっしゃいました。

ずっとドキシサイクリンを休薬していたので心配でしたが、サルファ剤、どうでしょうか。

感受性テストの結果が出たらすぐに抗生剤はそっちに変えるのかなと思いましたが、まずは、サルファ剤を20日間やってみるそうです。



7月1日の夜からサルファ剤、フェンベンダゾール、エナカルド、プリンペランと、さらにお薬盛りだくさんです。

昨日はイマイチでしたが、今日はまた食欲が復活したようです。
そんなこんなで、一喜一憂の日々です。

ハクたん、ガンバレ~!


PageTop

ハクたん通院日

6月25日(土)は、定例のうさうさず通院日。

まずは一昨日の発作のことを報告して。


てんかん発作は、今回の発作が次の発作の原因となり、回を追うごとにひどくなるので、それを断ち切る必要があると。
やはり、重積発作を起こせば、命にかかわることもあるそうです。
おそらく、今回の発作はまだそんなにひどいものではなかったのだと思いますが、早いうちになんとかしたいものです。

原因はEZかという気がしたのですが、先生によれば、それ以外にもいくらでも原因はあるそうです。
ただ、死んだように寝ていることが多いとか、反応も鈍くて、ちょっかいを出しても、よっこらしょってな感じで、起き上がるのにも時間がかかるとか、最近のハクたんの様子をお話すると、先生もEZの可能性が高いと思われたのか、

「じゃあ、やっぱり、フェンベンダゾールをやってみましょうか」
ということに。
とりあえず、2週間分をいただきました。

「動きが滑らかになったな~と感じられたら、効いている証拠です。」 とのこと。


↓ せっかく写真を撮ったのに、肝心のフェンベンが入っていませんでした (--)
   いちいち、どこか抜けてるぱーちくりんのまみ~です。


DSC_0669 (2000x1480)

発作が起きた時のために、フェノバールも。
その際は、ステロイド 0.5mL 、グリセリン 1mL を飲ませ、
フェノバールシロップを 1日2回、 1mL を投薬します。


プリンペランmix は反応がなければ、ペリアクチンだけにしてよいとのこと。
錠剤で出す方が安いということで、1シート出していただきました。
1日2回、1/4 錠を飲ませます。


エナカルドmix は継続。
プリンペランmix も追加で出していただきました。


そんな訳で、お薬どっさり。
フェンベンがうまく効いてくれれば、きっとすべて解決すると思ったのですが。。。


PageTop

はくたん、てんかん発作

結局、ハクたん、1ヵ月近くプリンペランミックスを続けても効果がなく、逆に好き嫌いが激しくなる一方で。
お野菜や会社帰りに撮ってくる葛の葉は催促が出るくらいよく食べますが、ペレットはプチラビットのみ。
牧草を食べなくなった時に、好物のペレボクを出したのですが、あんなに好きだったのがウソのように見向きもせず。
初めに出したのがイタリアンと野草だったので、普通のダブルチモシーの方が好みだったかとそちらも出したのですが、全然でした。

とりあえず、体を維持できる程度には食べているので今日の明日のという心配はないけれど、次の一手を打たないとジリジリと下降線だわねぇと。
今までに亡くなった子たちは皆、悪くなる時にはストンと落ちて、そこから這い上がれなくなるというパターンでした。
現状維持できている間になんとかしないと手遅れになる気がしてなりませんでした。



そんなこんなで煮詰まっちゃっていたときに事件が発生しました。

それは、6月23日(木)の22時45分。
サブレ@オカメインコがずっと定位置のハクたんのサークルのふちに止まっていたのですが。

急に 、
「ギョッ、ギョッ、ギョッ」
と、聞いたこともないようなトーンの困ったような声で鳴き始めて。

「どーしたの、サブちゃん?」
と振り向いたらば、サブちゃん、サークルの中を覗き込んでオロオロしているではありませんか!


あわてて駆け付けると、ハクたんが発作を起こしていたのでありました。
首を内側に曲げて、身体を丸めて四肢がこわばって静かに痙攣していました。

サブレがこれ以上大きな声を出さなきゃいいけど・・・
と心配しましたが、サブも分かっているのか、いつもの絶叫ではなく、控えめに鳴いています。

「ハクたん、大丈夫だからねー」
と静かに声をかけましたが、ハクたんはそれどころではない様子。

こうなったら見守るしかないのだけど、随分時間が長く感じられました。
もしかしたら、このままくっと逝っちゃうんじゃないかとハラハラしました。

しばらーくして、一瞬、逆方向に首を曲げた後、ゆっくりとではありますが、ハクたん、戻ってきてくれました。

「サブちゃん、ありがとねー」
って声をかけたら、サブレももう大丈夫なのが分かったのか、キャアキャア言いながら飛んでいきました。
大好きなハクたんがこんなことになって、サブレもさぞビックリしたのでしょう。


ハクたんは、我に返ったとはいえ、落ち着かない様子でずっとサークルの格子やりんりんボールをぺろぺろ舐め続けています。
確か、先生がこういうのは後発作とかなんとかおっしゃっていたわよねぇと。

ハクたんに悪さしていたものがようやく正体を現したのかなと思いましたが、先生に連絡できる時間でもなく。
明朝、電話しようかとも思ったのですが、明後日は病院に行く日だし、発作が起こってその時に対処するのでなかったらしょうがないのだし、もう発作が起きないことを祈りつつ、診察の日を待つことにしました。


と、ここまで書いて、まみ~がくたばったので、次回に続きます。

PageTop

ハクたんその後と牧草問題

すっかりご心配をおかけして、すみません 
いただいたコメントも放置でゴメンナサイ m(__)m


どこから書いていいのやら、ですが。

まずは、ハクたん。


5月28日(土)の診察で心臓の肥大が見られたため、エナカルドmix が14日分、処方されました。
その日の夜から投薬を始めたのですが、、、

そのせいかどうかは分からないのですが、ハクたん、ゴハンを残すように。
それまでは、いつもの勢いではないものの、ペレットだけは完食していたというのに。
牧草もその前から、質がイマイチなのか、徐々に消費が減ってきていたのが、まったくと言っていいほど食べなくなってしまいました。
オマケにゆるゆるウンチもちらほら。

信じがたいけど、タイミング的にはお薬に負けた感じ!?
エナカルドにそんな副作用があるなんて聞いたこともないのだけど。
単独では影響ないけど、ドキシサイクリンと併用することで問題が発生したのかしらん?

たまたまかもしれないとちょこっと様子を見たけれど、改善の兆しがないので、31日(火)に電話を入れました。

先生の指示で、
 ドキシサイクリンの投薬は、一旦中止。
 プリンペランmix を投薬(1日1回でも可)

ということに。

ステロイドも使いたいけど、抗酸菌感染症だった場合、助長する可能性があるので使えないと。
それは、こちらも承知しているところです。


結局、ドキシを中止してプリンペランmix を投入しても、ゆるゆるウンチが改善した以外は、状況に変化はなく。
6月7日(火)に再度、状況報告。
エナカルドmix 2週間分が終了するのと、手持ちのプリンペランmix がついに底をついたので、送っていただけるようにお願いをして。

食欲が戻ればドキシを再開するようにとの先生の指示でしたが、その後もずっとフラットなままです。
必要最低限は食べているので大丈夫なんですが、いつもの食欲には程遠いです。


元々のハクたんのメニューは、各種ペレットミックスの豪華版。
 バニーベーシックスT / バニーセレクションスーパーシニア / プチラビット /
 バニーセレクショングロース / ナチュラルサイエンス / スペシャルブルーム
(多い順)

バニセレのグロースはイチさん用にずっとベッツセレクションの方を買っていたのですが、バニセレの方が美味しいみたいだし、残り少ない兎生(ここまで生きたら、ね)、うまいもん食った方が幸せなんじゃないかと、ひと月ちょい前から変えました。

もちろん、ハクたんは美味しい方(プチラビット)から食べるんですが、それまでは残すなんてことはまずありませんでした。
それが、バニーベーシックスを残すようになり、次いでスペシャルブルーム、バニセレと、どんどん残す量が増え。
最後はプチラビットしか受け付けなくなりました。
うさフェスでもらったハチミツ入りの甘いペレットも出してみましたが、1週間ほどで飽きちゃいました。
それ以外もいろんなサンプルを試しているんですが、どれもヒットせずです。

現在の食餌量はプチラビットを1日量で60-70g といったところ。

ハクたん、ひと頃より、いくら食べても痩せるので、ペレットの量は多めでした。
(元の食餌量は上記ミックスを1日85g )
それで牧草もしっかり食べていましたから、元々飼料効率の悪いヤツなんであります。

 
で、牧草の方はといえば、最近、みんなどんどん食べなくなってきていて。
US一番刈りだけじゃ飽きるかもと、US二番、カナダ二番・・・と、各種買ってみているんですが。

US二番もカナダ二番も初めは好評だったので次も買ったら、品質が全然悪くてということが何度か続いて。
先週来たカナダ二番なんて最悪で、そのままゴミに出しちゃおうかと思うくらい。
当然ながら、うさうさずには超不評。

ついにはユキリキちゃんたちまで牧草全般食べなくなってきてしまって、こりゃダメだと。

うさフェスで緊急時用にと買ってあった高級カナダ二番をレンイチ用に開けたのですが、試しにハクたんにもあげてみたら食べるじゃないですか!
そうかい、これなら食べるんかいと(爆)

ついでに、ふくちゃままでいつものカナダ二番はイヤだと言い始めて、ふくちゃまも高級カナダ二番(--)
うーんとね、それ、いつものやつの5倍くらいお高いんですが。
そりゃあね、香りも何も10倍くらいいいんですけどね。

しっぽさんのまとめ買い割引にないかな?
って探しましたけど、残念ながらありませんでした。
せめて、もうちっと安いので食べてもらえるものを・・・
といろいろ見繕って、ポチっとしたのが明日来るはずなんですが。

食べる子は今までの牧草を継続しつつ、しばらく変えてみますかね、、、
といったところ。

うさぎエンゲル係数の上昇はとどまるところを知らず。。。
まみ~のお給料は全然上がらないんですけどね。
というか、これからは下がる心配をしなくてはならない始末。
困ったもんです。

という訳で、脱線したところで、ハクたんの近況はまた次回。


PageTop

不調な人々

すっかり、更新がご無沙汰してしまいました。

なんだか、どうにもこうにも調子が出なくて。
5月の連休前くらいから、こんな感じ!?

過労というほど仕事が忙しいわけでもなし。
なのに、先週は口内炎はできるは体中が痛くて起き上がれないわで。
うーん、どうしちゃったんでしょ。
今日も1日ダメダメでした。

いつの間にやら梅雨入りしているし(その割に雨降らないんですが)、ベランダパーティするには、すっかり暑くなってしまっているし。
困ったもんです。



我が家のうさうさずにも、絶不調のヒトが約1名。

この前のレンゲパーティのときもそうだったけど、ハクたん、なんとなく元気がない。
夏前に原因不明の不調になるのはいつものことなんですが、でも、ちょっと早いかな~と。

しかも、連休中、呼吸の様子が気になってしまって。
呼吸が荒いというほどではないけれど、ちょっと、お腹がひくひくしている。

早めに病院に行った方がいいなと思いつつ、仕事の方も微妙に忙しくて抜けられず、何より自分自身の気力がなくて、5月末の定期検診まで引っ張ってしまったのでありました。



DSC_0644 (2000x1333)

5月28日のレントゲン。

やはり、心臓がちょっと肥大しているそうです。
かなり、イヤな予感がするのですが、現時点ではエナカルドmix をやってみて、ということになりました。
ついでに血液検査もしておいた方がいいかなと思いましたけど、
「今はまだ必要ないでしょう」 とのこと。


それ以外に白内障も見つかって。
じじいだから??? 
と思いましたけど、EZから来ている気がすると。

そういえば、数ヵ月前にハクたんの姉妹のももちゃんが亡くなったのだけど、最期の様子を聞いたらEZっぽかったので、それが出てくるお年頃なのかな? 
と思ってみたり。

今はそれより呼吸の方が心配なのですが、今回の不調にはいろいろな要因がからんでいるのかもしれませんね。



DSC_0558 (2000x1499)

最近の写真がないので、5月1日の写真です。

みんながご馳走にフィーバーしているのに、ひとり、こんなことして遊んでいました。
いつもなら、最後まで一人で食べ続けているところなんですが。



DSC_0575 (2000x1501)

途中で、新メニュー(干しレンゲ)に気付いて爆食いするも、いつもの調子ではありません。



DSC_0579 (2000x1498)

ハクたんが元気になってくれないと、まみ~も元気になれない気がしますよ。
ハクたんの様子はまた、次回に続きます。


きちさんでも、待合室のアイドルだったカメ吉がお隠れになってしまって、寂しい限り。
水槽では、ちび亀が2匹、がんばっていましたけど、早くカメ吉みたいに大きくなるんだよって。
それとも、ちび亀が大きくなったら、元気が出るかな?

PageTop

お客さま

またしても、おさぼりすみません。
我が家の住人たちはいろいろありますが、それなりに元気にしております。


さて、先週の水曜日からお客さまがお見えになっておりました。

DSC_0629 (1000x668)

新たなびびりーずご一行様です^^



DSC_0637 (2000x1332)

今回は、総勢6名。

約1名、おしゃべりな姐御がいたらしく、それはまあ、にぎやかなこと。
来訪時、玄関先に置いていたのですが、室内の耳長族がうるさいと激怒いたしまして、みんなでダンダン始まってしまって。
「もう、みんなうるさ~い!!!」
と、人間まで一緒になってブチ切れておりました

今回は滞在期間が少し長かったせいか、ご一行様も盛大に飲めや歌え(?)だった模様。

人気がなくなると、わらわら出てきて遊んでいるんですが、ちょこっとのぞきに行くと、ささっと見事なまでにみんなシェルターに入っちゃう。
なんか、そういう態度、傷つくんですけど。
きっと、モルモットの好きな人にはこういう態度はとらないに違いないと、大いに気を悪くしながらお世話しておりました(笑)

まあ、それでもピーピーキャーキャー楽しそうだし、牧草もペレットもお水もすぐにすっからかんになっちゃうし。
心配ないのが何よりでした。
ひとり、来てすぐにツメを引っ掛けて流血したヒトがいたのと、いつも1人だけ仲間から離れた場所にいる子がいるのが気になりましたが、それも大丈夫だったみたい。

しまいには隠れ場所のワラのトンネルも半壊状態。


元気いっぱいのびびりーずは、なんとか無事に今日、旅立っていきました。


DSC_0649 (2000x1333)

遠路はるばる、我が家の最寄り駅までお迎えに来ていただきました。

ロータリ-ののベンチに座って話し込んでいましたら、、、

「あら、かわいい

って、見に来る人がちらほら。

あら~、一般の方から可愛いって言われちゃったよ。
よかったね~って。
ペットショップのモルちゃんは確かに可愛いけど、こんなんでいいのかね~とちょっと心配なんです。
それでなくても赤目は嫌われるのに、もろ実験動物だしねー。
って、それは白ウサギも一緒か (^^::
うん、飼えば何でも可愛い! ってことで。


お問い合わせは、 【CRITTER LINE】 さままで。
兵庫県からの募集になります。


もし、関東・中部圏にお住まいの方で白色モルモットご希望の方がいらっしゃいましたら、当方までお問い合わせください。
あまり遠方まではお届けに行けないので、近くまで受け取りに来ていただける場合に限ります。
また、モル飼いではないので飼育相談等はお受けできません。
あしからず、ご了承ください。



PageTop

ダッチウサギ里親募集 【募集終了】

2016年5月15日をもって募集終了とさせていただきました。
長い間、応援していただき、ありがとうございました。


医療の安全のために貢献した実験ウサギさんのお家を探しています。 [無償]
終生、家族の一員として可愛がっていただける方を希望します。

純血種ダッチウサギの男の子 (体重 2kg)  【5月15日募集終了

なな   なな君 : 2012年12月1日生まれ
(ウサギさんの紹介及び募集条件は、 「つづきを表示」 をクリックしてご覧ください)

(2013年4月13日up、2016年5月16日更新)
PageTop